FC2ブログ

MGシナンジュ 第20回忌

shi01.jpg


shi02.jpg


gun.jpg


撮影は順調に進んでいました。

あと10枚ほど撮ったら出品の段取りをと。

ポーズを変えて若干浮いている右足。

足首の角度を調整・・・




ペキ




神よ。

なぜにこのキットは私を受け入れてくれぬのか。


危ないフレーム全部入れ替え決定。






オイ。





もう1個作っとるのと一緒やないかーい。

スポンサーサイト

MGシナンジュ 第19回忌

みなさんこんばんわ。

一度暗黒銀河に飲み込まれながらも

やっと深淵より舞い戻ってきたmidoujiです。


今日はトップコート前の南3局作業です。



メタルバーニアを組みましょう。

メタルバーニアは無垢でもかっこいいんですが

最近は塗装する方が増えていますね。

HIQパーツさんも「塗れ」を推奨。

塗る前には必ずメタルプライマーを塗りましょう。

DSC02612.jpg

そのまま塗料塗ったら当たり前ですけど

ペロンペロンはがれます。

昔気づかずに塗り終わったバーニアを押し込んでて

ボロボロはがれて苦悩いたしたものです。

なにしろ高額なパーツですから大切に作業しましょう。


DSC02613.jpg


プライマーが乾いたらエアブラシでサッサと吹いて組みます。

今回メタルパーツを埋め込んだ場所は

DSC02616.jpg
↑ここはモデルアップのバーニア使ってますが
外枠と干渉するので見えませんけど3mmのかさ上げが必要です。


DSC02619.jpg

DSC02621.jpg

DSC02615.jpg
↑ここもかさ上げ。

DSC02623.jpg

DSC02622.jpg
↑ここはセンターのみかさ上げ
かさ上げっていうかエクステンションパーツがかっこいいので使ったんですが。


つうことです。



デカールも貼り終えましたので

明日トップコートして終了。


DSC02626.jpg



おやすみなさい。

MGシナンジュ 第18回忌

この週末どこにも行かずぶっ続けでシナンジュやっとりました。

とりあえずあとデカールとトップコートの状態にまでもっていきました。

もう間もなく公開&出品となろうかと。


毎回塗装時、サフも含めて起きる問題なんですが

今回も悩まされたことでね、

ほこりです。

あのMG陰毛1/100みたいなやつですよ。

塗料吹く前に散々チェックして

ついてたらエアシュッシュで飛ばして

よーし大丈夫だな、

シュー

シュー

シュー



あ!



ですわ。

どこから現れるんですかあいつらは。

もう考えられへんとこから現れるじゃないですか。

もう上に塗料乗っかってるからね。

どうしようもないわけですよ。

ほんでしょうがないから乾燥してから

ペーパー当てて段差慣らして

また吹くでしょう。

ふー、ヤレヤレと。

ほんである程度組んでおこうって組んでて

ハッ!


こいつもかよ!


どういうことやねん!


