FC2ブログ

年末年始は顕微鏡

本日でいよいよ2012年も終わりでございます。

よくまあこのアホブログも毎週頑張って書いてきたなというよりも

よくまあこのアホブログを飽きずに見てくれるなと

参拝者のみなさんに感謝。


今年も粘土で頑張った1年でございましたね。


年末の年末にですね、

先日ツイッターでちょっと触れましたコレ

025_20121231094856.jpg

ゴッド吉岡イズム。

ほんまに俺に必要なのか、

世の天才バッターには使えても

俺にとってどこまで活用できるのか

中学2年生にフェラーリを買い与えるような

そんな有様にならないかと

正直不安を抱えながら購入しましたが

感想を申し上げますと




これは素晴らしい。




もうね、もうこれ無いと無理。




028_20121231094857.jpg

これ、ほぼ塗りあがりなんだけど


顕微鏡で覗いたら


027_20121231094856.jpg

ですわ。


写真では伝わりにくいんだけど

とにかくキャンパスがバカみたいにでっかくなるから

超正確に筆が落ちる。

俺1/20の人形の目にハイライト入れられると思ってなかった。

写真見ると色がヘロヘロで付いてますけど

これはもう先が箒みたいになったボロボロのタミヤの000で塗ってるわけで

ほんまはええ筆つかわないとだめですね。




肉眼でずっとやってきたから

顕微鏡覗いて原型の情けなさを実感しちゃって

ちょっとへこんでしまうんだけど

改めて原型をこれでカリカリやったら

もうめっちゃシャープに仕上がったわけですよ。

今までの自分ではありえない。

グッバイ肉眼。

グッバイダルダルエッジ。



お値段はお安くないわけで

全員にお勧めできるわけではないんだけど

ずっとやっていこうと思ってる人は

買ってヨシだと思います。



そんなわけでこの年末年始

あたくしはひたすら顕微鏡を覗いて楽しみますが

みなさんも模型がんばってくださいまし。



今年1年お世話になりありがとうございました。

どうか来年もmdsp並びに参拝フィギュアをよろしくお願いいたします。




合掌

スポンサーサイト

雑記

模型のネタを書くと

いつも参拝者の反応がシレーっとなるわけですが

フン、あえて続けて模型ネタを書いてやると

昨夜竹内君の続きをやってたんです。

ほんでちょっと厚塗りになっちゃって

うおー大変!と部屋のファンヒーターの前に置いてて

さっと乾かすだけのつもりが

流してた映画が面白くって見入ってしまい

途中で気付いて、うおーアブネーと掴んだら

塗面がニュルっとなってしまい

滑り込みタッチアウト。



泣きながら塗面ヤスって落として

ただ今サフ状態。

泣けるぜ泣けるぜ。

やっぱりこれもあにさんに任せときゃよかったぜ。

まあ最悪正月明けに黙ってあに邸に送ればええか。



今日はネタもないので

最近見た中で面白かった映画でも紹介しておきます。


images (5)


まあ相変わらずほとんど出てこないくせに

パッケージにはデカデカと写真が載っておりますブルース。

だー、もー!と思ってたら

フォレストウィテカーとかも出てんのな。

結構バカにしてたのに面白かったですね。




もうひとつ。

ノーマークで予備知識なしで見たこれ

images (6)

これはやられた。

面白かった。

あとで調べたらカンヌの監督賞とか受賞してて

あっちゃこっちゃから評価高いんですね。

最初から最後までまったく飽きずに見れました。



しかしこの2本を発掘するまでに

クソ映画を実に70本見てるわけで

今週もやられた今週もやられたとブツクサ言いながら

DVDの返却に向かった日々。


参拝者の方に教えてもらった

images (7)

はまだ新作扱いなので借りてません。



また面白いのがあったらご紹介いたす。

今日のところはこれにて。

竹内君3を塗る1

昨夜も細かい作業してて

それがまたうまくいかなくて

さっさと注文した顕微鏡届けよ!

と顔を真っ赤にしてプンスカ怒ってましたところ

メールがピローン。

「住職、菊千代ができました」

なんと嬉しいご連絡。


大福さんが仕上げてくださいました。

50dafd0f50559.jpg

ヴィネットで仕上げてもらったのは初めてですよね?

