FC2ブログ

俺があれを許せない理由

最近FC2だけじゃなくあっちゃこっちゃで

コンカツコンカツというバナーが目に入りますが

あれってまともに機能してるんすかね。

ちょっと前にコンカツといいつつ

見事なブス女が男を騙して数人コロしちゃってましたが

ああいう「はやくケッコンしなきゃ!」ではなく

「はやく誰かコロさなきゃ!」みたいな

精神回路が完全にショートしてるようなのが潜んでると思うと

ウカウカあんなもんに登録なんぞ出来ない。

ケッコンできないどころか

ひでーブスに財産巻き上げられておまけに尊いお命まで頂戴されたとあっては

死んでも死に切れんわけで

登録を考えようなんて方がもしいらっしゃいましたら

何卒考えを改めていただきますよう

お願い申し上げる次第でございますが、

皆さんいかがお過ごしですか住職です。




さて、

昨日書き損じました住職のこの世の許せないものでございますが

もちろん一つや二つではないわけで

まあ上位レベルになりますとスカした女とか欺く女とか

学校の教員だとか制服警官だとか

そういうのが飛び出しますが、

そっちを書き始めるともう文庫本1冊くらい書いてしまうので

ブログ向きではございません。


遥か昔の俺が小学生の時の話でありますが

オカンが買い物に行くスーパーの前に

アイスクリーム屋が出来たそうで、

当時オカンは俺の年の離れた妹を連れて行ってた。

そしてそこでアイスを買ってもらって食べてたわけです。

それを聞いた小学生ミドウジ、

当然食べたいわけですよ。

バニラしか知らない田舎の小学生。

どうしても食べたい。

でもオカンと買い物なんかに一緒に行きたくない。

でもアイスは食べたい。

アホな小学生なりに頑張って葛藤と戦うわけです。

土曜日に新聞に挟まっているアイス屋のチラシに載った

あのカラフルな色のアイスを食してみたい。

どんな味がするのか。

きっと口の中に南の島の味が広がるに違いない。

あまずっぱい味と香が俺を包み込むに違いない。

必死で考えていましたら妹が

「アタシが持って帰ってきてあげる」

と言うわけです。

もう耳を疑うような言葉。

手間をかけるがすまない、頼むと。


そして夕方、

オカンと妹は買い物へ出て行ったわけです。

その間家でプラモデルを作りながら待つ俺。

ああ、早く食べたい。

あのカラフルな色のアイスを食べたい。

早く。早く。

single_photo.jpg


もう頭の中はアイス一色、

あの時の俺を動かせるのはアイスか

近所の佳奈ちゃんしかいなかったと思う。


そして約1時間後、

まだかまだかと待ちきれなくなって庭で待つ俺。

まさに虫の知らせか、

絶妙のタイミングでオカンの車が帰ってくるわけです。

助手席にはまだ幼い妹が両手にコーンアイスを持っているのがみえる。


アイス!アイス!


よくみればなんと

double_photo.jpg

まさかのダブル。

神よ!



車が止まって俺は大慌てで駆け寄り

両手がふさがり動けない妹の座る助手席をあける。


もうすっかり溶け出したアイスに妹の手もズボンも

ボタボタになってしまっており

やー、ありがとうありがとうと

受け取ろうとした次の瞬間



「ボト」という音とともに



俺の手には何も乗っていないコーンだけが握られていたわけです。



小さな妹がまっすぐに持とうと


手もズボンも溶けたアイスまみれにしてまで頑張り


オカンが楽しみにしているバカ息子に苦笑しながら


貧乏で金もないのにわざわざ2段のアイスにしてくれ


バカ息子の喜ぶであろう顔を実は密かに楽しみにしてくれていたであろうに





俺はそれをこともあろうか地面に墜落させたわけですよ。





もうこの世の終わりかというくらい泣きましてね。

もうありとあらゆることが悲しくて。

泣いて泣いて涙も枯れるわと。

こんな辛いことがあって良いのかと

神をも恨んだわけですよ。



そんなことがあってからかな





俺がこの世で2段積みのアイスが許せなくなったのは!





