FC2ブログ

ハーデス666#4

随分と時間がたってしまいました。


いろいろ苦しい原型作業がありまして

それをまずは解決しないとなかなかこういう大きい人形は厳しい。

そうです、ようやく諸々解決しまして

なんでも制作日記のkenjiさんとのコラボ作品

ハーデス666の再開です。


えーFBとかではチョロリと書いてましたが

あまりに時間がたちすぎて表面のスカがひび割れてカスカスでしたので

一旦削り落としての再開です。

しかしまあ時間というのは結構大事でございまして

かつてよく言われたのが

「君はどうしてそんなに生き急ぐのか」

というお言葉でね。

慌てて慌てて作業を終わらせようとする。

それは完成という着地点へ一刻も早くたどり着きたいという焦りからなんですが

結局のところそうやって焦ると大抵大切なものを見落としておるもんでございます。

前回までの作業ですとハーデス様はスーツ姿でございましたが

半年たってみてみますと、あまり魅力を感じない。

個人造形の場合、

「欲しいものが売ってないから自分で造る。」

っつーことでございますので、

「自分が欲しいもの」

にしなければなりません。

そんなわけでハーデス様のスーツ姿はボツ。

で、どうすっか。

実は決めておりました。

imgrc0064577209.jpg 

これですね。

ダボシャツにダボズボンに雪駄。

テキ屋スタイルですね。

上半身裸でタトゥーもありかなあとか思ってますが

ひとまずテーマは決定です。

ファットボーイに乗ったアメリカ人のテキ屋のオッサンですが


全国どこを探しても売っておるまい。


ちなみにこのダボシャツは鯉口シャツとは別物で

鯉口シャツはめちゃフィットさせて着て裾はズボンに入れるが正しい。

外に出してダラリと着るのがダボシャツです。


では作業開始でございますが

まずは端を決めるとやりやすいのではと思っとります。

つまり頭、手、足。

ここをキッチリ決めておけばあとは決められた範囲内での作業ですので

骨格からの芯出しさえ間違っていなければ好きなように作業できますね。

えー今回の履物は雪駄でございますので

sim.jpg 

早速雪駄を造っていきます。

まずは雪駄の情報を集めます。

コーヒー入れて斜めに構えてマウスをクルクルする。

雪駄にも種類があり、履きこなし方もあるというのがわかります。

・かかとははみ出ている

・まっすぐに履かない

・鼻緒の奥まで指を入れない

・かかとはジャンジャン出ているほうがかっこいい

とまあそんなことらしいので

今回は鼻緒の支点が下がってる「坪下り雪駄」という雪駄の中でも特に粋なものをチョイスです。


とっとと大きさを1/6で割り出して

パスタマシンで引き延ばしたスカを切り出しします。

IMG_8361.jpg 

今回かかとを出しちゃう坪下り雪駄ですので

ソールのかかと部分は薄っぺらいままです。

厚みの違うものを2枚用意して切り出して重ねております。

IMG_8363.jpg 

くっつけてつま先をちょっとそらせて

オーブン170度20分。

IMG_8365.jpg 

焼きあがったらエポパテで人体の足の芯を作っといて

機嫌よく寝ましょう。


しばらくはハーデスネタが続きます。



スポンサーサイト

釣りは臭くてたまらんのに毎週行ってるその理由

昨日はバイク乗ろうと思いながらも


目の前の造形作業を終わらせなくちゃいけないなと

部屋でゴソゴソしとったんですが

どうも臭いんですよ。

先日からクサイネタ連投で申し訳ないとは思うんですが

何か非常にクサイ。

においの種類はもう明らかにオキアミなんですが

麻薬犬のように細かくクンクン匂いのもとを探っていきますと

こないだ釣りに着ていったダウンジャケットの左袖口でしてね。

もうコロスコロスブッコロスと大変ご機嫌を損ねておったわけです。


釣りをすると言いますと

イメージ的には生臭いにおいに強いというか

あんまり匂い気にしないと思われるかもですが

アタクシその辺は全く違いまして

釣りをやんのに匂いが苦手なわけです。

どのにおいが嫌なのかといいますと

まず撒き餌ですね、

811f1125187e576a91be71f59397c93b-500x375.jpg 

オキアミ。

クサイ。買うときは冷凍されてコチコチですが

融けてくると匂い全開です。

今回の袖口の匂いはコイツ。

そして

1_2017112707595614c.jpg 

集魚剤。

中途半端なオロナミンなんとかみたいな匂いします。

グレ用はマシでチヌ用になるともう暗黒デビルのような匂い。


じゃあ撒き餌しなきゃいいじゃないかと思われますが

魚の匂いもめっちゃ嫌い。

タイ系とかもう絶対触りたくない。

だって臭いから。

スッゲー臭い。

もう釣るたびにひそかに


ゥェェェェェェェェェ


ってなっとるんです。