ですわ。


あれはなんとかならんもんですか。


MG陰毛1/100は俺の家だけに発生してるとは思えんじゃないですか。

世界中のモデラーがキレてるはずなんですよ。

あれを避ける方法としたら

もうこいつが使っている

Black_Jack.jpg

あの手術の時にプーってふくらますやつを手に入れるしかないな。

目覚め

けたたましい子供の泣き声で目が覚めました。


なんやなんや日曜の朝から。


シナンジュの塗装でもうフラフラなんだよ俺は。


目をこすりながら布団から起き上がって耳を澄ましました。


うちの子が泣いてんのか?と。



「ウアーーーーーーーン!」


「降りんかいや!」


「うあーーーーーーーん!」


「降りて怪我せえ!オラ!」


「ウアアアーーーーーーーン!」


「このドアホ!」


「ウウウアアアアーーーーーーン!」


声の主は隣のキ○ガイ娘。


何が起こってるのかとカーテンを開けて見てみると


隣のキチ○イ娘の子供(多分4歳)が


高い土手の上に立ったまま泣いていて


それをキチ○イ娘が下から見ている図。


どうやらその土手の上から子供に向かって


オラ、降りて怪我せえ!と言っているようです。


「降りんかいや!ボケ!」


「アーーーーーン!アーーーーン!」


「たいがいにせえよ!ボケ!」


「ウウアアアアーーーーーン!」


「はよ降りれクソが!怪我せえ!」


「ウウウウアアアアーーーーーーン!」


いやいや、なんでそこに立ってるのか知らんけど


降りたら怪我するがな。


なんちゅう無茶をいいよるねんこのキチガ○娘。


つーか娘全員○チガイ(4人か5人か)。


そら無茶やでーって思って声をかけようと思った瞬間


キ○ガイ娘、どうやらキレたようすでダーーーっと土手を駆け上がり


子供に3発グーパンチ。


「アゲエエエエエエ!!!」


火のついたように泣く子供。


「落としたろ!ボケが!」


と無理やり子供を落とそうとするので





「こらこら、無茶したらあかんがな!」




と窓を開けてキチガ○娘に言いました。

虐待ですからね。どう見ても。




ほなあんた







「うるさいわ!ほっとけブタ!」







て。



いつの間にか俺、


あだ名がブタになってるんですけど。

トンポコチンキ

もうここ最近ずっと嫁にトンポコチンキの歌を

強制的に聞かされているため

ようつべで見てみましたらありました。

どっさりありました。

トンポコチンキ。

一応動画を見てもらわないと以下の話がわからんので

我慢して見てください。







うかつにも出ている女子に気を取られ

最後まで見てしまったわけですが


あれはなんですか、


サチコは3つ年上の彼氏アキオがいてですね、

「サチコ、大学を卒業したらケコーンしよう」

なんて言われててですね、

楽しい日々を過ごしていたわけですよ。

その大学の学生生活中に

嫌々人数合わせで行ったコンパで

ヒデキと出会ったわけですよ。

一応空気を読みながらね、カンパーイとかやってるわけですわ。

もうそこでヒデキは完全に勘違いしてですね、

「サチコ俺のこと好き!」

とか思うわけですわ。

もう全然いけないのに。

その日からヒデキの無軌道な行為は始まるわけですよ。

もう勝手に卒業式とか学校に入ってきてるんですよ。

「え、なんであの人来てるん?」

とサチコは思うわけですが

一応おめでとうと言ってくれてるもんですから

素直にありがとうと。

ただ、あら?なんかおかしいなと。

最近そういえばアタシのマンションの郵便受けが荒らされてるなとか

家に帰って部屋の電気つけたとたんに無言電話がかかってくるなとか

乳と股間の部分が切り取られた水着がドアノブにかかっていたとか

差出人不明の荷物がやたらとどくとか

なぜか出かける先々で


ヒデキに出会う


とか



どうもおかしいと。


ヒデキおかしいと。


で、警察に相談に行くわけですが

警察は被害が出ていないのなら動きようがないっすねー

という冷たい返事で

それでもアキオに相談して心配かけちゃいけないと思って言わずにいてね、

そしていよいよ結婚式って時に




呼んでもいないヒデキが並んでて




「えー!なんでコイツいるのー!」




と驚いている絵とか百点ですよね。

新劇場版エヴァンゲリヲン初号機 第1回

シナンジュのキット届きましたけど

しばらく離れたい気持ちでして

ムエタイ看護婦のシールの張ってある棺に入れてしばし凍結です。


ま、その間ほかのキットでも作って気分も新たに


模型を苦しむのではなく


楽しくつくろうではないか。




で、




DSC02608.jpg



初号機こんばんわ。はじめまして。

新劇場版をしつこいほど見てましたら

やっぱり作っておかないとだめじゃないですか。

ほかにもやることいっぱいあるくせに

また新しいキットをあけるのかおまいは。

ああ、そうさ。




こうやって苦しいことからずっと逃げて生きていくのさ。



とりあえず袋を開けて

胸と首の部分をパコパコパコーと組んでみました。

ここまでの感想ですが

あのABSがなー。

結構ありますなー。

やすっててイライラくるABSがなー。

あとPCも使ってますね。


DSC02609.jpg


で、組んでみてて思ったんですけど

普段ガンプラばっかりやっとるでしょ。

先日ムエタイも作りましたけど


エヴァ面白いですわ。

組んでて楽しい。

あ、なにこれ。