考えたヤツちょっと出て来い!

スポンサーサイト

雑記

まずは最近見た映画


ミッション:8ミニッツ [DVD]ミッション:8ミニッツ [DVD]
(2012/03/21)
ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン 他

商品詳細を見る



ブリッツ [DVD]ブリッツ [DVD]
(2012/03/02)
ジェイソン・ステイサム、パディ・コンシダイン 他

商品詳細を見る



スリーデイズ [DVD]スリーデイズ [DVD]
(2012/03/02)
ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス 他

商品詳細を見る



マネーボール [DVD]マネーボール [DVD]
(2012/03/21)
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル 他

商品詳細を見る



ツリー・オブ・ライフ [DVD]ツリー・オブ・ライフ [DVD]
(2012/03/07)
ブラッド・ピット、ショーン・ペン 他

商品詳細を見る



ラッセルクロウとブラットピットは

さすがというか画面に引っ張られましたです。

さらっと見るにはマネーボールとか面白いんですが、

個人的に唸ったのはツリーオブライフ。

なんじゃこの映画?と最初意味がさっぱり分からず

途中でイジェクトボタンを押そうとしたんですが

なんとかこらえて最後までご鑑賞。

そしたらなんなのかもう1回見たいと思い始めて

また見る。

やっぱり意味が分からないんだけど

その意味の分からん裏側から何かを言われてるようで

気になって仕方がない。

変な映画だったけど。




さて、昨夜付けで沢田研二のマイブームが終了しまして(早い)

何か新たなブームが来ないかとドキドキして待ってますが、

待ってられない所といえばマラサイでございまして

昨夜はマジスカテンコモリにしたのはいいが

いつものようにオーブンに突っ込んでチンするわけに行かず

固まるまで待たなあかんという

俺の大嫌いな大嫌いな待ち時間が発生。

俺がこの世で許せないのはスカした女とマジスカの硬化時間。



スカだとジャンジャカ焼いて進められるから

まさに俺好みなわけです。

これが石粉粘土とかだともう待ってる間に俺が壊れてしまう。

パーソナリティ障害になる。

そんなわけでパテの塊マラサイはさっさと固まれボケー

と別の部屋へ投げ込み、

ウェットボーイ新作の制作を進めたりガンス進めたり。



と、ここまで書いて

俺がこの世で許せないものシリーズを今日書こうと思ってたことに気付いたが

長くなったからまた今度。

完成報告 岡本ケンジ

昨日に引き続きまして

FuMaちゃんからの投稿です。

送っていただいたのはケンジオカモト。

(クリックで拡大)

2 (2)
3 (1)
4 (1)
5 (1)
6 (1)
7_20120529075314.jpg

実に見事な刺青を手書きで描いてくだすっております。

実は以前サンダーロードスタイルの

牛頭さんに刺青を描こうとしたことがあったんですが

キャンパスのでかさに挫折、

手元に残った大量の刺青画像に涙した暗い記憶が。

ファレホですかい?と聞きましたらエナメルだそうで。

人間やる気になれば出来るもんだなと感心しております。



さて、あたくしの作業。

何をしてたかっつーと

240529.jpg

マラサイ。

引き出しまでフルオープンの

見事なまでの散らかり様。

超音波カッター大活躍であらゆる部品を切り刻み

ジャンクパーツを詰め込みまくり

wakiちゃんがくれた手袋のおかげで

マジスカも使い放題、

すでに大量のパテの塊と変わりつつございます。


今回のキット、バリュート装備の関係からか

とにかく「細い」と最初に感じてしまい、

今のところやってるのは頭をぺちゃんこにして

ボディーをジェロムレバンナのように太らせております。

正直個人的にガンプラ改修してて楽しいのは

頭とボディーだけでございまして

ふと残った腕と足に目をやると



軽く震えが来るというか。

120515a50.jpg

ああやだな。



今回何と言いましても

MG改修の常識を覆す勢いで

完全にオール先ハメの完全接着。

なんならポーズも固定しちゃうぜ的な。

キレイに作る気ゼロ。

どーせ表面パテで覆っちゃうぜということで

表面処理ゼロのゲート処理20%。

こういうのは途中息継ぎしちゃうと

完成への道が一気に狭まるので(俺の場合な)

