FC2ブログ

卒アルから始まった恋の悲劇

アタクシのやってるお仕事はジャンルで言うと暗殺部隊なんですよ。


なので農民あがりの鍬持った農兵を1000人もらうより

服部半蔵1人が欲しいわけです。

半蔵1人でいい。

それがなぜ分からん。

カスタムすればいいだと?

お前らカスタムベースっていう言葉を知らんのか。

GTRをカスタムすればかっこよくなるし速くなるわ。

けど軽四バモスをいくらいじってもバモスや。

それがなぜ分からん。

軽四100台渡されて鈴鹿に連れて行って



「さあ小川、優勝せんと殺すぞ」



って言われてもエンジン飛び出して終了やねん。

それがなぜ分からん。

お怒り真っ最中ですがみなさんのご機嫌はいかがでしょうか。

本日のアウダーチェです。



さてさて。

小川をかわいがってくれた先輩方ってわりとたくさんいらっしゃるんですが

ヨネちゃんっていう人がおりましてね。

慎重派190cm、体重100キロ

顔が

IMG_6374.jpg

こんな感じでね。

自分より5つ年上だったんですが

もう見た目完全に本職さんだったんですよ。

で、アタクシが19歳の頃に出会ったんですけど

ずいぶんかわいがってくれて愛車のカマロ(マフラー直管)に載せてくれて

あちこち連れて行ってくれました。

そんなヨネちゃんの悩みと言えば彼女がいないことでして

ある日アタクシの家に遊びに来た時(両親は俺がやくざに何かされてると思ってたらしい)

