FC2ブログ

今年最後の記事はちゃんと粘土のこと書くで

本年通常営業最後の更新でございます。


最後くらい粘土の記事でも書こうかなと思いますが

えー、現在本当にやらないといけないお仕事原型は

色々ありましてしばらく顔も見たくないので別室に蹴り込んで

しばらくは自身の安定のために好き勝手造形をやっております。

オッサンとよう肥えたねえやんをやってますが

IMG_1597.jpg 

ただいまのお気に入りは

ジェームズポッポというスパイ人形です。

20スケールの人形をやるときは最近

顔面スカルピー+体エポパテになってきてますね。

分割の時にエポパテだと切断面がしっかりしてるから好き。

スカルピーだと俺下手くそだからすぐモロモロにしちゃうんですよ。

ちょうど昨夜は分割作業でして

IMG_1610.jpg 

結局6分割。

大きくても抜いてもらえますけど、

できるだけ細かく分割したほうが

1つの型に多く入るのでね。

出来たらこの2体は1つの型で収めておきたいわけです。

絶対ずれちゃいけないところはブルーミックスで型を作っておきます。

超音波カッターでザクザク切って

あとは穴掘ってエポパテ埋めてレジン棒刺して硬化、

反対穴掘ってエポパテ埋めてメンタム塗ってぶち込んで硬化後引き抜き

毎回こんなのです。

使うマテリアルは

グレースカ、エポパ革命、タミヤ速硬化の3種類です。

芯材には木部用パテとアルミ線1mmと1.5mmを使っています。

年末には完成しちゃう予定ですので

みんなが買い渋る2月のワンフェス前くらいに配布になるかなと思います。

今年はこれで記事も終わりです。

FBとツイッタはしょっちゅうグズグズいうと思いますのでフォローミー。

ではみなさん良いお年を。






スポンサーサイト

アマゾンでお安いドローン見つけてな。

昨日オウコラ小川!と権力を振りかざす系の人が来られまして

ああめんどくせえなと思いつつ相手してたんですけど

左右の鼻の穴からホウキみたいに鼻毛が1cmくらい出てるわ

笑った時に歯と歯茎の間に歯垢の層がマカロンのクリームみたいについてるわ

ヒャッヒャッヒャッヒャと南米の鳥みたいな声で笑うわ

とにかく品がないわけですよ。

ああいうのを見るとああ、身だしなみには気を遣わないとなというより

俺がソープ嬢だったらこういう客来られるとキツいなあ

っていう心配をしてました。

みなさんお元気ですか。本日の更新です。



えーとですね、なんとか年末年始にスロ行かずに済むようにと

アマゾンで大人が遊べるおもちゃを探してたんですよ。

や、ブーンブーンなるやつとか、ウィンウィンなるやつではなくて、

や、ヌルヌルしてる筒とかでもなくて

大人が健全に遊べるやつをね。

ほな運悪く

hoshii.jpg 

こんなもんを見つけてしまってですね、

お値段が25000円くらいなんですけど

タイムセールで19999円になってるわけです。

これは欲しい。

これは欲しいとなるわけですよ。

まだその経験値が無いから。


で、ご購入画面ではあと7時間で時間切れ、

早くしないと元のお値段に戻しちゃうぜ?

