FC2ブログ

赤ずきんとジャイ子の話

赤ずきんっていうお話あるじゃないですか。


あれどうしても納得いかないんですよ。

なんか赤い頭巾をいっつもかぶってる娘さんが

ババァのところへ何かを持っていくんですよね。

ところがババァはオオカミにもう食われちゃってて

もうすぐ来る赤ずきんも食っちまおうとババァのふりをする。

赤ずきんはババァの家に行くんですが、

オオカミをババァと間違えるんですよ。

もうこの時点で一人でおつかいに行かせちゃダメじゃないですか。

ケモノと人間の区別もつかない娘さんですよ。

でもさすがに途中で気付いてですね、

オオカミが寝ている間に腹部を切開してババァを取り出すんだけど

ババァは咀嚼されて強力な胃液でもうドロドロですよ。

つーか切ってる途中でオオカミも痛みで飛び起きるやろと。

ほんで最後はおなかに石詰めて井戸に放り込んだとか

赤ずきんってだいぶヤバイ子だなと思うとともに


これはオカンがわざと一人で行かせたな


とか勘ぐってしまうわけですが

皆さんご機嫌いかがでしょうか。

本日は金曜日ですよ。


えーさてさて、

今まで見向きもしなかったスロ台でですね、

麻雀格闘倶楽部ってのがありまして、

準新台で先日朝から誰も触れていないのを見つけたもので

なんとなくちょっと回してみたんです。

そしたらですね、

images (7)

こんな感じで美女と対局しながら進むわけです。

麻雀だと桜井章一とか灘麻太郎とかは知ってるけど

今はこんな美女が麻雀プロやってんのかと驚きつつ。

徐々にテンパイしたりするとサブロッソーサブロッソーはよこいサブロッソー

とかだんだん麻雀のほうが楽しくなってきちゃって

当たったりしたら

images (5)

またこれが美女がズラズラっと出てきよるんです。

プロ雀士のくせに水着で出てきたりなんかして

もうオッサン、ハァハァいいながらレバーを叩くんですけど



一瞬見えたんです。



美女雀士の波の合間に

乳プリ、ケツプリの美女雀士の合間に



ジャイアンみたいな女が見えた。



この俺の目は見逃さなかったんです。

美女の群れの中にいたスイミーみたいなやつを。

こうなるともうだめですよ。

あのジャイ子に会いたい。

漫画家にならずにプロ雀士になったジャイ子に会いたい。

ただただその思いだけで回し続けること1時間。

出ました。

images (6)


オイオイもう最高じゃねえか。

嫌々着たんでしょうそのチャイナドレス。

ギャラがいいから出たのかな、

それともプロ麻雀連盟から無理くり出さされたんかな、

ジャイ子、出たかったんやろか、嫌やったんやろか

どっちやったんやろ、

いや、

どっちにしても


俺はテンションマックス。


ありがとうジャイ子。


で、この後手洗い場のブツッて千切れる手拭き紙に話は続くわけです。









スポンサーサイト



俺がこの世で許せないものをまた一つ教えよう。

この世で許せないものってまあ密かにみんな胸の中にあると思います。


ハートマンのように鍵のかかっていない箱もありますが

俺がもう、俺がもう、俺がもう許せないのがコレ

IMG_4007.jpg

手洗い場にあるあの手拭く紙をシャッシャッて出すやつ。

て洗うでしょう。

受けの上でピッピッってして

さあお手てを拭こうかと一枚つまんで引っ張ったら

指濡れてるから指の形に


ブツッ


ってちぎれよるんですよ。



イラッとして


ちょっと深く持って引っ張ったら

まだ濡れてるとこで持つからまた



ブツッ



ってなる。


で、頭の奥のほうでブツッって音がして


フンガアーーー!!!


ってなって2枚目を引っ張り出す。


あとジェットタオルってあるじゃないですか。

ぶおおおおおって手の水を吹き飛ばすやつ。

あれね、機械によっては

手の表面の皮ごと吹き飛ばすような勢いのもあれば

ひよひよひよっていつまでたってもそよ風なやつありませんか。


その風の中だと時間かかるから

機械の説明書きなんか読んだりしてると

最後は手をモミモミしてください

とか書いてあって

モミモミするんだけど

全然乾いてないから



ヌチヌチヌチヌチなるだけですわ。



結局濡れたまま退出ですよ。


あとな、

手かざすとピューって液体せっけん出てくるんはええけど


お前ら何倍に薄めてんねん!!!


