リミテッドプロの罠

僕は何かを始める時には


ほぼほぼ必ずと言っていいと思うんですが

誰かに憧れて始めるんですよ。

ああなりたいって目標を定めることができると

基本的にはそこへ迷うことなく努力することができるんです。

あくまで自分の場合ですけどね。

なのでプラモデルに関しても粘土に関しても

それはあったといえばあったんですよ。

ああなりたいなという目標がね。



で、今また自分的釣りブームの再来でございまして

その中でもフカセ釣りにはまってるわけですが、

あらゆるジャンルにはその道のプロがいて

自分的にかっこいいな、俺もこうなれるといいなと思う人を見つける。

ルアー釣りだとそれなりにカッコイイ人がいるんですよ。

ビジュアルもそうですが釣り方とか考え方とかその伝え方もうまい。

ところがフカセ釣りとなると、その道のプロっぽいのが

基本的にほとんどが年金受給者世代で、

動画とか見ても「フガフガフガフガ、フンガフガフガフンガー」って

何言ってんのかさっぱりわからんというか

「そのーなんつうかアレがナニした時にナニしたらね」

とか

「ウキがナニしたらスーッとアレすっさかいにそん時ナニしたらアレが」

とか


もはや苛立ちさえ生まれてくる始末でして。


そんな中ですね、フカセ釣りの世界にもいたんですよ。

自分と同い年ですからそう若いわけでもないけど

平和卓也 仕掛け 

平和卓也っていう人なんですが

釣りうまいし、フカセをやるにあたって必要なこととか

基本的に説明が上手で面白いなと感じるんですね。

で、彼が使っているタックルやウェアにも興味が湧くわけです。

shimano2014_023.jpg 

この赤いシマノリミテッドプロっていうウェアを着てるんですけど

いや、普段こんなん絶対着ませんよ。

けど釣り場ではまあまあかっこええように見えるんですよ。

で、俺も俺もとクソ高い赤いフローティングジャケットを購入しましてね。

aka.jpg 

リミテッドプロですよ。

よんまんえんですよ。

ほんでもう気分はピースマスターで先日の釣りになったわけです。

で、いざ連れのチャンモリと釣り場に行きますと

平日の朝5時半やっちゅうのに

うじゃうじゃおるんですよ

何がて


すごい汚いオッサンらがですよ。


や、汚いオッサンというか

すごく臭そうというか

や、この顔見たらすぐ110番に掲載中という表現が極めて正しい。


釣り竿よりもドス持ってるほうがよほど似合っているブタブタのオッサンらが

まさにひしめき合っているんですが

そのオッサンらが、そのオッサンらが


8割リミテッドプロですわ。


う、嘘やろ、ともう早朝からショックで頭クラクラしちゃって

1日だまーって釣りして、明るくなった帰りの船で

また汚いブタブタのリミテッドプロに囲まれて乗せられて帰ったんですが

船場に着いたとき一緒に行ってたチャンモリが俺に


「小川さん、今リミテッドプロ捨てたろう思ってるでしょ。めっちゃ出てますよ。」




アホ、釣り自体が怪しいわ。





スポンサーサイト

ピンポンパンってあったんですけどね

別に思い出さなくてもよいようなこととか


急にふと思い出してしまい

それがきっかけですごく不愉快な気持ちになることがありませんか。

すっごいつまらないことなんですけど

負の感情をギュウギュウに詰め込んでやっとしめたスーツケースが

ボンっと開く感じというか。

すごくつまらないことなんですけどね。


実は昨夜ハーデスのダボシャツをどうすっかなんてことですごい悩んでて

ウーンウンウンうなってた時にピンポーンと音付きで思いついたことがありまして。

思いついた内容はどうでもいいんですが

そのピンポーンっていう音で、幼いころに見ていた

pinpon1.jpg 

このピンポンパンっていう番組を思い出してしまったんですよ。(筆者43歳)

フジテレビでポンキッキの前にやってたと記憶しているんですが

pinpon2.jpg

こんなええ歳したオッサンや

全然かわいくないカータンとかいう化け物も出てくるんですね。

それでも毎日このピンポンパンを見るわけですが、

実はこのピンポンパン、1枚目の画像にありますとおり

どこかのクソガキどもも出てきましてね、

番組の最後に後ろにある木の中へ、

待ってました!みたいな感じで入っていきまして

中からおもちゃのでかい箱を持って出てくるんですよ。

ビッチが持って出てくる人形なんかどうでもよかったんですが

自分と同じくらいの年齢のビチガイが

明らかに高そうな超合金ロボの箱を持って出てきて

ヤッターヤッター!と超絶笑顔で天に向かって掲げる。

いつぞや書いたかと思いますが、かなり抑圧された幼少期だったもので

玩具らしき玩具は買い与えていただいておらず

玩具に飢えているホイクエンオガワの心は



恨み辛み妬み嫉みで

レベルゲージ105%ですよ。



「あああっ、あのダイモスの超合金トラックが!!

あのクソビチガイ!!

