FC2ブログ

またにはこんな話

中にはこういう話が好きな人もいるってわかったので

一度書いてみようと思いますが

当然ながら好きじゃない人もいるわけなので

読んでいる途中ご気分がすぐれないなと思ったら

すぐに読むのを中止して

医師の診察を受けてください。

試験的UPですのでそのうちまた消します。


----------------------


えー突然ですが

俺、霊媒体質です。

霊感体質とは若干違ってて

霊感は見える、わかる、感じるですが

霊媒はそこに


「憑く」


というのが加わります。

ほんとうにろくでもない体質でございまして

自分の体調がよろしくないときなんかは

歩いているだけでどんどん引っ掛けてしまうわけです。

まあ色々あったんですが

今四国遍路に行っているのもそういうわけがあったからでございまして

けしてお寺の住職ではありません。

いわゆる「行者」というやつです。



で、まあ随分行をしてきたわけですが

おかげさまをもちまして

完璧ではないですが、ある程度は自分で祓える力もそなわり

そこそこの状態へ来ております。

霊体そのものが見える人、過去がわかる人、

未来が見える人、離れていても物事がわかる人

いろんな人がいますが

お前はどうなんだといわれると

得意な分野は意識を飛ばして離れたところを見に行くことみたいです。

現在進行形のものであればなんとなく。

映像は頭の中のスクリーンにカットインしてくるような

映画の予告編みたいな感じですかね。

先日のトーキョーで思い切りはずしましたけどw

おっかしいなぁ。



で、まあ独学ではなくそれなりの方に教えてもらってるわけであります。

最近はそのセンセが除霊の手伝いをせえというのでたまに行っているんですが

役割というのが「本当にあったこわい話」に出てくるシモ・ヨシコとかいうオバハンの

横にいるネエヤンみたいな感じで。

阪神タイガースの金本がやってる護摩を炊くのがセンセ、

憑いてるのを退けたり護摩壇での作法もあるので

後ろでクソでかい木魚をボッカボッカ叩いて経をあげるのが俺

そんな感じでやっとります。


あ、ちなみに世間で言うところのわけのわからん宗教ではなく

あくまで正式な仏教である真言宗の作法でやってます。




で、この間の土曜日に電話がかかってきまして

「日曜日に護摩炊くから手伝えオラ」

と言われましたのでシブシブ行ったわけです。


そこに行くまでに

「手強いぜ」

と後ろの人に言われてはおったんですが

断るわけにもいきませんのでね。



ものすごく嫌々行ったわけです。


護摩堂で待ってましたら

中年のカップルが来ましたわ。

もう入ってきてすぐに男のほうだと気付きました。

それも相当なものを連れてはるなと。

自分の腰と首がすごく痛くなってきたので

どうか早く終わってくれと。


作法どおり始まったわけですが

護摩壇のケタはキャンプファイヤーのように組みまして

普通の人は、さーっと燃えていって

2mくらい火があがって

中心へ向かって内側に倒れるんですが


このおっさん燃えないんです。


まずもって最初の火が入らなくって。


しばらくして火は何とか入ったものの

ケタがもう燃えてないのに真っ黒になっていって

なんか火事になった家みたいな燃え方でね。

上に向かってまっすぐ上がらないといけない火が

釜の上でグネングネングネングネンと捻じ曲がってあがらないんですよ。



うわー嫌な火やなー


と思いながらふと火の上みたら

あがっていく煤と煙がまん丸になって

映画のAKIRAのアキラが出てくるシーンみたいな

塊になっとるわけですよ。


で、あ、ヤベって思った瞬間に


頭の中に



「ううううううううううええええええええええええええええええええええええええええ」


って声入ってきて。

もんのすごい抵抗してるわけですわ。


こんな目にあうの初めてやからね、

完全にびびってしまってますわミドウジのおっちゃん。


護摩の理屈としては

結界を張った護摩壇へ本尊さん、

うちの場合だと不動明王さんを呼んで

