FC2ブログ

1/12ブギーマンの塗装見本つくりました。網タイツとか履かせました。



この週末はブギーマンのサンプルが届いたので

いそいそと塗っておりました。



塗装はまあいつものとおりでございまして

肌色はMrカラーの51番、

そこからクリアオレンジ混ぜて調子を見ながらシャドー吹きです。

あとは見たとおり。

今回苦労したのはあれです、網タイツ。

最初エアブラシで誤魔化したろかと思ってたんですけど

12スケールだしちょっと色気出してみるかと

IMG_2673.jpg 

ダイソーでチュール生地をご購入。

IMG_2674.jpg 

今回のやり方はオーソドックスなやつです。

足に巻いてネオジウムで固定しまして

画面に映ってますが木工用ボンドを軽く水で溶いたものを塗る。

そこへドライヤーで強制乾燥させていくっつー。

IMG_2675.jpg 

ほんまはシームラインまで造らないと見栄え悪いですが

まあサンプルやしなということで貼って終了。

bogeyman_ol.jpg 

bogeyman2_ol.jpg

bogeyman3_ol.jpg

まあまあちゃいますか。

パンストプロから言わせると、

バニーガールは衣装の下に履くので

もっと目の小さい網タイツを履くらしいですが

そこまで知らんわ。

ふと思ったんだけど、普通の黒のパンスト生地って貼れないんかな?