グレの匂いに似てるって理由でフリスクの水色食べれんくなったですからね。

ボラなんか掛けちゃった日にはもう目の前黄色になってしまう。

だからよく釣った魚をおいしくいただきました

なんてのを見て、俺も食いたいなとは一応思うんですが、

このクサイのを触りまくって切り刻んだものを食べるってのが出来ない。


ここまで読んで

「じゃあお前はなんで釣りしてんだよ」

と思われたと思います。

自分なりに小一時間考えてみた結果、


単純に魚を騙して針に掛けて

必死で逃げていくのを捕まえるのが楽しい


ってことか。と気付きました。


・・・・。


悪いヤツですわ。






何がクサいのか分からない。

ようやく忙しい時期が終わり、


溜まった休みを消化できる時期になりまして

昨日愛すべきチャンモリと釣りに行ってたんです。

朝5時50分出船で。

IMG_8316.jpg 

釣果は二人でグレ40匹とか

いっぱい釣れて機嫌よかったんです。

で、15時に納竿しまして、帰路についたんですが

天気よくて窓開けて車走らせはじめましたらですね、

すごく臭いんですよ。

で、

この辺ややこしいモノ作ってる工場あったっけなあ

とか思いながらその一帯を走り抜け

高速道路に乗ったんですが、

まだ臭いにおいがしてる。

これは俺の前をずっと走ってるこのトラックだなチクショウ

くせえぞチクショウ

と思ってたら分岐でそのトラックいなくなりまして

ようやくあの匂いから解放だぜと思ったところ

まだ臭いんですよ。

限りなく便臭に近い匂いですよ。

こうなるともう匂いのもとは俺しかいないじゃないですか。

あれ、撒き餌が服についてたのかなとか思いつつ

高速降りてから信号のたびに自分の服をチェックするわけですけど

特に何かが付着している様子もない。

家に到着して着衣を注意深く脱ぎながらチェックしたけど

服からは何もにおいがしない。

おかしいなおかしいなと靴の裏を見ましたら



思い切りウンコ踏んでましてね。



特殊部隊も使用するタクティカルブーツの複雑なソールの溝に

ギッチリウンコが詰まってますわ。



もうね、もう

楽しい楽しい釣りがもう台無しですよ。

どこで踏んだのか全く分かんないんですけど

お願いだからやむを得ない事情で外でやっちゃった場合

赤い旗を立てるとかカラーコーンを立てるとか

警備員に立ってもらうとか

ご配慮ください。いやまじで。






薬局のサービスについてですね。


気を付けてはいたんですが

風邪などひいてしまいまして

喉が痛くて困ったなと思いながら過ごしてたんです。

しかし昨日朝起きたらつばを飲み込むこともままならんため

夕方仕事終わってから病院に行きましてね。

診察してもらって薬飲んどけと言われて

処方箋をもって薬局へ行ったわけです。

これ当然個人差があると思うんですけど

名前呼ばれて受け取り窓口へ行ったら

まずフルネームで確認しよるんですね。

そりゃあそうです、間違えたら大変ですからね。

で、次に

「どうされました」

って聞きよるんですよ。

きっと悪気はないし、たぶん薬局のマニュアルやと思うんですけど

聞くんですよ。どうしましたか?みたいなね。

「はあ、風邪で」

「症状はどんな感じですか?」

「のどがいたくて・・」

「熱はあります?」

「・・ないっす」

毎回思うんですけど

俺様はさっき目の前の病院でドクターに症状を打ち明けて

診察してもらって症状から判断された結果

この薬が必要だということで処方箋を書いてもらって

それを俺は今貴様に渡して医薬品を買おうとしてるわけで


なんでまた改めて症状説明せなあかんねん

お前に説明したら何かひっくり返るっちゅうんか。


黙って処方箋に書いてある

薬出して金もろたらええんとちゃうんけ。


いや、なんでアタクシがこう声を荒げているかと申しますと

いつぞやマジックスカルプ使ったところ

チンコが触ってもいないのに赤く腫れてすげえ痒くなって

女医さんにこねくり回された挙句

処方箋を書かれて薬局に行きましてね。

呼ばれて窓口に行ったら

もう薬入れる袋に
-----------------
ぬりぐすり

おなまえ 小川徹宗さま

ぬるばしょ 陰部

かいすう 1日3回
---------------------------
って印刷してあんのに


「どうされました?」

「ちょっとかゆくて・・」

「どの部分ですか?」

「え・・」

「かゆみは続いてます?」

「はあ」

「ずっとかゆいんですか?」

「はあ・・まあ・・」

「ふだんよく触られます?」

「・・・・」



よく触られるんちゃいますか!!!

しょっちゅうションベン行きますしね!!!!

ションベン行ったら支えますしね!!!!

夜になったらFC2動画(アダルト)見ながらいじくりまわしたりしますしね!!!!


よう触るんとちゃいますか!!!!!!


