FC2ブログ

半日断食っていうの流行ってんのかね

毎日毎日怒っているイメージが強い小川でございますが

ふと気が付くと最近はあんまり怒っておらず

気付けば穏やかな日々を過ごしています。

そういえば先日人間ドックでもうそろそろ痩せないとしばくぞ的なことを言われて

チャリを購入してただいまチャリ通勤しているわけですけども、

もうひとつ実は実行していることがあるんです。

人間ファッキンドックは1泊なので、

夜にはデリヘルでも呼ばない限りすることが限られてくるんですね。

で、近所の本屋に行って何か本を買ってきて

それをビール飲みながら読んで寝落ちするというパターンが近年多くなっているんですが

何の本があるかなあとうろうろしていて目についた。

大袈裟なほどにコーナーを作られたそこに

「半日断食」

という本がずらりと並んでいるわけです。

なんやねんそれと思って手に取ってチラリと読んでみますと

どうやら


朝食わない

昼食わない

夜は食う


というやつ。

なんか活動時間である昼間に8時間空腹時間を作ることによって

うんたらかんたらよく分からんが

痩せるだけではなくあらゆる病気が治癒するとか


嘘つけオマエー


と思わず言ってしまうような内容でありましたが

この本の並び様は尋常ではない。

ならばやってみよう。

半日断食+チャリ通勤

これで3か月やってみて結果を見ようじゃないか

なんてことで始めたんです。

チャリは6日間、

半日断食は7日間経過



1キロしか落ちてないんだが何か間違えたか。



今からよな、きっと今から落ちてくるんだろ。


半日断食の本を買おうと思ったんですが

結局買ったのは

IMG_8075.jpg

和田ラジヲの絵にやられたぜ。




スポンサーサイト



ファイナルデッドモノレール

はいはいどうもお疲れ様です。

本日のアウダーチェでございますよ。

先週ヘタクソzbrush似顔造形動画をアップしましたんで

気にもならんが一回くらい再生回数上げといてやるかという

優しい参拝者さまはクリックお願いいたします。

また、チャンネル登録などしていただくと半年に1回くらい

どうでもいい動画がアップされるかもしれません


えーさてさて。

昨日諸般の事情でとある公園に行ってたんですよ。

お仕事関係で確認したいこともあり

また、結構山道を歩くこともできる。

で、現場に行きましたら駐車場には結構車が並んでて人気があるようで。

モノレールで山頂まで運んでくれて、山頂から歩いて下山するんですよ。

何の予備知識も無しだったもんで、

フラフラとモノレールの方に行きますと

中から小太りのお姉ちゃんが出てきて

「のりますかあー!」

と叫んでくるんです。

なんかわからんけど乗らなくてはいけないような義務感が湧いて

「ハイ」

と答えてしまってモノレールに乗ったんです。



モノレールって聞いてたんですよ。

小さい赤子も乗ってますわ。

家族臭漂うウキウキワクワクモノレールやと思ってたんですよ。

ほなね、急に角度を変えて山の斜面を登りはじめまして

その角度がですね、大げさではなく

images (1)

こんなんなんですよ。

この滑り落ちる方を登って行ってるんです。

それが延々続くんですわ。

こんなもんなんつうんですか、

ギアの一個でもポロンと取れたら

後ろ向きにゴオオオオオって落ちていくじゃないですか。

和気藹々と笑っている親子もろ共あの世行きですよ。

モノレールではなく完全にファイナルデッドコースターですわ。

この重度のHSPの脳は、この次の瞬間にはストッパーが外れて

ブッホーーーーー!とモノレールは自由落下のスピードで滑り落ちていき

麓駅のゲート突き破って壁に激突、

俺らは全員この箱の中で


images_20200928152814202.jpg

こうなってしまう。


こうなってしまう。


こうなってしまう。


こうなってしまうぞ!!