シームラインで接着すれば何とかなりそうに思うんだけど

チャレンジする猛者はおらんかね。


はい、そんなわけでブギーマン予約受付枠あと4個です。

興味持っていただけた方は

こちらをクリッククリック>audace通販サイト




スポンサーサイト



原型一緒に造ろう動画続きをアップいたしました。


だんだんあったかくなってきましたね。

相変わらず少林寺拳法は楽しいわけですが

投げて極めて動けなくしといて最後に蹴るとかめちゃくちゃしますので、

何度も腕を逆に曲げられているうちに

右肩に繋がってる鎖骨が若干飛び出てしまい

変な形になって日々激痛に悩まされております。

これはひょっとして病院に行くべきなのかなと少々心配しておりますよ。




えーさてさて。

アウダーチェ動画の続きをアップいたしました。



今回は分割の触りまで進めています。

分割というともう方法なんかアホほどあると思いますし

どれが正解というわけでもない。

まあ小川はこうやってんだな程度で観ていただいたらなと思います。

ケツ側の足の分割は面積が広くダボ棒が突き刺しやすいので

先に開口して突っ込む方法を採用しました。

動画では突っ込んだところまでですが、

次の回では少し詳しい分割方法をお見せできるかと思います。


また、上体に関しては、先棒突き刺しが出来ませんので

別の方法でやってみます。

まあどちらにせよ娯楽動画ですから、

本気で学びたい人は偉い先生方にちゃんと聞いてくださいね。


造形と大きめのレジ袋の関係

絶対言わないから教えてくれと懇願されて


教えたら音速で言いふらされた

そんなご経験はございませんか。

一昨日それがありまして

情に流されて教えてしまった自分を責めております。

まったく人というのは信用ならんぜ。


えー、何と言いますか

次回作の美女造形の絵は完全に頭に出来上がっておりまして

資料をえっさえっさと探していたんですけども

これがまずいことに裸の女の画像なら星の数ほど出てくるくせに

「ちょっと肥えてて欲しい」

という小さな小さなはかない願いを足しただけで

これが全く出てこなくなる。

ましてや俺の求めるポーズなど1万件ヒットした画像の中に


ただの1枚もない。


こうなるとですね、

非常にまずいのが想像で彫らないといけない部分が出てきてしまうんですね。

ところが造形するにあたって想像で造るというのは

可能な限り避けなければならないと自分では思ってる。

なぜならそれは意図的に計算して白い嘘をつくのではなく

自分の身勝手な黒い嘘になってしまうからであり

結果作品もなんだか変なことになって見る人に見透かされてしまうからです。

なのでなんとか肥えた女性にモデルになってもらわないといけなくて

身近な肥えた方に申請しようと思うのですが



大体いくら払えばいいんでしょう。



頭は大きめのレジ袋かぶっておいていただいてかまわんのです。

img19730_004.jpg 

新作をワンフェス後の熱の収まった時期に出す


遅刻乙女(4月)以降9か月ぶりの配布用自主造形ですが

2体を複製に出したいなと思っています。

IMG_1832.jpg 

オッサン7とオッサン8。

働くオッサンシリーズも8作になります。

今複製する金がないので予約にするかどーすっかというところですが

今複製に出してもワンフェス前でベルグさんもぐるぐる状態ですから

まあもうちょっと待つかーといったところです。

このアホ人形欲しいじゃねえかという貴重な方は

突然予告なく始まるご注文受付をお見逃しなく。


ドラゴンスクリューナース1

まあ何がどうって書くこともないんですけどね。


なんでこうも書くことがなくなったんだろうって思ったんですけど

何でも言われたことをハイハイとお受けしていたら

脳があまりふざけた方向へ向かないようになってるんですね。

ふざけたことを考える余裕がないというか

だからあんまりおもしろいことも言えないし書けないという

本来の小川の旨み成分が欠落してしまっている

言わば市場で最後まで売れ残っている魚になった感覚と言いましょうか。

そんなわけで少しの時間でも創作活動をするように心がけておりますが

現在年寄りマークを付けて法定速度の半分くらいのスピードで走るオバアの車程度の速度で

進めておりますのがこちらのドラゴンスクリューナースです。

IMG_1273.jpg 

人が造らないものを造ろうとかおこがましいことを思っているわけではなく

単に自分が欲しいから造ってるだけでして

こんなのを欲しいと普通の人格をお持ちの皆様は思わない。

だから世の中にこういうのが無いってだけのことです。

自分の拘りとして最低限守っているのは何だろうと先日ふと思ったんですけど、

・自分の欲しいものを造る(人の意見を聞かない)

・立つ

この2つなんですよ。

1つ目はかつて人形が売れ始めた時に、ワンフェスとかで

こういうのが欲しい、こんなの作ってほしいというご意見頂戴して

ちょっと色気出して別に得意でもない好きでもない欲しいとも思ってない人形を造って

売りに出しましたところ全く売れない。

もうびっくりするくらい売れない。

高々と積み上げた在庫の山が動くことなくワンフェスを終了したことがありました。

そうだ、あれだ。

あの暗黒大雪電車止まりまくり動かない京葉線を飛び降りて膝まで雪積もって吹雪の中、

止まると死ぬと思ってスーツケース引きずって歩きながらションベンした


ワンフェス冬だ。


そうかそうかとあの時気付きまして

それ以降創作活動は人に何を言われようと俺の好きなもんだけ造るんだと決めております。

2つ目の「立つ」については結構初期に

えらい彫刻家の先生が言ってた

「立たない人形は人形にあらず」

という言葉に感銘を受けてずっと守ってる。

もちろん走っている姿とか宙に浮いてる姿とかは立ちませんけど

両足をつけて人間がバランスをとって二足で立っているポーズは必ず立つようにしてる。

まあ立つということは足の位置と頭の位置の辻褄が合ってれば立つわけで

立たないってことはどっかがおかしいってことです。

ただ、以前ツイッタかなにかで立つについて書いたら

乙女ばっか造ってるえらい原型師さんに

「髪のなびいた女性は立たないこともあるんだ!!」

って怒られましたね。

そりゃ立たんだろ。実際の髪と違って粘土の塊やねんから。

そういう場合は除外して考えてるよこっちもな。ボケ。

はい、まあそんなことで、今回のドラゴンスクリューナースも

とにかく立つように調整しました。

2体の人形が干渉していてそれぞれが片足立ちという条件でしたので

芯の状態からちょっと曲げて「どうよ。あ」

ちょっと曲げて「どうよ。あ」

ちょっと曲げて「今度はどうよ。あ」

てな感じで恐ろしく時間がかかりました。

スカートをマジスカで作った以外はすべてグレースカです。

まだまだ先は長いので冷ややかに進捗をお楽しみいただければと思います。

IMG_1264.jpg


このカテゴリーに該当する記事はありません。