もうね、薬局のみなさん。

IMG_0675.jpg 

病院で十分診てもらって判断していただいてますのでね、

俺の時だけでいいですからそっと黙って薬出してもらえませんか。







どうしてそれを造らないのか

先日とある方とお話ししてまして


小川さんはどうして女の子を造らないのですか

そっちのほうが売れるじゃないですかと

おそらく聞かれたのは101回目になるんじゃないかというご質問がありました。

これは何度も書いてますが、

そのジャンルを否定するわけではなく、

あたしゃかわいい女子の人形にほんとに興味がないんです。

これがブスだと興味がある。

実際昨日の自分の作業机の上は、

お仕事原型を除いて

IMG_8222.jpg 

見事にオッサンの人形しか存在しない。
※ハーレーのトランプはでっかすぎなので退けてます


そもそも美少女フィギュアを造ろうとしても

顔面の面構成が理解できないので

眼球と頬のふくらみを塑像するのに丸1日かかってしまうありさまで。

以前カスタムペイント屋の社長に言われたんですが


「小川さんは醜いものを造るのが好きなんですね」


的を得すぎて笑っちゃいましたが

たぶんそうなんでしょう。


つまり、ご質問に対しての答弁をさせていただきますと

小川にかわいい美少女造形をやらせても

世界の誰も得しない

っていうのが理由でございますね。





急いでるんですみません。

最近どうも暗黒系の話ばかり書いているので


ちょっと穏やかな話はないかなと腕組んで思い出していたんですが

そういえば。

以前に書いたかどうだか忘れちゃったんですけど

女の人は乳首をコリコリされる場合

仰向けに寝てコリコリされるよりも

四つん這い状態で下からコリコリされるほうが

感度が飛躍的に向上するという調査結果(自社調査)がありましてね。

まあ全然どうでもいい話なんですがね。

ええ、どうでもいい。



なんとか今日1日フル回転したら

明日めっちゃ久しぶりの休日もらえるので頑張るんです。

そんなわけで急いでるんですみません、

ちょっと走ってきます。

ダウンロード 


エキサイティングな回答

昨日復帰した竹内君を車に乗せて出かけることがあったんですが


右の脳をやっちゃったせいか左半身に軽い麻痺が出てるんですね。

助手席乗りこむ度に左足まだ入ってないのにドアをバーンと閉めて

左足ドアに挟んで「ギギッ」っていうので

毎回乗せるたびに「左足!左足!」って言うたらなあきません。

「そのうち左足なくなるで」

って言うたら

「短かなってまうなぁ」

と笑う竹内君が好きですがみなさんいかがお過ごしでしょうか

今日は朝から通勤中、3台の車に突っ込まれそうになりました小川です。


先日アタクシが作業部屋でまだ終わっていないお仕事原型やってますと

廊下で嫁と上の娘が何やら話しているんですね。

聞く気はなかったんですが、

聞こえてきてしまったので黙って聞いてたんです。

ほな、どうも娘の彼氏の悩みのようで

クラスが違うのだがそいつが他の女の子へのボディタッチが多いと。

たまにクラスを覗くとほかの女と同じ椅子に一緒に座ったりしてて

自分的には考えすぎかと思ったがやはり嫌なのでやめてほしいんだけど

これはどう言ったら穏やかに解決できるものでしょうか

みたいな内容だったんですよ。

嫁がどう言うのかなと思ってたら


「ああ、別れんか」


といきなり世界を終わらせる選択ですわ。

そしたら

「もうすぐアタシの誕生日だしなあ」

「そういうのが一番あかんねん。

アタシはあんたみたいなことを平気でできる人が無理。

