FC2ブログ

HGUCサイコガンダム 第6回

デカイデカイと言っていますが

どんだけデカイか


DSC02245.jpg


右がMGガンダムマークⅡver2.0です。

左はサイコガンダムの



足ね。




ギギギ・・・

指紋が無くなっていく。

HGUCサイコガンダム 第5回目

サイコガンダム第5回目です。

一通り文句も言いまして

やりたいことのまとめも終わりましたので

いよいよ作業開始です。


では説明書通りに足から進めていきましょう。

とにかくパーツ1個1個がでかいので

なかなかはかどらないんですが

スジ彫りを入れてみましょう。


まずは表面処理をきちんと行います。


今回はヒケがすごかったのでペーパーは

240番>400番>600番

の順にあてていってます。

表面処理が終わりましたら

まずは自分の入れたいスジ彫りを

パーツに書いていきます。

これはもう経験とセンスの問題なので

私のようなドシロウトではパッとしたのが出ませんが

ホビー誌や、天才バッターの作品など参考にしながら

キコキコと書いていきます。

私の場合はシャープペンを使用してます。


DSC02242.jpg


次に線の交点に小さい穴をあけます。

私はピンバイスの0.3mmであけますが

面倒になってきたりするとケガキ針でプチっと押すときもあります。

まあそんなもん自分たちの気に入った方法でやったらよろしいでしょう。

これをやる理由は、スジ彫りって意外とつながってないこと多いんですよ。

ギコギコギコ、シュパシュパ、フー

ん?

えぇ・・・・・まじでぇ・・・・

ってなるんでね。



つぎにいよいよラインを彫っていくわけですが

DSC02243.jpg

私のこのボロボロのケガキ針で・・・

(昨日HIQパーツさんにスジ彫りセット注文したw)

ガイドなんですけど

なんでも制作日記のkenjiさん推奨の方法はダイモテープです。文房具屋で売ってます。私も大量に買い込んだのでしばらくいらんです。

また某天才バッターのn兄さんはプラ板を好きな形にカットしてアロンでひっつけてけがく方法をされているようです。あとで表面処理をするからアロンも問題ないというわけで。

俺様はフリーハンドで引けるんだよ!という人はそうやってもらって結構です。

ただ今回はパーツがすごいでかいので

エッチングスケールを指で固定しとけば余裕で引けたのでそうしてます。

基本的に面倒くさがりです。


はい、そして全部彫れましたら

最後にペーパーの800番をあてて


DSC02244.jpg

きれいになりました。

本当はもっと彫りたいんですけども

全体のバランスをちゃんと見ながらやらないと

そこだけグチグチグチーと彫ってしまって

ブサイクなことになりかねません。(以前経験済み)

なので「もうちょっと彫りたいな」くらいでやめておくのがよいでしょう。


ついでに書いておきますが、

穴を開けている部分ですね。

ここにはメタルパーツ突っ込む予定です。

表面の面取りはHIQパーツさんの面取りビットでやってます。

別に工作員ではないんですけど

あのお店の商品って安いのに使いやすいっていうものが多いです。

私のお勧めです。

HGUCサイコガンダム 第4回目

みなさんこんばんわ。

M-1見ながらサイコガンダムをいかに美人に仕上げるかと

悩んでいましたが、

さきほどメタルパーツの注文も終わり、

修正の内容を以下のとおりまとめてみました。


①まず1/144スケールにもかかわらず30cmの大きさで

各モールドがあまりに少ないので表面への情報量の追加。


②第2回でも書きましたが、サイコガンダムはあくまで戦闘機でたとえるところの

爆撃機というイメージで行けばこのスタイルでも十分納得できるので当初考えていたスタイル変更は

極力行わない。


③それに従い変形機能は残す方向で進める。


④メタルパーツは下品にならない程度に多めに使用する。


⑤指定色では少々しんどいのでマークⅡのティターンズカラーで塗装する。


⑥仕上げはつや消し。


以上で進めます。

まあ散々文句言いましたが、

そう言っておいたほうが後からかっこよくなったときに



感動倍増するから。



それでは表面処理開始です。

HGUCサイコガンダム 第3回目

まあ昨日変形だ変形だ

変形させてやらなければ


みたいなことをツラツラ書いたんですが


いざ変形させていただきましたら


DSC02241.jpg


もうまるで墓石ですわ。


思い出なんて消えてしまえ



君は変形などせんでいい。

HGUCサイコガンダム 第2回目

とりあえず仮組みしてみました。

DSC02233.jpg


・・・・なんというカッコ悪さ。

モッサーとしてますわwww


いくらフォウがシャブ中だからといって

もうちょっとかっこよく出来んかったもんかしら。

つうかね、



むちゃくちゃでかいんです。



サイズ的にPGですよ。



まあいい。
今からこいつをかっこよくしていかねばならんのだから。

ひどいブスを美人に整形してやらねばならんわけだ。


心を美人にしたよ


なんていう言い訳は通用しないことは分かってますよ。


さて、文句付けていきましょうか。


まずもって第1に仮組み中に気付きましたが

恐らく最大の難関であろう

後はめのやりにくさです。

もう胴体の部分なんて

対象年齢3歳~7歳と書いてある合体ロボみたいな出来ですわ。

変形機能ついてますが、

それをオミットしてまで手を加えていたら

2010年のお正月を迎えそうですし

ちょっとそこらはもう少し考えます。


DSC02234.jpg

頭ですが、

見てのとおりでかいです。

フリーサイズと書いてある帽子は絶対にかぶれません。

しかし設定ではここにフォウが乗っていやらしいことをするわけなので

ひとまわり小さくする程度にしましょうか。


DSC02235.jpg


肩の装甲ですが

全体のバランスから行くと

相当小さく感じられます。

大きくしたいところですが、

それをやってしまうと変形できなくなります。

ううむ。

まったく面倒なやつめ。



DSC02236.jpg

まあサイコガンダムの一番大切な部分ですね。

メガ粒子砲でしたっけ?