不浄な者を本来行くべきところへ連れて行ってもらう

という形ですが

やっぱ中にはすごいのがおるわけですよ。


絶対いかへんどオラ


みたいなのがね。

いるわけです。

ものっすごい念が強いからあがらへんし

煙が形となって出てくるし

声も入ってくるんですわ。


抵抗するほど火はどんどんちっちゃくなるし

センセはガッバガバ添え木して上げようとしてるし




俺は完全にびびってカッチカチに硬直して木魚たたいとるし。




作法上のお勤めは終わったんですが

どうやらおっさんイッパイイッパイ乗せてるらしく

すべて退けきれんかったので

次回日を改めて2回目をするようです。


で、その人ら帰ってからセンセに


「びびるなドアホ」


って言われましたが



あんなもん見たら誰でもビビるっちゅうねん。








ま、


こんな話もたまにはおもしろいかなと。

スポンサーサイト

いろんな間違い

九五式軽戦車の履帯を作っていたんです。

作っていたんです。

30枚ほどヒーヒーゆうて組み上げたんです。

あれってね、1枚1枚ピンで止めるようになってるんですが

ピンが若干浅いんです。

両面テープを貼って指でグニグニして粘着力を落として配慮したんですが

組めたので剥がそうと思ったら




ボロボロバラバラ


・・・・・。

そーりゃないぜ不二子。



おかげで20枚くらい0.4mmのピンバイスで穴を開けなおすという

ハイパーレスキューの研修並みに厳しい作業をするはめに。

可動履帯ってこんな面倒なのかオラ。

ゴムでいってもたろか。

・・・・。

まあまて。

もう2日ほど我慢しよう。


まあそういうわけで面倒くさがりの私はすぐに嫌になりましたのでね、

本屋に行ったんです。

気分を入れ替えにね。

本屋は好きですからね。

買わなかったモデグラでも立ち読みでもするかと。



本屋に入りましたら

入り口付近で若い奥さんがお子を連れて2人

結構大きな声でお話されております。


若妻A「ワンピースって海賊の話やんな?」


若妻B「そうそう。海賊海賊。」


若妻A「あれってなんで手が伸びるん?」


若妻B「ああ、あれは悪魔のモグモグの実食べたからやんか」


若妻A「へー、モグモグの実なんやー。」


周りにいた店員と俺含む少なくとも7人は心の中で


「ゴムゴムやがな」


とつぶやいたぜ。




その後新刊コーナーを見に行ったら

気の毒なほどブサイクな女の子が


「彼の心が丸見え恋の心理学」


「オトコノコの心を射抜く甘え方」



という2冊を立ち読みしてました。


なんだかものすごく疲れました。

九五式軽戦車でヴィネットをつくる

みなさんこんにちは。

九二式重機関銃と日本兵いかがでしたでしょうか。

自分では結構気に入っていたりしてまして

完成したらおじいにあげようと思ってましたが


「見せるだけ」に変更した住職です。



さてー。

さてさて。


次はスネークアイがくるぞと期待していた皆様

お待たせしました。



R0010752.jpg

・・・・・。



ごめんなさい。



日本兵シリーズをもうちょっとやらせてもらいます。

だって



面白いんだもの。



はい、九五式軽戦車です。

今回もヴィネットで仕上げるつもりなので

しばらくお時間いただきます。


この次は必ずマシーネンしますんで。

多分。


えーまあ昨日ですね、

ターミネーター4などを見ながら

九五式軽戦車組みました。

ガンプラに比べればなんと簡単な。

こんなんでいいんですかと

余裕で浮かべてましたら


履帯でストップです。

R0010753.jpg

こんだけのパーツを


R0010754.jpg

こんなふうに組めとのご指示。


片側97枚。

両側で194枚。



3日ほどは履帯の写真が続くんちゃいますか。


ヒー。

愛すべき日本兵を作る 竣工

愛すべき日本兵シリーズ完結です。

しっかし撮影がうまく行かないのはなぜ。

情景なのでピントを出来るだけ端まで合わせたくて

ごっつF値絞ってるんですけど絞りすぎ?

