FC2ブログ

本日から遅刻乙女再販分のご予約を受付いたします。

みなさんこんにちは。


1/12遅刻乙女の一般再販予約受付ですが

パッケージ IMG_5199.jpgIMG_0484.jpg

本日の日本時間17時からうちの通販サイトで行わせていただきます。

>https://audacesculpey.com/

本日17時までは以前行った再販予備予約をいただいていた方の

先行予約を行っておりますのでパスワードを求められますが、

17時以降は解除となります。

詳細は商品ページでご確認くださいね。

大切なことなので申し上げておきますが、

乙女が乗車しているオートバイ(H2R)は別売りです。

タミヤさんの商品ですので別途お買い求めください。



スポンサーサイト

食券機に現れた暗黒家族

暑い暑い言うている中、地球温暖化が気になり


気象庁の過去10年の気温の推移を見ましたら

やはり2度ほど平均気温が上がってます。

このままでいけば10年後には暑い暑いいうたら42度とかになってて

俺らが死を意識し始める30年後には48度ですか。



えーとですね、

日曜日にバイクで鳥取砂丘まで行ってたんですよ。

IMG_0451.jpg IMG_0453.jpg

むちゃくちゃ暑くて着いた頃にはヘトヘトになって

隼ライダー様用の駐車スペースと気付かず駐車。

ちょうどお昼だったので

とりあえず飯だ飯と、レストランに向かうわけです。

ほんじゃそこは食券式でね、

一個しかない食券機に人が群がっているわけです。

ちょうどお昼時だししょうがねえなと列に並んでいますと

やがて俺の前のオバハンの順になった。

オバハンがね、自分の順番になってね、

まずカレーかなんかを押してますわ。

ほう、オバハンきさまカレーかとか思いながら見てますと

くるっと振り返って



「ミーチャアーン!ミーチャアアアアーン!何にするのおおおお!?」


ってでっかい声で叫びよるんですよ。

正気かババアと思ってたら、ええ年した熟女が幼児を2人連れてやってきまして

ちゃっちゃとメニュー押すのかと思ったら


「えー、どれにしよー」


とか言い出すわけです。

その時点でまあまあ震えては来てたんですが、

そのドブスミーちゃんが甘海老丼を選んでから

よりによって頭の悪そうな幼児二人に


「どれにするのマーくん」

「カレー」

「カレーでいいの?」

「カレーでいい」

「ラーメンもあるよ」

「カレーでいい」

「海鮮丼もあるよ」

「カレー」


カレーや言いよるやないけ!!!!

カレーのボタン押したらええんちゃうんかえ!!!!


ほんで幼児二人分終わってようやくかなとおもったら


「おばあちゃああーん!おばあちゃあーーーん!」


まだババアもおったんかえ!!!!


ババア、なんか箱の陰からえーさてさてみたいな感じで出てきて

「どれにすんの?」


「えーーーと何があるの?」



決めとかんかいババアアアア!!!!!!!!!



コロスコロスコロス!!!!


結局そのあともお父さん呼んで

散々待たせた挙句

俺が注文ボタン押してたところへ

釣り銭確認にきて手を突っ込むとか

もう信じられん家族と接触。


とりあえず気を取り直して

注文したのは白ハタしらす丼1000円。

高いけど観光地はまあこんなもんだ。

食券をだれも取りに来ない事件もあったがまあいい、それはもういい。

早く持ってこい白ハタしらす丼。

来た。

IMG_0447.jpg 


食べたけど。

1000円のどんぶり食べたけど。



ほんまはアジフライやろこれ。



二度と来るかぼけー!!!


      劇  終



今日は蜂と戦いました

すみません、更新遅くなりました。


今日も地獄の草刈りロードなんですが、

なんつうかその中でも地獄の蜂ゾーンっていうのがあるんです。

不用意に近づくと斥候の蜂がサインを送り

巣から大部隊がグオーンと出てくる必殺の蜂ゾーン。


もう許さない、毎年バイトのおっちゃんとかが犠牲になるので

今年は俺様がジキジキにぶちのめしてやる。

そんなわけで蜂防護服を着て突撃。

車の中で窓ぴっちりしめて撮影はチャンモリ。

IMG_0379.jpg 

巣ごと木っ端みじんにしてやるぜ。

と突撃したけど

カメラに映んないけどすごい大群が出てきて

ちょっとビビッてハチジェット用意するものの

IMG_0381.jpg

相手が多すぎて狙い定まらん。


IMG_0382.jpg

もう自分や!自分にかけろハチジェット!!

