【過去ネタ】怨念ボックス

【過去ネタ】

秋の暗黒イベントがいよいよ明日からでして
この時期が来ると思い出すお話を過去の記事から。
どうぞお楽しみください。
------------------------------

ようやく秋の暗黒イベントも無事に終了いたしまして

今日から休みまくるぞと言いたいところが

今週末も土日にドロレスイベントが控えておったりと

おいおい、俺の休日はどこに行ったんだと

夜空を見上げた昨日の21時。

4月に部署移動を食らってからイベント専門係長の住職です。

みなさんおはようございます。


週末のイベントでまあ私本部に控えておったわけなんですが

ああいう人が多く集まるイベントだと

特に会いたくない人とも出会う可能性が

相当上がるわけですよ。


なんだか本部の前をチョロチョロと

いい女が行ったり来たりするわけなんですが

ふとよく見るともう10年も前に関係した

当時乙女21歳が子供を連れて通っている。

つまりはまあ今は31歳なんでしょうけど

向こうもこっちをチラリチラリのチラリズムで

本部にたたずむ俺を明らかに見ているわけですよ。


まあそりゃいい別れ方をしたならまだしも

そいつの場合、2階に登らされてから

はしごを外され、

おまけに火を放たれた

みたいなもう思い出すのもおぞましい最期を迎えてますからね、

もはや救助はヘリに頼むしかないみたいな状況で

正直なところこちらとしては

2度と会いたくないどころか

どうか死んでいてはくれまいか

と願うほどの怨念ボックスなわけですよ。


ところがそういう場合大抵そうなんですが、

やられた方は1日の日課に藁人形に釘を打つ作業が

組みこまれるほど憎悪の念を燃やしますが、

どーなってんのか、やった方なんつーのはほとんど忘れてるんですよ。

場合によっちゃ「いい思い出だったわ」

なんてマイラブリーメモリーコレクションとか

心のアルバムに閉じたりしてやがるわけでね。


俺の視界に映った段階から

すっかり心の押し入れの奥にしまって

存在すら忘れていた怨念ボックスが

ガタガタガタガタ蓋が緩んできたりして

どうか神様この箱の蓋だけはあけないで、

まだこの暗黒イベントは始まったばかりなんですよ

と祈っていたにもかかわらず


また俺の8m先にチョロリと現れ


こっちを見てやがる。



俺は視線をずらして見ないようにするわけです。

目が合うと怨念ボックスの蓋が開くから

その先の何の保証書もついてない自分の行動に自信が無い。


でもこっちを見てる。



だめだもう誤魔化せないぞちくしょうと



視線を合わせたら




ニッコリ




なんて笑いやがるわけですよ。

何笑ってやがる、そのケツ蹴り上げて

ウクライナまでぶっとばしてやるぞと




思いながら





俺もニッコリ




おまけに手ふっちゃったりなんかして。




もう全然ダメじゃん俺。


img_2.jpg 

スポンサーサイト

俺の知性レベル

秋と言えばイベント続きになって

昨日も朝から大量のテントを建てて

机じゃ椅子じゃと運んで会場設営をしてたんです。

うちの場合予算が与えられていませんので

そういう設営業者に頼むことが出来ず

すべて自前でやることになるので

新しく入ってきた職員に手伝ってもらうわけです。


で、ヘトヘトになりながら途中遠い倉庫に置いてる資材を取りに

トラックに乗って助手席に新人を乗せて向かっていたんです。

「今日は大変な目に合わせて悪いなあ」

「いえいえ、大丈夫ですよ」

「もうすぐ終わるからな」

「はい、なんていうかこういう」

「うん」



「知性のいらない仕事って楽ですから」



「・・・・」


maxresdefault_20161027081816f34.jpg 






言うてみたいわ

造形に関係ないアホな記事や


バイクの記事ばっか書いていますが

一応粘土作業はマメにやっています。

ほんとです。

でも書けないのでまた今日もバイクの話を書いてやろうと思うのです。


えっとですね、

FBでは散々書いてたんですが

フォーティーエイトとは性の不一致によりまして

約半年で離婚手続きに移ることになりました。