シャッブシャブで泡立てへんやないかい!!!


ぎょうさん金払ってんねんから


原液で出せボケーー!!





昔の時代の資料漁ってると仕掛けられてる罠があってね。

近所のセブンのレジのオバハンがですね、


マニュアルかなんか知らんけど何を買っても

「このままでいいですかあ~」

って言いやがるんですよ。

なんか結構なオバハンなんすが

丸い眼鏡かけて真っ赤な口紅塗って

申し訳ないけど見ただけでイラッとするのに

この間アイコス二箱買って1万円払っても

「このままでもいいですかあ~」

って言いやがりまして

気の弱い俺は

「あ、ハイ。」

いうて二箱握りしめて歯を食いしばり若干潤んだ目で


もうこのセブンに来るもんか


と誓いましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

おはようございますアウダーチェ小川です。



えー、お仕事原型のほうで昔の服装を調べる必要がありまして

いろいろ資料をネットで検索していたんですが

その中ですごい心をやられてしまった画像があったんですよ。

それがこちらなんですが

IMG_3933.jpg

ああ、昔のお嫁入りかあと見てました。

このお嫁さんは親の決めた結婚相手と結婚することになり

ガメ山ガメ男のところへ嫁いできたんですよ。

何も知らない17歳くらいで嫁ぐんですよ。

ガメ山家のしきたりとかまだ知りませんわ。

自分の母親からは「よう言われること聞いてな」とか嫁ぐ日の前に言われたりしてね、

母上ありがとうとか思いながらガメ山家のものとしての生活が始まるんです。

嫁ぎ先のガメ男はこんな感じで

DxCoO7YV4AEXkcg.jpg

もう全然働かなくて、

乳を見せろだのちんこしゃぶれだの

カス中のカスみたいなやつで、

嫁をスレイブのように扱うわけです。

その母親もまたガメ男を作り上げただけにこれまたろくでもないババァで

ことあるごとに

「このままでもいいですかあ~」

って言うわ

火垂るの墓の西宮のオバハンみたいにごっつキツくて

嫁に秋ナスどころかご飯もちょっとしか食わせないんですよ。

毎日毎日ネチネチネチネチ意地悪な言葉で責めますわ。

生かさず殺さずみたいな感じで、

前夜ガメ男の折檻でクタクタになって朝ちょっと寝てしまっていたら

おやおや、よう寝る嫁さんやこと!

とか言われて飛び起きたりして

慌ててガメ山家の汚れ物を洗濯し始めたり。

それが

IMG_3946.jpg

これですわ。

見てください、この悲壮感に満ち溢れた顔。

もうヘトヘトですよ。

「もっと穏やかな生活を送りたい・・」って声聞こえますわ。

後頭部には軟球くらいのハゲができてますわ。

周りに誰も味方がいないんですよ。

ああ、わしゃもうだめじゃ。

今すぐ走って行ってこの娘を抱きしめてあげたい。


そして何より



あなたを造りたい。



あああ、お仕事原型で混んで来た時に限って

なんでこんな造りたいものが増えるんだろう。


自分的に今トレンド入り

週が明けてしまいましたね。


またお仕事をしなくてはなりませんね。

最近いきなりステーキというお店が自分のトレンド入りしてまして

肉を食べるのもそれはまあええんですが、

何が好きってお店の中にカット場っていう場所がありまして

そこへ行ったらカットマンがいるんですよ。

めっちゃかっこええ響きじゃないですか。

カットマン。

肉をカットするカットマン。

その人にお肉の種類とグラム数言うと

冷蔵庫から出してきた肉を目の前でスパーンと切ってくれる。

300言うたらチョンチョンチョンと肉にアタリをつけて

スパーン!と切る。

それをドチャっと量りに乗せたら


ほぼ300。


こちらでいかがですか?と聞かれるので

はいはいはいはいと返事するわけです。


個人的に変なものにすぐ興味を持つのですが

このカットマンが



今造りたい人形第1位です。



ミスタービーンみたいな顔したカットマンとかどうですか。


砂浜にこう書いてみたところ

昔、すごい好きな女子と季節外れの海岸に行ったとき


夕方ですごく海がきれいで

波の音だけが聞こえて

そこに彼女といることが嬉しくて

このまま続くといいなあと思いながら


砂浜に

images (2)

って書いたら



えっ、キモ!!!


