FC2ブログ

「真空引きレジン流しのプールはガムテープで出来るはずがダダ漏れ」の考察

2019年最後の記事になりましたが


実はアウダーチェは造形ブログだったと皆さんご存知でしたかね。

9割意味の分からん記事続きですが

今年最後の記事は造形関係で締めくくろうじゃないですか。


えー昨夜ツイッターで軽く盛り上がっておりましたが


「真空引きレジン流しのプールはガムテープで出来るはずがダダ漏れ」

IMG_5546.jpg

がテーマでございます。

なぜこの問題が起きたのかについて

たくさんのご指導ご意見をいただきまして有難うございます。

で、洗い出しで出た大きな課題としては

①シリコン型の角の反り返りをカット

②粘着力の高いテープに変更

この2点でした。

②については実は養生テープでやるとか死をも恐れぬ行為だったわけで

皆さんのおすすめは布ガムテープ、幅広セロファン、幅広マスキングテープ。

布ガムテープが手元になくて、

触り心地から何となくマスキングテープ選択。

IMG_5549.jpg

グリコのキャラメルばりにテープで包んで流してみましたところ

漏れませんよ。漏れません。

真空かけて放置してテープ剥がしますと

IMG_5554.jpg

おお、流れている!

流れているが

IMG_5555.jpg

隙間多い。

型が広いから板当てがいるなあと。

ただ、4つ抜けてくれたらいいだけなので

ほぼほぼ目的達成です。

パーツチェックしましたが

IMG_5558.jpg

ええ感じ。

キャスターも軸まできれいに抜けております。

クリスタルチェアーいいじゃねえか。

年末年始のいい遊びができました。


とりあえず年内のブログはこれにて終了、

年末年始の小川の遊びはツイッターとFBにて随時書きますので

暇で暇でどうしようもない人はフォローミー。

ではみなさんよいお年を。


スポンサーサイト



ポンコツ邸がお寺だったので除夜の鐘について聞いた

さあクリスマスも終わりましてですね、


もう後は年末を迎えてお正月を迎えて

新しい年に突入するわけです。

この年末年始はたぶん酒飲んで干物食って寝るだけだと思いますが

うちのポンコツの事故車のほうがですね、

自宅がお寺さんなんですよ。

ただ本人はお経の一つも知らないっていうまあ別にいいんですけど

そういやお前、除夜の鐘ってやるのかと聞きました。

77_ext_01_0.jpg

そしたら、「ああやりますよ」と。

「毎年手伝いやらされます」と。

「ほほう、お手伝いとはあれか、108回数える係か」

「ああ、うちはテキトーです。」

「は?」

「全然数えてないです。」

「え?」

「気分でやりますからね、150回くらい叩いてると思います」


そんなんでええんかい。


「ほなお前、今年はガキの使いが面白くなかったとかいう理由で5回だけにしようとか」

「5回だとばれますからね、もうちょっとやるんじゃないですかね」


そんなわけで田舎のお寺の除夜の鐘を数える行為はやめましょう。


あいつらテキトーに叩いています。



おもちゃ王国サードアイと干物とアラジン

来年度にまたちょっと気が狂ったようなイベントをやったろうと思っていまして


バイクディーラーさん関係を回ってましてね、

その流れでサードアイにも寄ったんです。

o0480036013849913071.jpg

個人的にはバイク関係のイベントでサードアイは外せないから。

で、いつも忙しいので予め電話してから行ったんですけども

なんていうんですかね、

サードアイはアタクシにとっておもちゃ王国なんですよ。

お店はカスタムペイント屋さんで

俺が塗ってもらったつーと前に乗ってたブレイクアウトのリヤフェンダーだけなんすが

このお店にペイントが目的で来たことがほぼほぼ無い。

兄弟でやってはるんですけど、

話が面白くて毎回来てるわけです。

今回はそのイベントのことで行ったんですけど

イベントの話は「いくいくー」で正味1分で終わり。

後は釣りの話。

で、そんな中干物の話になりましてね、

「小川さん、干物好きなんやね」

「好きですよ、あれはおいしい」

「実は干物の秘密兵器を見つけてやね。」

でた秘密兵器。

サードアイに来ると毎回出てくる何かの秘密兵器。

遊ぶことに全力サードアイ。

それがこちら