って言うてやがる。

今までなら躊躇なくポチって早く来い来いおもちゃと寝てしまうところですが

ちょっと待て、お安い理由をちょっと調べよう、

ちゃんと調べてレビューとかちゃんと見て


一回落ち着いて考えよう


ってめずらしく慎重に調べましたところ

レビューで


10分で降りてくるじゃねえかゴラ


っていっぱい書いてありましてね。

おまけに


充電に6,7時間かかるじゃねえかゴラ


って書いてありまして

1日のうち10分しか遊べないわけです。

年末年始の休暇が

29.30.31.1.2.3の6日間ですから

1日10分として合計1時間しか遊べない。


これではこの1年かけて溜まりに溜まった

ドロドロのサツジン怨念エキスを浄化させることは難しい。

非常に難しい。

ああ俺の怨念の塊よドローンと共に天に還れ!というまさにその時

電池がありませんーいうて降りて来やがったりしたら

2万円くらいのおもちゃなら池に向かって全力投球する恐れもあり


泣く泣く見送ることにいたしました。


そんなわけで年末年始のおもちゃがまだ見つかっていません。



年末ですからバカみたいに車の量多いので交通事故に気を付けてくださいね。

昨日ビットコインをやろうかと書きましたら


お前はアホかいつの話してんだアホがボケがとご意見賜りましたが

テレビで見る年末ジャンボの宝くじを

電話帳2冊分くらいの厚みで買って帰ってるオッサンとかより

全然マシだと思うんです。

ただ、「あ、ビットコインもう遅いんだ」というのは分かりましたので

またなんか他のことでも探すとしましょう。

金がないぜこのやろう。



えー、さてさて。

年末になりますと気ぜわしくなるもんでして

路上でぶつかってペシャンコになった車の横で

携帯電話もってたたずんでいる方をよくお見かけするようになりました。

こうなってきますと、ああ年末だなと思うわけです。

1年の総決算を事故で終えるというのはなかなか悲しいものですね。

アタクシは自分が運転していて過去に何度か事故を起こしていますが

幸いなことに自分から激突していった事故はないんです。

ほぼほぼ向こうから突っ込んできなさる。

それらの事故についてはほとんどが軽傷で、

車きれいに直しておくれよくらいのもんです。

過去に助手席に乗っていて一度だけ大きな事故にあいまして

飛び出す絵本みたいになったことはありますが、

意識を失っていたのは事故直後の2,3分ですぐ覚醒しちゃいまして。

鼻の蛇口ひねったみたいに鼻血出しながら

フロントガラスから這い出て血まみれで119番通報したら

「とっくに聞いてるよばかやろう」

みたいな感じで言われたのを覚えてます。

ギャラリーの数がすごかったな。



や、今日は書けない日です。

書いてたら何か出てくるかと思ったけど

なんも出てこない。

すみません。


依存症ステージ4の俺らが乗り換えるとすれば

えー、あれですよ、アタクシとチャンモリが


ここに来て協定を締結したんです。

その名も

「パチもスロもそろそろ本気でやめましょう協定」

二人ともある意味ですね、

台の前に座ることで興奮するのではなく

安堵してしまうという

いわばガンでいうところのステージ4に来てしまっているわけです。

これはまずいよね、ほんとにまずいよね

というお話をしていましたが、

もはや依存症となってしまっているわけで

おもむろに「明日からやめるか」でやめられる問題ではない。

薬物依存と何ら変わらない状況ですから

今の脳汁分泌状況に変わる何かを始めなければいけないわけです。

こちらにつきまして

密かに散々資料を読み漁りまして、

・手軽にできる

・FXみたいにマイナスが出ない

・ある程度脳汁が出る

・投資額はお小遣い

これら条件を満たすものとして注目しましたのがこちら

SP-1609-221.jpg 

ボートレース。

いや、違う違う。

さらに加速してどうする。

こちら、

ダウンロード 

ビットコインでございます。

ビットコインとは何か。


よく知りません。


や、仮想通貨だということ以外知りません。

これからお勉強してみようかなと思うわけです。

俺の1万円が1000万円になったら


皆さんにご連絡いたしますね。



スロ依存チャンモリの代理人

昨日愛すべき部下のチャンモリが


なぜ負けても負けてもパチ屋に行くのかということで

職場の乙女も交えて議論になりましてね。

