FC2ブログ

小さいおっさんを造る 1

みなさんご無沙汰でございますね。

今回から大好評の小さいおっさんを造るシリーズも

とうとう今回で第7942回を迎えました(嘘


別に教えてくれーとか言われたわけでもないですが

もうアホなネタは書かないぞという決意の表れといいますか

まあ無理のない程度に書いて

これから小さいのをやっていこうかなとか思ってはる方の

参考に少しでもなればいいかなと。


さて、前回の日記で申し上げておりました

ご用意いただきたいものはお手元に揃っておりますでしょうか。

爪楊枝、木部用パテ、エポパテ。

こんだけありゃ十分です。


始める前に言っておきますが、

あくまで住職としてのやり方であって

これが正解と言うもんじゃなく

俺はこうやってるけどねというだけのもんですから

「違うよボケ」とか

そういうお便りはご遠慮しやがれ。

それと


「下手だ」


とかいうのもな。

んなこと俺が一番よくわかってるつーの。



はいはい、では始めますよ。





043_201309300814152b7.jpg

まずは爪楊枝の頭に瞬着をチョロリと付けて

木部用パテをぐにょりと丸めて付けましょう。

別に木部用やなくてもいいんですよ。

普通のパテでもいいんだけど、

この後結構木部用使うので、用意はしておきたい。

木部用パテは円筒上になってるので、

先っぽをピザを切るみたいにカッターで十字に切れ目を入れて

欲しい分だけロールケーキのように切れば良いです。


爪楊枝1本だけに付けると

結構余るので、同じ分量で複数本こしらえておくと

数日後に数日前の自分に感謝すると思います。


で、木部パテが硬化するまで待ちましょう。



ではまた明日。







嘘です。


木部用パテはめっちゃ硬化が早いので

FC2動画のアダルトとか見て時間をつぶしてください。


数分で硬化しますので、

そしたらそれに落書きを。


044_20130930081417085.jpg

目の位置と鼻の位置をね。

大体でいいんですよこんなもん。

ざっくりとね。



そしたらそこをデザインナイフで削りましょう。

出ました彫刻。

指をサックリとやらないようにしてくださいね。

045_2013093008141875b.jpg


そんな精密に彫る必要ないです。

ざっくりと。凹んでるわくらいでいいと思います。

大体だ。こんなもん。

後でパテ盛る際にガイドになればいいだけだから。



今日はここまでー。

次回はパテ盛ります。


長くなりますがお付き合いよろしくでございます。


041_20130930082632a83.jpg

スポンサーサイト

雑記

お久しぶりでございます。

日記書けない病を発症でございます。

明日からお遍路に出ますので

また数日間日記が飛びますが

何卒ご容赦を。


えー、昨日家に帰りますと

多分に漏れず東から核ミサイルが着弾。

001_20130925074157944.jpg

Rod兄からメッソーが。


今回Rod兄初のガレージキット通販ですが

それをいきなり30個以上完売してしまうという暴挙。

これは凄い。

今回お値段設定が安かったとはいうものの

一発目から完売するというのはすばらしい。

この調子でいくと来年の今頃にはきっと

乳プルンプルンのねいやん人形とか

普通に造っちゃってるんじゃないかと。

何か密かにばらちんさんも粘土触りはじめたりして

だんだん面白くなって来たなとニヤリとしてます。


えー、しかしながら昨夜も

みんながメッソーで盛り上がっている頃

俺は顕微鏡覗きながら8mmほどの小さい靴に

縫い目をチコチコ入れてたりして

ああ、目が疲れたと目薬さしたりね。

悲しいすね。

ああ、そういえば先日の靴底ネタの写真ですが

こんな。

037.jpg

1/6とかだとその都度型紙から切り出せばいいと思うんだけど

小さいサイズだとそうもいかないんで

面倒くさがり度インターハイレベルのあたくしはこうやってます。

あとは木工パテで造った塊と繋ぐだけ。


明日からしばらくまた更新止まりますが

明けには小さいサイズの顔面の作り方みたいなんを

ちょっとやってみようかなと思います。

小さい人形の顔面に困っている方は

木工パテとエポパテと爪楊枝をご用意して



来週までお待ちください。

靴底

なんか色々時間が足りなくなってまいりました。


20とか35とかの小さい人形を造る場合、

頭部もそうですが、足のサイズに結構気を遣ったりします。

同じスケールの人形を複数体造らないといけない

とかいう場合、1個1個靴底造ってたら

絶対にばらつきが出てきますので、

そんな時は1セット造って複製して使います。


ああ?俺は26.5cmだけどドドジは25.0だぜ?