そういうの平気な人と付き合ってね。ほな。

これでええねん。」

「ええ・・・」

「じゃあ八つ裂きにする?」

「いや・・」

「あんた来年大学行ったらソイツがハナクソみたいに見えるとおもうで」

「ハナクソ・・・」

「ザクーっとやったったらええねん。真っ二つにしてもたり」


「わかった。ありがとう」



その後どうなったのかは聞いていませんが

真っ二つにされるシーンを見たかったなあとか

粘土をいじりながらぼんやり考えております。

2772b8d95e15762b0ab7ab3b5bf4ed5b_400.jpg 







あんたどういう神経してんだよと言われまして。

NO拘束竹内君が昨日から復帰しましたが


やっぱりちょっと喋りにくそうで

ああいう病気はほんとに怖いなあと思うと同時に

コロっと死ねる奴こそが本当の勝ち組だなと

改めて思うわけです。

みなさんおはようございますアウダーチェ小川です。


えー、さてさて。

世の中様々な方がいらっしゃって、いろんな考え方がございます。

もともと好かれるより嫌われることが多いアタクシでございますが

一応場の雰囲気には人一倍敏感でございまして

ヤバイ空気が流れはじめると即座に冗談を言って場を和ませようと努力してしまう。

これもうどうしてもそうなってしまう。

どうしてもそうなってしまう。

サガというやつです。

で、

先日のイベントでね、

TIMESに例を見るようなとある有料駐車場でトラブルがありまして、

駐車場側から渡された無料券が全く別の駐車場のものだったようで

50枚以上券配っててそれがもう完全腸閉塞になってしまっていたんですよ。

当然駐車場でパニックが起きているわけです。

慌てて対応して正しいものを送り届けさせて解放できたんですが

そこへうちの上司がムッツリしたおっさんを連れて来てるんですよ。

もうめっちゃムッツリしてる。

大方駐車場出られずに怒ってるくらいの想像はつくじゃないですか。

なので小走りに行って

「どうも申し訳ありませんでした、こちらが正しいチケットになります」

「ああそう、じゃあこの先に渡されたほうは?」

「ほんとにすみませんでした。それはもう役に立たないのでガムでも包んで捨ててもらったら」


「おい」


「はい?」


「ガム包んでってなんだよ!!!」


「!?」


「私は30分もこれ握って待ってたんだよ!」


「はあ」


「私はガム包む紙を30分も持って我慢してたのかよ!!」


「いえ、すみません、悪意はなく冗談のつもりだったんですが・・」


「どんな教育受けてんだよ!!私はねえ!!30分もこのガム包む紙を!!あああああ!!」


そこへ知らない人が通りかかると


「この紙はガム包む紙なんだって!この紙はガムを包むんだよ!!」


とか訴えはじめ

「あんた名前なんて言うんだよ!」

「はあ、オガワです。」

「あんたどういう神経してんだよ!!私はね!このガム包む紙を30分も持って・・・」


もうね、場を和まそうとしたことが

超裏目に出ましたよ。


ガム包んでっていうネタでここまで怒る人もおるのかと。

そこからまだ延々30分くらい

「私はこのガムを包む紙を30分」

と繰り返されて

こっちも


「申し訳ございません、おっしゃるとおりでございます」


とひたすら謝り続け

最後俺に


「人としてな!あんたはまったくダメだ!」


と宣告して帰られました。



それは知っとるからわざわざ言うな。


f3f56f7814cab8f5b44d03ea4b2ffe1d_400.jpg 


きゅうりを乙女に持たせましてね。