確か今月チャンモリの負け額は10万を超えているはずで

まあ凱旋、凱旋、ハーデス、凱旋とそんな選び方していると当然なわけですけど、

それに対して乙女は言うわけです。

「行かなければいいじゃないですか」と。

「行かなかったら今頃その10万円で好きな釣りの高い竿を買えてる」と。

「結局お金が減るのになんでわざわざ減らしに行くんですか」と。

最初のうちはチャンモリの代理人として

それは彼が狩りの好きな男だからだとか

投資額が何倍にもなるかもしれないからだとか

一応申し上げていたんですけど、

乙女は一向に納得しない。

どういうたら伝わるのかなと考えてたらチャンモリが



「あのね、目の前に水があったら飲むでしょう?」


「はい」


「それと同じなんです。」


「は?」


「のど乾いてて水があったらあんた飲むでしょうが」


「はい」


「その感覚なんですよ」


「・・・・。」



それを聞いてアタクシ、超名言出しやがったなと思いつつも

本人の代わりに

rikabari.jpg 

ここへ電話しないといかんなと思いました。

一刻も早く。



ブリだとかハマチだとか言うてましたけど

朝4時00分起床。

今日はチャンモリと釣りですわ。

サードアイから離島への釣りのお誘いを受けていた10月11月は

バカみたいに休日にイベント入れられ行けずじまい。

なので多分最後の釣り。

今回はグレではなくてルアーで根魚を狙おうと。

サードアイのチー兄が俺の目の前で釣ったあのゴジラみたいなやつを。

892F8CC7-8C66-4501-AC35-D7A65E364F63-11791-000002BD3AF3CCB8.gif 

これが普段通っている渡船屋の渡し場所なんですけど、

普段は5番でグレを狙っているんですね。

5番は工場からの温排水が出ているので

冬になると人気の場所になるんですが、

みんなチヌ狙いになるので、誰も根魚を狙ってない。

そいつらがオキアミを毎日餌付けのごとく撒いてるにもかかわらず

底が荒らされていないため

ひょっとしたら警戒ユルユルのヒラメとかコチとかおるんちゃうかと

渡船屋に行くまでに釣具屋で足りないルアーを購入ですわ。

5時30分にチャンモリと渡船屋で待ち合わせしてて時間どおりに到着すると

もうウキウキ顔のチャンモリが待ってますよ。

今日はハマチですよブリですよ言うてますわ。


で、店に入ったらカウンターになにやら紙が貼ってある。

えーとなになにー?


『本日は強風のため8番のみとさせていただきます』


ボケコラ、ボケコラですわ。


8番は春と秋はええんですけど、

12月になったら水温ダダ下がりで魚一匹もおらんようになるんですよ。

3月までくらいは死の海になるんですよ。

もう言うたら年末やっちゅうのに期待なんかできないじゃないすか。

どうしようかとチャンモリとちょっと相談したんですけど

まさかまさかの超マサカがあるかもしれんよな、

とシブシブ8番に上陸ですわ。

ところが季節感ずれてたもんで、

8番に送りあげられた時間は朝6時。

12月19日の朝6時は真っ暗ですわ。

デコライト忘れてなんも見えない上に

しょんべんしたらその場でツララになりそうな寒さ。

指がね、

寒すぎて痺れて動かないんですよ。

竿のガイドに糸が通せない。


日の出まで待ってると周りの人らは釣りを始めてますわ。

IMG_1516.jpg 


で、まあどうやったかっちゅうと

太陽の光刺して30分ほどガシラがパパパっと釣れて


早々に沈黙。


あとはもう俺ら

IMG_1526.jpg

ラーメン食うたりコーヒー飲んだり

もうキャンプですよ。

帰るにも船が来んと帰れんですからね。

やがて12時になりまして、渡船のオッサンがほこほこした顔で迎えに来ましたわ。

アホがボケがとつぶやきながら船に乗って帰るわけです。

で、荷物持って車に戻ってましたらチャンモリが


「小川さん、ワタシ、もうキレそうですわ。せっかくの休みやしスロ行って帰りますわ」


と釣れなかったことを理由にスロ行く宣言。

はいはい、がんばってと伝えて荷物積んで高速に乗ったんですけど

モヤモヤするんですね。

帰ってもすることないし(いや、いっぱいある)

チャンモリも行く言うてたし(チャンモリ関係ない)

まだ金あるし(年末年始のこと考えてない)

次のインター降りたら(やめとけ)

次のインター降りたら(やめとけ)

次の

チッカチッカチッカチッカ(指示器)


