こんなことあらへんか。

こんなことあらへんか。


説明書をテキトーに見ながら

パーチパチ組んでてよくよく見たら

先に組まなあかんパーツがあって

そんな時に限ってポッチ切ってなくて

全然はずれへんからムキになってこじ開けようとしてパキみたいなな。




コロース!






あーこれは合わせ目けさなあかんから瞬着ビュー流して

せっかちだから促進剤もシュー。

説明書読んであら?このパーツ何?

先に組むんかい!うお、はずれへん!ガッチガチや!

んもー!ギギギギギ パキ。みたいなな。



コロース!






エポパテで形状変更しようとして

エポパテねりねりして右側に張り付けて

形状をてきとーにヘナヘナ盛りつけて

さて左もするかゆうてもりもり盛ったら

右側と全然ボリュームが違うがな

あーもう盛り直しや足りひんから練り直しか

ってストックもうあれへんやないかい

ミドリ電化に買いに行ったらそんな時に限って売り切れやがなーみたいなな。



コロース!




スジボリをキレーにきめたれと思って

一応プラ版とかガイドテープとか使って

そのライン通りに切りだして

ギギギギギと丁寧に引いていくんやけど

ゲルググやドムの足のフレアみたいなでっかい曲面のところで

うまいこと支えられへんかって

スジボリツールがつるんと滑って

全然関係あれへんところへ「ギー」みたいなな。



コロース!






ポリパテでかっこよく形状変更してボリューム出したれゆうて

ポリパテモリモリ盛ってくっさいくっさいのに我慢して

さーもう固まったやろかゆうて爪でチョンと押したらグニュっとなって

おれはせっかちなんやからさっさと固まれ!ゆうてイライラして

やっと固まったとおもって削り始めるんやけど

サザビーの胸のパーツとかシンメトリださなあかんからごっつ慎重に削るんやけど

そんな時に限って気泡がピロっと出てきて

あーもー!ゆうてその気泡分だけ削ろ、大丈夫やろゆうて

削ったらごっつ削りすぎて「あーほな反対も削らな」ゆうて

右削って左削って右削って左削ってやってたら

下地出てきたみたいなな。



コロース!







さーうまいこと組めた

サフ吹くでー。でっかいパーツやから缶サフでええやろ

プッシューって吹いたら

なんとなくパーツとの距離感つかみ損ねてて

飛び出した部分にだけサフどっさりかかって

パーツの表面を垂れ流れていくのをただじっと見つめるしかない

みたいなな。


コロース!






おーやっとサフまできれいに吹けたがな

乾燥待ちの間に基本色の希釈でもしとくかゆうて

結構時間かけてボトルに色作って

もうさすがにサフもかわいとるやろゆうて

未確認のままパーツをがっと掴んだら

まだ乾いてなくて指紋ビターみたいなな。


コロース!







ほなエアブラシ使うかゆうて

やー最近筆塗りばっかりで全然ピース使ってなかったけど

動くやろかゆうてトリガー引いたら

カップより後ろ側の部分で

ニードルがカラーと固まってもてて

引いたはええけど元に戻らん様になってもて

あーもーゆうてばらばらに分解して

カップから洗浄液をダーっといれたら

あっちゃこっちゃの穴から洗浄液がドッバーっと出てきて

もう服にドバドバーみたいなな。


コロース!






結構でっかい面積塗るのにピースの調整を全開にしてて

ほな先っちょのところでなんかしらんけど塗料が固まって出来た腫瘍みたいなんが

だんだん大きくなってきてそれに気づかんとふいとるもんやから

キレーに塗れてる表面にでっかいつぶが突然ビチャビチャみたいなな。


コロース!






もう締め切りももうすぐやのにいそがなあかんがなゆうて

大急ぎで塗装してて、色作ってボトルに入れてカシャカシャかき混ぜて

調色スティック刺したままボトルおいとって

気が付かんと塗装して吹けたパーツを乾燥台に置こうとした時

肘が調色スティックに当たって

中身机と床とズボンにドッバーみたいなな。


コ、コロース!






ほんで泣きながらティッシュで拭いて

あーもうひと箱くらい使う勢いやがなゆうて

どんどん拭いてやっときれいになったわゆうて

さー塗装の続きやと掴んだら指に塗料がいっぱいついてて

キレーなパーツに違う色で俺の指紋

みたいなな。



コロース!






しかもそのパーツがホワイトで

ついた指紋がブラック


みたいなな。



コ・・コロース!



