FC2ブログ

フジツボ

海岸のテトラポットのところで遊んでいた乙女が

テトラで躓いて転び、足をすりむきました。

イテテと言いながら笑ってたんですが

数日後すりむいた足はかさぶたになっているものの

全体にどんどん腫れてきていました。

2週間もすると歩けないほど腫れてしまったので病院に行きまして

医者も原因が分からないので切開しようということになり

腫れた部分をメスで切り開いたところ

傷の中に大量のフジツボが繁殖していたそうです。



早朝からゲッソリする話で始まりましたmdsp。

さてさて昨夜は小村さんの顔面の続きでございます。

230831 002

耳付けてます。

もう顔面は焼いてたんですが

下唇とアゴ辺りが気に入らなくなってしまったので

粘土追加してます。

後からでもジャンジャン修正可能スカルピー。


で、天界から「アニメキャラ一度造ってみ?」

と言われていたので、小村さんをオーブンに放り込んでる間

一度試してみるかとやってみました。

とーこーろーがー。

なんすか。

2次元のものを立体に起こすて。

わけが分からんようになるんすがー。

アレ?アレ?と大混乱。

リアル系顔面しか作ったことないからわけわからん。

小村さんを放り込んだオーブンがとっくにピーピーゆうとるけど

それどころじゃない。

オウオウ、アニメキャラって難しいじゃねえかよう。

とすったもんだのあげくどうにか形にしたのがこれ。

230831 001

顔の凹凸をどこまでしたらいいのかがよくわかんないみたいです。

普通の人間みたいに彫ったらええんやろか。

参考になる人形買う羽目になりそうす。



まあ結局アニメキャラで時間をとりすぎて

小村さんは焼き上がりをM117に刺しただけ。

230831 003

スポンサーサイト

1/6小村さん始動【スカルピー】

柴崎さんGK化アンケートに

じぇんじぇん投票が無いつーのはあれですか

俺が乙女3万円の解答を間違えたからですか。

正しい解答載せてからも

「そーやろー?」

みたいなメールとかわんさかセンキュウ。

ううう。



えー昨日とどいたお荷物がコレ

230830 002

Niagara Studioさんです。

賢明な参拝者様で今まで竹内君からEDNまでご購入いただいておりまして

以前ミニマムさんのお礼か何かでTシャツをもらったんですよ。

それの素材もプリントもすごく良くて

気に入って着倒していたんですが、

いよいよヨレヨレになってきたんで

新しいのをご注文。

密かにmdspTシャツも考案し始めてくれているらしく

WF2012冬あたりでブースに並べられたらいいなと。




はい、いよいよ本始動です小村さん。

人間サイボーグ小村さん。

造るのはいいけど小村さんの撮影会しなくちゃなと

そう思っていた矢先、

ブウが「小村さんが今来てます!」と電話してきてくれたので

アイフォンもって猛ダッシュ。


お疲れ様ですとの挨拶もほどほどに

柴崎さん立像の写真を見せて

こんな感じで仕上がるんですが小村さんモデルやってくんねーですか。

とお尋ねしましたところ、


「お、お、俺、上半身裸でとかにしてもらえん?」


などとやる気満々。

こっちもmdsp初の裸造形予定だった為に好都合。

とりあえず撮影会場へご案内し、

いい年のおっちゃんにこんなポーズをさせて撮影。

230830 001

上着を脱ごうとしてたんだけど

いや、今はイイ・・と断りました。

だって密室で・・・。

メカとか見えたら怖いしよ。



で、家に帰って早速顔面から開始です。

使うはサンダーロードスタイル販売

フォローモールドと

アシストキットM117

230830 003



まずはフォローモールドに粘土を詰めて

リキスカ塗ってM117を押し込み


230830 004


基盤の完了。

230830 005

早すぎ。

別にいちから造りたいって人は造ればいいと思うんですが

目鼻口の位置のデフォルトの位置が出てるんで

ちょいといじってやればいいだけなわけです。

なので写真を見ながら

230830 006

眉周辺とか鼻とか粘土追加してます。

あとはヘラで動かしてる。

230830 007

というわけで顔面ほぼ終わり。

眉毛付けたり耳つけたりはまた明日。


顔面にかかる時間はフォローモールドを使用した場合

俺の場合は均し含んでここまでで2時間くらいです。

緊急誤審速報【8/29の日記を読んだ人は必読】

緊急誤審速報【8/29の日記を読んだ人は必読】





すみません。

ほんまにすみません。

クイズの答え間違っております。



麻雀の夜国立大学2つも卒業した教太君が出した答えを

ドヤ顔で思い切り書いておりましたが

さっきH師から

「君の答え間違っておりますよ。しっかりしなさい。」

とメールが。

なんで!なんで!どこが!と騒いでおりました。



正しくはこうです。


乙女が3万出して