IMG_5498.jpg

ロースターつうんですよ。

トースターではなくロースター。

「これで干物焼いたら外がパリッとなって中の汁が漏れないのでジュワッジュワよ。」

そんなん聞いたらもう無理ですよ。

お土産の干物もらっちゃってニコニコ笑いながら

夕方に

IMG_5501.jpg

近くのジョーシンでご購入。

6000円くらい。

何しろ次の日千葉県は勝浦のクミラ水産から

超おすすめの干物が届くからだ。


で、昨日いよいよ干物が届いていましたよ。

キンメダイ、アジ、サバ。

ロースター始動したわけですけど

IMG_5520.jpg

両面をビシッと焼くので表面がパリ。


IMG_5523.jpg

中のおつゆが外に漏れない。

なのでめちゃめちゃジュウシイ。

もともと旨いであろう勝浦の干物が最高級の仕上がりでご登場。

今まで炉端焼き器で焼いてたんですけど

とにかく煙がすげえ、部屋は豪グサ、

肝心のおつゆはダダ漏れ

なんてありさまでございましたが

このロースター、


匂い漏れ無し。


タイマー付きでチンいうてくれるので安心。


洗うのもパコパコっとカバー外れるので簡単。


なにより炉端焼きマシーンの数倍はおいしく出来上がる。



まさに秘密兵器。



勝浦の干物とロースター、最強の組み合わせ。



ちなみに地元の同級生の会社が作ってるアラジンっていうトースター。

40301046-01.jpg

別に気にもしてなかったんですが

サードアイ曰く、

これで焼いたパン食ったらもうそれ以後普通のトースターのパンなんぞ



食えん。



とのこと。

買うしかないやろ。

まあそんなことで楽しいおもちゃ王国サードアイでございました。









RPGの世代格差

ゲームというのはいつの時代も人気でございますね。


今はもうスマホのパズルしかやっていませんが

こんなアタクシでもゲームはやっていた。

特に好んでやっていたのがドラクエ、FFなどのRPGでして

ドラクエⅡの衝撃はなかなかのものでした。

ご存じのとおり小学生の時はファミコンを買ってもらえませんでしたので

やがてある程度金を持ってきて自分で本体購入して狂ったようにやりこんだわけです。

で、先日ゲーム好き乙女とRPGについてちょっとお話する機会があったんですが

「セーブが面倒くさい」

などと言いよるわけです。

セーブが面倒くさいと。

ちょっとまてコラですよ。

俺と同年代の方は分かると思います。

セーブにどれほどの神経を注いでいたのか。

必死でダンジョンで戦って画面黄色になってふらっふらで教会にたどり着き

神父に話しかけ、復活の呪文を教えてもらう。

それを『復活の呪文ノート』に書き記す。

翌日ゲーム再開するぞとその復活の呪文を一文字ずつ入れていく

e7d2e9d4.png

復活の呪文ノートを見ながら入力していく。

そしたら出てくる

じゅもんがちがいます

もうね、

前のめりに倒れるしかない。

大きい声で

「うそやん!うそやん!うそやん!」

と叫び、縮んでゆく毛穴を感じながらもう一度確認しながら入力する。

じゅもんがちがいます

ね。

あの画面黄色にして潜り抜けてきた苦労がまさに水泡ですよ。

それが自動でセーブされるようになったとき

どれほど俺らは喜んだか。

リセットボタンを押しながらスイッチを切るとかルールはあったが

復活の呪文ノートは不要になったわけです。

そんな歴史を経てきたのにセーブが面倒くさいとは貴様なめてんのかと。



で、ひとしきり文句を言いましたが話は続く。

戦闘中に4人のコマンド入力がどうのこうのと言うので

「みんながんばれ」ちゃうんかいと申し上げたところ


「は?」


「ん?みんながんばれでええやんけ。レベル上げの時はガンガンいこうぜとか」



「うそやん!!あれ使う人がおったなんて!!!!」


「え」



「信じられへん!!!!!ショックヨ!カルチャーショックヨ!」



まてまてまてまて待たんかい。

もともとずっとコマンド入力して来て

それがドラクエⅣで初めてAIが導入されて

俺らは、いや少なくとも俺は

なんて便利な世の中になったんだと、

それからはボス戦以外はずっと「みんながんばれ」やがな。

と説明したんですが


あんたはロールプレイングゲームを全く楽しんでいない!