キモい!!!!


めっちゃキモい!!!!



って言われて話してくれなくなったことがあります。



この階段を見るといつも思い出す

昨日流した映画ですが

ダウンロード

こちらを鑑賞いたしました。

タイトルからしても大方左のババアが死ぬんだなっつーのは分かってましたが

まあ評価も高いし見てみるかと。

ネタバレになるかもですのであまり書けませんけど

ババアかわいそう過ぎるです。

この家ババアが絶対出るぞと。

そんなことを考えてみてましたが

逆に言うと読み取れたのがそこまでっつー、

俺の脳もたいしたことないな。

なんとなく小さな黒いものを胸の奥に作りたい人は

ご覧になったらいかがでしょう。

あ、この家はババアが出るな。と思うはずです。


えー、はい、昨日夏休みで釣りに行っててね、

毎回行く渡船屋さんがあって、船で釣り場まで渡してもらうんですよ。

で、船を岸壁に押し付ける形で船長が

さあ降りるんだ、さっさと降りろ

ってマイクで言いなさる。

それを聞いてわらわらと釣り人は降りていくんですが

IMG_3883.jpg

潮の干満によって水位が変わるので、

渡し先の降りる場所の高さが変わるんですよ。

大潮のド干潮だったりすると右側の階段を使うことになる。

まあ我々初老と言えどもまだ足腰は弱りながらも動けます。

けど引退したじい様とかね、結構やばいんですよ。

フカセ釣りって荷物が多いんです。撒き餌がいっぱいあるし。

オキアミ3キロ、集魚剤3キロ、これで6キロのバッカン、

で、飲み物や氷の入ったクーラーボックス、

ほんで釣り竿やリールの入った竿ケース。

それを両手に持って竿ケース肩にかけて登らなければならない。

波が穏やかだといいんですけど、

ザッポンザッポンしている中で船グーラグラングラン、

よよよ・・よよよよ・・・ですわ。

オジイにしたらもはやヘルステップ。

階段を後ろにひっくり返って落ちてくるのはしょっちゅう、

昔この状態で冬の海に落ちたジイサマを2人見たんですよ。

今みたいにライジャケ無かったら乗せねえぞとか言わないから

無課金ユーザー状態で海に放り出されるわけですよ。


落ちたオジイをみんなで網ですくったりして助けるんですけど

落ちたほうはもうすごいへこみますよね。

いっぱい魚釣って帰ろう、妻が喜ぶぞとか思って

少ない年金から渡船代払って餌も買って

釣った魚が傷まないように氷も家で作って

スーパーのレジんとこにある薄いナイロン袋に入れて括って持ってきてますわ。

仕掛けもおんなじのをずっと使ってるからヨレヨレで

大体竿の第1ガイドが折れてますけどこれでもいいわって思いつつ


楽しい楽しい釣りに来たはずが。


横波によってひょろつき海へ墜落。


大きい声でタスケテエー!言うてますわ。

とっさに出された玉網を掴むも、

あれ柄が伸びるから


シュポシュポシュポシュポ伸びちゃって


ガボガボガボガボ

犬のようにワチャワチャしてたら船長の投げた浮き輪につかまってギリギリセーフ。


当然釣りもせんとほかの人らを降ろすのに付き合って

港に戻って家に帰るわけです。

とまあいつも

IMG_3883.jpg

この階段を見るたびにそんな涙の物語を思い出してしまうのです。



その5万のために何をやればよろしいのか。

昨日夕方にまあまあ仲の良いアオタ君と喫煙所でお話をしていたんです。

気が付けば40代も半ばを過ぎて

そろそろ老後のことも考えておかないといけないよねと。


まあ先日テレビを賑わせていた老後のための貯金2000万円とか

若いころは気にもしなかったことがだんだんと心配になるわけです。

で、アオタに先輩風ではないですが

うちの職場ほど辞めた後、つぶしの利かない職場はないからな、

いつ辞めてしまってもこれが出来るっていうのはグリップしておくほうがいいよ

と言いましたところ

アニキは粘土があるからよろしいやんか!