今週中に完成させるという工程で

聞き分けのない女を2・3発張り倒しながら速攻で畳んじゃいます。

完成報告チャンドラー

本能的に一時的な休息を求めてか

それとも静岡の影響かどうか分からないんですが

無性にプラスチックに触りたくなって

週末にグロフンの塗装をちゃっちゃと仕上げて投稿いたしましたが

その後も何故か止まらないわけで


240528 001


気がつけばこれも組んじゃってたり


240528 003


まさかまさかのこれも組んでしまってたり


かと思えば


240528 004


これも組もうとしてたり




そして我にかえって

240528 005

アブネー、粘土粘土と元の作業に戻ったり。


しかし久しぶりにプラモデル塗装したり

ゲートから切り離して組んでいったりしましたが

たまにやると面白い。

今はチェックお願いした画像の回答がまだ届いてないので

ウェットボーイ第3弾の製作中でございます。

間に合えば(あくまで予算の都合によりますが)WFで販売できるかもと

密かに考えていたり。



さて、久しぶりの完成報告でございます。

制作はジャムロッカーズのFuMaちゃん

基本はAFVモデラーになんのかな。

フィギュア塗りが好きなようでじゃんじゃん塗って完成させてます。

以前師に言われたことですが、

完成まで持っていくと上達が早い。

送ってもらったのはチャンドラーでして

頭をアフロにしてご丁寧にヘッドホンまで。

ではご紹介いたします。(クリックで拡大)


1_20120528080246.jpg
2_20120528080245.jpg
3_20120528080244.jpg
4_20120528080244.jpg
5_20120528080243.jpg
6_20120528080242.jpg