オモシレー

ですよ。


DSC02610.jpg

こう首の後ろなんか

パカーって開いて


DSC02611.jpg

エントリープラグがニューン。



うおっほっほ、



何このキット。


おもしれー。



ヒットだなこれ。



夢中になるどー。











↓なにそれオモシロソー!って思った人の数。

MGシナンジュ 第16回忌

「第13、第27装甲板消滅。」


「だめです。部分的な補修では追いつきません。」


「現時刻を持ってすべての装甲を破棄。」




DSC02607.jpg





「いいの。私は2人いるから。」




墓標が立つほどパーツあるねんな。

こいつあなかなか今のモチベーションで作業続行は難しいぜ。

腕を組んでひとしきり悩んでいる横で



嫁が録画したトンポコチンキを見ながら


「この人ら最近いつも同じ服着てテレビでてるねん。」


「しらんがな。」


「日本に服あんまり持ってきてないのかな。」


「昔お前がユンピョウにしたようにまた何か贈ればいいじゃないか。」


「風邪みたいなもんでなー。だんだんどうでも良くなってきたよ。」


だと。



せめて俺のと結婚が


インフルエンザでありましたように。

ふつうの話

財政難が続いております。

月に1体オークション出品していたわけですが

彩子以来出してませんから

まー当然と言えば当然なんです。


脳内工場では新しい企画書がどんどん起案されてきてるんだが

開発と製造が全く追い付いていってないわけでござんす。


社長しっかりー。


おう任せとけ。


それより君、スカートの丈が短いんじゃないか。


あらヤダ社長ったらー。ウフフ。


フォッフォッフォ


応答は晴れ。




-----------------------------

追記


MGグフのver2.0が出るみたいですねぇ。

なんかヒートロッドついてましたよ。

あんなの作るのいややなぁ・・・

口がビニョーンと垂れさがってましたよ。

あんな形いややなぁ・・・

肩の水牛ヘッドが長くビローンと伸びてましたよ。

あんな形いややなぁ・・・

全体的にスタイルはグフカスタムのほうがええなぁ。



けど買うんやろなぁ。



5月。

千里ちゃんの電話

ワンルームマンション。



俺の城。


20歳のころ一人で暮らしていた。



丁度黒人にどつかれて3千円恐喝された頃である。



その頃仕事の関係でうちに出入りする女の子がいた。



その子の名前は千里ちゃん。



森高に似たかわいい子だった。



私よりも2つ年上。



窓口で対応していたら



かるくアプローチされて



私は自分の部屋の電話番号を教えた。



その頃はまだ携帯も一部のヤクザか金持ちが



持っているだけの時代であったし。



その日の夜、



千里ちゃんから電話がかかってくるかもと



ドキドキしながらバリバリコード付の電話を



部屋の真中に引っ張ってきて正座してまっていた。



ずっと。



ずっと。



でもその日はかかってこなかった。




翌日もかかってこなかった。




うーむ。




ひやかしか。ちくしょう。



あれきり千里ちゃんはうちの職場にも現れないし



これはどうも期待薄である。



3日目からはもうどうでもええわぁ~と



電話も気にならなくなった。



それに



古本屋で買ってきた「こち亀」70冊を読んでしまわなければならぬという



試練も残っていたのでそちらに集中することにした。



こたつに横になり



山積みされたこち亀をよみふけっていた




午後9時頃。




ツルルルルルル




電話。





「もしもし~」

 



「みどうじ君?」



 



「はいはい~」



 



キター!電話キター!キタキタキター!!



  



小躍り状態。



もううれしくてうれしくて。



とりとめのない話を約1時間ほどした。



そして俺様、



おしっこがしたくなった。



さっき飲んだビールがまずかったか。



目の前にも飲みかけのポカリスエット1.5リットルペットボトル。



ちっ



こんなときに・・・



まあ我慢できるやろ。



そう思い我慢しながら話を続けた。



ああ楽しい。素敵な女性との会話は時間を忘れさせる。



「あ、みどくん電話大丈夫なの?」



「ゼーンゼンダイジョーブダイジョーブ」

 



ほんまは大丈夫ではない。





千里ちゃんとの会話はそれはもうはずんだ。



楽しいのに



こんなに楽しいのに




「ちょっとおしっこ・・」




が言えないのだ。




20歳の俺はそれが死ぬほど恥ずかしいことだと思っていた。




初めてプライベートで話する夜。



何者にも邪魔されたくなかった。




しかし膀胱はすでに限界。




ばれないようにおしっこをするにはどうすればいいのだ。





考えた。



俺様は考えた。



少ない脳で考えた。



このまま電話機もって



トイレに移動、



座ってちんこを思い切り下方向へむけて



跳ね返りを抑えつつ



音をさせぬように放尿。



プランE完成。





ほかに方法は見当たらん。




さっそく気付かれぬよう移動開始。




そーっと



そーっと



 
はげしく動くともれてしまう。



 

そーっと



そーっと




ビーン






コード足らん!!