人形つくれるからよろしいやんか!

探偵やったって知り合いおるんでしょうが!

俺なんもありませんやん!!

道で旗振るしかないんですよ!!

って怒りはじめましてね。


いや、まてまて、お前簡単に警備員いうてるけどな、

俺の現場でいつも見てる道や駐車場の警備員大変やで?

冬極寒やわ夏灼熱やわ、しょんべんしたくなっても好きな時に行かれへんねんで?

しょんべん交代要員来てくれんともう大変やねんで。

おまけにほれ、今まで涼しいとこにおった奴が60超えてから

ほな仕事辞めて金無いし警備員でもすっかゆうて現場に出てみ、

1時間で景色紫色やがな。

1日もてへんがな。

大学生のアルバイトに

「コラ新人のオッサンちゃんとせんかいや!」

っていじめられて

だんだん現場でみんなに無視されるようになんねん。

使えんオッサンや思われ始めてんねん。

ほんでそのうちフルメタルジャケットみたいにみんなで石鹸入れたタオルで

ボッコボコにやられんねん。

警備員が間違いやと言うてるんじゃない。

警備員を簡単に考えるなと言うてんねん。

夏の警備員て暑うて死ぬからどんどん人数減るんやいうて専務泣いてたがな。

そもそも警備員ならっていう安易な考えをしてる時点で

お前のつぶし利かない度は90%を超えてるで。


と、ここまで言うたら




・・・ほな俺何したらよろしいのん?




知らんがなw

だから今のうちにそれを探しとけ言うてんねん。


images (1)


この赤字の5万円をとりあえず何とか出来て

お前にも出来るその何かをや。



とまあそんな話があったんですが

生きにくくなってきたことを嘆くよりも

とっとと次の段階に備えを進めましょう。

自分で何とかせんと誰も助けてはくれません。




最近はドラマばっかでしたが、ちょっとググッと来た映画

最近素直に面白いなと思ったのが


1B39408B-A59C-49D6-8E87-3F4D6BDF3ACD-6738-0000070830F0EFF5.jpg

映画プレデターに出てた犬。

これは正直嬉しかった。

そうよ、それよ!って。

映画自体はたいして面白くはなかったんですけど(個人的な感想)

この犬で帳消しですよ。

映画流していますが、なかなか記憶に残った映画が

kamome.jpg

アマゾンのあれでずっとおすすめと出てきてたのに

なんやねん食堂て。と観なかった作品。

これもあくまで個人的な感想ですけど

演者にしてもストーリーにしても

見始めて早々に引き込まれて

なんていうか「どうかお話終わらないで!」と願ってしまうレベルでした。


ほかに最近観た映画は

aruite.jpgasama.jpgbich.jpgchichi.jpgdetoroito.jpgeye - コピーhakobi - コピーhanochi.jpgjhoni.jpgkisyuten.jpgkuuki.jpgmanbiki.jpgnavy.jpgpafekuto.jpgpapa.jpgpurede.jpgsekai.jpg