以上でございます。

チャンドラーに関しては黒人の肌の塗りが

みんな色々違ってて面白いです。

夏のWFで再販予定ですのでどうぞよろしく。



そんなわけで1週間始まります。

ほどほどに頑張りましょう。

120515a51.jpg

えらいもん忘れて。

空き時間にチョロチョロ進めてたグロフンですが

出来た出来たとTINAMIさんに投稿いたしました。

IMG_3182.jpg

が、しかし

自分でもわろてもたんですが

膝のパーツN28を思い切り忘れてますね。

箱の中見たらランナーにくっついてました。

かっこよすぎるぜ俺。

そんなわけで久しぶりのプラモデル記事でした。


画像はこちらからドゾーン

http://www.tinami.com/view/428578

新作情報

毎週水曜日はボクササイズに行っておりますが

俺と竹内君が大変楽しみにしておりますところの奥様方が

トレーニングが厳しすぎてジャンジャン辞めていっておりまして

もともとは音楽を流しながら

ワンツーワンツーだったのが

チャンピオンが「音楽なんかカンケーあるかい」って感じで

完全無視して自分のペースでシャドウやりはじめ、

もう最近なんぞ1人ずつ容赦の無い4Rミット打ち等、

竹内君の顔が緑色に変色、

「ウボェッウボォッ」とえづいて失禁寸前の練習が続いております。

それが原因かどうか

昨日は出張であったにも関わらず

昏睡状態で眠っておりまして

起きたらスーパーピンチタイム。

慌ててスーツ着て飛び出した次第でございまして

日記をすっ飛ばしてしまいました。



えーさてさて、

久しく模型ネタを書いておらんのですが、

ちょっと進行状況など。

どうしても色を塗りたい衝動にかられて

昨日はドッゲスの上塗りをちょっと。

240525 002

今のところは超無責任に目に付いたカラーを乗せてるだけで

一番楽しい時間と言いますか、

ハナクソほじりながらよそ見して塗れるレベル。

まあ粘土をオーブンに放り込んでる時間にやってますので

先行き不透明でございます。



えーWF新作情報ですが、

名前はまだ決まっておりませんが1/20JK。

大体出来上がっております。

240525 001

なっかなかかわいくならなくて泣けましたが

ようやくゴールが見えた感じでございます。

参拝フィギュアファンの皆様はお見逃しございませんよう。


もう1個こちらもなかなかかわいくならず

一時的に90%へ届くものの

それを越えることなくふりだしへ戻るの繰り返しをしている1/20幼女。

240525 003

昨日も頭かっ飛ばして

もっかい最初から作り直し中の図でございます。

かわいくなる要素ってのが

禍々しい人形ばっか造っていると

なかなか見えず泣けます。


美少女造れる人ってやっぱすげえなと改めて。

エポパテ事故再び

気をつけても

どんだけ気をつけたとしても

起きるから事故っていうわけで

もう大丈夫だろなんて安心した頃を

まるで測量してたかのように正確に事故は起きるわけです。

人よ、あなたたちは備えなければならない。



はい、まあ事故といいましても

俺が愛車のアイリーンと電柱にめり込んだとか

窓から手を出して「乳だー」と空気を揉んでたら

田んぼへ季節はずれの稲刈りに入ったとか

そういうのではなく、

俺の最も忌み嫌うマジスカ事故。


あれほど気をつけていたのに。


ちんちんが痒い。


俺の名誉のために断っておきますが

もうかれこれ年単位でいかがわしい行為や

いやらしいことをするお店に行っていない。

ホテルの部屋にいやらしいことをしに来る乙女も呼んでいない。


度々竹内君から


「昨日のデリで出てきたティアラちゃんがかわいすぎてなー」


なんていうご丁寧な報告を聞いたところで

俺の決意は変わらない。


「ティアラちゃんはハタチで乳の張りがババァとは全く・・」


と聞いてもこの固い決意は揺るがない。



そんな性病とは無関係の健全な性生活を送っている、

いや、むしろ性生活皆無な生活を送っているわけです。


なのに何故。

なのに何故俺のこの1本しかないお宝が



痒いのか。



もうね、マジスカなんですよ。

それしか原因に心当たりがないんですよ。



前回マジスカ事故を起こして仕方なく病院に行ってですね、

女医さんにこねくり回された挙句

半立ちになって深呼吸を強要される

という情けない経験をしただけに

もうよほどのことがないとマジスカ使わんと心に刻み込んだ


はずが


もう原型作成上どーしても、

どーしても、どーしても使わざるを得ない部位があって

(スカではどうしても弱い部分)

仕方なく使用したわけです。


当然前回から随分時間が経ってたので

俺の中でもあの心の傷はほとんど癒えてまして

わりと警戒が緩かったんですよ。

車で言うと徐行しなさいと書いてあるのに

40キロくらいでブラインドカーブに入ったというか。


そしたらもうその夜から痒いわけです。

引きちぎりたくなるほど痒い。

モーレツに痒い。



後悔先に立たずとは申しますが

こういうお宝系だけでも先に立たせてもらえんもんですか。

10年前にまとめて済ませておくように致しますのに。



そんなわけですね、

またあの女医さんの病院に行かなくてはならなくなって

色々良からぬ想像をしながら診察室へ入りますと

「今日はどうしました」

なんて聞かれて正直にですね、

「またエポパテつかっちゃってちんちんが痒くなりました。」

ですわ。



ほなまた前のとおりですわ。

カーテンをシャー!シャー!

「じゃ、ペニス見せて」

って言われて惜しげもなくぽろーんとドクターにお見せするわけですよ。

ほな一通りグイグイグニグニやってですね、

いいですよ、しまって下さいと。


で、机のところに戻って

何言われんねやろと思ってたら



「どーしてもいじっちゃうの?」


「は?」


「どーしてもいじっちゃう?」


「エポパテですか、まあ作業の都合上・・・」


「ちがうよ、ペニス。」



「は?」



もうね、どう答えたらええんですか。



「ええ、そうですね、暇さえあればいじくって

いやらしいこと想像してるどうしようもないダメ男ですボクは。」



とかゆうたら納得なんですか。

けどそんないじくってませんよ。

もうそんな元気ありませんよ女王様。





「いや、いじくって無いと思います。たしなむ程度かと。それが原因ですか。」


「エポキシパテを使ったあとにペニスをいじってもこうなるよ?