ここはもうメタルバーニアで対応せなしゃあないですね。



しかしこの小学生の短パンみたいな腰の装甲はいただけん。

ポケットからハンカチがはみ出てる小学生にしか見えん。

なんとかしよう。


DSC02237.jpg

貧相な足ですわ~

情報を増やして密度を上げないと

こりゃまともに見れんですね。

変形さえ殺してしまえばパテでどうにかできるねんけどねぇ。


DSC02238.jpg


BPもなぁ・・・

なんちゅうか書いてて今気付いたけど

戦闘機でもAとかFとかBとかあるわけで

コイツの場合はFシリーズではなくて

あくまでBタイプだと考えれば

まあそんなに悩むこともないのかなと。

カッコイイHI-νとかストライクとか

そういうガンダムに近づけるとかいう考え方を

根底から変えてしまわないとすすめられんな。



DSC02239.jpg


ここも丸出しやねんけど

埋めようとしたら変形がなぁ。

キーは変形やなぁ・・・



DSC02240.jpg


だから短パンはもうええねん。

HGUCサイコガンダム 第1回

みなさんおはようございます。

昨夜は撮影と画像整理とHP更新で恐ろしく時間を食ってしまい

寝たのが朝の5時半でして

先ほど起きてきました。


さてZ出品して早速ですが

何がどうなったか、私に制作依頼が舞い込んでまいりましたので

それの制作に取り掛からなければなりません。

キットはこいつ↓

DSC02230.jpg

そうです。

頭痛持ちで1日にセデスを60錠飲んでいる

あのフォウ村雨が乗り回していた機体です。

箱を開けてみましょう。


DSC02231.jpg


お・・・大きいな・・・・。


しかしただパーツ1個1個が大きくなっただけで

密度的にはスカスカの予感・・・

DSC02232.jpg


そしてこのジャイアンのようなポーズ。



過去これほどまで私を不安させるキットは見たことが無い・・・・


今回は依頼制作ということもあって

FAZZの時みたいに


やめじゃオラーー


とか言いながらゴミバコへダンクシュートは出来ません。

誠心誠意頑張らせていただこうかと思います。




期日は平成21年2月14日



前日が私の誕生日。


ではがんばりましょう。

MGZver2.0 第10回目

MGZver2.0オークション出品しました。

どうぞよろしくお願いいたします。


今作業終わったんですが
午前5時半て。

寝ます。

MGZ ver2.0 第9回目

カメラのバッテリーがなくなった!

もうちょと

もうちょっとだけ待ってくださいね。


DSC02186.jpg

メタルパーツについて

メタルバーニアとかはプラに比べて

エッジがキンキンに立ってるし

最近は割と安価なものが増えてきましたので

オークションに出ているキットを見ても

ほとんどの方が使用されていますね。

私もギラギラにならない程度に使用してます。

この間のオラザクの三連星ザクなんか

もうメタルパーツの使い方が天才バッターですよね。

今後の参考にさせていただきたいと思います。


さて、メタルパーツのキットへの接着は

瞬間接着剤を使用するケースが多いと思いますが

きれいに接着して

おお、カッコイイ

などと自画自賛し、

撮影もきれいに終わらせて

翌日見たら


バーニアの周りが白く曇ってバイバイサタデー

になっていたなんて経験があるかたもいらっしゃるのではないかと思います。

専門家ではないので理屈は説明できませんが

あの白化を防ぐ方法として

接着前にですね、

接着剤についている促進剤あるじゃないですか。

あの脳が浄化されるような匂いのする液ね。

あれを綿棒かなんかで塗っておくわけです。

そしたらあら不思議

次の日に愕然とすることはなくなるわけです。



理由は知らんけど。



バーニアなんかは結構でかいし

接着部が奥まったところにあってあんまり目立たけりゃええんでしょうけど

たとえばガンダムのバルカンみたいに

小さいメタルパーツは目も当てられんようになるからね。

南極で放置されて2年くらいたったガンダム

という設定にするんやったらええ感じなんやろけどね。



ではまた。

MGZver2.0 第8回目

今日も写真なしですみません。

次のHGサザビーは先送りとなりまして

諸般の事情によりHGサイコガンダムの制作を始めることになりましたので

昨夜Zの作業をすべて終わらせました。

マスキングテープが嫌いで

ウンガーと叫びながら進めてはおったのですが

よくよく考えたらゾルがあったのを思い出し

その後作業ペースが格段に上がりましたので

おかげさまをもって作業完了となったわけで。

買っているんだけどその存在を忘れてること多いです。

すべての塗装完了してデカール、

デカールはHIQパーツさんのNCデカール使用です。

フィニッシャーズのフラットコートでトップコートして完了です。

今夜撮影が完了しましたら

終了24日で



メリークリスマス落札日として出品します。

該当の記事は見つかりませんでした。