maxresdefault_202009281528170e4.jpg


と叫びそうになった時、


IMG_8061.jpg

この赤子がさっきまで機嫌よかったのに

急にめっちゃ泣きだしまして



俺は赤子と言葉以外でのコミュニケーションが出来るぞと自信を深めました。



さあ、次は宇宙と交信だ。

ゲームオブスローンズを2周したわけですが

あんまり頭良くないもんで、


ゲームオブスローンズを理解するのにすっごい時間がかかってしまったんですよ。

ダウンロード

そもそも登場人物が多すぎて覚えられない。

これ何かに似てるなあと思ったらあれだ、zbrushだこのやろう。

覚えること多すぎるのは脳細胞が半分以上死んだ俺みたいな初老にはきついんだ。

覚えてるのはサーセイが素っ裸にされて民衆の前を歩かされるシーンで

「辱めをー。カランカラーン。辱めをー。カランカラーン」

o0600033413469914830.jpg

っつーとこだけやって、

それでもシーズン7まで見終わってから

すっごい引っ張られるのに、なんかほとんど意味わからんかったから

もう一回見ようなんてことで再鑑賞。

やっぱり面白い。

面白いぞちくしょう。

登場人物多すぎやし主人公何人もおるから

なっかなか覚えられへんけど面白い。

で、2周目、最終章のシーズン8を課金しながら見てますが

覚えているのは

taga.jpg

デナーリスが乳丸出しで火の中から出てきたシーン。




結局、乳しか覚えてない俺はカスだなあと思いました。



Wi-fiがクソ遅かった理由

昨夜自宅で焼け爛れたケツを労わっておりますと


友人のD氏がまた新しい動画を作ったので見れやとLINEを送ってきてくれたんですよ

でね、見ようと思ったら画面に待ってねサインがくるくるくるくるして

まったく再生されない。

IMG_8025.jpg

実は先日、家のwifiルーターがあまりにも遅いし

距離も全然足りないので、キーボード購入時に

超強力世界最強というような宣伝文句のバッファロー様のルーターも買ったんです。

で、そいつを繋いでからスマホでのyoutube再生速度が

地獄の遅さになったんですね。

パソコンについてはど素人ですから

またか、またかよまた分かんねえよ!と

とりあえず最初に疑ったのはこの世界最強のルーターだったんですが

待てよ待て待て、そもそもうちに来ているeo光さんの回線は

ほんまに光なのか?このクソ田舎に光は届いているのか?