見たとき菊千代より先にさくらに目が行っちゃって。

すげえね。紙造り製なんすかね。

俺下に生えてるシダしか使ったことないんだけど

さくらすげー。

ジグソーパズルみたいな作業なんでしょう?

すばらしい。

菊千代のほうも気の狂ったおっさんらしく仕上がってますし

生首もちゃんと死んでます。

やーやっぱり仕上げていただけるとうれしいですね。

大福さんの画像はこちらからどうぞ。

http://www.tinami.com/view/523608



さて、そんな発狂寸前の粘土作業の中

オーブンに粘土放り込んでいる隙に

いよいよ始めます竹内君3。


まずは表面処理をきちんとしましょう。

合わせ目をサクサク削って

スポンジやすりでコシコシしましょう。

そして造形村のサフを吹きましょう。


1.jpeg


サフ吹いたら一応眺めます。

気泡の穴は無いか見ます。

気泡やパーティングラインが残ってたら

ちゃんと埋めたり削ったりしましょう。

舗装工事でも路盤がきれいに出来ていないと

合材載せていくら叩いてもベコベコになるので注意です。


今回はベースにいつものキャラフレ2に黄橙色をチョイと混ぜたやつを

エアブラシでスカーっと吹きました。

2_20121227082735.jpg

あにさんなんかはサフ色を透かせたりする方法でやってるらしいですが、

俺みたいなへたくそがやると

まだらの病人みたいになるので

下色として安全策で行ってます。

ちなみに肌色っていう色もありますし、

何を使うかはご自由にどうぞ。


ここからいよいよ楽しい楽しい筆塗りに入ります。

展示会とかでいろいろ聞かれますが

基本的に俺は手元にある色しか使いません。

理由は必殺の「面倒くさい」です。

皿に残ってる塗料をテキトーに混ぜて使います。

6.jpeg

ラッカーすばらしい。

シャブシャブしたら何度でも使える。

なお、僕は塗料めっちゃ薄めて使いますから

こういうやり方でいけるんですけど

みんなそれぞれ得意な方法があると思うので

いろいろ試してみてはどうですかね。


で、皿にあった塗料を

影と日の当たるところを意識しながら

ピーチャピチャ塗りました。

はじめのうちはもうありえへん色を遠慮なく入れていけるので

青とか緑とか朱色とか紫とか

必要そうな所へ刺しておきまして

慣らしていきますと

3.jpeg

まんだらになってきます。

乾いたら塗って

塗ったら乾かして

飽きてきたら

4.jpeg

マワシを塗って。


そんな感じで粘土焼いてる間に

作業してみるわけです。


で、眠たくなったので

ここで中断。

5_20121227102521.jpg

今夜また続きをやります。

久しぶりに模型の話

昨日ワンフェス用のサンプルが

ベルグさんから届きました。

実に良い抜き具合で

田舎のファッションヘルスの比ではございませんでした。

早速表面処理しまして

今朝アニータあに邸まで必殺の宅急攻撃でございます。

3つ出複製したんですが、

うち1個が竹内君でして、

この年末年始のクソ忙しい中

あにさんに3体送りつけてエヘヘと笑うのもいかがなものかというのと

このmdspにおいて竹内君が無ければ

俺はおそらく人形作りをここまでやっていないであろうという思い、

そして


竹内君を知らんなどという参拝者は



もはやモグリであるということから



竹内君だけは自分で塗ることにいたしました。


まあ次回実況でもしながら塗りましょう。



さてですね、

先日の神戸展示会でも

「何故mdspがマシーネンブログとして紹介されてんの」

と言われてしまうほど

98%がバカ日記なアタクシのブログでございますが

一応見えないところでまじめにやってるわけですよ。

ただ、まだ見せられないやつとかあるからこうね、

エヘヘと画像をお見せするわけにいかない。

けど昨夜ほぼできた系のがひとつ。


写真

J山B作。

傭兵学校の教官という設定で作ってます。

表面を磨くか磨かんかというところで

昨夜ウンウン悩んだんですよ。

磨くと確かに気持ちいいですわ。

今回展示会で展示してあったあんもさんのおっさんとかね、

わー、ちゃんと処理したらこうなるんかーって感動した。

だけど


スーパー面倒くさい


という扉がなかなか開かず

昨夜も寝るかとご就寝。


ああそうさ。