今日は天気が悪いので晴れたら外で撮影してみたいんだけど

だれかカメラの設定おせーて。


IMG_0334.jpg

製作レシピは大体ブログに書いてますが最後のほうのはまとめてギャラリーに書いてます。

あー楽しかった。

>ギャラリーを見に行く人


>fgで評価してくれる人

愛すべき日本兵を作る 第6回

うーむ、遅くまで作業をしてしまった。

明日の朝怖いおじ様2人と戦わないといけないのに。

えー本日は予言どおりにフィギアを塗りました。

今までは肉眼で目を5cmくらいにまで近づけて塗ってたんですが

今回より↓を導入。

R0010735.jpg

うーむ、見える。

1/35のフィギアってましーねんの1/20よりもさらに小さいわけで

肉眼の限界を超えております。

R0010737.jpg




そういうわけで

6時間インターバル無しで塗り続けた結果




経過写真がございません。




必死だったんだからしょうがないやんか。

工程としてはラッカーで下塗りして

クレオスのアクリルとガッシュを混ぜながら塗装、

今回ウォッシングには

R0010739.jpg

シタデルつかいました。

こいつはやっぱり使えます。



まあどうなったかというと


R0010740.jpg

R0010741.jpg

R0010742.jpg

わはははは

ちいせえな。



とりあえずコートまで終わったんで並べてみましょう。

ちょいと大きい画像で。

R0010743.jpg

R0010745.jpg

R0010746.jpg


うほ。


いいなヴィネットは。


まだ軍服に泥とかつけてないし

最終調整終わったら撮影してみます。



↓「こ・・・これは・・・・面白そう。」と思った人の数。

観察

模型を作ってても

脳の中で作るものと

良く観察して描写するものとあると思います。

俺はそう思ってます。


そういうわけで観察してみました。

091125_143141.jpg
履帯の結合部。
まだ戦車作ってないけど。


091125_143155.jpg
ちょっと離れて。


091125_143223.jpg
履帯の内側


091125_150800.jpg
オイルのにじみ


これは小さい重機だったんだけど
大きいの呼んだらそれも観察してみようと思うわけです。



ちなみに山の中の表現なんて

家の周り山と田んぼしかないからよ。

普段からずっと見てるんだよ。

愛すべき日本兵を作る 第5回目

さっきテレビで珍しく音楽番組見てたら

期間限定で再結成したリンドバーグとかいうのが出てきてました。

若い世代のお客さん達は

誰だコレ?みたいな感じで

のるにのりきれず

ダランダランとペンライト振ってるのを見て


中学生の時に

朝友人のよっちゃんの家に迎えにいって

部屋で待っててふとリンドバーグの真ん中の女のでっかいポスターを見たら

唇の部分がブヨンブヨンにふやけてて

すごく悲しい気持ちになったことを思い出した。



・・・・。



はい、では日本兵シリーズです。

昨日ebaratchさんからもご意見いただいとったんですけど

草がちょっと浮いてしまってるんですね。

で、ドライブラシで色落とそうと思ってたんですけど

それやる前にピグメント試してみようと思いまして。

ファレホのピグメントがあったんですけど

ちょっと色が違うくてね、


試してみました。


超級。

R0010730.jpg


これは何といいますか

思っていた以上に超級です。

びびりました。

これ超級です。

ピグメントっていうか粒子が揃ってなくて

ゴロゴロしたのもあって

あー説明しにくいから確認したい人はモデルカステンで買ってくだされ。


R0010731.jpg

で、振りまいてみました。

下草とどろどろの土の色の間に挟んでやると良い感じのような



気がします。


で、乾燥時間にフィギアのほうを塗っておきます。