いじるっていうかマスターベーション。」


「はあ。」


「エポキシパテ使う時はあなたの場合、

必ず手袋!これがひとつ!

それからマスク!ふたつめ!

それからみっつめ!マスターベションする時はきちんと手を洗う!

この3つ。守ってください。

前のお薬は効いた?」


「・・はあ。」


「じゃあ同じの出しておきます。はい、いいですよ。」




「はあ。」




なんだかレイプされたような気分で診察室を出まして

処方箋を持って薬局へ行き、

「陰部 1日朝夕2回」

と書かれたおくすりを

乙女薬剤師から「陰部に」「陰部に」「陰部に」と説明されて渡してもらい

おうちへ帰ったわけでございます。



おそらくでございますが、

今後も半年に1回のペースでこの事故は起こる予感。

その都度ここに書くかは分かりませんが。

アレルギーの方はご注意下さいませ。


120515a30.jpg

容疑者は住職38歳職業僧侶

ブタクサとやらのせいで

もう鼻水とまらんわ

目は眼球を取り出して洗ってやろうかってくらい痒いわ

くしゃみ3000発/日なんつー状態で

一年で一番精神が不安定な状況に陥っており

食堂のオバアがちょこんとすみに座って

スマートフォンの使い方を勉強している姿にさえ

こぶしを固くしてしまう

そんな嫌な感じの住職ですが皆さんおはようございます。



えー、もう何年か前の話なんですが、

お遍路バスツアーに参加してて

丁度そん時は高野山からスタートだったんですね、

その頃竹内君は脳が病気になってて

100円のみかんと120円のバナナを買って

500円払ったらお釣りはいくらですか

程度の計算すら出来なくなっており、

バスツアーは参加しないと言って聞かず、

仕方無しに俺一人での参加を続けておりました。

300px-Danjogaran_Koyasan12n3200.jpg


で、まあ知らんジジイババアと一緒に

バスに揺られ揺られて

遥か高野山にまで行きましてですね、

奥の院を参拝し、奥の院の地下にある弘法大師の壁画に

お姿が見えたとか見えんとかそういう年寄りのうわ言のような話をしてね、

ようやく宿坊にたどり着くわけです。



高野山には現在117ケ寺の寺院があり、

その中の52ケ寺が宿坊をお持ちでございまして

そこのどこかのお寺に宿泊するというわけでございます。



で、お部屋はと言うと当然相部屋でございまして

俺もその時見知らぬジイサマ兄弟2人と一緒の3人部屋。

ジイサマ兄弟の弟の方は四国遍路の食事中に

食べ物を喉に詰まらせ危うく一足先にあの世へ旅立つところだったりと

結構なご高齢でございました。




年齢と共に脳が小さくなり

さすがに何をゆうてんのか分からない中でも

一応人生の大先輩でございますから

部屋にはいれば一番手前のすみに自分の荷物を置き

テーブルにおいてある急須にお湯を入れてお茶を出し、

「お茶が入りました。どうぞ。」

なんてゆうてみるわけです。

そうしますとジイサマ2人は

「やや、ありがとう、ありがとう。」

なんていいながらニッコリ笑って

お茶をすするわけでございます。


夕食まで時間があるために

先にお風呂を済まされてはいかがですかと

ジイサマに勧めましたらですね、

「やあ、ありがとう、では先にいただきますよ」

なんて言って二人はタオルと着替えを持って出て行かれたわけです。




まあその間は旅館ではないので

誰も布団敷いてくれませんゆえに

3人分の布団を敷いてですね、

すみにちょこんと座って模型誌など見て過ごすわけですよ。



ほんで30分ほどしたら

ええ顔色になって