昨夜たまにおやじが乗るもんですから、

一応報告だけしとかないとなと思い

「フォーティーエイト売るわ」

と言いましたら

「なんで」

と。

「小さい」

と言いましたら

「それはワシも思ってた。あれではハーレーと言い難い」

と予想外の反応でした。

しかしながら

「次はグライドにせえや」

main.jpg 

とか言い出しまして

「いや、ブレイクアウトにする」

Custom-HD-Softail-by-Thunderbike-Customs-4.jpg 

「グライド」

main.jpg 

「ブレイクアウト」

Custom-HD-Softail-by-Thunderbike-Customs-4.jpg 

「グライド!」

main.jpg 

「ブレイクアウト!」

Custom-HD-Softail-by-Thunderbike-Customs-4.jpg 


なんてことで小一時間もめましたが

一応ブレイクアウトでってことで決着です。


ブレイクアウトってタミヤさんあたり出してないですかね。

出てたら自分のフィギュア造るのに。

みんな欲しくてうちのブースに並ぶじゃないですか。


「テッシューフィギュア5つ!」

「おひとり様3つまでです!!」



言うてみたいわ。







この頭痛レベルを例えて言うならば

昨日からその何て言いますか



ヘビー級の頭痛が来てまして。


どんくらいかというと

ダウンロード 

こんなのはハイチュウを乙女に「どうぞ」って言ったら

「歯の詰め物が取れるからいいです」

って言われた程度。

これしきで頭痛薬は不要。


では

alone-62253_640.jpg 

これくらいかと。

ちがうちがう。

これだとホテルに入って部屋選んでたら

友達のコウイチ君のおかあさんが

うちにも来るダスキンのおっさんと会計してた

くらいのレベルなのでまだ甘い。


今はもう

a78000354c257ae1200.jpg 

こんくらい痛くて

例えて言うなら

週末8年くらい付き合った彼女とコンビニで

今夜のお泊りのおやつのプリンを一緒に選んでたら

全然しらん男がやってきて

彼女の名前を呼んで

「こいつ誰?」

って俺を親指でクイクイっとやって

何かの間違いかなと思って彼女を見たら

「乳首を切り落とす」と脅されてるような顔してて

ごめん、ごめんなさいって俺にじゃなくて


そっちの男に謝ってて


何か知らんけど俺


いろいろ都合がいいから今終わらされた


くらいの頭痛レベルです。



ハンドル中通しの罠

かわいい乙女に感じるチリつき

いつもイベントの会場準備を頼んでるイイヅカ君がいるんですが

毎回毎回何回言うても

家で引きこもってゲームばっかしてるようなのか

退職して熟年離婚されて生きる希望のキの字も無いようなジイサマ

を連れてくるので

もっとサイボーグみたいなメンバー揃えてくれよ頼むよ

ってお願いしてたんです。

ほなええ返事で「分かりました!!」って言うてたんですが

今朝フェイスブック見てますと

イイヅカ君が思い切りうちのイベント準備日と片付け日指定で

「この日空いてる人いませんかー。アルバイトしませんかー。」

と募集かけてました。

明日にでも電気椅子に座らせて頭に濡れたスポンジ置いたろうと思います。



えーさてさて。

昨日は某番組の収録で半日出っぱなしだったんですが、

番組ディレクターが若い若い若い

かわいいかわいいかわいい乙女だったんですね。

ポカリスエットのコマーシャルに採用されそうな

実に爽やかな感じのね。

おそらく新卒で入って面倒なロケに行かされてるんですよ。

で、まあ色々お話ししながら撮影は進んでたんですが

なんかチリチリするんですね。

彼女の顔を見るとなんかチリチリする。

何か憑いてんのかなとか疑う俺。

でもそんな感じでもない。

しかし顔を合わすとなにかチリチリしたものを感じる。

家庭環境に問題があるのかな

住んでる部屋が事故物件なんかな

サツジン現場によく行くからかな

と思いを巡らせながら

近づいて会話してたら

そのかわいい乙女の



両方の鼻の穴から笑うたびに鼻毛がズボーっと出てきよりまして。



これか!!