俺は自他ともに認める面倒くさがりだからな。


モデラーとしては致命的な欠点でありまして

展示会で展示してるプラモの塗り方とか聞かれても


「んー。。テレビ見ながら塗ったから覚えてなくて・・・」


「えーと・・なんかガサガサッとしたような記憶が・・・」


「油彩です・・いや、アクリル?エナメルだったっけ?忘れた。」


とこんな具合で大変ご迷惑をおかけいたしております。


ほんまにええ加減なやつですみません。


そんな俺にも夢があるんです。

それはね、


121212a91.jpg


こんな感じで

mdspチェス駒セットを発売したい。


楽しみでしょうが。


楽しみだって言えよ。

サンタの記者会見

今日はクリスマスとやらで

昨夜はクリスマスイヴとやらですね。

回転寿司でカップルとはりあいながら17皿食ってた定食屋さんに乾杯。


さて、実はわがミドウジ家では

密かに深刻な事態になっておりまして

それは何かといいますと



いよいよ住職が離婚する



というわけではなく

もっと深刻な問題。


実はまあ小さい子供がおるおうちはですね、

みなこぞってサンタの演出をいたしますわな。

昨夜もwakiちゃんが面白いことやってましたんですが、

多分に漏れず俺もそういう工作をやってたわけです。

性格上そういう偽装工作は大好きですから

完全な作戦に隠密行動で

サンタが来た写真を偽造したりして

子供に完全に信じ込ませてきたわけです。


ところがですね、

そのなんというかイーサンハントみたいなことやってきたがばかりに

娘らがサンタは必ず存在すると思い込んでしまってまして

上の娘なんか中1になるというのに

「サンタ?おるやん。」

と言うわけですよ。

プレゼント欲しさに知らないふりをやってるのかどうか

そのあたりが定かではなくて

俺もなかなか踏み込めない。

ところが今月の初旬に

学校から帰ってくるなり


「オウオウ、サンタはいないのでございますか?」


「どうしたのだね。」


「学校でサンタはいると信じているのはアタクシとシュウヘイ君の二人だけでございました。」


「お・・・おお・・・」


「お前らはアホかと散々言われたのでございます。」


その場で真相を明かすべきだと思ったんですが

下の娘が横におりまして


「なにゆうてんのん!性格悪くなったらこーへんねんやんか」


などと言い始め

その場での公表に至らず

そのまま時間は流れてしまい

今年も24日を迎えてしまったわけです。

嫁にどーすんねんと言いましたら

「まあ気付くまでほっといたら?」

なんて悠長なことをゆうてましたが


今朝娘が起きてきて一言




「やっぱりサンタおるな。今日部活行ったら徹底的に議論だ。」




と。

もうだめだ。


今夜涙の記者会見だ。


さようならサンタさん。

Ma.k.神戸展示会2

なんぞかんぞゆうてたら時間も過ぎまして

会場のおっさんがはよ片付けろはよ出ていけと

頑張って言うもんですから

みんなわさわさ片付けて会場の外へ。



まあもう毎回のことですけど

何が楽しみやねんというと

打ち上げが楽しみなわけで

スタッフの方々のお世話で打ち上げ会場へいそいそと向かうわけです。



会場に入りまして

飲み会も始まったわけですが

全身オレンジのスウェットでスキンヘッド、

もうどう考えてもヤクザだぜと思ってた

ロドリゲス翁さんを捕獲、

年上の見た目ヤクザを捕まえて

あんたの名前はロドリゲス爺だろうがね

と言うわけですが

翁ですよオキナと言うことを聞かないわけですよ。


もうややこしいからあんた今日から名前「爺」でいいじゃないすか

もう今から「爺」すよ。

なんなら「G」でもいい。

打ち上げ始まってから最後まで正式名称で呼ばず

打ち上げ終わってからもツイッターで「爺」と呼び続けたのに

頑なに「おれはオキナだー」と言い続けた爺に乾杯。

34_large.jpg



さて、打ち上げ始まってしばらくしますと

まんねんさんがこっち来てくれて

本日の議題、

「のりピーにちんこが付いてても抱けるか」

について激論。



「そんなもん絶対無理じゃボケ」

が大多数を占めてる中

俺一人めっちゃ頑張るわけですよ。

ちんこが出てきたらすぐに顔見たらええやんけ

それはのりピーのものやと気付くやんけ、赦せるやんけと

みんな座っとるのに立ち上がって必死に訴える俺は

