年末fg展示会作品『巨匠の斥候』竣工

間に合った。


8_20101228233947.jpg

ギャラリーはこちら


fg展示会に出品いたします。

人気投票は年明け元旦からでございます。

気に入っていただけましたらポチっとお願いいたします。

スポンサーサイト

神にジャッジを。

悪魔将軍と年末fg展示会で

夏の暇さがまるで嘘のようでございます。

昨夜塗りに塗りまして

サイレントさん塗りあがり。

ベースの盛土も終わり、

本日は情景の最終製作予定。

明日夜には投稿出来そうな感じです。


おお、もうちょっとです。

しかし一番気をつけないといけないのが

この完成間近の時期。

最も危険。

今まですんなり完成した記憶がない。


明日の夜


27e75796ceeb0ef9b2712eed6eda12da-300x225.jpg

「ワーイ」とゆうとるか




101211a52.jpg

「コーロースー!」とゆうとるか




神にジャッジをお任せいたす。

ああ心に余裕なし。

昨夜チョコレートを食ってたら

バキッって音がして

「ん?」っておもいながらも噛んでたら

バリバリ音がして

なんかチョコレートに混ざってたかんかちくしょう

そんなもん食って栄養にしてやると食っちゃったんですが

突然欠けた我が歯でした。


年末になんてことだ畜生。

毎年だ。

毎年年末に起こる歯のトラブル。


なんでだようまったくよう。


つーかヤバイです。

年末fgの投稿を見るたびに胸がドキドキします。

もう間に合わないんじゃないか

もう間に合わないんじゃないか

ウハー。


ラプターとミニマムさんは彩色も完了。

あとサイレントさんはシリコンからやっと抜け出たんだけど

人差し指を紛失。

ベースの方は木枠組んでステインで着色中。

それらを待ってる間なんもすることないんですよ。

なんもすることないので粘土するしかない。

さかなサンを進めたりしてたんすが

ヘビロテ中のプリズンブレイクを見ながら

アブルッチ。

R0011937.jpg

だー!

こんなことしてる場合じゃないのはわかっとるちゅうねん!

乾燥待ちとか硬化待ちとかもう大っきらい!

目からビーム出して固めてくれるロボッツを誰か俺にくれ!


12月27日すでに相当余裕なし。

年末fg間に合うか合わんか扉よ閉まるな。

ノーブラノーパンの美女をとお願いしていたのに

俺のところにはサンタが来ませんでした。

窓の鍵しめてたからかのう。


えー外は小雪舞う寒々しい雪雪しい感じでありますが

朝から買出しに行ってまいりました。

年末fg用のベース。

今頃。

まだサイレントさん抜かなきゃならないし

ベースにニス塗らなくちゃならんし

うおー、キツキツじゃんかよう。

間に合うかしら。


で、参拝者様からお伺いしておりましたが

先日の関東Makのレポートがモデルグラフィックス誌に載ってて

そこに俺があの必殺宅急便で送ったジオラマが載ってるらしいとのご連絡をいただきまして

買いに行って来ました。つーかゼロ戦いらん。

mg.jpg

また本屋に行かれることがありましたら

チラリとでも。


さてラプターですが

一応進めています。

写真


基本塗装が終わっとりまして

今日なんとかデカールとかはって

ちゃっちゃとクリアコートして

油彩でガサガサガサして

クリアコートして

シタデルの儀式を執り行い

クリアコートして

ピグメントヘレヘレヘレーとして

またクリアコートして



ギギーーーー!やることいっぱいあるやんけ!



すんません、ちゃっちゃとやります。


さようなり。

いよいよラプター

明日はファッキンクリスマスイヴですか。

おまけに金曜日ときているわけで

どこのホテルもクリスマス特別料金とかを設定しやがるにもかかわらず

満満満満

となるんでしょうね。

フン。



えーおそらく若者たちはクリスマスプレゼントなる

来年にはもう違う男と一緒にいるであろう彼女に

大枚はたいてファッキンなプレゼントを購入するラストチャンス。

そんな日に何をしてたの住職。



朝からずっとぷらもでるに色塗ってたのよ。



オーーーホホホホ。



俺の幸せは今ココにしか見当たらないからな。


えー随分久しぶりに色塗ったんですけど

悲しいことにやっぱ色々忘れてます。

それでも思い出しながら塗ってみたわけですが

うーむ。うまくいかないもんでございます。


殻など割ってみたわけですが


サイレントさんをのせますと

R0011924.jpg

こんなかんじでうまく収まります。



さかなサンを乗せたりしますと

R0011923.jpg

「今ミラーこすったやろ!降りて来いゴッルア!」

って感じで勇ましい。

横では常にミニマムさんが

「どうよ!?」

って立っててくれて心強いわけでございます。



と、ここまで塗ったんですが

どうしても粘土を触りたい衝動を抑えられず

新しいオッサンの顔など彫り始める住職でした。


そんなわけでまた明日。

このカテゴリーに該当する記事はありません。