なんていうことを思うかもしれませんが

1.5cmの差なんか35だったら0.04cm。

やすりひとこすりで終わるつーの。


特攻日本兵ですが

すみません、もう全然進んでないです。

諸々粘土作業はフル回転でやっとるんですが

申し訳ござらぬー。

メッセージ

密かに先月とある夏まつりの企画担当をさせていただき

(おかげで夏のワンフェスは不参加になるんだけども)

区切りのいい開催数だったもんで

予算も結構いただいてました。

おかげさまで花火も例年の倍の数を打ち揚げることが出来たんですが

恐らく来年もこの担当であろうと。

しかし来年はご予算半減ということで

このままいくとどうもショボい花火になってしまうと。


さてどうしたもんかなと考えてたんですが

今年30分であげた花火が来年半分ですから

15分で対応すればいい。

残りの半分をなんとかーと。



そこでメッセージ花火つーんですか。

和歌山の白浜あたりが有名ですよね。

メッセージ読み上げてから花火ドーン。


これはあくまでメッセージ主が花火代を払ってくれるわけですから

企画側としても予算の持ち出しが無くて非常に都合がよいわけです。


それではメッセージ花火を打ち上げますーゆうて


「アケミちゃん、好きです付き合ってください!セイジより」


ドーーーン。


いいじゃないですか。



「チョメ子さん、君が好きだ!結婚しよう!ドドジより」


ドーーーン。ドドーーーン。


いいですね。会場からもパチパチと拍手起きたりなんかして。




「ヨネジさん、70年連れ添ってくれてありがとう。私は幸せでした。カズヨ」


ドーーーーン。ドドーーーン。


死にかけのカズヨさんが入院先の病院から申し込んだわけですね。

会場の涙を誘いますね。



「ケイコ、明日はノーパンで出勤しなさいハァハァ。テルジ」


ドカドカドカドカドーン。


これはご主人様から淫らな女性にですか。

メッセージに「ピー」入れるのを忘れないようにしないといけませんね。




「آمل في العودة إلى ديارهم قريبا!」


ドーン。ドドーーン。


外国の方も多数来場されますのでね。

何言ってんのか分かりませんが対応できるようにしないといけないですね。




「もう原付の通勤は嫌だー!年内にBMW売るー!」


ポスーン。


ハヤシ君のように心の叫びを打ち揚げるのもアリですね。

お金無いからめっちゃ小さい花火ですけどね。




まあなんていうか

結局応募が2件しか無かったとかいうオチは

なんとか回避したいところでございます。

ひねり時は

エポパテを使うことが最近増えておりまして

いろんな配合を現在お試し中。

硬化後の切削性のことを考えれば

竹一郎さんが使ってる

タミヤの即硬の黄色と高密度の白ってのが

一番いいなと感じるんですが

強度を持たせなくちゃいけない時は

また別のを使ってみたりと。

まあそれはいいんですが

相変わらず混乱させるのはいわゆる



「今まさにひねり時」というタイミング。



早すぎるとフニョフニョで

ちょっと触れたら全体が崩れ去る悪夢になったり

遅すぎるともう動かねえよ

パテ動かねえよオウヨ!となったり。

じゃあちゃんと時間測ってテストすりゃいいじゃないか

と言われそうなところではあるんですが