女将は2万5千円もらって

仲居が2千円とって

乙女に3千円かえった。



仲居がぱくった2千円と

女将の2万5千円と

乙女に返金された3千円

の合計が3万円なので

どこにも問題なし。



と説明されてフンフンとうなづいて聞いてたんだけど

まだ完全理解に追いつかず。


もっかいさっき麻雀メンバー集めて再考したところ



ようは女将が3万円もらって


仲居のババァに2千円やって

女の子に3千円やった


と考えればしっくりきました。


だから千円はどこにも行ってないつーことです。


嘘の回答かいてごめりんこ。

柴崎さんGK化アンケート

先日書きましたクイズ覚えてはりますか。

忘れた人はそのまま忘れていただいてて結構です。

乙女が3人旅館に泊まって3万払って千円どこいったっていう。

あれの答えはどうなったっていうお問い合わせが数件来ておりまして

もし万が一混乱させっぱなしだと事件とか起きたら困る。

なので一応解答ですが、









<解答が間違っていたので削除>








さて昨夜に粘土記事を更新したんで

今日は何も書くこと無いんですが

柴崎さんについて。

トレフェス神戸とワンフェス冬には展示します。

極少数ですが、「いつ配布だ住職さんよ」とのお問い合わせを頂いてはおります


が。


が、だ。


複製作業って嫌になるほど面倒くさいは金はかかるわで

それで売れないとなると大赤字くらうわけです。

俺が抜き業者に出したりしたら5ヶ月間昼飯は味噌汁だけっていう生活を強要されかねん。

なぜなら売れへんからね。ウフフ。

なのでよく他のサイト様でもありますとおり

GK化に向けての最低希望数ってのが必要となるわけです。

なんでほら、

柴崎さんGK化アンケートを開催します。

恐れ入りますがPCで右のアンケート調査にご協力下さいまし。

IMG_2383-1_20110829080325.jpg

でわーん。

本日の作業 【スカルピー】

この3日間で24のファイナルシーズンを見てしまうほど

すっかり引きこもり生活ですが、

そういえば昨日お昼にマクドナルドへ行きまして

ずっと遠くの席にかつての彼女らしき女性を発見、

心拍数300あたりでチラチラ見てましたら

むこうもこっちをチラチラ、

あ、やっぱそうなんか?けど今家族連れやがな

けど挨拶くらいはしたほうがええよな

あああ!もう帰るんかこっちきたがね!

あいさつは「よう」とかでいいか!?他にもう思いつかない!

あああー

と近くまで来たら全く別人でした。




さて本日も楽しく始めましょうmdspスカルピー同好会。

本日最初にやりました作業ですが

結婚式のウェルカムボードにするとかいうので

無理やり作らされている胸像。

嫁はその名のとおり女なので

俺が造れるかどうかすらわからんという理由で後回し。

では顔面作ります。

まずもってですね、1/6なら

サンダーロードスタイルのフォローモールドつーのが

大変便利でございまして、もちろんあたくしも持っているわけですが

結婚式場の受付にポテっとおくには1/6では小さすぎる。

よって1/4くらいのサイズになってしまう。

つまりフォローモールドが使えない。

残念無念タマキネンとなるわけですが

ここはあきらめてイチから造ります。

230828 001
頭蓋骨をつくって
230828 002
表面にスカもりつけて
230828 003
目鼻口の位置とか輪郭とかぼんやりつくって
230828 004
まぶたの肉もって
230828 005
徐々に解像度を上げていって
230828 015
焼く。

とまあこんな感じで。

顔面作業っていうのはあたくしが一番好きな作業なので全く苦痛は感じません。

ゆえにサクサク進む。

まあ女のほうはどうなるか分からんですが。



はい、続いてしばらく柴崎さん作業で遅れてました小村さん。

サンダーロードスタイルのM117アシストキット使っての作業ですが、

前回皆さんにお見せした画像がコレ。

230828 006

この画像載せた夜にサンダー師からメールが来てて

肩と足おかしいだろうと。

正しい人体にするにはキットを切るという作業も必要だと。

ごもっとも。

この上に肉載せるとかあんま考えずに組み立てて

ウキャータノシー

ゆうてましたからね。

で、

で、だ。


直すべきところのメインはここ。

230828 007

肩。

どうおかしいかと申しますと

またデッサンのお勉強ですが、

人間腕を上げると肩甲骨がグイーンとあがる。

珍しく絵など描いたので大きめ画像で見ていただきますと

230828 010

右左逆ですが、ようはキットのまま組んで

腕を上げさせると

人体としてありえない骨格になるわけですね。

つまり破線の位置でカットしてグイーンと位置をかえてやらないかんらしい。

なるほどなるほどと改修したのが

230828 011

何?あんまり変わってへん?