クッソウ!!ダイモス!!ダイモス!!」

と何も悪いことしていない男児に向かって生霊を送り届ける始末。


それを平日は毎朝繰り返していたな・・というお話でありますが。


だから先に言うたやんけ。

つまらない話やでと。




KRS35新作が発表されました【メトロン星人】

月曜日ではないのですが、


原型担当させていただいたフィギュアが発表されましたので販促記事です。

(株)ACROさんからシリーズで発売されているKRS35の新作でメトロン星人です。
(詳細はACROさんのウェブサイトにて)

metoron-001.jpg 

前作のミクラスとかガボラから少し間がありましたが無事発表です。

今はあちこちで予約受付中となっていますので興味ある方はぜひ手に取ってみてください。




どんな感じで進んでいったかといいますと。

IMG_6040.jpg

素材はエポパテを使いました。

ブレンドは毎度同じ竹一郎さんブレンドで、タミヤの即硬化の黄色と

高密度の白を混ぜて使っています。

あとは銅線とか使ったくらいで盛り削りの繰り返しです。

IMG_6229.jpg

一見造りやすそうなモデルなんですけど

個人的にはこういうシンメトリが顕著に出るのは苦手な方でして

出来たかな?とじっと眺めて

右がもうちょっとこう・・・

あら、行き過ぎた。戻せ戻せ・・

あら、やっぱこうか・・

ギッ行き過ぎや・・

こ、こう・・

ギ、ギギッ

ギー・・・・・・


ウガー!削り落としてやる!!!


っていうのを連日繰り返した記憶がございます。

まあそんな苦労ございましたが無事納品。

思い起こせばKRS35は最初イベント配布用に

カネゴン造ってみてよと言われたのが最初でしたね。

そこから色々造らせていただきました。

1/35スケールという小さいモデルですが、

ACROさんの塗装技術も凄くて、つーか今回のメトロン星人の塗装ですけど

ありゃ凄いですね。塗装で価値あげていただいたような。

小さいですが存在感のあるKRS35シリーズ新作のメトロン星人

ぜひ皆さんよろしくお願いします!






もしこうだったら3万くらい払ってもよい。

先日売りに出しましたアイリーンでございますが


D1DE79E8-104F-46B2-93EB-1BB1D9C64086-2877-000004F70C77CECC.jpeg 

このクソ寒い時期にもかかわらずすぐに売れました。

早いねとかもう飽きたのかとか言われますが

飽きたというより満足したので

さあ次だ

というのが自分の中では正解とされてるところでしてね。

車とか常に使うツールであれば、飽きても乗らないといけないんですけど

バイク、しかもハーレーのような大型になりますと

趣味の乗り物になりますので

自分の中で完成したらそこでいろんな意味で完成と。

乗るのはそんなに好きじゃなくていじるのが好きで

いじる過程が好きであって完成したもの眺めながら飯が食えるってほどでもなくて。

とまあこれ以上自分の中の話を書いたところで誰も読みたがらないのでこの辺で。


えーさてさて、

最近面白いなと思ってずっとやってるゲームがあるんですが

IMG_8875.png 

この青い車を駐車場から出せゲーム。

ひたすら停まってる車をキコキコ動かして

青い車が水色の四角に出るまでとにかく動かす。

こんな駐車場あってたまるかと思いつつもひたすら動かして

青い車を駐車場から出すわけです。

そしたら次のステージへ行けるんですが

ステージクリアするたびになんかわからんが

IMG_8867.png 

これが出てくるんですよ。

この姉ちゃんがすね毛をこすっている映像が毎回毎回出てくる。

うっとうしくてしょうがないんですけど

こういうの見たい人がいるんだなと。

少なくとも俺は全然見たくない。

何がいいのか分からないんですよ。

もしこれが、

もし仮にこれがですよ、


すげえすね毛が濃くてモジャモジャで

それを「悲しそうな顔で」さすさすして

なんでなの・・・と頭を抱える乙女の映像であれば


俺は3万くらいまでならメンバー登録するけどな。


ねえ、みなさんそうでしょう?



今日は雑記です

再販いたしましたフィギュア2点ですが


オッサン6は残り3個となっていますので

お見逃しございませんようによろしくお願いいたします。


えー、さてさて。

アタクシ知っている人は知っていると思いますが

もともとガンプラの出でございまして

ガンダムとZガンダムが個人的にはお気に入りなんですね。

特にZは初代よりさらに頭がおかしくなる人が増えて

テレビ版なんかだと主人公が最後パッパラパーになるとか

かなり衝撃を受けた記憶がございます。


そのZガンダムがとうとうパチンコになったというので

これはZファンとしてはぜひとも触っておかないといけないなと

ちょっと座ってみたんです。

ほなですね、これが悔しいことに面白くって


いや、全然当たらないんですけど


当たらないんですけど原作を知ってると面白くって。

フォウがファーとシロッコでハマーンで。

ただですね、保留が金色の百式になろうが

リーチLV3でかつ字が赤くても平気で外してくるとか

打ってる人も頭おかしくなってくるんでしょうね。

結局

Z.jpg

気付けば結構投資した挙句、単発食らって時短もサラーっと過ぎて

遠慮なく通常モードですよ。

通常モード。

あえて書きませんけど投資額も結構いっとるやないですか。

スタートしたらビカビカ、ピキーンピキーン

役物がウェブライダーに変形したりしてギャギャーン!!

おおお、お?お?いうてるうちにすっかりやられてしまう。

こっちゃ水からゆっくり炊かれたカエルですよ。


エヴァもそうでしたけど

Zガンダム好きな人が打つと

Zガンダムが嫌いになってしまうのでやめといたほうがいいと思います。





このカテゴリーに該当する記事はありません。