と一蹴されてしまいました。



みんな使うやろ?

「みんながんばれ」使うやろ?

「ガンガンいこうぜ」使うやろ?


o0320025012010907798.png





趣味に対する絶対のルールとお勉強について

人間何かを始めるってのに遅いなんてことはないわけです。


俺だって今からフィギュアスケートを始めようと思えばできる。

別にやりたくないからせえへんだけでな。

ちょっと前にうちの職場のある偉い人(オッサン)が聞いてくるんです。

小川よハーレーってやっぱいいか?と。

ハーレーはいいと思うし、いいと思うから4台目のハーレー乗ってんだけども

その偉い人にバイクのイメージが無いんですよ。

なので大型二輪免許持っていましたっけ?と聞いたら

いや持ってないのだが、もうええ歳になって来たので

乗れなくなる前に乗っておきたいなあと思うんだ

なんてことを言いなさる。

まあバイクなんて趣味のもんだから、絶対のルール


p6.jpg
「口は出さない」


は守る。

話はそれますがバイクやバイクのカスタムに限らず

車であったりガンプラや造形の作品に対し

「なんじゃこりゃ」「ここをこうすりゃいいのに」と心の隅で思っても絶対に口にしてはいけない。

その人が自分なりに考えてこれでいいと思ったものを晒しているわけですから、

どんなに丁寧に疑問投げたところでそれは作者への否定でしかない。

「じゃあお前が自分のでそうせんかいボケ」って思われるだけですからね。

特に昨今、女性モデラーや女性造形師が増えましたが、

彼女たちに「教えてあげよう」的なのは論外です。

これは趣味に対する絶対守らなきゃいけないルール。



そんなわけでバイクについては黙っていた。

ほんで1か月経った先日、

「おう小川」

「はいはい」

「大型二輪免許取ったぞ」


まじか。


これは非常にうれしい。

非常にうれしいがここで注意。

気分的に同じものが好きな人が増えた感から高揚するが、

このバイクがいいとか、これがかっこいいとかかまっちゃいけない。

自分の考えを押し付けちゃいけない。

なので話をつなぐために

「どんなバイク買おうと思ってるんですか?」

と尋ねる。

「やっぱりハーレーがええな。前にごっついカウル付いたやつ」

「なるほど。ハーレーは人気ですね。(ストリートグライドですねとかはあえて言わない)」

「ハーレーっていいか?」

「僕は好きですね。国産には無い面白さはありますね」

「そうかあ。」

これ以上は言うまい。これ以上は言うまい。

ご本人が好きなものを選ぶがよろしい。

聞かれたことだけに答えよう。

「ハーレーは高いんやろ。お前のタイプは100万くらいすんのか?」

「え・・??お安くはないですね。ご予算どれくらいですか?」



「そうやのう、今80万くらいは出せるで」



あ、真っすぐこっち見てる。

オッサンが真っすぐこっち見て答えを待ってる。

haley.jpg



「お前先に値段くらい調べてこいや」
とは口が裂けても言えない。



「も、もうちょっと要るかもですねえ」

「まあ週末店行って気に入ったら買うわー。100万くらいは要るかもなあ」



「気に入るのがあるといいですね~」



多分年明けにレッドバロンあたりで騙されて

凄い古い国産の100回くらい転倒して

フロントフォークとハンドルが明後日の方向向いて

軸がくの字型のアメリカンに乗っている気がしてなりません。

もちろんそれはそれで間違いでは無いですが

やっぱり趣味は趣味で


やるならそれなりの
お勉強っつーのは大事です。





冬の寒さとブレない西部劇

寒い寒い冬になってしまいましたね。


こうなってくると非常に困るのがバイクです。

IMG_4796_20191220081714043.jpg

バイクは気持ちいい、面白い。

しかし大敵が気温でございます。

夏は走っている間はええけど、信号で止まると灼熱地獄、滴る汗。

しかし

しかしだ諸君。

この気温一桁の極寒状態になってしまうと

走り出した時、体感的寒さは実際の気温よりもはるかに低いわけです。