というところから疑い始めてしまい、

改めてプロバイダ契約のプランを確認しようとですね、

書類を探したが見つからない。

出たぞ必殺のB型ズボラ処理。

ウェブサイトからマイページにログインもできないので

仕方なくお電話ですよ。天下のeo光様にお電話です。

ほなかわいい声の姉ちゃんが出たのでお伺いすると

小川様のご契約は1Gプランですのでビンビンの回線が行ってますよと。

ではバッファローのルーター様がご機嫌斜めでござんすかね?と聞くと

技術のものにお繋ぎしますね、てなことでつないでもらった。

電話口には若干早口の昨年のポンコツ部下を思い出させるしゃべり方の兄ちゃんが出て

今の状況を説明しますとですね、

では回線速度を見てみましょうと。

ほな1Gの回線が来てるのに表示されたのは



44Mbps



「44って出てますわ」

「おっそいですね。おっそいですね。」

数回おっそいですねというた兄ちゃんは

次にあれを開けこれを開けとテキパキと誘導してくれるんですよ。

もうこっちは2手前に何を開いたかすら覚えていない。

ほんじゃ一つのことが分かりまして

「その世界最強のルーター様なんですが、AとGがありましてどっちと繋がってますか」

「Gです。」


「それですね、Gはクソですからね。Aにしてください」



「Aが見当たらんのですが」



「そんなバカな。あると思うんですが」


「Gしかありませんわ」


ほななんかまたデバイスマネージャー開けとかあれやこれややったんですが

結局出てこない。

ところがスマホの設定見たらAが出て来とるんですよ。

「スマホはAがあったんでつなぎます」


「ああ!やっぱりね!Aです。Aにしてください」


「あ、なんかアンテナ表示がビンビンになったよ!」


「ですね、ただお客様のデスクトップはGしか拾わないクソかもしれませんからメーカーに聞いてください」


「分かりました。ちょっと聞いてみます。ありがとう」



なんてことで、次は天下のDELLさまにまたお尋ねですわ。


「えー、DELLさまDELLさま、先日買ったデスクトップですが、Gしか拾わずAが見当たらないんですがどうしたらよろしいでっか。教えてくだされ」



ポワンポワンポワンポワーン



「おお下民どもよ。お前のPCはそもそもGしか拾わない仕様じゃぞ。」



2.4GHzで頑張るしかありませんので、

今日クソLANケーブル買って帰って直繋ぎにしたろうと思います。








ロードバイクというものを購入するに至った経緯

まあ分かりきったことではあるんですが、


人間ドックでお前はもっと痩せないとダメだといわれまして

ああ、そうだな、痩せなきゃなあと思いつつも

特に何をするわけでもなく漫然と過ごしてましてね。

で、連休はハーレーに乗ってフラフラしてた。

で、誰もいないパーキングに停まってトイレに行って

ふと鏡に映る自分を見たんですよ。

映った自分を見て


minikui.jpeg


と素直に思ってしまった。

なんて醜いんだ俺はと。

一度ガリガリになってたのに

気を緩めてからはブクブクと太り、

先日は全国ネットのオンエアでその姿を晒し

自己管理の全く出来ていない



怠惰の塊じゃないかと。



何であんな場所でそう思ったのかはわかりませんが

ひどくへこんで家に帰ったんですよ。

へこみすぎて頭ボーっとしちゃって。

で、さて、どうしたもんかと。


何かを始めないといけないんですよ。

しかしこの重度のHSPのアタクシが続けられるものは何か。

痩せるといえばですよ

真っ先に思い浮かぶのがジムとかですよね。

ところがね、教室系はダメなんですよ。

決められた日の決められた時間に行って2時間とか

「勝手に決めてんじゃねえよ」

って思ってしまう。

そもそも平日の夜とか、俺の造形の大事な時間を削ることになる。

そういえば一昨年、1年間少林寺拳法に行ってましたが

火曜木曜土曜の19時から21時までなんですよ。

指導する側もですね、大親分はまあいいとして

現場の代理人みたいなのがなんか嫌な奴だったり

少林寺拳法って小さいころからやってるやつが多くて

高校生のお前絶対彼女おらんやろみたいなブサ男に

見下された説明受けたりして


「もういい」


ってなったわけです。

えらい上から目線で申し訳ないですが、教室系は無理。

次に思い浮かんだのが

ウォーキングデッドですよ。

デッドはいらねえ。ウォーキング。

しばらくやってましたけど

進まないじゃないすか。

テクテクテクテク。

なにしてんねん俺と。

景色はめまぐるしく移り変わってほしいんですよ。

えらい上から目線で申し訳ないともう一度言っておこう。


で、チャリンコという選択肢に行きついたわけです。

最近よく見るじゃないですか。

車道の端っこを走ってて車で追い越そうにも対向車線から車きてて

ああああーー!!もう!!ってなる

松ぼっくりみたいなメットかぶって走ってる

ロードバイクっつーやつですよ。


チャリ屋ではクロスバイクにしときなはれと何度も言われましたが

ガノーっていうお値段的にもお手頃で

「ラオウ」

みたいな響きが気に入ってこいつがいい。

そして何よりあんまり安いのを買うと飽きても痛くないと思ってしまう。

なのでそこそこのお値段のこいつを購入。

IMG_8017.jpg

今朝からチャリ通勤始めたんですが



早々にケツが破壊されました。



なんなんですか、ケツの根元が大炎症起こしてますよ。

サドルがまるで岩のようですからね。

たぶんもう皮がめくれてお肉が出てきていると思います。


チャリ乗りの人に聞くと、最初だけですぐ慣れるといわれましたが


ほんまですか?


帰りも乗らなあかんのですけど。



まあまあ「もういらん」と思っとるんですけど。









人間ドックと黒にんにくの効果

さあ人間ドックが終わりました。


今回何を楽しみにしていたか。

結果ですよ。

結果を楽しみにしていた。

何故なら半年食い続けたあのクソ不味い



黒にんにくが俺の体を浄化しているからだ。



今日胃カメラもすんなり終わって

いよいよ結果公表タイム。

呼ばれて診察室に入りましたよ。

俺のレントゲンとかエコーとか内臓とかいっぱい貼られてますわ。

禿げたドクターがいろいろ丁寧に説明してくれるんですが

はやく、早く俺の血液検査の結果を教えてくれ

血はさらさらになっていただろう!