まるで民主党議員。


負ける。

このままでは選挙に負ける。

神よ思いは届かぬか。

と思ってたところへ



「おまたせー」



とゴッド吉岡さん降臨。

「ちょっとちょっと吉岡さん!」

「どうしたミドやんw」

「カクカクシカジカで、今まさにのりぴーを抱こうとしてて!」

「ほう!」


「パンツ脱がしたら!」


「おお!」


「ちんこがポローン!のりぴーにちんこが!のりぴーにちんこが!どないします!」


「のりぴーやろ?」


「のりぴーですわ!」



「そらそんなもん行かなあかんやろーw」



おお神よー!

支持率200%アップ。

ゴッドがいけゆうたとたん



みんな


「俺もいける気がしてきた」


みたいな顔になってますわ。


どういうことやコラ。




まあ俺がいたら毎度のことですが

ゴッド吉岡さんいてるのに模型の話はほっとんど無しで

下ネタ、あの世ネタが90%を占める中

御開きの時間になりまして

ああもっといたかった、

どうせなら打ち上げを昼2時くらいからやったらどうだろう

なんてムチャクチャ考えながら電車で帰ったわけです。


56_large.jpg


で、なんやったっけな、

爺が最後に言ってたABSのブスなんとか。

ブス・・・・



まあどうでもええわ。





スタッフのみなさんありがとうございました。

Ma.k.神戸展示会1

神戸Mak展示会に行くにあたって

夜打ち上げがあるから車運転できませんと。

そんなわけで嫁に送ってもらったんですよ。駅までね。

ほな駅に着いたのが電車発車の3分前で。

ズダダダーと階段を上がって

切符売り場に行ったら全部埋まってて

女子高生の2人組、

とんでもジジイとババアの夫婦

こぎれいなオバハンと

3コース全部購入中なわけですよ。

もう3分しか時間がないわけでしょう?

とにかくジジイとババアはまず削除、

女子高生2人組もウキャウキャゆうてやってるから時間がかかるだろう、

オバハンの後ろに決定!と並んだら


このオバハンがもう。


何回も上の路線図見て

「えーっとアタシの行く駅はどれかいなーこれでよかったんかいなー」

みたいな感じで全く進まないわけですよ。

何百何十円払うのかどうかしらんけど

出してた札入れしまって

小銭入れ出してきて

チャリンチャリン入れて

また上の路線図見て


「あら、ちゃうわ。」


とか独り言ゆうて

小銭が足りんかったんか知らんけど

また札入れ出してきて!

左右のコースはもうジャンジャカ人が入れ替わって

4人には追い越されてるわけですよ。

もうババァコロスコロスですよ。

やっと切符買えてホームへ階段を駆け下りて

閉まりかけてるドアへ飛び込みギリギリセーフ。

出だしのチョイスで大ミスしてのスタートでございます神戸Mak。



さて、展示物は前日搬入してるので手ぶらのおっさんは

神戸は元町駅に降りまして

まず一服するかと左見たらパーマのおっちゃん。

「ウェーイGASさん」

で、右見たらばらちんさん。

待ち合わせしてたわけでもないんすが即3人合流で会場へ向かったわけでございます。


会場の展示物をいくつかご紹介。


022_20121224135618.jpg
このせいで丸2日寝ずにおまけに今日会場でレクチャーやってるまんねんさんの。


005_20121224135617.jpg
ばらちんさんの。ファルケの片方使ったカッチョイイマスイーン。


021_20121224135617.jpg
スケキヨさんの作品ですが、塗装がすごく俺の好きな感じでした。

013_20121224135617.jpg
ドア普通に開けたらええやんと思わずゆうてもて
GASさんに「そこは触れるな」と怒られた噂のガルウィング。

010_20121224135616.jpg
相変わらずええ仕事してますスバル君の。

023.jpg
これはもう展示会の顔です横山さんの。

024_20121224135657.jpg
見たことあるど。
このうますぎる作品は絶対ヤツだ!
とおもったらやっぱりあんもさんの。


会場は結構作品入ってまして

初めての開催なのに期待以上になったんではないでしょうか。


015_20121224140857.jpg



まあそんな中、

どうしても楽しみで仕方がない

俺の作品なんかどっち向いててもええ

とにかくアレを見せろアレだアレ!

