audace the BEST 2016

今年度もアホなことを書き散らかしたわけですが


一応年度の終わりということで

読者の皆さんの反応の良かった記事をまとめさせていただきます。


the-best-2016.png 



































スポンサーサイト

誰かベホマしてくれた

何ていうんでしょうか、


この3月、頼むから上ってくれと言われて屋根に上り


はしごを外されて火をつけられ、


炎に炙られて屋根から飛び降り骨折してんのに


また別の屋根に上らされはしごを外され骨折みたいなことを


約ひと月繰り返し、


知りえる悪という悪が俺を中心にカゴメカゴメしているような


まさに地獄の業火月間でありましてね。


これがもう一月続いたら脳のお薬のお世話になるかもしれんとおびえていましたが


なんでかわかりませんけど


昨日夜22時頃に回復しました。


そう、回復。


誰かが俺にベホマを唱えてくれたような急激な回復。


201703280805467d9.jpeg 


敵はすべて下郎。



さてさて、


そんな状態でありましたから特に書けるような面白いネタなんぞ無いんです。


とか思いながらふとカレンダーを見ますと


3月も28日。


何をせないかんか。


そうです、1年に1度のベスト記事


audace THE BEST 2016


を作らないといけない。


1年分の記事を遡って読んで自分的に面白かった記事の取りまとめ。


ネタがないのでやるとかいうわけではなく


2回目の書籍化に向けての準備でございますので


もう2日おまちくださいませね。



四国へ行ってたんですが最も記憶に残った出来事

先日四国へお遍路に行っておりました。


実は1日目の夜に酒に酔っ払ったサトーさんが


部屋に戻ってきてみんな寝てるのに


なんか大声で叫びまくって柔道の受け身練習みたいな感じで畳をたたきまくり、


翌朝なぜか顔面傷だらけの血まみれみたいなことがありましたが


もうそんなことはどうでもいいんです。


実は2日目なんですけど


某宿坊で宿泊だったんですが、


そこに別の団体も入ってたんですね。


それが茶道の世界でホレ、表だとか裏だとかあるあれでして、


その団体の若い連中の集まりだった。


で、その団体、50名くらいいたんですが、


うち男はっつーと羽織袴のまあまあ若いのが7,8人。


あとは全部着物の乙女で構成されているとかまるでハーレムなわけです。


こっちは言わば人生のエンドロールが流れ始めてるようなオバハンがほとんどとか


正直うらやましくもありつつ眺めておったわけです。


で、夕食も終えてお風呂に行きましたら


幸い誰もおらず、これはツイてるぜとゆっくり湯船につかって


その後体を洗っていましたら何やら脱衣場のほうに人が入ってきた。


パッと目をやると裏か表かみたいな連中が入ってきよるんですよ。


ほんでまあ洗ってる目の前に鏡がありますわ。


別に興味持って見るわけじゃないんですけど


入ってきたそいつらの丁度股間部が目の前の鏡に映る。


ほなあんた、


もうゾウアザラシみたいなのをぶら下げているんですよ。


いやもう怒った時のゾウアザラシクラスのを。


実際怒ってないのでダランとなってるんですけど


西部の決闘場で地面をカサカサ転がっていく丸い草みたいなんから生えた


漆黒のゾウアザラシ。


俺が目を丸くして鏡を見つめてたら


次のやつもその次のやつも四国のホームセンターには


「黒人用」とか書いてあるのが売ってるのかと思わせるような


お宝を堂々とぶるぶるさせながらのご入場。


こっちはリスみたいなもんですよ。


小動物ですからね、とても太刀打ちできない。


で、最後に一人のび太みたいなのが入ってきたので


さすがにこいつはリスだろうと思ったら


黒サイがね。


黒いサイが。



そんなわけでとっととリスを安全に隠して逃げるように脱衣場へ行きましたが


表か裏かみたいなハーレムを形成するには


あっちもこっちもビッグでないといけないということなんですかね。


今後表か裏かみたいなところの男性のことをアルテマと呼んで問題ないと思います。






雑記20170316


しょっちゅう中国へ行く偉い人がかわいがってくれはりまして

先日もブルガリの時計みたいな時計をくれましてね。

一応まだ動いてはいます。

で、オマエ映画好きか?と聞かれましたので

大好きですよと答えたところ、

4月12日リリース予定のスーパー凡作ジャックリーチャーのDVDをポイっと。

あなたは一体何屋ですかと申し上げつつ家に帰り再生しました。

IMG_5479.jpg 

音声切替ボタンペコペコ押してたんですが

英語>フランス語>スペイン語>ポルトガル語>中国語>英語。

あら?じゃあ字幕・・・

英語>フランス語>スペイン語>ポルトガル語>中国語>英語。

映画館で観たシーンを分からない言語を聞きながら見てましたが

娘がブスだな。

くらいしか感想が残っておりません。



さて、先日から買おうと思ってたウェアラブルカメラ改めアクションカメラが

昨日ようやく届きまして、

ヘッドルーペに設置しようとしたんですがうまくいかず

結局、

IMG_5478.jpg 

こういう形でセット。

動画は簡単なのでフェイスブックにアップしました。

ちなみにこのブログ管理者は一応粘土ブログのつもりでありますが

作品等に関しましてはフェイスブックとツイッターに掲載、

ブログ自体は死んだも同然でございますので

粘土に興味があり覗いてこられた方はそちらをご覧くださいませ。



おからどうぞ

昨夜、昔付き合った女の子たちが(半分くらいは見たこと無かったけど)

グアーってやってきて半笑いで俺の顔を触ろうとするんです。

で、そいつらの持ってるかばんがルイヴィトンぽいんですが

mig (1) 

のこのロゴが全部

「VX」ってなってて

ああああ!塗りに来た!

殺しにきたんや!

こいつら俺を殺しにきたんや!!

ゆうてイオンの中を逃げ回る夢を見ました。

脳が正常では無い証拠ですね。



えー、実は忘れた頃に来る自分にとって最も恐ろしい時期があるんですよ。

それがどうやら来たようで。


『全く造れないゾーン』


ですよ。


理由はよく分からないんですが、

多分、造るスケールが大幅に変化する時のような気がします。

やってもやっても全くモデルに寄って行かないんですね。

どんどんイライラしてきてヘラの動かし方も雑になってきて、

一体誰よこれみたいな方向へ流れていく。

昨夜も続きをやってたんですが、

しっかり計測してんのに爽やか代議士が板尾になってしまって、

もう一旦板尾に見えたらそこから完全に板尾にしか見えない。

なんで!なんで板尾!!と言いながら1時間、

その後は半狂乱になって

両手の親指で

グッチュウウー

と潰し

IMG_5408.jpg 

しばらくうつむいて動けない。

原型師としては致命的な暗黒ゾーン突入に、

耐えがたい恐怖が襲い掛かってくるわけです。

前回のゾーン突入時にどうやって抜けたのか覚えておらず

今まさになすすべなく畏怖に包み込まれ


mig_201703080833494de.jpg 

おから炊いたんもあげましょうね どうぞお上がり


の状況に震えております。



このカテゴリーに該当する記事はありません。