ですよ。

テレビ関係はやっぱり忙しいんですよね。

がんばれよ乙女。

でもとりあえず鼻毛は今日気付け。


1382807004.png 





真夏の大捜査線

ここんところ家に帰ると

ガリガリの人形をすすめて、

一区切りしたら次はゴリラにひたすら毛を植えて

一区切りしたらガリガリをすすめて

一区切りしたらまた毛を植えて

と無表情で粘土しておりますが皆さんご機嫌いかがでしょうか。

本日のアウダーチェです。


さて、まあ先日やりたくもない登山イベントがありましてね。

それで思い出したんですけど

何年か前に登山に行った人が帰ってこないと連絡がありまして。

で、捜索に行かなくちゃいけなくなったんです。

真夏のバカみたいに暑い時になんで山なんか登るんだろうと

そもそも登山がわからないので

8009.jpg 

こういうのも不思議に思っていましたが、

こればっかりは他人から見た俺のバイクと同じで理解の及ぶ範囲では無い。


で、めっちゃ人集まって班に分かれて山に入って行ったんですよ。

ほな個人で山登りに来てる人も結構いまして

オジイがエヴェレストみたいなすごい装備で登ってきてる。

大した山でもないのにですよ。

で、俺らと道中すれ違ったんですけど

その時にそのオジイが


「あんたら遭難の捜索してるのか」

「はい」

「そんな恰好で山に登るとあんたらも遭難するよ」

「はあ」

「山はね、厳しいんだよ。しっかり水分取りながら(以下省略)」

「はあ」

なんてことで脳内でオジイを滑落させてお気をつけてと。

それから指示されたルートを移動し終わって

ヘトヘトで本部に戻ってきて休憩してたら

しばらくして本部がなんか騒がしい。

見つかったんかなと思ってたら上空にヘリコプター。

頂上付近でレスキューの人がぶら下がって降りてきて

誰かを抱きかかえて上がってる。

ああ、遭難の人見つかったんだ。これで俺らも解散だな

ヘリが本部前の広場に降りてきて

みんな注目する中、




ヘリからさっきのオジイが出てきました。




お前が遭難しとるやないかいコラ。








今日言いたかったのはそんな話では無くて


12月3日の東京コミコンに諸般の事情で出ることになっているんですが

ジェレミーレナーが来るそうなんですね。

A0003389-00.jpg 

ジェレミーレナーですぐ思い出すのは

ミッションインポッシブル、ボーンレガシー程度なんですけど

結構好きな俳優さんです。

今回東京コミコンは幕張メッセの9.10ホールだけですから

前を通ってくる可能性は十分にありうるわけでして

写真とってくれねーかなと淡い期待を寄せていましたが

友人からいただいた情報によると

写真撮影14000円サイン13000円。

ストリップ劇場の丸出しポラでも1000円やのに

それはあまりにも高すぎる。

まあそんなわけでシラーっと座って鼻でもほじっておこうと思います。



いや、今日言いたかったのはそんな話では無くて

朝お昼ご飯を買いに寄ったコンビニの

めっちゃ太ったおねいちゃんが店長に

「この季節になると膝が痛むんですよぅ」

と言ってて、

「痩せんかいや」

と返されていたことと、



昨夜偶然見つけた

FullSizeRender (5) 


このおねいさんがどなたさんなのか

誰か教えてくださいってことです。



とうとうすぐ近くに熊が。

一昨日は暗黒の登山イベント

昨日は心斎橋でライブイベント

ヘトヘトで出来るだけギリまで寝ようとおもっていたのに

朝から騒がしく町内放送が流れてきまして

なんやねんボケ、なんやねんボケ

なんやねんボケエ!!!!

と半ギレで聞いてましたら



うちの家の目と鼻の先で熊が出たそうで。



正確に言うとアタクシのウォーキングコースで出たそうで。



060723.jpg 


これはさすがにそろそろ犬を飼わないとと。

今週ワンワン牧場に行って来ようと思います。



こいつがいいな。

5bCRHl4pusXUG7b_kBhUW_56.jpeg 

その答えは「興味が無い」

今日はですね、なんとアタクシの忌み嫌う


教育論者の集まりの前で講演をせよと業務命令がありまして

10時前からその禍々しい会場へ行かなければなりません。

お前らみたいにサイコロ2つ投げて

「ほら1は二つでなかったろ!」

と喜ぶようなやつらが何を言おうと

俺は1のぞろ目が出るまで投げ続けるでと言い放ち、

机蹴り上げて帰って来られたらいいなと

朝から毛穴拡げております。



えーさてさて、

先日のF1の日本GPですが、

1014062.jpg 

鈴鹿サーキットの入場者数が過去最低だったらしいですね。

私、基本レースは好きですが

セナやプロスト、マンセルといった

強烈な個性を持ったドライバーがいた頃は盛り上がってましたね。

その後の盛り下がりの波に自分も乗ってしまったわけですが

そういえば。

そういえば最近の若い子たちの車への興味ってどうなってるんだろうと。

あたしゃ車もバイクも、乗り物が基本的に好きですから

次の車検が来たらアウディ売ってZでも買うか

なんてことを考えてました。

しかし職場の駐車場を見渡す限り

軽四かエコエコ車しか見当たらないんですね。

若い20代前半の男の子たちがそういうのにのって

まさに音も無くシューっとやってくる。

いや、否定なんかもちろんしません。

個人の価値観の話だし、地球環境に適した車らしいですし。

しかしそういえば街中でもあんまり元気のいい車を見る機会が減った気がします。


毎週末はゼロヨンだ峠だと一晩中車で走り回り

やれエンジンが飛び出た、やれタービン替えてくれ

やれインタークーラー前置きにしてくれ

やれコンピューターがアホすぎて排温が上がり過ぎてブローした

やれタイヤ焼きすぎて溝が無くなったネオバ4本入れ替えて

結局改造にローンローンで700万もつぎ込んで、

車と合わせて1000万近くも借金こしらえたあげく

売る時の査定が


80万円だった


とか。

そんな生活をせえとは言わんのですが

言わんのですが、

そういう車にのっていないからそうだと決めつけるわけではないですが

ああ、もう今のほとんどの子はそういうのに


興味すら湧かないんだな


とね。

F-1が面白い面白くないとかじゃあなく

レースが面白い面白くないじゃあなく

興味が無い。


ああ、そうか

だから変わってる俺は

いつも若い子たちに挨拶してもらえないのか

って思ってみた10月。



該当の記事は見つかりませんでした。