「えーっとそれから血液検査の結果ですがー」


はい


「どろどろやねえ。

コレステロール値とか中性脂肪、


もうそろそろ薬飲んだ方がええかもやねえ」



あ、あの、半年黒にんにく食ってたんですが・・・


「ん?ハーッハッハッハw

効くのアレ?でもこの結果見たら


効いてないみたいよねえwwww」




とまあそんなわけで、

実はコレステロール下げるために豆乳も投入してましたが

すべて何の効果も得られておりませんでした。



見事に黒にんにく教の信者になっていたわけですが

本日をもって脱会いたします。


ボケ。



人間ドックと鉄板焼きのカースト制度

昨年ね、大腸からの出血が見つかったので


今年も人間ファッキンドックに来たんですよ。

泊ドックなので夜はホテルにて泊まるんですけど

夕食がついているんですね。

ホテルのレストランでのお食事が。

で、毎回そのホテルの中の複数あるレストランのどれかがチョイスされるんですが

今迄ずっと中途半端なもんしか並んでいないビュッフェスタイルのとこばかりで

一度たりとも鉄板焼きのお店が当たったことが無かったんです。

で、今回フロントでチェックインしますと

夕食券ですって渡されたチケットが

まさかまさかの鉄板焼きでして。

軽く小躍りしますよ。


ところがなんか但し書きされてるんです。

「17時30分から18時の間に来ないと食わせねえ」っていう。

まあしょうがないじゃないですか。

鉄板焼きですからね。

前でシェフがジュウジュウ焼いてくれる鉄板焼きですから。

黙って言うこと聞いて17時30分にパチ屋の開店のごとく入りますと

まだ俺一人。

おお、貸し切りだと思ってたら、すぐ後から白髪のオジイがオバアと入ってきた。

ここでふと嫌な予感がしたんです。

俺ら人間ドック班はドックコース付いているオプションの食事ですけど

このクソ平日に鉄板焼きに来るような

横に座った夫婦は金も時間も余っている上流階級じゃないですか。

臭い香水の匂いをぷんぷんさせたババア付きですわ。

やたらシェフも愛想がいい。

いつもご愛顧いただきまして的なあいさつなんぞしてやがりますよ。

で、姉ちゃんが来て別料金になりますがお飲み物などいかがですかって聞かれて

言わねえわけにいかんなとおもって生ビールを注文。

やがて俺と老夫婦の生のお肉が運ばれてきましたわ。

老夫婦、厚底サンダルみたいな肉が運ばれてきましたよ。


俺もウオ、マジかと期待しますと


俺の前に置かれた肉、


フリスクのケースかよみたいな大きさで

もやしに隠れてほとんど見えないんですよ。

シェフもですね、老夫婦の前ではにんにくチップスをガッシャンガッシャン焼いてますが

俺のほうはスプーンでざらざらっと皿に入れただけで

フリスクのケースみたいな肉は鉄板の上にピトっと置かれてほったらかし、

老夫婦のほうの栃木レザー財布みたいな肉をペッチンペッチンなんかやってますわ

切ったりひっくり返したり。

俺のフリスクケースは置いたままですわ。

ずーっと置いたまま。

やがて老夫婦のお肉が焼けたようで丁寧に皿に置いてもらいよりまして

ああ、そうだそうだ見たいな感じで俺のフリスクケースも

かるーく裏返して焼いて皿に置かれた。

真横に座ってて歴然としたこの差、


カースト制度のようなこの格差。


それでもそのお肉を楽しむか、と食ってたら

ソフトボールくらいの量のもやしをボエーっと皿に入れられ

もはや俺のお肉はどこに行ったのかすら分からん。

必死でもやし食ってお肉を発掘、

もう帰ろう、悲しすぎる、帰ろうと必死で食う

食うスピードはお前らに負けるもんか。

で、食い終わって生ビール代払おうとレジに行ったら

IMG_7978.jpg

スーパードライ何本飲めるねん。


もうね、貧乏人が金持ちの真似事したらいかんのですよ。

貧乏人は貧乏人らしい生き方をしよう。

俺は貧乏人なんだよ。


貧乏は辛いなあ。


そう思ってしまったことを懺悔します

部下のポンコツがですね、なんていうたらいいのか


何の趣味もなく、休日は寝ころんで

テレビ見ていると終わるっていう過ごし方をしていまして

お前趣味の一つもないのかと尋ねますと

「何がありますかね、うーん」

って考えに考えて

「ありませんね」

というわけですよ。

俺の下に配属されてしまったということは

毎日マニュアル通りに山ほど積まれた資料の数字を入力し続けて