卒アルを見せてくれというわけです。

いいすよと見せた中からミズホちゃんという乙女を見つけまして

この子超ヤベエと。ほかのページも見ないでミズホちゃんだけを脳スキャンしている。

よほど気に入ったのか1時間くらいミズホちゃんを眺めて帰っていったんですが

数日後にミズホちゃんを紹介してほしいというわけです。

まあ知らん子でもなかったので言うてみますとお伝えし

ミズホちゃんに言うと快諾していただき、

最初は電話番号を教えあって何度か二人は電話でお話したそうでね、

何回かやり取りがあって、二人は出会うことになり待ち合わせをしたと。

待ち合わせの時間にヨネちゃんは遅れないように早くいって

愛車のカマロで待っていた。


「ほんで俺車でまっとったんよ!」

「ほう」

「ほなお前、向こうから来よるわ。ミズホちゃんがよ。」

「来ますわな」

「ほんで俺緊張させたらあかん思ってニコニコわろて車降りたらの」


「おお、とうとう。」



「俺の顔見てどんどん青ざめていきよんねん。」



「えww」



「周り暗かったけど分かるわいや、殺人鬼が出たみたいな顔よ。」

「wwww」

「ほんで俺見た目はこんなんやけどいうて言おう思ったらの、


なんも言わんと走って逃げていきやがってよ!」


「wwwwww」


「俺カマロで追いかけたんよ」


「直管カマロは余計怖がるがなw」


「ほんで追いついて話聞いてくれいうたら、警察呼ぶ警察呼ぶ言いやがってやな」


「(腹筋崩壊)」


「ほんでお前、家に帰ってから電話したら親父が出てよ」


「うん」


「娘に近づくな!警察に言うぞ!や。」


「なんもしてないのにwww」


「ほんでいや話を聞いてくれ、俺はあの子に惚れているんやいうてこっちも必死よ」


「聞いてもらえたんすか」



「切られたがな」



「www」


「それからお前電話番号変えられて繋がるかいや!」


「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



ヨネちゃんええ人なんですけど

ほんまに見た目で損してるなあと。

今は結婚して子供もいて先日仕事中にパチンコ行ってるのばれて


無職です。

IMG_6373.jpg

スポンサーサイト



弁当屋のおっさんの質問には気を付けないといけないわけ

パチンコ屋にはずいぶん行ってないんですが


この大感染の状態であるにもかかわらず

パチンコ屋での感染って聞かないですよね。

元パチンカスだったので言いますが

あそこにおる連中はな、感染に気付いてないだけやと思います。

「今日はちょっとしんどいな、はよ寝よ」

てなもんですよ。多分。

みなさんご機嫌いかがですか本日のアウダーチェです。



平日のお昼と言いますとみなさんお弁当でしょうか、

それとも食堂とかあるんですかね。

うちの場合はほか弁か弁当屋に注文するんです。

で、ほか弁はまあ同じメニューばかり注文しがちだし

お弁当屋さんだと毎日献立が変わるし

栄養が偏らないのでそっちで注文してたんですよ。

ただ、なんつうか基本的に不味いんです。

けして美味しいお弁当じゃない。

悲しいほどに不味い。魚なんか入ってた日には

弁当箱開けた瞬間に魚の生臭いにおいが立ち上って来て食欲減退の効果がある。

しかしまあ我慢して食ってたんですよ。安いから。

でね、ある日を境に味がしなくなってきたんです。

あれれ?と。

もういよいよ不味さも限界突破してしまったかと醤油かけたりして誤魔化してた。

そんな時にちょっと外の喫煙所でタバコ吸ってますと

お弁当屋さんのおっさんが空の弁当箱下げに来まして

挨拶をしたんです。ご苦労様ですーと。

ほな、最近お弁当の味付けどうですか?って聞かれて

クソ正直に言うわけにもいかねえなと思ってね、

大丈夫っすよと答えたんですよ。

ほな

「ほんまですか、店の評判にもかかわるから本音言うてくださいよ。不味いなら不味いって」

「ああ、なるほど、別に不味くはないですよ。けど最近味薄くしました?」

「・・・・」


「・・・・?」



「この間味が濃い濃い早死にする言われたから薄くしたんやんか!!」


「!!!」


「ほんで薄くしたら今度は薄いじゃなんじゃ言うて!」



「えええ・・・」



「どないしたらええっちゅうの!え?どないせえっちゅうん!?」



「や・・今のままで良いです・・・。」



オッサン弁当箱を投げつけるようにトランクに入れて

反対側が開くんじゃねえかくらいの勢いでドアを閉め帰っていったんです。





いや、俺なんで怒られたか分かれへん。




お前が正直に味付けについて言え言うたがな。

もうそれからその弁当は注文絶対せんことにしたんですけど

こないだ見たらあれほどいっぱい箱に入れて持ってきてたのに

弁当1個だけ配達に来てるのを見て


ちょっとだけかわいそうになった俺って甘いですかね。

1585681562_npasz5vdi1.jpg



お別れのあいさつ人気度の高い低い


今日をもって退職される方には

今いろんな人が餞別袋をもってあいさつに行ってるんですよ。

アタクシは昨日済ませたんですが

やっぱりいい人だったなという方のところには

多くの人がワラワラ寄っていくんですよ。

それを見てると、

俺が4年後にこの職場を去る時どんな感じになるのだろうと。

そう思った瞬間に出てくるんです。ここ最近の状況が。

いやなに、つまらんことですよ。

それは特に朝と夕方に多いんですが朝車で出勤しますと。

駐車場に車を停めますと。

ほんじゃ同じようなタイミングで出勤してくる人いますわな。

当然乙女たちと同じタイミングになることがある。

まあ車の窓から見えてますやんか。

ほんで車を降りて、おもむろに玄関へ向かうわけですけども

乙女も同じタイミングで来たの分かってるから

あいさつしなきゃって思う。

あいさつしなきゃなと。

ほな、乙女はちょっと離れたところから

同じ玄関に向かっているのに

同じ玄関に向かっているのに

俺が反対側から歩いてきているの知っているのに



お前競歩で全国大会狙ってるんか



くらいのスピードでグオーーーーってスピードを上げ、

人間視野は180度ある、



人間視野は180度ある、



俺はお前から見て2時の方向

明らかに見えているのに


お前など見えていない、気付いてない!


て感じで玄関一点を見つめて

通過列車のように駆け抜けていくわけです。

こんな話前にもしましたよね、

遠い駐車場から歩いてたら俺を見て

わざと遠回りして追い抜いて行ってっつー。

これがまあ数回ならいいんですけども

昨日も帰ろうと駐車場に向かってたら

前に乙女が歩いてて、その子も駐車場に向かっている。

通り過ぎるところに建物の窓ガラスがあって

その反射で分かるんですよ。

窓に映る俺と目が合ったのを知ってるんですよ。

ほな、


急にスピードアップですよ。


おしっこしたかったなんていう言い訳は通じねえ。

通じねえぞ。


うわ!小川や!