ほんまカスですわ。


ただね、ただね、

一つだけ申し上げたい。

出るか出ないか分からんスロ台を狙いに行くのも

おるかおらんか分からん魚を狙いに行くのも

原点は同じなわけで、


基本、狩りが好きな人間は


バクチが好きなんだと思うんです。



車のエアコンがクサイ原因は実はだな。

前に乗ってたアウディA4ですが、


ハンドルが座席に対して正対していない

エンジンオイルは1か月で空になる

ナビはダイヤルでギコギコ

洗車機通すとトランクがずぶ濡れになる

そして何より

エアコンから生理の匂いがする

というまさに暗黒デビル仕様だったわけですよ。

2万キロしか走ってなかったんですよ。それなのに。



で、そいつが最終的にお車中央管制室長がアホになってしまい

何を聞いても知らん知らんいうので

直してくれってディーラーにいうたら50万円とか言われて買い替えを決意して

売りに行ったら300万で買ったのに6年経ったら下取り16万円

っつー話は前に書いたとおりです。



で、予定外の車買い替えでしたし、他にもいろいろ要り用があり

次の車は予算100万円でなんとかして来いという御家の財務省からの通達。

100万で車って買えたっけ?と思いつつ

グーとかで調べてましたら軽とか中古なのに

普通に100万超えっつー嘘みたいな値段で売ってるじゃないですか。

なんとか100万で100万でと探してましたら

中途半端な年式のプリウスより10年落ちのゼロクラウンが絶妙な位置づけ。

で、3500のGパッケージがたまたまタイミングよく売りに出されていましたので

評価を穴が開くほど見つめて購入となったわけです。

で、まあその後は、後ろに何もないのにソナーが「志村うしろ!」っていう以外は

何も問題なく乗っていたんですけどね、

いや、正確には微かに気付いていたのかもしれないんですが

買って2週間を過ぎたあたりからどうもおかしい。

どうもおかしいんですよ。


エアコンが。


前のアウディの生理っぽいんだけど、ちょっと違ってて

なんて言うたらいいのかな

自分の過去の経験から言うと


ごっつ汗かく太ったオッサンが
2週間長靴とともに履き続けた指割れ靴下


みたいな匂いが送風口から出てるんです。

運転始めてしばらくしてからムモーンと漂ってくる。

鼻腔の奥を突き刺す感じがあってその言葉どおり


俺は顔を歪めるわけです。


うおお、くさい、と。

しかしまあ前のアウディで散々調べましたからね。

どーせエバポレーター10年洗浄してなかったんでしょう。

おまけにちょっと調べたらゼロクラウンのエバポはダッシュの奥から洗浄できて

前のアウディみたいにネジ50本ほど外して

助手席側を内臓剥き出しのデロリアンみたいにせんでもいい。

あーもう、チョロイチョロイ。

でもちょっと待って。

ちょっと待ってと。

納車時そんな臭くなかったのに

なんで2週間で臭くなるんですか。

前のもそうでしたやんか。

あれ、

これひょっとして

これはひょっとして車が原因ではなくて


俺が凄い臭いんか?


オイ、みんな俺と会った時臭かったらちゃんと臭いって言うてくれよ。


いやまじで。


もっと叩いて!もっと叩いて!と言われましてですね。

もうね、世間で絶賛されているカメラをとめるなっていう映画が

ようやくプライムビデオで出ましたので鑑賞したんですけど

酔って酔ってギブ。

乗り物は基本的に酔わないんですけど

映像系がもう全くダメで。

画面ぐらぐらしたら10秒でダウンです。

もうそうなったら「ううう、オエー」と3時間くらい回復しない。

そやのにVR買うとか先日意気込んでいましたがやめますごめんなさい。

部屋がげろまみれになってしまいます。



えーさてさて。

少林寺拳法に行きはじめてもうすぐ2か月になろうとしておりますけども

相変わらず楽しい。

で、よその格闘技をやってましたとか言うとややこしいので

あくまで格闘技未経験で通しているんですが、

ちょうどハタチくらいになったあたりの男子とかと組まされて練習させられるわけです。

(ちびっこ乙女たちに投げられるのはすぐに終わった)