パーローン、めっちゃ変わったわ。

肉がこう肉肉しくついてあーでこーでってめっちゃ考えたんやからな。

ほんでケッテイが

230828 012

右足の位置も変えた。

そんなわけです。

小村さんはまた見る期間に入りますのでしばしお待ちを。




最後ですが1/20オッサン。

24見ながら

230828 014

230828 017

ズボン盛って焼いた。

おわり。



今読み直したけど

やっぱ俺粘土の説明とか実況とか向いてないなー。

最強の現場代理人 柴崎佳輝 竣工 【スカルピー】

突然ですが出来上がったので。


IMG_2383-1.jpg

俺が過去であった中で最強の現場代理人です。


ギャラリーはこちら

fgはこちら

1/20の人形とアルミ線について【スカルピー】

愛すべき名古屋の売れっ子モデラーあにさんが

ジオラマの水表現でシリコンを流すとかいうのをやるぜと

確かWFの翌日に電話かかってきて話したんですが

ジオラマ好きの住職、どーなるんだろうと楽しみにしておったわけです。

が。

ブログを拝見いたしますとえらい試練が待っていたようで

他人事とは思えず手を合わせておりました。

このピンチをどう切り抜けるか皆様乞うご期待。



さて。

今日も昼飯とトイレ以外は椅子に座りっぱなしで

粘土ひねりっぱなしのまま1日が終わろうとしております。

昨日の日記で刀をピンピンに焼いたらぐにょぐにょになって云々という記事をかきましたが、

その件についてH師よりさすがに芯を入れないとダメポと言われ

おおおおお、何故気づかなかった俺。

オチンロンの尿道に割り箸刺せばまがらへんよなナロード。

ついでの話ですが、この場合の芯にするアルミ線。

今回の柴崎さんのベルトのバックルにも使用しておりまして

230827 003
(おつゆまみれで汚くてすみませぬ。つーか昨日お前手「パー」でつくりよったやんけ!と思われるかと思いますが、諸般の事情により(バランス悪かった)「グー」に変更。)