しゅかー。しゅかー。

IMG_0385.jpg

ぐおおおー蜂コロス!蜂コロス!!

とまあこんな格好で草刈りしてたんで

今脳がぽかぽかしています。




KRS35ダンカンの発表がありましたので

ACROさんのKRS35シリーズの新作ダンカンが発表されたので


DANCAN007.jpg 



発行日ではないですが記事をチョロリと。

ダンカンですね。

あのチクチクまみれのダンカンです。

当然ながらさてあのトゲトゲをどうすっか、

なんとか楽にあのトゲを作れんもんかと

まず最初に手を抜く、いや、効率的な造形方法を考えるわけです。

ちょうどその時試してみたかったのがスタンプって方法でして

型をエポパテで作ってスカに押し付けて表面モールドをつくるやつなんすが

3こセットのスタンプつくって押し付けてみたら

これが仏像の頭みたいになって全然うまくいかん。
IMG_3469.jpg 

ほかにも色々試したんですがどれもうまくいかず

結局地道にトゲ作るしかないなという結論に。

1/35スケールのトゲなんでゴミみたいなもんじゃないですか。

それを指でこよって根元をカットして針でくっつけるっつー面倒な作業。

毎晩それを繰り返すわけです。

来る日も来る日もトゲをくっつける。

IMG_3473.jpg
 
IMG_3513.jpg

IMG_3515.jpg

ひたすらトゲを作って終了。

つーかひたすらトゲ作ってた記憶しか無い(笑)









自分は運がいいのか悪いのかといいますと。

過去において「ああ俺は運がよかったな」と思うこともありますが


「よりによって俺か」ということも多々ございます。

以前も申し上げたかと思いますが

獰猛な人食いライオンを中心に

100人の人間様が円になって輪を作り、

一斉に逃げた時に一人は追いかけられるわけですが

概ねそれが俺でございます。


高校の時はバンド活動やっていましたが

高校生バンドだとたいてい練習場はドラム持っている奴の家となるわけでして

そいつの家が国境ラインギリギリみたいなクソ田舎のクソ遠いところにあり

練習行くまではいいんですが、

さて帰ろうとなるとはるか地平線の向こうまでチャリを漕がないといけない。

毎回それに疲弊していたところ、ドラムの奴が気を遣って

「原チャで途中まで加速してやろう」

と言いはじめましてね、

最初のうちは1台ずつ原チャから足でチャリのケツを押して加速

とかだったんですけど、そのうち面倒くさくなってきて

原チャを中心に合体して全員で加速する作戦に出たんです。

IMG_0276.jpg 

これを我々パーチャックと呼んでたんですが

まあクソ田舎の国境ギリギリとかポリスも来ない道はクソ広いてなもんで

原チャ中心に80キロくらいまで加速して

人通りのある所で今日もお疲れさまなんてやってたんです。

で、ですわ。

ある日いつものようにパーチャックして送ってもらってたら

あのクソ広い道で5人おって、

ほっそいチャリのタイヤで、

2キロも距離のある中で

よりによって俺のチャリの前輪が


4センチくらいの小石を踏みよるわけですよ。


1万平方メートルの中の0.0008平方メートルしかない小石を


俺のチャリの幅3cmしかない前輪が


踏みよりまして。


パーチャックしてるから当然片手運転、

石踏んでゴンッ!

ハンドル、ブルブルブル!ブルッブルッ!ブルンブルンブルン


ガッシャガシャー!!!


「時速80キロ」で「片手運転」のチャリがこけるとどうなるかっつーと

地面に叩き付けたカエルみたいなもんでして

受け身もへったくれもない

アスファルトの上でズルズルに剥けたトマトみたいになりまして。


なんでね、

なんで5人おって俺がその1億分の8の小石を拾うのか。

そんなことを考えておりますとですね、

俺の人生、ここまでのところ運がいいのか悪いのかどちらなんだといえば


「悪い」にメーター振り切っとるわ。