ほんじゃその子たちもなんか張り切るわけですよ。

40過ぎた白帯のオッサンを


しゃあない、俺が鍛えてやるか


みたいな感じで

なかなか上から目線でのご指導なわけです。

で、基本的に少林寺拳法は当てないんですね。

いわゆる打撃は寸止めでかつ動きは約束されている。

で、ところがそのハタチくらいのポチャ太郎は

まっすぐに俺を見て「当ててください」と言うんです。

突然治外法権のフルコンタクトで

思い切り叩いてくださいとか言うんですが、

さすがに遠慮があるわけですよ。

なので遠慮がちに軽く当てると、

「いや!もっと!もっと強く!」

とか昔の劇画タッチのエロマンガみたいに言い始めるので

ほんじゃ遠慮なくいきますね、と

思い切り中段入れたんです。

なんかグーがグニューンってお肉の中に入りましたわ。

ほんじゃ


ムギー!って顔になって


「そ、そう!もっと!」


えええ?結構本気で入れたのに。

ほんじゃあ、遠慮なく。

オウリャー!バチーン

グニューン。


ムギィィィーー!!(表情)


「ギッ、そ、そう!強く!!」


オウリャー!ボチーン

グチューン。


ムギイイイイイイ!!!(表情)


「ギギッ、いい!いいですよ!」



「いや、俺がもう無理です!夜寝れません!」



いうてやめたんですけどね、

いや、途中この子ひょっとして勃起してんのちゃうかと心配になるくらい叩いたんですよ。


やっぱりあれなんですよ、相手が男でも女でも

痛いことをするのが苦手なんですね。

だからムチとか頼まれても無理で。(※過去ネタ「ムチ1」参照)

ところが縛るのが好きじゃないですか。

いろんな形に縛っちゃうのが。

だから拳法の柔法とか

関節技がたまらなく好きなので、


エロい関節技をこれから考えて


じゃんじゃん取り入れようかなと思っとります。


美人門下生募集。













貼るカイロの効果と裁判員裁判

色々悲しいものがありまして


以前から「食事」と「食べ物」は悲しいと申し上げてきました。

あとは「寒い」も実は悲しい。

「暑い」は全然大丈夫なのに「寒い」は悲しいんですよ。

まあ寝る前の妄想癖は今に始まったことではないんですけど

大体想像は思いもよらぬ事故とかそういうことなんですけど

大体自分が事故じゃなくて事故直後の現場に出くわすなんですけど

まあいい、いいんだそんなことは。


や、この時期にね。この12月とかにですよ。

ああもう今年も終わりだな、何とか無事に過ごせて新しい年を迎えられるといいな

なんてことを思いながら夜車を走らせていますと

前の交差点でなんか乙女用の軽とプリウスかなんかがぶつかって

両方もう噛んで吐き出したみたいになってるわけです。

軽くシューいうて煙も上がっている。

これは大変だと車を降りて出てみると

プリウスはオジイでですね、顔面血まみれだけど

向こうが飛び出してきたんだとか必死で元気に自己弁護している。

これはほっといても大丈夫だなと乙女専用軽を見に行くと

中でハンドルのエアバックに顔をうずめてダラーンとなってますわ。

こりゃいかんとドアを開けようとしますけど何しろ日本車ですからいったんぶつけると

もうドアは開きませんよ。だから窓から抱えて出すんです。

で、出してみたらこれが45点くらいのブスなんですよ。

こんな状況でも「ブスだな」と「乳はでかいな」くらいは一瞬思うもんでして

いやいや、違う違うと言いながらダランとなっちゃった姉やんに話しかける。

で、背中からも血が出てるっぽいのでジャケットをめくると


背中の真ん中に貼るカイロが貼ってある。


僕はもうダメですね。

もう号泣ですよ。


うううう、寒かったな、寒かったな、

今日は寒くて冷えるなあって思って貼ったんやな、

貼ってたらあったかいもんな、

今日もツボネ上司に理不尽な理由できつく当たられたよな、

家に帰ったらお母さんがあったかい料理作って待ってくれてたのにな、


ほんで助手席見たらツタヤのDVDのあの青い袋があったりして


家に帰ったら映画見よう思ってたんやな、ううう、

今日もしんどかったからゆっくりしよう思ってたんやな、ううう

で、くるっと振り返って


ゴッルア!プリウスのジジイ!!!