ああ今日は5時間で3万件の申請を処理しました

なんていう仕事ではなくて

3分で何を生んだかっていうほうが重要なお仕事なわけです。

当然ながらマニュアルなんてものは存在しない。

だから常にアンテナをピンピンに張って

外部の情報を受信し続けて、

その中から「お、こいつ使えるな」と反応しなくてはならない。

引き出しにガンガンアホみたいな情報を詰め込んでおいて

そのタイミングが来た時にアレとアレとアレがあったな、

と引き出しから出してきて組み立てて

さらに磨きのかかったアホなものを生み出す必要があるんですね。

そやのに。

そやのにですよ。

休日に自室で漫然と寝て過ごすなど怠惰にもほどがあるじゃないですか。

しかしそれを「コラ貴様」とやってしまうとパワハラガーとか言われてしまうので

何か興味持ったものは無いのかねとやんわり聞いても

「特にありませんね」としか答えない。

以前にいた部下二人はもはやカンペキを超えた性能でして、

もう二度と出てこないであろう逸材だっただけに

彼らが異動で外されてからの落差があまりにも大きくて

誰にも頼れない苦々しい1年半を過ごして来たわけです。

そして1年半経ちまして、

何かを思ったのか、ポンコツが昨日から

大型二輪免許を取得するために教習所へ行きはじめましてね。

やっとか、やっと何か感じてくれたか

頑張って免許取って大型バイクでいろんなところに遊びに行けるといいな

新しい楽しみを見つけてくれてうれしいぞ

と思いつつも

この1年半の苦々しいポンコツへの苦労を思い出し



コケたらええのに



と思ってしまったことをここに懺悔します。

ダウンロード

DELLのサポートの安心はどこに存在するか

昨日家に帰ってさあ、増税マンの続きやるぞとPCの前に座りまして


電源を入れてPINコード入れようとすると

ズラララララっと文字が入力されてしまい

「間違ったPINコードが入力されました」

って言いよるんですね。

あれ、キーボードに何か載ってたかなとおもって見たけど

これが何も乗っかってない。

おかしいのうと思ってやり直すのボタン押して再度PINコード入れようとすると

ズララララララッラララララと文字が入る。

あれ?あれ?となって

何度かやってると

器の小さいウィンドウズ10様は

「間違えすぎなんじゃボケもう触るな!」

って言うわけです。

困るじゃないですか。

俺が今毎日何を楽しみに生きてるかつーと

zbrushを触ることですよ。

心ズラズタにされて帰宅し、今夜も増税マンを・・と癒しを求めてたら

もう触るなボケ言われてですね、

もはや身の置き場がないわけですよ。

ほんでスマホで調べるわけですが、

どれもこれもウィンドウズが立ち上がってからの対処法ばっかで

PINコード入力時点でポンスケになった症状が書いてない。

キーボードのUSB抜いてたら症状が起きない。

こうなると近所のヤマダ電機に走るか!

ああっ、あと10分で閉店だ!無理!

待てよ、このパソコン買ってまだ日が浅い。

そうだあそこだ!

DELLだ!

DELLの電話サポートは過去の経験上、

本社の神奈川にかけても全部大連に繋がって

毎度毎度、意思疎通精度が35%レベルのお話を

中国のサポートの方とやらなければならないんですよ。

日本語が非常に通じにくい。

こちらの言いたいことが伝わっているのかいないのか分からないし

相手の言っていることもイントネーションとアクセントの違いで

思い切り解釈を間違える可能性があるんですよ。

それをすでに複数回経験済みなので、

明らかにあんた日本人だよな、っていうDELLのSNSサポートに

症状を訴えてみたんです。

ほなすぐ

「承りましたー」

みたいな返事が出よりますが、どーせ自動返信やろがえと

斜めに構えて舌打ちをしていますと

「サービスタグ教えてください」

っていいよるんですよ。

ちっ、どーせ自動で時間ずらして出るシステムやろがえと思いつつ

サービスタグのコードを入力しますと

「承りました。お調べいたします」

とかえってくる。

しかしまだ心許してませんよ。

こやつら自動返信システムを使っているにきまってる

調べます言うといて明日の昼頃に

IMG_7916.jpg

「あーすんまへーん、さっきまで調べよったんですわー」

みたいな見え見えの嘘で対応を始めるんだきっと!