230827 004

こういうアルミ線を


230827 005

必殺のパスタマシンで圧延しますと


230827 006

こんな風に板になるわけです。

そもそもパスタマシンが無いとできひんわけですが

あると無いではお台場ガンダムと中国ガンダムくらいの差があるんではなかりましょうか。

さほどお値段も高くないですし

服の表現なんかにもビシビシ使えますので

これから造形をお考えの方には自信を持ってお勧めできるんじゃないでしょうか。

知らんけど。



自主制作で1/20の人形も進めておりまして

それについても製作の記事を。

今まで散々芯作ってアルミ線繋いでなんつーところは紹介してるものの

右向いて左向いたら出来上がっちゃったエヘヘ

なんつうケースがみごと100%なmdsp。

今回は珍しく写真を撮ってあります。

230827 001

今日触る前はこの状態。

顔面は仕上げてサイズ割り出して芯を作って繋いで

モデルになるポーズにあわせて曲げています。

靴は先に作ってたほうが作業が手戻ったりしないので

焼いてガリガリっと簡単に削って繋いじゃってます。

もうちょい削るので大き目です。


230827 002

アルミ線にシンナーもしくはリキスカを塗って

薄くスカを盛り付けます。

色々やってみましたが、

地道にちょっとずつ盛り付けていくのが一番早いんちゃいますか。

知らんけど。


230827 007

ほんで一旦焼いて明らかに邪魔になる部分を削る。


230827 008

こんくらいで「さーどーすっかなー」って考えてる時って

なんでこんなに楽しいんでしょうかね。


ではまた。

柴崎さんの手を造るぜ

今日は少しまともなネタを書こうと思ってるんですが

あのクソ住職勘違いしてんじゃねえだろうなとか

俺の意にそぐわぬご意見ご感想が出てもいかんので

先に簡単なクイズを出して混乱させておきます。



とある乙女3人が夏休みに旅行に行って旅館に泊まりました。

仲居がお一人1万円ですと3人から1万円ずつもらっておかみさんのところに持って行きましたが

おかみさんは若い娘さんだから安くしてあげましょうと5千円を返してやりなさいと仲居に渡しました。

仲居は3人に5千円渡すと割り切れないから2千円ぱくって3千円を乙女たちに返しました。

乙女たちはこんないい旅館に9千円で泊まれるんだと喜びました。

が、

一人9千円なら3人で2万7千円。

仲居がぱくった金は2千円。

あわせて2万9千円。

残りの千円はどこにいったんじゃい。




はい、では本題に入ります。

ご存知のようにあたくし住職、

造形を始めたのが2010年。

よくよく考えたらまだ1年半も経ってないわけで

発展途上もいいところです。

しかし良い師に恵まれましてここまでやって来れたわけですが

まだまだわからないことは大変多い。

ほとんど分かっていないと言い切ってよい。

なので混乱する部分が多いわけですが

それを賢明なる参拝者方と一緒に考えて行きたいと思うわけです。


本日は手。

正直なところ手ほど表現が豊かでありながら作りにくいもんはねえぜこのやろう

というほど泣けてくる部分かと思います。

今柴崎さんの手を作ってますのでそれを載せてみます。


まずもってデッサンが狂っちゃ話にならないとの教えもありまして

手のひらってどうなっとるんやと。

目の前にモデルがあるのに良く分かってないんですが

俺なりにいろいろ調べてみました。

非常に分かりやすい文献があったので内容を紹介しますとー。

230826 007

まず正方形を二つ縦に並べる。

ここでピンと来る人はくるでしょうが

手のひらと指の長さは原則として同じ長さになるようで。

230826 008

ほんで上の正方形を五等分する。

230826 009

左端を下げて写真のようにカーブを描く。

これは指の付け根を表します。

230826 010

同じラインで適度に間隔を調整しながら縦に三等分。

これが関節になる。

230826 011

親指をニョキーンと書いておわり。


らしい。


意外と読んで「へー」って思ったもんです。

まーそんなことを頭の片隅に置きつつ粘土開始。



230826 001

230826 002


あいかわらず写真撮影忘れ。

手のひら作って親指を付けて焼き終わったところです。

ここからなんですが、

なんで手のひらを先に焼いたかというと

粘土はなんぼ硬くしても結局粘土なんで逃げるんですよね。

処女とのファック時のように逃げる。

上に上にズルズルと。

シーツぐちゃぐちゃになるやろがと。

なので色々試してきたんですが

自分的に一番やりやすかったのがこの1本1本植え込み作戦。

230826 003

粘土の塊から指をニョキーンと作っていって

かつさっきのデッサンの話のように長さに注意しつつ根元でカット。

230826 004

230826 005

それを赤子のように触りながらリキスカでクニョーンと付ける。

中指の長さを俺は基準に考えたらやりやすいなと思ってるんで中指からくっつけてますが

やりやすい指からでよろしいかと。

1本ずつくっつけたら焼いてくっつけたら焼いてと10回繰り返してもよろしいでしょうが

オーブンに放り込むたびに15~30分待たないといけないので

あたくしは4本全部くっつけてから焼いてます。

170度20分。

あとは血管とかチョイチョイとつけて

230826 006

でけあがり。


170度とは随分高温ですが

結果粘土が折れません。

ただ170度にして最近気づいたんだけど

ぐにょぐにょになるんですね。スカが。

切削感はエポパテを切ってる感じに近くなるんだけど。

先日作った刀とかピンピンに焼いたんですが