と見たかったのがだっちょさんの作品。


008.jpg

こないだ軽くブログで紹介しましたが

裸婦を改造してのドラム缶風呂。

泡風呂じゃないところにほのかな心遣い。

007_20121224140857.jpg

トイレと裸婦のおまけだったスクール水着マン。

胸のネームでまた笑わされた。

そして

009_20121224140858.jpg

これ。

悪ささせたらもう天才です。

俺の人形でここまで遊んでくれる人知らん。

全力で遊んでくれてはる作品に敬服でございました。


その後はゼウス吉岡氏の

素人でも強制的に上手にさせるレクチャー教室があって

52_large.jpg

見たいんだけど人集まりすぎでもう

一番後ろからピョンピョン飛ぶ有様で。


まあ夜があるわ

51_large.jpg

みたいな感じで次へ続くわけです。

何が付いとってもやな

すっかりネタが尽きました。

もう1日分あれば1週間きれいに終われて

神戸展示会ネタで火曜日からスタートだったのに。

大体毎日更新なんてことをするからこうなるんだよ。

もういっそのこと週刊更新にしたい。

月曜日しか書かない

なんてことを言いたいわけですが

これはこれで一応得るものもあるので続けます。

フン。



一応今日が21日っていうことですから

マヤカレンダーのヤバイ日の初日になるんですよね。

21・22・23と危ないらしいですが

まあどうにもできませんしね。

しかし「どうせ死ぬなら」みたいなことを考える輩も出てくるわけで

どっかの国ではホーチョー振り回したりしてるみたいです。

そっちがホーチョー振り回すなら


俺はペニスを振り回すに決まってる。


しかももう人生終わりなんだから

そのまま昇天してもいいような

我が人生に一片の悔い無しと右手を高々と突き上げ

雷を落として絶命できるような



性行為をしておきたい。



で、いろいろ頭を悩ましてたわけなんだけど(悩むな)

最近俺の中でオカマブームが到来してて。

しかしオカマといってもピンからキリまであるじゃないすか。

デラックスみたいなオカマはお断りだし

まして見た目どう見ても男つーのも無理。

美男子とか言われても「ハァ?でも男じゃないすか」ってなる。

昔の戦国武将みたいなわけにはいかないし

俺は先日もオカマバーでイケルと豪語した時に


お前は死ね!死んでしまえ!


と散々みんなに罵倒されたわけです。



けど。

けどや。


たとえば


images (2)



↑みたいな娘さんとね、

もう世界も終わりですしねえ

なんて話になって

二人でホテルに行って

チュッチュチュッチュして

オパーイもチュッチュチュッチュして

さあいよいよ最後の砦をゆうて

パンツ脱がしてみたら


そこにポロンとちんこが出てきた。


としても。




俺は致すね。




今読んでる人「えええー」ってゆうたやろ。

もっかい見れ。



ええからもう一回見れ。



images (2)



これやど?




もう何が付いとってもかまへんやんけ。




もう世界も終わりなんですよ。


2本付いてたってかまへんわ。


あーかまへんね!