テカテカの磨きだしやからゆうて

デカール貼ったあとにクリア吹いてて

またせっかちなもんやからもうええやろもう吹いてええやろゆうて

クリアをブッファーと吹いて

はっと気付くとデカールが

ぶくぶくぶくって泡吹いてるっていうかな。


コロース!






で、やっとクリア終わった磨きだしやゆうて

1000番で磨き始めたら

曲面とかで力の入れ具合がうまいこと行かんかって

頂点の部分だけゴッシゴッシやってもとって

先っちょだけハゲてもたがな。みたいなな。



コロース!






全部塗り終わって「苦節10年」とかネタかまして

最後のトップコート吹いたおもたら


それがサフやった


みたいなな。



コロース!




1/20フィギアとかもうすっごい頑張って塗って

俺天才とか言いながら最後の黒目入れるときに

筆にいっぱい塗料ふくませすぎとって

パーツに触れた途端


筆から目玉に塗料大放出、

白目真っ黒

みたいなな。



コロース!




で、その黒が最近変に自信付けてったもんやから



ラッカー


みたいなな。




ブッコロース!







おわり。

スポンサーサイト

基本の基ができていない住職はモデラーではなく一般

住職こう見えて悩み事が尽きないわけでございます。

一体何を悩んでいるの住職。

最近一番の悩みと言いますと


面出し


でございましてね。



今これを読んだモデラーさん全員が



( ゚Д゚ )ハァ?



と思われたかと思いますが

真剣に悩んでおります。

基本中の基本じゃねえか住職さんよお?

そうです。基本中の基本です。

基本ができていないわけです。


そう、エッジをよお立てない。

こんなことすらできない。

どうなってるかつーと


100726_073850.jpg

こういう。

今までなぜジオン系を好み

連邦系を作らなかったのかつーと

この辺に原因があったり。


きっと動かしてる手が弧を描いているのは間違いないと思うので

必殺腕直角強制キット(スピード制御付き)とかいうマシンを

ホームセンターで買ってやろうかと真剣に思うわけであります。


面出し得意のモデラー様方。

何かコツはございませんもんでしょうかな。

割れるということについて少しだけ真剣に考えてみる

ザクは本サフ吹き終わったんですけど

これがまたパテの埋め漏れとかが続出してきて

うあーもうー。

フィニッシャーズのラッカーパテがカッチコチになってたんで

ピュアシンナー入れてぐちょぐちょにしてやりました。

ヒケやすくなるらしいけど

小さい傷とかなら大丈夫ちゃうん。

知らんけど。


えー悩んだんですが

たぶんザク汚します。

全日本汚し屋連合西日本支部構成員としての使命感がそうさせるのだ。

けど一つ心配なことがね。

あるんす。

今回のスジボリは相当深く彫ってるんです。

でね、ここにエナメル溶剤は

赤子にウォッカのませるような。

ちんこにタバスコを塗るような。



「さあ割れてくれ」



とゆうとるようなもんじゃないですか。

せめてペトロールかと。

しかしここであのシナンジュの悪夢がね。

よみがえってくるわけですよ。

あらゆる所でパチパキパッキンと。


関節が割れても困るねんけど

苦労して彫ったスジボリを境に割れるのもなあ。


以前その話で和史兄さんが

「戦いはサフだよ兄貴!偉そうにふんぞり返る前に割れんための手だてを……!!。」

「ビグザムを送っておいたはずだー」

みたいなことを書いてはったじゃないですか。

なに?分かりづらい?