かつて元気だったころはジャンパーひとつ羽織ってぶっ飛ばしていましたが

もうさすがにあかん。

震えあがってしまう。

凍えて意識が遠のく。

そこで登場したのがヒートマスターつうね。

以前はヒーテックとかいう名前でしたがユニクロに負けたとかでお名前変更。

それがこちら。

heatechpagetop.jpg

バッテリーにコードが繋がっていて

スイッチ入れたら10秒で服の中は常夏になる。

あとは半キャップにグラサンだと冷風にさらされ

肉が引きちぎられるような痛みの後

感覚がマヒしてしまい笑うことも困難になるわけですよ。

なのでそこはフルフェイスのヘルメットでカバーする。

まあ冬はこれで完璧になるんですね。



さてここで思い出していただきたい。

うちの先生がフリーウイラーに乗ってまして

三輪だからヘルメットいらない。

おまけにほら、俺にとってこれは馬だとかなんとか言うてましたよね。

西部の草原を走っているイメージなんだとか。

で、もうさすがに寒いでしょ。電熱ウェア着たらあったかいですよって言うたら


「そんなもんお前みたいな軟弱者が着る服じゃ」


とか言う。

顔面はどうですか、もうさすがにフルフェイス・・


「別に寒いとか思えへん」



・・・。

好きにせんかいな。


で、先日むちゃくちゃ寒い日にたまたま走っているところを見たんですが


アメリカ西部地方-銀行-強盗-写真館イメージ館__k14209059

こんな西部劇の銀行強盗みたいな格好で走ってました。


どんなに気温が下がっても

西部劇を貫くブレない姿はある意味尊敬に値しますが

その前に


バンダナを口に巻いてるあたり



ほんまは凄い寒いんやろな



と。

無理せんでええのに。







釣りの費用対効果をちょっと斜めに考えてみたんですけども。


昨日ツイッタで軽く触れたんですけどね、

や、釣り好きじゃないですか私。

よく行ってますわね。


たとえばですよ。グレを釣りに行こうとしましたら

釣り道具は1000歩譲って計算に入れないとして以下の費用が掛かります。

渡船代1,500円

撒き餌V9の3kg800円

オキアミブロック800円

刺し餌オキアミ500円

自分の餌1,000円

釣り針とかハリスとか場合によっちゃウキとか買いますけどあえて無視して

渡船代と餌で4600円も使うわけですよ。

ほとんど海に向かってポイポイポイポイ投げる土とエビですわ。



じゃあルアーはどうか。

メジャクラのジグパラ40gで700円くらい、

ミノーとか買ったとして1個2,000円です。

どっかに釣りに行く前だとなんだかんだ買いますわ。

ワームもなんだかんだ買いますわ。

あっという間に5,000円くらいスコッと使いますわ。

ほんで往復2000円払って離島に行きますわ。

さあ釣るで、ゴジラみたいなん釣るでと2投目くらいで

底のなんかわけのわからんもんに引っかかってびくともしませんわ。

700円のさっき買ったジグは2投で寿命が尽きるわけですよ。

ほんで次の2投でまたさっき買った新しいジグよさようなら。

ついでに言うと引っ張ってライン切ろうとしたらリーダーとPEの結び目で切れてますわ

ほなまた座ってフワフワフワフワするPEを咥えてFGノットですよ。

夜やったらPEなんか見えませんよ。風吹いてヒヨヒヨヒヨヒヨしますわ。

下手したら10,000円くらい使ってますよ。


餌ならなんぞ5cmのガシラでも釣れるでしょうけど、


ルアーとか平気でボウズ食らいますからね。


10,000円使って一晩中釣ってボウズですよ。

帰りヘロヘロでクーラーボックスに入っとるんは

自分のお茶だけですよ。

どないやねんと。


それがですね、

こないだお魚市場ででっかいヒラメがおったんで

一匹丸ごと刺身にしてもろたらなんと


2,000円ですわ。


もうね、もうびっくりしてもて。

えええ、そんなんでええんですか!ですよ。

ワシ、海に投げるエビや土に5,000円払ってましたんやで、

それでも5cmくらいの食べるとこあれへんガシラ1匹とかでっせ、

2,000円でヒラメ売ってくれて、まだ刺身にまでしてくれてんかいね!!