はい、もう週末にろくでもない日記ですみません。

おとなしくしておきます。

神戸展示会でお会いいたしましょう。

121215a19.jpg

 ス メ ル 

体臭ってのは少なからずみんなあるもんで

さほど気にするほどのもんでもないとは思ってるんですが

エチケットというかマナーというか

最低限守らなければいけないラインっていうのはあると思うんです。

セルフコントロールしておいていただきたいライン。

服はこまめに着替えるとかね。


いやその実はうちの新人のオールドルーキーが



臭いんです。



それもすごく臭い。



31歳のはずなんですが

強烈な加齢臭を放ってて

着てくる服をここ数か月まったく洗濯せずに

同じものを着続けているんですね。



この間まであまりの仕事の出来なさで

それどころではなかったんですが、

最近落ち着いてきてやっと

この件について考えられるようになったわけです。



耐えられない匂いなんですか?と聞かれると

なんとかなる匂いではあるんです。

ただ、長時間吸い続けてると

頭痛・めまい・吐き気

に襲われる。

処方箋が必要な程度には至らないけど

結構ギリギリ。



ただ、こういう話は大変デリケートで

仕事での話みたいに

「ブチコロスゾオマエ」

とか遠慮なく言っていいものではないじゃないですか。

「君クサイよね」

とか言うと誰でも傷つきますから

それとなく気付いてもらえるような話を

うまく回していかないといけないわけですよ。

本人が自分から気を付けないといけないなと思うような流れにね。



で、昨日忘年会でして

なんとかうまく話を回すかとやってみたんです。



「忘年会で鍋とか肉とかだと服に匂いつくよな」



「そうすね。結構つきますよね。」



「今日は帰ったらすぐ洗濯せんとヤバイよな」



「そうなんすか?」



「次の日匂いプンプンさせてる人ってたまにおるやん」



「ああーいますねえ」



「(お前のことじゃボケ)食いもんならええけど加齢臭とかもな。ヤバイよな。」



「ああ、オッサンとか結構ね。」



「(だからお前だよそれ)もう頭痛くなってくるんだよ」



「ファブリーズとかしてるんですかね」



「ファブで戦える範囲ならええけど限界があるよな(お前ファブで済ませとるんかい)」



「ファブリーズはすごいですよ。匂い完全にシャットアウトです。」



「そうなん?(何がシャットアウトじゃ!お前はオーバードライヴやろがボケ!)」



「ええ、無臭タイプが好きですね僕は。匂いとか好きじゃないんで。」



「自分ではわからんしな。匂いは。(気付け!お前のことや!気付け!)」



「僕は無臭なんで人の匂いには敏感ですね。」



「そう・・・ね・・・・」






死んじゃえよお前。






121212a25.jpg

ダッコッコ

四国行の前にマイスーパースタイリストのところへ

髪を切りに行ってたんです。

もう脱脂綿みたいになっちゃってたから

どうにかしてよゆうてね。

ほんでそこで遍路の話になって

結構近くに面白いお寺があるから行ってみたらと言われて

場所聞いてね、行ってみたんです。


行ってみたらお寺というより普通の家で、

ああ、なるほど的な感じで。

お寺というより神社的な感覚で

アリはアリだけどちょっと俺とカテゴリが違うなと思ったので

特にお勤めもせずにお寺を出ましてね。


ほんでどうもおっぱい舐めまわしたけど本番は無し

みたいな満たされない気分だったので

ちょっと大きな寺行ってみるかと

その近くの成田山へ行こうと。

成田山といえば不動明王でございまして

何かと心強い。



で、近くの成田山へ行ってみたわけですが

まあ平日ということもあって駐車場は車ゼロ。

これは集中してお勤め出来るわと喜んで

境内で線香と灯明つけてましたら

ふと張り紙が目につきましてね。


「本堂でのお勤めはご自由です」


と書いてあるわけです。

おお、本堂で拝ませてくれんのか、

なら上がらせていただこうなんてことで

寺務所を訪ねましたらごつくるしい住職が作務衣姿で座ってまして


「中でお勤めさせていただいてよろしいのでしょうか」


と尋ねますと


「ようこそお越しくださいました、ささ、どうぞどうぞ」


と本堂へ案内してくれて

灯明つけて準備してくれはりまして。


でっかい不動尊見ながら集中してお勤めをさせていただいたわけです。



ほんで寺務所へ戻って

「ありがとうございました」

ゆうて挨拶したら

テーブルにお茶と茶菓子が置いてありまして


「まあお茶でもどうぞ」


とか言われましてね、

なんと丁寧なと。


別に会話があるわけでもなく、

お茶をズズズとすすりながら

周りに飾ってある写真とか掛け軸とか眺めてたんです。


ほな住職の携帯が鳴りまして。

チィーーーン、チィーーーン

ゆうてリンの音の着信音。

なんやそれ欲しいやんけそれ。


「もしもし。」


住職もそら携帯もっとるわな


「おおー、元気デスカー?」


変なイントネーションやな・・


「ソナノー?国へカエルノー?」


??


「サミシイネー。オ店ー?今日ハ行ケナイヨー。」


・・・・。


「ウンー、アイタイヨー。サミシイヨー。」



・・・・。



「オショガツハズットフィリピン?」




・・フィリピンクラブの女やないかい。




「ソナノー?アイタイネー。ダッコッコネー。」





腐っとるがなこの坊主。

該当の記事は見つかりませんでした。