そこはmdsp、相変わらず人生最大にして最強の敵

メンドクサイと戦わず、勘に頼っての造型でございます。


現在お仕事の人形制作でグルグルになってますので

自主制作の日の丸特攻隊の進み具合がスーパースロー。

でも乙女人形も壊れた部分修復したりして

一応ワンフェスに向けての作業はノロノロ運転ですが

目的地へ向けて進めております。


130914a6.jpg

顕微鏡

いよいよ第2部も発送されました

1/35ウィーゴでございますが

ツイッターでよくデキマシタっていうのを拝見いたします。







一緒に入ってますニューミドキッズがデキマシタ

つーのを見たことが無い気がしますが

みなさんそんな嫌がらずに塗って笑


wego_yellow_ss.jpg



小さい人形の顔面はオエオエ言いながら

顕微鏡でムニムニ彫るわけで

もはや自分的には必須ツール。


で、こないだ

下の娘が顕微鏡を覗かせてくれというわけです。

なんだね、何か研究するのかねとお伺いしますと

ちょっと調べものがとか。

一生懸命覗いているので何かとしつこく聞きましたら


「さっき殺した虫。」


とかゆうてます。

図鑑に載ってないような

蚊みたいな虫を見て


「ホホーウ」


とかゆうてますわ。

おもしろいことするなこいつはと思ってましたら

名も無いような虫を捕まえて来ては覗いている。


で、昨日、娘が嫁に

「ここにおいてたティッシュご存じないか」

みたいなことを聞いてまして

嫁が知らんと。何ですか何か大事なものですかと問うと


「新しく捕まえた虫を挟んでおった」


「逃げないように足をちぎっておいてたのに」


と、とても残念そうに。



「今度は羽もちぎっておかないと」



と決意を新たにする娘のことが

色々心配でなりません。

俺はアレに弱い。

俺はまあほら、不幸な女の人好きじゃないですか。

正確に言うと

不幸そうな女の人が好き。

本当に不幸のどん底みたいな人は

逆に怖いので近づけないですが

プチ不幸くらいのが好き。


先日ツイッターでラーメン屋の話を書きました。

もう夕方6時半っていう

さあこれから!って時間に

お店も建ったばかりできれいなのに

お客さんが俺だけで

店主は厨房にいて、不幸そうな奥さんがいらっしゃいませと。

注文を取る手のカサカサ具合も良い加減で

ああ、不幸そうだ。

きっとこのラーメン屋は近々つぶれるだろう。

こんなにおいしいのに。

きっと旦那は日雇いのバイトに行くんだろう、

奥さんはほか弁で働くんだろうとか

思いながら食ってて最後に金払っておつり渡されるときに

奥さんの手が軽くフルフルしてるのを見て

その場で泣き崩れそうになったっていうあれね。


俺あのフルフルに弱いことに気付いてね。


いつぞやお仕事でヤカラ言ってきたオッサンに

呼び出されて現場へ行ったんですが、

凄い寒い日でね、

おっさんスゲー怒ってんだけど

寒さから体がフルフルし始めちゃって

震えながら悲しそうな顔で怒ってるのを見てると

俺怒られてんのにオッサンを抱きしめそうになっちゃって。


それとか、先日家に帰ると

親父がなんか農協から届いた文書の意味がよくわからない

とか言いながら聞いてきたので

どれどれ?って覗きこんだら

手がフルフルしてて

ああああ、もう後は俺がやったるから!俺が全部やっといたるから!