あんた神様かいね!!

ですよ。


そんなわけで今市場にはまってしまって

ほぼ毎週生け簀におる

IMG_5278.jpg

コブオに会いに行っております。

今週はアコウと車エビにしようかね。


ああ、釣り?


当分行けへんのんちゃうかなあ。









先週日記すっ飛びすみません。

今まあそういう時期でもあるんですが


本業がバタバタしていまして、

あんまりネタを考える余裕がないもんでブログが一週間飛んでしまいました。

えー、週末に空いた時間でちょっとバイクに乗っていつものショップへ行きまして。

Uターンもチョロくなってそろそろ次のカスタムをとか思って

ご相談しに行ったわけです。

通常ツーリングモデルの場合よくあるのがハンドルをグニっと上げるやつですが

B90EAEBC-35EB-4E7E-B631-4E6B9F5F72D5-518-00000056445DD06C.jpg

ロードグライドにはいまいちピンと来ないので聞きたかった。

次ハンドル行こうと思うけどどうよと。

ほな速攻返ってきた答えが

「ロードグライドでやったら触覚みたいになるからな。」

おっしゃるとおり。

言われたのは

全体を見て気持ち悪いとこでまず大きなカスタムせなあかんと。

ハンドルやフットボードやミラーやこまごましたのをすんのもええけど

あれやってたらあっという間に100万くらい使ってしまうけど

見た目どこが変わったんかわからん。

ロードグライドは前輪が小さすぎて事故ったんか?みたいにフォーク立ってるから

一番最初に前を23インチに、そのあとサドルバッグとリアフェンダー、

ハンドルやなんやさわんのは最後にしときと。

俺みたいなあほな客が来てハンドル言うてたら

はいはいハンドルね!ハイ10万円!って言うとけば金儲かるのに

そこをいや違う、こうしないと金ほかすことになるでと

くそ真面目に言う。

前輪のインチアップしたら結局前後のホイル交換、

前フェンダーも交換して塗装、トリプルも変えることになり

80万くらいかかるわけですけど

ハンドルじゃミラーじゃストレッチカバーじゃフットボードじゃってやってたら

それくらいあっという間にいってしまう。

普段金使わんかったらめっちゃ愛想悪いけど(使っても愛想悪いけど)