今日はほんまにつまんない話なんですがね、

先日若い乙女数人と調理実習をしなくてはないらないことがありまして

その時きゅうりが材料にあったんですよ。

ほんでそのきゅうりの下ごしらえで、

乙女は軽く皮を剥いて塩をかけてまな板の上でゴリゴリ転がして

「よし」

と。

で、いや待って、端っこ切ってゴリゴリしねえの?って聞いたら


「は?なんすかそれ?」


と語尾に「ばかじゃねーの」と付きそうな勢いで聞いてくるわけです。

俺のこの曇りなき記憶によると

小学校の時にやった調理実習で

俺を顔の形が変わるほど顔面叩いてくれた芝ブゥというオバハンは

端っこを切ってその切断面をゴリゴリすり合わせたら

白い泡が出てきてアク抜きができるからやれって言うてたんです。

kyuuri.jpg 


それを乙女に説明しますとまた


「は?なんすかそれ?」


と。

一応この乙女、栄養士ですからうかつに逆らえないんですが

しかし聞いたことは確かなので困ってましたら

一緒にいた乙女ゾーンを抜けたハイエイジ人妻が

「ありましたありました。ゴリゴリね、ありましたよ。」

と。

ほかの乙女どもは相変わらずアホを見るような目で見てますが

俺らはそのゴリゴリをこの年齢になるまで信じていたわけですよ。

それがどこかのタイミングで

文部科学省は闇へ葬りやがったということですが、



目の前の女が乙女かそうでないかは

きゅうりの端をゴリゴリするかせんかで判別できそうです。




神様が何を言おうとなさっているのか。

今日は暗黒イベントの片づけで朝から出勤しておりますが


こうすごく疲れてるのに眠りが浅いんでしょうね、

変な夢をよく見るわけですよ。

先日から意味ありげな夢をよく見てますが

昨夜の夢がよくわからない。

どんなんかといいますと、

なぜかアタクシと同僚の山本君、そして部下のチャンモリが

結構せまい風呂場にいまして

チャンモリが湯船に入ってて

動けないらしくなんか上下にチャプチャプチャプチャプしてる。

自分と山本君が洗い場にいてしばらくすると

かわいい女の子が裸で入ってきたんです。

で、山本君が

「おー、来たんかえー!するどー!」

いうたら乙女は山本君のほうにケツを向けて

サッカー選手の集合写真みたいなポーズをしまして

山本君が乙女の肛門をペロペロ舐め始めたんですよ。

俺はそれをじっと見てる。

チャンモリは湯船で動けずチャプチャプしながら

「なんでですかー!なんでですかー!」

とか言うてまして、

山本君がしばらく舐めたあと、

「よっしゃ!もうええやろ!次!ニーパオ!入ってこいや!」

いうてニーパオとかいう人を呼ぶんです。

ほんじゃ褐色の肌の南国系の男子ニーパオが入ってきまして

さっきと同じように山本君がニーパオの肛門をペロペロしよるんです。

うおーまじかよーって思いながらただ見てるだけの俺。

その後ニーパオが終わってからも知ってる女の子が何人か入ってきて

その行為は続いてたんですが、突然チャンモリが

「ニーパオがあかんすよ!ニーパオ!ニーパオが!」

とかいうのでニーパオを見てみると

肛門がクパァーと開いちゃって

中からテラテラした内臓がビュッビュッって血を吹きながら出てきてるんです。

scan-79.jpg 

ニーパオはタイルに頬をつけて青い顔になってて

山本君が

「どないしょんどえニーパオ!」いうて

その内臓の出たニーパオの肛門をペロペロペロペロ

もう山本君口血まみれで口を離すたびに

出てきてた内臓がダラーンってなるんです。


そこで目が覚めまして。


もう俺どうしたらいいのか。







該当の記事は見つかりませんでした。