ってなったり




こないだ下の娘が作業部屋に入ってきて

俺がちょっと席を外した間に

ほぼ出来上がってきてたので

バランス見るために立ててた1/10乙女造型を見てて

ちょっと触っちゃったんですよね。


ほなバランス崩して机の下に全部落下、


ゴンガラガッチョーンと重要な部分バッラバラ。


「何さらしとんじゃいゴッルアーーー!!!!!!」


とブチギレ俺、


顔真っ白になって


「ごごごご、ごめんなさい・ごめんなさい・・・」


と謝る娘。


よく見たら左手が、ふるふるふるふるふるしてるんですよ。



すごい困ったんでしょうね。

すごい焦ったんでしょうね。

えらいことしてもたー!って思ったんでしょうね。

もうそのフルフル見た瞬間ザバーって色々流れ込んできて


「ごめんごめんな!お父さん怒りすぎたな。ええよ。また作ればええんやから。」


と抱きしめて。



そんなわけで乙女造型、

実は壊れました笑



また作ればええやろ。

できるわけがない

灼熱の夏が過ぎますと

いよいよ9月を迎えるわけでございます。

社外文書には「初秋の候、ますますー」なんて書いたりいたしますが

大体9月から11月にかけて

恋人たちは終わりを迎える準備に入り、

本命の彼氏は11月末に悲劇の大政奉還となります。

心の準備は出来ておりますでしょうか。

夏に人数合わせのコンパに彼女が行ったりしてたら

9月に電話とかメールが留守がちになって

10月遊びに行く予定がことごとくキャンセルになって

11月電話に出る声のトーンが下がり


ほぼ確実に11月末で終了です。



さて、昨日の粘土作業でございますが

軽くいなす程度に触りまして

作業終了時はこんな具合。

044_20130911080215c38.jpg

何を造ってんのかというと

これから特攻する日本兵のにいちゃん。

腕の芯を刺す位置間違えちゃってて

改めて突き刺して分割用にエポパテで固めてる図ですね。

スカだと何度も刺したり抜いたりしてたら

だんだんチビてきて穴がガバガバになってしまい

ダウンロード2

と叫んでしまうことが多いので

分割箇所については一応マジスカかエポパテとかのカチカチ系を使うようにしてます。



スカは基本的に固まったスカとかくっつかないですが

稀にくっつきたがるのもおりますので

くっつけたくない場合はベビーパウダーをパフパフしとく。

一方エポパテはご存じだと思いますが、

メンタムとかワセリンとか塗っておいて

引っ付いちゃうのを防ぐわけです。


メンタムはいやらしいことに使うだけじゃないんだよ。

使うツールはどれか

トーキョーでオリンピックが決まったらしいですね。

悪いニュースばかりでうんざりしてましたが

良いニュースで盛り上がるのは結構なことで。

7年後つったら俺も47歳なわけで

そのころってどんな人形作ってるんだろうかと

ふと思いましたが、

死んでるかも知れないすよね。

偏屈な人間って結構早く死ぬじゃないすか。

俺みたいなタイプとかね。

死んでもあんまり惜しまれないつーか笑



さて。

土曜日に色々思うところあって

作業部屋の抜本的改革をしようと大掃除をしたんです。

まあ大変きれいになったわけですが

ぜーんぶ片付けた状態で

イチから人形作業を始めた場合、

俺が使うツールって何かなとやってみた。


1/20スケールの人形をスカルピーで造った場合、

4時間経過後に机の上に並んでたのは

016_201309090736031fa.jpg


左から

①デザインナイフ(最初だけ)

②針を筆の柄の先に付けたやつ(顔面とか細部の作業用)

③エタノール用の筆(表面慣らし)

④自作スパチュラ(一番よく使う)

⑤クレイシェーパー(2番目によく使う)

⑥歯ブラシ(削った後の掃除用)

⑦シャーペン(アタリを描く時用)

⑧針型スパチュラ(見たまんま)


もうメインは④と⑤ですね。

9割はそれを使ってます。


あとは小さい人形を造ることが多いので

基本的に尖った系が持ってるツールには多いすね。

ツール立てにどっさり刺さってるけど実際使うのはこんだけです。


エポパテ作業に切り替えても④と⑤で作業がほとんどで。


習作としてやってみた人形は

0117.jpg


冬のワンフェスの足しになったらええなと。

参考図書

基本的に俺がよく参考にする本です。


An Atlas of Anatomy for Artists (Dover Anatomy for Artists)An Atlas of Anatomy for Artists (Dover Anatomy for Artists)
(1957/06/01)
Fritz Schider

商品詳細を見る




人物デッサンの基本 (ナツメ社Artマスター)人物デッサンの基本 (ナツメ社Artマスター)
(2011/06/17)
鯉登潤

商品詳細を見る



個人的にこの2冊があれば余裕だと思います。


いや、下の本だけあれば十分かも。

多分他の本いらん。


筋肉がどうついてんのかとか

長さのバランスの理屈はとか

最後は服のしわまで解説しちゃってるっていう。


これから粘土始めるって人に

どんな本がいいですかって聞かれたら


下の本を勧めます。

該当の記事は見つかりませんでした。