「やあ、ありがとう。先にいただきましたよ」

なんつって帰ってきたわけです。ジイサマが。

「ええお風呂でしたか?」

と尋ねますと

「広くて立派なお風呂でしたよ」

と。

そうですかとかゆうて目を模型誌にもどして

だまって座ってましたら

ジイサマらが自分らの荷物のところで

随分小声で頭をつき合わせてコソコソお話を始めるわけです。



「減ってへんこ?」



「何がえ?」



「金よ。」



「おお、ワシのは大丈夫や。お前わい。」



「ワシのん減っとるような気がする。」



「あいつちゃうか?」



「かもしれん。」






・・・・。




待たんかいコラ。



まさかまさかの住職ヌスット扱いですわ。



お茶も入れてね、

風呂先に入ってもろてね、

部屋の留守番もしてね、

布団も敷いて

じーっと待ってんのに



俺にまさかの窃盗疑惑。



そりゃないぜ爺様方。

お前らアミバに秘孔突かれたオジイみたいにするぞコラ。



なんてことで危うく

総本山からあの世へ産地直送便を発送するところでございました。





しかし何でなんすかね。

俺はどこから見ても悪事をはたらきそうに見えるってことか。

散髪して今すげーナイスガイになってんのにな。





さてこの話、竹内君にはバカウケだったんですが

いかがでしょうか。

集合写真

本来であればこの週末は

楽しい楽しい静岡ホビーショーのジャムロッカーブースにて

1000万ドルの笑顔で接客し、

今日の日記のタイトルは

「静岡ホビーショー2012①」

とかのはずでございましたが

悲しいかなツイッターとmixiの画面を眺めて

ため息をつきながら画像を保存し続けるという

不本意な行動をとっておりました。

みなさん楽しんでおられたようで何よりでございます。

フン。



えー週末のお化け退治の続きですが

結局のところ緊急事態が発生した為に

やむなくセンセ一人で現場へ向かったものの

エクソシストよろしく

頼んできた本人が

「帰れー!帰れー!」

と叫びながら首を360度回したとか回さなかったとか

緑のゲロを吐いたとか吐かなかったとか

正確にはキャスター付きの椅子に乗って

グルグル回ってやがったとかもう


さっぱり意味の分からん状況だったらしく


「えらい顔で帰れというので帰ってきた笑」


らしいです。

そんなわけで未解決。

行かんでよかったわ。



えー、粘土作業でございますが

ヘッドセットに1個追加中でございます。

240521 002

あれですね、

インポッシブルなミッションをやったり

若い頃はF-14に乗ってレーダー員をあの世に送ったり

ストックカーレースに出たり

そうかと思えば侍になってみたりしてた人をモデルにしてます。

なんつーかこういう彫りの深い西洋人って

部位の位置がわかりやすくてヘラが迷い無く落ちますから

日本人を造るのに比べて比較的早く仕上がりますね。

もうちょい詰めたら完了といったところですか。

ヘッドはもう1個造って6個セットで販売の予定ですよ。




さて、皆が静岡で集合写真撮って

のっけてくれたのを見てて

ちくしょう、じゃあ俺も俺もと

集合写真撮ってみました。

240521 003

結構造りましたねえ。

ミニマムさんやサイレントさんなどの初期作品は

もう原型がどっかいっちゃったのでご不在です。


夏のWFに向けて今月中に販売する人形を決めないといかんのですが

・ヘッドセット(新作手流し)

・菊千代(新作)

・チャンドラーVer1.05(再販)

・ブラックスワンVer.1.05(再販)

・ウィーゴ用フィギュア×2(新作)