みたいな空気が感じ取れる。

もうね、ほんまにああいう乙女の間で



俺はどんなモンスターに仕上げられているんだろうとね。



そんな俺が4年後さあ辞めますよとなった時に

俺のところに餞別を持ってきてくれる人

脳内で数えてみたら1,2,3,4,5・・・


5人。



5人しかおらんわ。


俺の世話になった人今日だけで50人くらい来てたがな。

さみしいのう。


moar-8.jpg


他を止めてでもやらなくてはならなかった胸像

朝から目の覚めるような記事が飛び込んでまいりまして


もう飛び起きたんですがそれがこちら。

IMG_6346.jpg

深キョンのケツの割れ目写真集。

この冷えた日本に差す温かい光とケツの割れ目。

むしろメインはケツの割れ目。

ケツの割れ目のために金を使ってこの冷えた経済回すぞこのやろう。

皆さんおはよございます本日のアウダーチェです。


えー、お仕事原型もZBrushも大事なんですが

この3月末で職場を卒業しはる方の中でも

特に特に小川という人間の才能を見出していただき

小川の動きやすいようにと尽力してくれはった上司がいましてね。

まあそのご尽力の結果は志村けんやダウンタウンの面白さが分かんない

脳みそが硬化しちゃったジジイどもの権力で水泡となりました。

結果はまあしょうがないんですけど

みんな自分がかわいい中でそこまで身を挺して力を注いでくれはったことへの感謝として

その上司の像を造って餞別としてお渡しした。

gikan.jpg

渡す側の想いも相当なものがありました。

めっちゃ可愛がってくれはったんですが、

多分あの人から見たら俺は

IMG_6349.jpg


こんなんだったんだろうなと思いましてね。

ああなんか申し訳ねえなあ。

4月からできるだけちゃんとやろう。



俺は未来で一体何をやってしまうのだ。

1年かけてお願いしてきて


最終的に「よし分かった」という返事をもらって

昨日発表された内容が明後日の方向。

信じた俺がアホだったんだが

とにかく「小川の望むようには絶対しない」という

上層部の強い意志が読み取れた人事異動でございました。

上に嫌われているというのが顕著な小川でございますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか本日のアウダーチェです。


さて、昨夜というか今朝になるのかな。

寝ていましたら

すごい音でゴン!ゴロゴロって音が鳴り響きまして

真っ先に脳裏に



焼き終わったお仕事原型が机から落ちた!



と浮かびまして

真っ青になり階段を駆け下り、

模型作業部屋の引き戸をあけて電気をつけると

お仕事原型が無い。

ああそうだ、よく考えたら今監修中で家には無い。

ほんじゃなんだ、何が落ちたんだと

まだ太陽も昇っていない午前5時前に部屋をウロウロする俺。

結局何も見つからず電気を消して二度寝に入ったんですよ。

で、明るくなって起きてきて部屋をもう一度見たんだけど何も異常は無い。

おかしいなとカーテンをあけて外を見たら

IMG_6307 (1)

ぬおっー

これ写真じゃ伝わらないんですけども

どれと同じくらいだといえば

ゲームオブスローンズで、でっかい投石のマシンでブオオーン!って投げてたあのサイズ。

直径50cmオーバークラスで頭直撃100%死亡。

そんなもんが裏の崖から落下。

けどまて、ちょっと待てと。

裏の崖つっても積みブロックしてきっちり整備してるのに

お前は一体どこから来たのだ。

待って待って。

まじでどこから来たんよ。

と服着替えて飯も食わずに周辺を親父とウロウロして確認するも



そもそもこの岩が存在していた形跡がないんです。



この目の前にある岩がどこから来たのか分からない。

なんかイメージとしてはジョンコナーが転送されてきて

空中でビリビリビリビリーってなり


ゴン!って落ちたようなイメージですわ。


つまり


未来の誰かが俺を狙っているんですよ。


ほんまはきっと俺の頭上に転送したかったんです。

俺の頭を岩で潰してしまえ作戦。

ところが時空のねじれで座標がちょっとズレて

お部屋の外に転送してしまったんだと。


こうなりゃもう俺は次回の転送に備えて頭を金庫にでも入れて寝るしかない。

だっていつ次の岩が転送されてくるか分かんねーんだから。



俺は一体未来で何をしてしまうんだろうと

小一時間考えましたけど多分ほら

もうちょっとしたら抵抗軍のすげえ美人の

乳プリンプリンのドエロの兵士が送り込まれてくるから

その子にフライパン渡しときゃいいか。

フハハ。楽しみだな。