目的地ホノルル空港を目の前にして



彌慟慈航空ションジョロ444便はトラブル発生でUターン。




くやしい。



くやしい。



悲しくて涙が出そうだ。




千里ちゃんは何も気付かず



ひたすらしゃべっている。



あんたはしっこ大丈夫なのか?




しかし一刻も早く自分の処理をせねばなるまい。





このままではおもらししてしまう。





はやく!





はやくプランFを!




だめだ。



もうだめだ。




便器を探せゲームになってしまっている。



もう電話の話は上の空である。




そして



目にとまったものは



まだ半分以上残っている



ポカリスエット1.5リットルペットボトル。

 



よかいち!



これしかないわ!





私は意を決し、残りのポカリを一気のみした。




ゴッキュゴッキュゴッキュ




電話の向こうで千里ちゃんが



「何のんでんの~」



である。



「のど乾いたからぽかり~」



平静を装う俺様。




くるしい。



ボウコウパンパンなのに。



飲み干した俺様、



即座にチャックを開け、



ちんこの先を飲み口に当てると



放尿開始!



んじょぉー




ふはぁ~・・・・



ああ・・ええがね・・ええがね・・・




おしっこはなかなか止まらない。




さっき飲みほしたポカリスエットほどおしっこがでた。




よくこれだけ体内に貯蓄できるものだ。



これで安心して会話ができるぞ。



うひゃひゃひゃひゃ。




電話は終わらない。



いいのだ。



いいのだ。



俺様はもっと千里ちゃんと楽しい時間が過ごしたいのだ。



電話代は向こうの家が払ってくれるし。





10分後、




一気のみしたポカリの影響か、



またおしっこがしたくなった。



でも今度はダイジョーブダイジョーブ。



携帯用便器ゲットしてるからね!




はい、こぼさないように注意して放尿。




うーんどんどんたまるぞ。



お、お、お、お、



大丈夫か?大丈夫か?



ふぃ~ギリギリセーフ。




口いっぱいまできたねぇ~



あぶなかったねぇ~



もうそろそろ電話も終わるだろうし



キャップ閉めて格納。



しかし電話は終わらなかった。





千里ちゃん・・・あんた電話好きだね。



もう俺は飽きてきたよ。





君の不倫の話なんてどうでもいいんだがね。




それから30分。




再び尿意。



なんでや



なんでこんなおしっこしたくなるんや。



飲んだのは



缶ビールとポカリスエット1.5リットル。




そんな出るわけないのに!




もーう!!




次の便器は・・・







キリンラガーしかあれへんがね!!




 



やばいよなぁこれと。



350ではいりきるかなぁと。



不安におののきながらも



ちんこを飲み口に当てた。




んじょーーー↓↓



じょーーーーー↓↓↓↑



じょぉ↑ぉ↑ぉ↑ぉ↑ぉ↑





やばいやばい!





反響音が高くなってきてる!





もうちょっとや!もうちょっと!




じょびじょびじょびじょび



 



こぼれた。


 



これ後始末大変ちゃうんか。


 



こぼれてから1分後、



千里ちゃんは電話を切った。



 

名前

自分のHNをぐぐってみました。

ほななんかいきなりMSNの評価とか出てるじゃないですか。

そんなとこで買い物した記憶なんてないわけですよ。

んあー?

って開いてみたらアータ


こんな服買ってます。


115819889_1.jpg


こういうの着てる人をスロ屋でよく見ますけど


俺こういうの着ませんから。


俺のHNで検索してこういうの出てきて



「あーなるほど、mdspの管理人はこういう人か」



とか思われてるかも知れないじゃないですか。


ちょっとまって

ちょっとまって



違うから。



いつもの格好は



ssomin1.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。