といったところでしょうか。

チャンドラーはいまだに問い合わせとかあったりするので

修正して再販を決めました。

ブラックスワンは予算の都合で流れる可能性ありです。


そんなわけで日食から始まりました1週間、

嫌々仕事などしてがんばりましょう。

いれものがかり

昨日久しぶりにケーサツに所用があって行きましてね、

こんにちわーゆうて入りましたら

刑事さん何人かいてはって

「おー、久しぶりやんかミドウジ君、まあ奥に入りなよ」

なんてことで相変わらず


取調室


にドーゾドーゾと入れられましてね、

取り調べられる側に座って

「いやどーもご無沙汰しちゃって」

なんて挨拶してましたら


「どしたーグループサウンズみたいな頭して」


なんていう予想だにしない展開へ突然のスイッチ。

返す言葉に困ってましたら

そこへコーヒーを持ってやってきた別の女性警官さんが


「どしたーん、その頭ー。」


「グループサウンズみたいやろ」


「アハハハー。ザ・タイガースみたいやんー。」


「それそれ笑」


「またああいうの流行ってきてるのー?」





「・・あは・・はは・・」





この取調室に来るまで実はここだけの話、

俺の脳内では疑いも無く

俺様は誰が見ても

images_20120517153601.jpg

こうだったんですが、



実は


12CD1212A.jpg


こうだったのか

と思い知らされまして

金属製の鈍器のようなもので頭を殴られたかのように眩暈を起こしました。

早めに髪を切りに行こう。




さて、その事件が起こる数時間前に

センセがふらりとカウンターへやってきまして

何かいなとお話を伺いに行きますと



「メモ用紙あるか」



とのことでございまして

へいへいと紙を渡しますと



「ここが入り口で・・流しがあって・・・風呂で・・・押入れで・・・」



と何やら間取り図を書き始めましてね、

で、1つの部屋をグリグリと丸つけて


「この部屋。」


「はあ。なんかおりそうですわな。」


「おる。見れ。」


「えー。」


ここからは超がつくほど眉唾な話なんで興味ある人だけ読めばいいと思いますが

「見れ」つーのは

どー言えばいいのか

俺の意識をすっ飛ばして

その部屋を見に行って

どなたさんがおるか見て来いって言う意味でして

何でか知らんが俺はそれが出来たりする。

たとえ話で言うと

1枚の紙の端と端に点Aと点Bを書いて

Aが俺、Bが対象とすると

現世ではAとBを線で結んだ距離があるわけです。

しかしながらあっちの世界は

紙の両端を持ってくいっとくっつけることが出来る。

現実の理論上の距離つーのは関係ないわけで

かつ縁者のところならどこにいようが飛んでいける。

実際、生霊なんていう怨念の塊は相手がどこにいようがカッ飛んでいきますし

死霊の類であっても俺んところにいたのが

大阪行って神戸行ってぐるっとまわって俺んところへお帰りなさい

なんてこともありました。



まあそんなわけで見にいかなあかんのかー

と見よったんですが、

すぐに嫌な感じがして

「もう現地行きはったんですか?」

と聞きましたら


「おうよ。えらいめに遭った。えづきまくった。」


「嫌な感じがしましたよ。」


「ぎょうさんおるんや。」


「ええ、ぎょうさんおりそうです。ああ、紺色で袖だけ赤いトレーナーの40手前の女いました。他のはぐじゃぐじゃっとしててわかんないです。」


「年寄り2人、女4人、子供2人ちゅうとこやろ。」


「ちょっと溜まりすぎですね。」


「おかしいねん。」


「オエーゆうやないですか。」


「松葉杖ついたんおらんかったか。」


「それは分からなかったです。」


「家のもんがきっちり見たらしいんやけどな。」


「今夜か明日の晩やな。はよしたらんとこの部屋子供部屋やからな。」


「ほ・・ほう。清めですか。」


「明日あいとるか?」





「あいてません。」





「うそつけ」




「くっ・・・」


だってね、俺の役割分担なんてほれ、

よくテレビでやっとるでしょう。

えらい霊能者のセンセーが出てるんだけど

そのセンセーと一緒についてきてる気の弱そうな女。

ほんでその女に入ったのを相手にどーのこーのするっつー


いわゆる霊媒専用マシーンですよ。


入れ物係ですよ。

いきものがかりのほうがマシですわ。

そんなわけで今夜また嫌々行く羽目になるかも知れませぬ。

明日辺りから日記更新が滞ったり意味不明な記事を書き始めたら

申し訳ないですがつのだじろうに連絡を取ってください。

よろしくお願いいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。