金をちゃんと使おうぜ、っていう真面目さが好きでね。

愛想悪いけど(しつこい)この人を信じたいと思ってしまう。

嘘つかないお店って最終的に儲かるようになってんだなと。

まあバイクに興味ない人にはどうでもいいお話でした。


えーさてさて、

この週末いやいややってた十年ぶりのプラ作業ですが

IMG_5438.jpg

これね。

そこまでディティールにこだわってるわけでもないし

俺のプラ技術じゃここが限界。

今週末には椅子を複製して4つにします。

この暗黒麻雀倶楽部、メンバーはもう決まっております。

まあ年末年始は今年長いのでゆっくり造っていくよ。


ある日突然破裂した同級生

中学校の時にですね、タカマツっていう名前の社会の教師がいまして


見た目からか生徒は全員彼のことをオソマツって呼んでたんですよ。

教師っていうのはまあピンキリでいろんな人がいますが

悲しいかな自分は今までに信頼を置けるような教師という人間に出会ったことがなく

思春期を通して暗黒の記憶しか残っていない。

なのでどちらかというと「次に出会ったら殺す」くらいの感情しか持ち合わせていないんですね。

で、そのオソマツがですね、

社会の授業で北海道のアイヌについてっていうところで

なんだか自分が北海道にまで行ってアイヌの人に会ってきましたとかいうて

なんかラジカセを教壇の上におきまして

「今から本当のアイヌの方にインタビューしてきたので聞いてもらいます」

いうて再生ボタンをポチっと押した。


ザーザザザーピピー、ザザーっですかザザザー

ピピーーザザーというザザッザザー

そのみザザザーピーーーザッザザザー

ザザザザザーピピピーーーことですザザザーーー


ってもうなんのこっちゃサッパリわからん。

ザーザーいうとるだけやがなっていうのをふと思い出しつつ



今日の本編を思い出したのでまあ聞いてください。



中学校の時の話ですが同級生にマッセというのがおりまして、

まあもともとは少し面白い普通の子だったんですが

いっこ下にとんでもないチンピラがおりまして、

親父は覚せい剤で服役中で家もなんだか戦後の焼け跡に建てたみたいな家でね。

目が合えば手あたり次第喧嘩吹っ掛けるみたいなのがおったんですよ。

それがまた筋が通ってないやつでして、

そのマッセが気に入らんのかずっと絡むわけです。

視界に入ると絡む。

オウコラ、と。

で、それが随分長い間続いたんですよ。

中学生って狂うじゃないですか。

一番不安定で狂う時期ですよ。

高校になりゃまだマシだけど中学生は狂う。

で、あんまりにもしつこくやられたからでしょうね、

フツーの子だったマッセがある日突然カバンから鉄パイプ取り出して

完全に狂った目をしてスッタカスッタカ歩いて行って

そのいっこ下のややこしい奴を鉄パイプで遠慮なくボッコボコに殴っちゃって

大げさではなく血まみれにしちゃってですね、

「俺の勝ち」

みたいな感じでマッセが

すがすがしく太陽の光を浴びている


みたいな事件が起こったんです。


数年前にそのマッセと出会いましたが銀髪にして

ピカピカ光る金属をいっぱいつけて2tダンプに乗って

「よう」と手を振ってました。


俺思うんですよ。

マッセも頭悪いわけじゃなかったんですよ。

中学っていういっちばん不安定な時期に

ああいう気が狂った奴に目を付けられてしまい

執拗なまでの嫌がらせを受けて

思いつめて思いつめて

とうとう破裂して大暴走してしまった。

本人もかわいそうだと思いますが、ご両親も正直相手が相手だけに

タダではすまなかっただろうなとか心が痛むわけです。

もしあんなキチガイに絡まれていなければ

順調にそこそこの高校に進学してそこそこの大学行って

今頃まあまあの企業の結構な地位にいたかもしれない。

別に目立っていたわけでもないのに引き寄せられるようにキチガイがやってきて

毎日毎日絡んで嫌がらせされる。

望んでいたわけでもないのに。

こればっかりは本当に運がいいとか悪いとかだなあと。


同級生が今何やってんのか興味ありませんので同窓会にも行きませんが

人を殺して服役中とか

変な宗教の勧誘をずっとしてるとか

もう死んだとか

いろいろ聞いたりします。

みなさんの記憶に残る暗黒事件はございませんか。






ひとつ追加だ追加。

たまにテレビに出させていただいているんですが


たいていロケグループのディレクターってのは

比較的撮影対象のこちらに気を遣っていただいているので

感じの良い方が多いんですね。

ところがですね、

タレントとかが現地レポートでついてくる時があるじゃないですか。

あれが結構曲者でして。

いつだったか売れっ子芸人コンビが来たんですけど

性格悪いと噂されてる小さいほうが

噂にたがわぬ性格の悪さというか感じの悪さだったとかね。



で、一昨日もテレビの収録があったんですけど

その番組のアナウンサーみたいなのが来たんです。

もう顔見てすぐ性格の悪さは感じ取ったんですが

カメラ回っている間はすごい元気でいい人を演じていて

カメラ止まった瞬間に切り替わる。

こっちに対して


なんだこのゴミは


ですよ。

冗談でも大げさでもなくほんまにそんな態度ですよ。

カメラ回ってる時以外はずっと女とLINEですわ。

ロケバスに乗せられて移動中も俺とディレクターが

内容について話していてもずっと知らん顔で


女とLINEですわ。


カメラ止まったらすぐ表情が変わって



女とLINEですわ。



愛想せえとは言わんが

ロケ先の情報を少しでも聞いて頭に入れようとか思わないんかなと。

大体仕事中ちょっとでも手が空いたら


女とLINEしとる奴なんぞ信用出来るかい。


そんなわけで

世界で許せないものの一つに

ホストみたいな恰好で愛想悪くて

時間の隙間にずっと女とLINEしているやつ

っつーものを付け加えさせていただきます。




該当の記事は見つかりませんでした。