ってなっちゃうわけです。

まあ実際はプリウスのジジイは超安全運転でして、

乙女の軽がエグザイル流しながら大暴走で激突、

ジジイ全く悪くないかもしれない。

だけど背中の貼るカイロだけでこれだけ形勢が逆転してしまう。


下手したら裁判員裁判なんかだと貼るカイロで勝てちゃうかもしれないですよ。


だんだん訳の分からん記事書くようになってきたな。

ではまた来週。



原型師になりたいとおっしゃる方がいらっしゃいますね。

たまにメールいただいたりしてですね、


自分は原型師を目指しています!とか

熱い熱い胸の滾りを差し出してこられる若い方がいらっしゃいましてね。

僕はプロ原型師じゃあなくて、

自分の好きなもんを勝手に自分の都合で造って

たまにお手伝い的に商業原型をやってるだけの茶坊主なんですよ。


でね、確かに原型師で食っていきたいと思ったことも過去にありまして

結構真剣に考えてたんですけど、結局やめました。

今はもう商業原型師は全く選択肢にないし、

もう今は選択できる年齢ではない。



自分の生業を原型師にするということは

原型を作ってその原型代で食っていくということですよ。

原型師として大手メーカーさんに所属して給与としてお金をもらうのであれば別ですけど

フリーの原型師としてやっていくならば自分の造った数がその収入に反映される。

原型代って大きさにもよって色々だと思いますけど、

1個あたり5万くらいから30万とか50万とか上見たらきりがない。

またお仕事の依頼だってアイツを使おうって思ってくれるメーカーさんがいなくちゃならず

そういうメーカーさんと知り合う運や努力だって必要だし

いくら粘土が上手でもメーカーに嫌われたら土俵にも上がれないんですよ。

そして、商業原型って基本的に

何か既存のキャラクターを造ってくださいって頼まれるわけで

自分が別に造りたくもないものも生活のために造らなくちゃいけないわけです。

まずそこで「いや、俺粘土大好きだから気にならねえっすよ」なら良いですが

アタクシはもうそこで全然ヘラが進みません。

「なにこれオモンネー」

と全く愛が芽生えてこないわけです。

そこに憧れというとても大事な要素がない。

ここができる人は職人だと思います。

そして大事なことが。

それは、版元チェックっていうのがあるんですね。

いわゆるキャラクターの権利を持っている神様が

その原型の画像を見て、

こんなんじゃねえ、

ここが違う、

あそこが違う


全部違う


とか言うてくる。

ここをクリアしないと当然納品にはならない。

納品にならないのでお金も振り込まれない。

版元チェックに出しても1週間くらい返事返ってこない。

これが海外の版元だと1か月とか返ってこないらしいです。

で、言われたとおりに修正して画像を送る。

「違う」いうて返ってくる。

これをやってるとですね、あっという間に3か月とか4か月とか過ぎていくんですね。

3か月で30万円の原型のOKが出るとしたらですよ、

月10万円の収入ってことですよ。

そこから税金や保険代や食費や生活費を捻出しなければならない。

じゃあ3つか4つの原型を同時進行すればいいじゃないかと。

好きでもない興味もない人形をですか。


それをできる人が職人です。


職人は何を出してこられても眉一つ動かさず

そのモデルのとおりにハイスピードで仕上げてチェックに出し、

修正には文句ひとつ言わずに対応し、

すぐに直して提出。

これらを3つ4つ同時進行する。


これが職人です。



今名前の通っている必殺シリーズのような世の中の原型師さんは

これを当然のようにできる神のような方々です。

ちょっと粘土出来るからってなれる職業ではないんですね。


少なくともアタクシは今まで粘土を仕事だと思ってない。

あくまで主たる生業があって、楽しいと思える範囲で粘土している。

プロ原型師を目指す方々は、楽しい作家生活を夢見るのではなく

血の滴るような職人の凍てつく生活の覚悟が要りますけど

まっすぐに粘土が好きだ、俺は粘土が好きなんだと言える方はそのまま進むべきかと。


逆にアタクシみたいな性格の歪んだ、粘土が好きですねん

けど好きな時に好きなもんしか造りませんねん

みたいな先の曲がったまがいもんは絶対になれない職業です。


つまりプロ原型師って

粘土の世界では最も神に近い存在だといえましょう。

だからもっと崇めるべきなのです。






該当の記事は見つかりませんでした。