肌色と服の下地はラッカーで塗っておきます。

R0010733.jpg

この後アクリルで塗り重ねていきますんで

今の時点では大体でいい


とアーマーモデリングに書いてありました。



えーベースのほうは

シダなんか植えてみまして

しばらく放置して目線変えてからいじくろうかと思います。

R0010734.jpg

次回からフィギアを塗っていく予定です。

愛すべき日本兵を作る 第4回

ほう日本兵シリーズもまじめに第4回だ。

楽しいからな。

では早速はじめましょう。


今回もベースの作業です。

ヴィネット作ってて何が楽しいって

情景作ってるときが一番楽しいじゃないですか。

盆栽いじくってるのに似てるのかな。


まあいい

いいんだそんなことは。


えー昨日紙粘土を盛り付けたベースに色を塗っていくわけですが

何で塗ろうか1分間考えて

一番手軽そうなアクリルガッシュにいたしました。

R0010720.jpg

ちなみに1年前はアクリルガッシュと油彩の区別がつかず

和史兄に怒られておりました。

今朝も校庭100周させられたぜ。


R0010721.jpg

えーまあ一気に塗ろうとせず

5cm四方くらいをきちんと塗りつぶしていく感じでやっていきます。

R0010722.jpg

塗りつぶしました。

一応は全くのベタ塗りではなくて

そこそこでこぼことか意識して塗っています。

なんか一気に締まって見えますねぇ。

気のせいですか。

そうですか。


えー次にですね、

マットメディウムと砂を用意しました。

R0010725.jpg

この色だと合わないのでアクリルガッシュの黒を

ポトポト入れてベースの色に合わせてグリグリかき混ぜます。

ほんとはダマを作りたかったんですが

アクリルガッシュ入れたら

胡麻ソフトクリームみたいになってしまって。

まあこれはこれでいいじゃねえかと落ち着いたので

そいつをランダムに塗りこみます。

R0010723.jpg

R0010724.jpg

ちなみに濡れたグチョグチョのダマにしたい人は

ジェルメディウムつかうよろし。


えー次に

ベースの上に置く子役として

ローズマリーの佃煮をペキペキ折って

カッターで細切れにしたものを用意して

アクリル溶剤にベース色をもっと希釈したもので着色しておきます。

多分これでコントラストが合うぜ!

みたいな浅はかな考えです。

ほんまはこの後どうなるかなんてわかりません。

R0010726.jpg

R0010727.jpg

あ、轍とかはアクリルクリアーでつや出してます。

グチョグチョ感のために。



ヘイ。

次は。

次は。


「こぼすなメチャ危険」


と書いてあるスタティックグラスをつまみまして

ベースにマットメディウムペトペト塗ったら

植えつけるようにグシグシしていきます。

それからファーを適当な長さにして植えます。



そしたら


R0010728.jpg

こうなる。

アップで見ると


乾いていないメディウムがブサイクだが


R0010729.jpg


こんな感じに。



この後も色の調整はいろいろせなならんのですが

今日のところはこの辺で。


そろそろ日本兵塗りたいしな。

愛すべき日本兵を作る 第3回

ハッと気付きましたら

脳の仕組みが入れ替わっていました。

出戻り時、

キレイ系の仕上がりを目指して邁進してまいったはずなんですが

ここにきて我に返ると

もう汚すことしか考えていない自分が。


今日もこっそりMGなんかを見てて

うわーすごい手間かけて作ってるなー

スジボリとかすげえぞこれ!




なんで汚せへんのん?




という調子ですわ。

なんでピカピカのままなのかを疑問に思いはじめた俺。

作ってはる人はピカピカに作ってんだから当たり前なんやけどな。


以前、

「きれいに作っているのにどうしてわざわざ汚すの?」

と聞かれたことがあります。


理由?