といったところです。

最近はむしろ映画よりBULLっていう法廷ドラマが面白くてそっちをシーズン続けてみてました。

bull.jpg

まあいい、いいんですそんなことは。


今回言いたかったことは



かもめ食堂が期待を裏切る面白さだったということだ。



面白そうだからやってみたいこと。

私が忍者の末裔であることはあまり知られていませんね。


とか言うと外国の方は喜ぶらしいですね。

以前古い文献を調べてくれた方がいらっしゃって

小川一族は衣笠一族と岐阜県から今の土地に流れ着いて

村を作ったと書いてあるのを見せていただき、

ご先祖から代々引き継いできた小川家も

メスしか作れなかった俺の代でいよいよ終わりかと

なんだか申し訳ないなあと思っておるお盆明け。



えーとさてさて。

覚えていらっしゃいますかね、

IMG_0008_20190816082420f23.jpgIMG_9448.jpg

遅刻乙女なんですがね、

こいつをプラモデルに出来んかなあと密かに前から思っていましてね。

というのもいまだにガレージキットの再販要望多くて

でもまた抜くにはお値段高すぎて無理。

で、最近国内のそういう方々と知り合いましたので

クラウドファンディングっていうんですか、

あれどうかなあとか思ってます。

まあ金型のお見積り次第ではありますし、

タミヤさんの許可が貰えるんかどうか分かりませんけど

まあ面白そうだから途中まででもやってみようかなとか。

どうですか。

IMG_3828.jpg

エヘ。



美味しいコーヒーの淹れ方を教えてもらいました。

もうね、一昨日の午後体が動かなくなって


意識が遠のいてきていつもの安い飯屋で飯食いながら落ちそうになって

あ、これはあかんようになってきてる、

これはもう体が信号出してるって思ったので

昨日お休みを頂戴しました。

この夏イベントを始めてから7年が経ちましたが

7年前から明らかに身体の劣化が見られます。

オジイになってきているのをひしひしと感じつつ

早くやりたいことをやってしまわないと


もう時間があんまりないな


と思っております。


えーさてさて。

その俺様のヒットポイントをガンガン削ってくれたイベントでですね、

唐揚げやビールやっていろいろ出てたんですけど

こっちは仕事できていますので酒を飲むわけにもいかず

閑古鳥の鳴いているコーヒー屋さんに行ったんです。

せめてアイスコーヒーでも飲もうかなと。

まるで生ビールかよというようなお値段のアイスコーヒーを注文いたしましたところ

コーヒー豆をざらざらっとミルに入れて挽いてくださる。

おお、ペットボトルじゃなかった!と軽く安心いたしまして

のどが渇いていますが続きの作業を眺めるわけです。


次に挽いた豆を別のカップに入れて

何やら重さをはかっていらっしゃる。

ああ、なるほど、配分がな、大事なんやな、

よう知らんけど美味しいコーヒーの淹れ方やねんなと。

そしていよいよお湯を注ぎ始めたんですけども

その、なんつうんですか、

ミルミルに付いてるストローみたいな先っちょのやかんみたいなので



チョイー・・・



と入れて待ちやがるわけですよ。

161129_micafeto01-720x540.jpg
(※実際には画像のやつの半分くらいの細さ)


チョイー・・・

チョチョチョ、チョイー・・・


そやから当然ながら下には



・・・ぽった。・・・・・・・ぽった。



ですわ。

全然お汁が落ちてこないんですよ。

こっちはもうデスバレーで干上がっているオッサンですからね、

はよ飲みたいわけです。

一刻も早くそのオアシスを飲み干したい。

ポッタポッタと落ちていくコーヒーを眺めながら切望する。

そやのにオッサン、

おいしいコーヒーへのこだわりかどうか知らんが


チョチョチョイー・・


オチョチョー・・・


って感じでものっすごい遠慮しながら注ぎやがる。

もう脳内ではあまりの渇きからヤカラになった俺様がこう叫んでいますよ

「ちょっと貸せ!俺が淹れる!!!」

と。

ふるふるしながら待つこと5分、

ようやく所定の水位までコーヒーが達したようで

ぱこっと外してカップに移す


と思いきや


今度は氷と一緒にくるくるくるくる


くるくるくるくる


くるくるくるくる


くるくるく・・・



もうええやん!もう十分くるくるしたやん!!

はよしてくれ!

お前らテントの下やけど、こっちは真夏のサンサンお日サンに焼かれてんねん!

早く!!!

で、気が済むまでくるくるしたおっさんが

カップにチャーって入れて

にっこり笑って

「はいお待たせ」

って渡されたんですけど

野獣のように奪い取って



ゴッキュゴッキュと4秒で飲み干しました。



美味しかったかどうか?



知るかそんなもん。




該当の記事は見つかりませんでした。