自重に耐え切れずにグニョーングニョーンと曲がる。

なのでああいう長いもんはマジスカとかのエポパテをつかったほうがいいんかなとか

現在色々実験中。


そんなわけで柴崎さんをオーブンに放り込んでいる間に書きました。

何?仕事じゃねえのか住職。

今日は夏休み。ウフフ。



今後も柴崎さんと小村さんにお付き合いくださいまし。

ぐにょぐにょスカルピー対策の修正

週頭に淡路島の七福神めぐりなどしてきましたところ

福を授かるどころか

完全怨霊積載ツアーに変貌してフラフラになって帰ってきましたわけですが

皆さんいかがお過ごしでしょうか住職です。



しばらく日記が飛んでしまいまして申し訳ございません。

粘土のほうも現在全てにおいて「見る」時間を過ごしておりまして

写真をのっけたところで何も変貌しておりませんゆえ

ご案内できるところはございません。

小村さんにつきましては師より関節の指摘がございましたので

そちらを修正しつつあります。




えー、先週のことですが、

買ったグレースカがまたニュルニュルで

もう夏なのに貴様!と一人憤慨しておったわけですが

ここはまあ落ち着け俺。

慌てない慌てない。

awatenai-161ca.jpg

こないだの冬に泣いたゆえにまとめた記事があっただろうが

俺の涙の覚書。

ぐにょぐにょスカルピー対策まとめ

な。

書いててよかった。

で、グレスカ2本をサクサク切って

1mm厚にパスタマシンで伸ばして

タウンページに挟んで食器乾燥機にドコーン。

「油よ消え去れー!」

と念を送り込み過去の記録どおり2日放置。

もう余裕なわけです。

2日後には良い硬さのスカが飛び出してくるのは分かってるから。

で、2日後に食器乾燥機から取り出しまして



さて程よい硬さに、



パッキーン。






パッキーンて何よ。


予想してない出来事が。


ええ感じで油が飛んでエキサイティングな硬さになってるはずが


硬化してますわ。


硬化てお前。

そんなアチャチャになってなかっただろうがよー。

「うそうそうそーん」とつぶやきながら挟んでるスカ板全部見たんだけど

2/3がアウト。

食器乾燥機の発熱板側から2/3がアウト。

グニョスカ対策のまとめ修正せなあかん。

いやーそんなわけでその季節やスカのぐにょ度、

それらを勘案しながら12時間おきくらいにチェックしないとダメぽいです。

ちなみに暖められたスカは練ったときみたいにやわらかいんで

予定している硬さよりちょっとやわらかいなくらいでやめておいたほうが良さそうです。

不精と思い込みはろくな結果を生みませぬゆえ

十分御注意くださいまし。

人間サイボーグの発心

先生からたまに課題と称して

知らんオッサンの講話12巻セットとかいう

ただひたすら偉いオッサンが喋り倒すCDを

強引に押し付けられ嫌々聞いているわけですが

それが四半期ペースでやってくる。

聞き終わったらタケウチに回しとけと言われますが

今まで回したのを120%タケウチ君は聞いていないと思います。


CDといえばメタルでメタルといえばオジーですが

こないだ紹介したギター乙女、

何気に拍手欄を見ますと賢明なる参拝者方々から

「あれは男だ騙されるな」

と言われ、

職場のギタリストUTにも

「あれ男すよ」

と言われ。

まだまだ俺騙される余地満載。

もっと何事も疑ってかからなければ

壷とか買っちゃいそうで怖いわ。


さて昨日日記をすっ飛ばした言い訳ですが

1/20人形が面白いほど素直に形になってくれまして

ジャンジャン進んでしまいほぼカンチェイ。

2~3日あけてから見ればまたいろいろ見えると思いますが

ひとまず作業は区切りました。

230820.jpg

俺のカラー全てを押し出した人形となっております。

偉い造形師さんは絶対造らないタイプの。

ご期待いただければ!とおもってます。



そんなわけで粘土の勢いがしっかり戻ってきましたところで

こっそり教えておきましょう、

野望のスカルピー王国が更新されていますよ。

実に作業記事は2010年2月より無かったですから今後の更新が楽しみでございます。

で。

で、だ。

俺もこの勢いに乗っかって

コレをちゃっちゃと組み上げます。

IMG_0857.jpg

組み方とかは本家でご覧いただければと。

俺的にうれしかったのは上半身と下半身の分割パネルが付いてたこと。

ささやかな心遣いに涙チョロリ。



ほんでもうすでに決まっているポーズをとらせてみる。

IMG_0858.jpg

いやーやっぱ楽。

ここまでを自分でやろうとしたらスカ練って焼いて

ちょっと削ったりしてメンドクセーとなるところが非常に楽。

ここでさっさとマジスカなりーの埋めて関節をビシっとキメちゃいたいところですが

このポーズをみる期間というのが結構重要らしく

ここまでやってしばらく放置しておきたいと思います。

モデルも密かに決まっておりまして



「人間サイボーグ リーサルウェポン小村秀昭」



柴崎さんと良くコンビで現場におるんですが

機械に頼らない、スコップ持って矢板の入っていない穴に飛び込み

燃料が切れるまでひたすら掘る。掘る。

股関節が脱臼しようが神経を圧迫しようが

完全無遅刻無欠勤。

そんな小村さんの哀愁漂う人形を



ワンフェス冬までに


仕上げたいと思います。


一方完全お蔵入りかと思われた柴崎さんですが

待望の復活(俺的に)。

IMG_0861.jpg

やっぱり造りたい。

今作りたい度1位。

素立ちで味気ないところへ味をねじ込んでみせる。

もうmdspのファンが俺一人になってもいい。

俺がウオーおもしれーとなるもの造る。


と、

ノリノリの時はそう思うもんでございます。

そんなわけでではまた。

該当の記事は見つかりませんでした。