「俺」は汚れているほうがカッコエエと思ってるからだ。



何をカッコエエと思うかはその人次第やもんな。


はい、では作業に参りましょう。

あ、その前に。

R0010712.jpg

るなポンがやってきましたよ。

スネクアイで次にやるヴィネットはもう絵描いてるんで

ひそかに楽しみではあります。

徐々に深みにはまってきてるな。


話がそれました。


日本兵です日本兵。

前回に作っておきましたベースにですね、

仕事の休み時間を利用しながらこっそりスプレーニスを吹いておきました。

R0010713.jpg

いい感じ。


そしたらこの後の作業で汚れないように

周囲をマスキングします。

R0010715.jpg


今回地面に使う材料ですが

前買い置きしてたこいつ。

R0010716.jpg

クラウディアの時にもベースにつかったんですがね。



地面なんて何でもいいんだよ(by荒川さん)。



そういうわけで。

R0010717.jpg

木工用ボンド塗りながらちょっとづつ塗っていきます。

地面のテクスチャーはさほど意識してませんけど

戦車の履帯を通してやったり

スパチュラや爪楊枝で表面は荒らしておきます。

あとは嫁に作らせたローズマリーの佃煮とか植えてみたりしてますと


R0010718.jpg

こんな感じです。




アップで見ると



R0010719.jpg


なるほど。

雪表現は



なんでも良さそうです荒川さん。

3日ぶりの~

ただいま帰ってまいりました。

当たり前ですが疲れました。

ガクンガクンします。


今回は愛媛~香川だったので

割と移動距離は少ないんですがね。

基本的に行き先はお寺ですし

宿泊先も山の中の民宿なので


正直なんもすることがないわけです。


ですので空いた時間に

お経を書き写す「写経」なるものをします。

一字一字丁寧に写すのです。



大嘘です。



ただひたすら寝転んで

アーマーモデリングを読むわけです。

一応は行者の修行という形で来てますので

許可出るまで酒は飲めません。

だから


ウッドフォルモよりイージーワークだとか

ライケンより紙創りだとか

なんでモデルカステンで95式軽戦車用履帯が生産休止なんだとか

とにかく模型のことをコテコテになるまで勉強できる貴重な時間なわけです。


えーまあ四国行ってきましたとは言いましても

お寺ばっか巡っているわけですから

特に面白い話もございません。

まあせっかくですから

個人的にかっこいいなと思ったものを写真に収めてきましたので。


R0010693.jpg

R0010681.jpg

R0010682.jpg


これは仙遊寺の山門にある仁王像なんですが。

車では上まで上がれるんですよ。

だからみーんなスルーしてしまう場所で。

で、歩けないようなジジイババァ以外は

ここから上がれとか言われて

R0010685.jpg

こんなところをヒーヒー言いながら上っていくわけです。




R0010696.jpg

これは大日如来さんでべつに珍しいわけでもないんですが

端っこに写ってるオバハンが必死で無になり掃除してたのが面白くて。


R0010699.jpg

これは行場である石鎚山にある像です。

実物の迫力はなかなか伝わらんのですが

造形を楽しんでいる身とすれば

これはすごかったですね。

ちょうど真ん中にカラス天狗がおるんですが。

最高のキャラです。


R0010708.jpg

これは雲辺寺で。


雲辺寺にでっかい毘沙門天さんがいらっしゃいまして。

R0010710.jpg


かっこいいです。

そこからの眺めはこんなで。

R0010709.jpg



R0010711.jpg



はい。





なんですか、

このクソ面白くない

どこにでも転がっていそうな

「僕の私の旅日記!」

みたいな記事は。





3日も待たしておいてコレかオラ!

とかお叱り受けそうですが

mdspとは本来

もっと毒々しく!

淫らで怪しく!

もっと攻撃的で!

読むものに獲り憑き

魔界へ引きずり込むような!


ハァハァ

結構ヘロヘロなので寝させてください。



本調子の日記は明日以降ですえー。

該当の記事は見つかりませんでした。