サフを濃いめにぬっときゃー

溶剤にプラが犯されにくいのかもと。

かもしれんね、みたいなことを。


ほな何かな、本サフも缶サフでやってまえってことやろか。


今まで作ったマシーネンのキットがあれほどペトロール満載でビショビショにしたにもかかわらず

割れてないのは溶きパテを塗りたくったからというのも納得だな。



しかしここまで仕上げたザクに溶きパテかー。

勇気いるなあ・・・

やすりの話

上手な人のをコピーして制作して

ウヒヒとほくそ笑んでいる

モデラーの風上にも置けない住職が来ましたよ。

皆さんいかがお過ごしですか。

ウヒー。



えー昨夜はもう何でか何を引っかけたか

眠たくて眠たくてどうしようもなく寝てしまいました。

なのでザクっておりません。

おおすんまへん。



えー先日HAYAさんとこでちょっと話があったんですが

僕基本的に400番以上のやすりがけってほとんどしません。

まー面積広くて目立つところに600番がせーぜーです。

なのになんで傷がないんだ?的な。


そういえばあんまり傷ないす。

最近造ったやつなんかは汚し前提で進めてますから

ピカピカに仕上げる必要ないと思ってますんで

基本400番で。

その他はたぶんですよ、

スポンジやすりをよく使ってんですが

あれのFINEてある程度使って目づまりしてくると

目が細かくなってくるんですよね。

新しいのを切るのが面倒だという理由で

使い続けてると

それがいつの間にやら800番くらいになってんのか。

知らんけど。

とにかく1000番サフ吹いて傷チェックしても

傷が見当たらんのでそのまま塗装いっちゃいます。

なんでだろうな。

1000番のサフできっちり傷が埋まって行ってるんかも。

結構濃い目に希釈して

「埋まれー埋まれー」

と唱えながら吹きますので(嘘)



僕の知り合いの方だとHAYAさんとかiyoさんとかBONDSさんとか

ガンプラをキレイ系で仕上げる方ってペーパー作業がものすごく丁寧ですよね。

とてもまねできない。

俺の中で一番上の番手は400じゃーとかゆうてる俺などもはや論外で。

なんや。

ほな今回のザクマインレイヤーは汚すのかと思われそうですが



まだ全然決めてへんがね。



へたすりゃツィンメリットやりだしたー!なんて暴挙に出るかもですし。




そうそう、

いろんな上手な人のこういう根気ある作業を見てると

ああ、俺などクソ以下じゃないかと思うわけですよ。

基本的に俺、勘で模型作ってますし。

「んあ?ここはこーとちゃうんかい。知らんけど」

とか

「あーん?こんな色塗ってみたらどないやねん?知らんけど」

みたいなね。



つまり基礎が全然なってないということか。


知らんけど。


プッ。

持ち手について

みなさんこんにちは。

世間はマスクを買い求めて長蛇の列を作っておりますが

模型屋にもマスクあるよと教えてあげたほうがいいんですか。

あたくしの部屋にもいっぱいありますけど。

何?欲しい?1枚5000円だ。


さて今日はちょっとめずらしく改修についてのカテゴリを選択しました。

えーと塗装時の持ち手についてですが

まずガンプラを仮組後にばらして塗装する場合

大抵の方はポッチを切ったりポッチ穴を切ったりしはるとおもいます。

何もせずに組んだらばらすときに

数々のポッチが折れて

心も折れて

ゴミ箱へダンクシュート

となってしまいがちですね。

なりませんか。

そうですか。


私の場合ですが、

仮組対策としてポッチ穴の中にニッパーを入れて縦にカットを入れています。

たまにうっかり可動部のポッチ穴にカットを入れて

片腕ダランダランになったりしますが

その辺は注意してください。


まあそうすることによって仮組後のばらしが容易になります。


さっきからそんなことしっとるわボケーと

多くの黄色い声援が聞こえてますので話を進めます。


で、持ち手なんですが、

今いろいろと大変便利な持ち手が発売されてまして

竹串の先にワニクリップがついたようなね、

ええ、便利だと思います。

どこぞやのサイトで自作する方法が載ってまして

こいつはいいやと説明通りに100円ショップに買いに行ったんです。

ワニクリップを。

ほな売ってませんわ。

売り切れじゃなくて売ってないんです。

あっちやこっちの100円ショップ行ったんですが

残念ながら売ってませんでした。


竹串だけ買ってンハーゆうて家に帰ってね、

さてどうしたもんかと、ネットで検索したりいろいろしてたんです。


で、偶然目の前にパーツと竹串があったので

ここをつまめたらええのにのうーと見てて

カットを入れたポッチ穴が目についてね、

竹串のケツを入れてみたらアータ、

ぴったりじゃないですか。

や、MGしか最近作ってないからHGとか知らんけど。

絶妙なマッチフィーリングですわ。


お金がなくて製品を買えずチクショウとか思ってる人や

いくら100円ショップ探してもワニクリップが見つからない人は

試してみてください。



「それもしっとるわボケー」



今日は心の声がよく聞こえるぜ。





ちなみに現在進行中のチューブ1号などのレジンキットは

竹串のサイズでふかさ2mmほど開口して刺してます。

DSC02860.jpg


あ、串さしてるのは100円ショップの

ネコの爪とぎとただの発泡スチロールです。

同封のマタタビは撒く必要はないです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。