って思って別の作業をしてますと


「商品確認いたしました。今から症状の検証と対応するお時間ございますか」


と聞いてくるわけです。


こ、こいつ


ロボじゃないぞ!!


生きた人間様でかつ天才バッターの降臨ですよ。

あわてて


「ありますあります時間あります」


なんて返信しますと


「それでは始めます」


なんてことで後は言われるがまま作業ですわ。

結果的には、キーボードの物理的な故障だと分かったので

新品のキーボードを送ってくれるとのことで完結したんですが

何がどうって通常の営業時間17時を過ぎてから

日本人(たぶん)がリアルタイムで対応してくれるのは

安心以外の何物でもないわけですよ。

昼間の電話じゃなんぼ頑張っても

「モォーーシモッシィーー」

から始まって両ひざ床に着いてしまうわけですからね。



DELLのパソコンが調子悪くなったら電話ではなく

SNSの相談窓口にご相談されよ。

そこにのみ安心がございますぞ。

IMG_7952.jpg

あの工場の除霊再び

昨日バイクに乗って走ってましたら


センセイからLINEメッセージが入りましたよと

モニターに出ましてね、

信号止まった時になんだろうって見ると

今日の午後の予定はどうかと聞かれている。

何やら嫌な予感はしたので

今遠いところにバイクで出ておりますーと返信したところ

帰ってきてからでいいので連絡されたしと。

そうかじゃあいいわっていう返事を期待していたのに

これは何かあるなと思って、引き返したんですよ。

で、センセイの自宅に行ってなんすか、どうしたんすかと聞いたら

「某企業でまた出たらしくてな、オバケ退治頼まれたから行くぞ」

と。

数年前にオバケ退治に行ったあの強烈な場所からまた依頼があったと。

またか、またあそこか。

あんた一人で行ってくださいよと言いたいところを

「あー、はい、わかりました」

と答えてしまう。

一回家に帰って着替えて一応準備をする。

やがてセンセイからLINEで呼び出し、

「行くぞ」

と。

で、工場につきましたら数分遅れでトライクに乗って現れるセンセイ。

「ズドドドドド、すまんのう。」

ああ、本当に。

その音を聞いてか、奥の事務所からメガネの総務部長が小走りにやってきて

ワタシは見てないんですけどね、

ワタシは見てないんですけどね、

と毎回文章の頭につけながら説明してくれる。

昼夜関係なく出てきて、下半身だけが歩いていくとか

そういう類のものが出て、

1人ではなく見た人が3人いると。

で、案内されて工場の2階に入っていきますと

暗い作業場に製造のラインがずらりと並んでいて

当然誰もいないのでシンと静まり返っている。

センセイは出た現場が分かっているかのようにズカズカと中に入って行って

「オバケ見た子が作業してる場所はここか」

と聞いてる。

ほな総務部長も

「はい、そうですそうです。ワタシは見てないんですが」

オッサン、わかったからいちいち見てないとか言わんでええねん

しかしセンセはその場に立って首をかしげている。

何かおれば即座に作法かますか、

前回のようにヴォエエエー!ヴォエー!とえづくかのどちらかのはず。

こっちも特に何かを感じるわけでもなかったので

すこし離れたところを見に行ってると

ピシッパシパシッと家鳴りがした。

音のした方へゆっくり進むと

棚に金物の製品が整然と並んでいるんだけどその金物が突然


「チン・・チンチンチンチンチンチンチン・・・」


と鳴り始めてですね、

あ、ちくしょう、アタリ引いたか?と立ち止まってチンチンのほうを見ると

音がすっと止まりよる。

部屋には風など絶対吹き込まないし、空調も止まっている。

おかしいなと思って近づくと


「チンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチン」


アタリか!アタリか!どこや、どこにおるねん!

ってオロオロしてたら

センセイやってきて

「何がチンチンいいよるんじゃえ」

とチンチン棚を見る。


「チンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチン」


鳴り続ける棚。

センセは首をかしげながらいつもの作法をする

ところが


「チンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチン」


鳴りやまない。


「ちょっとみんなじっとして」


総務部長と俺、息も止めてじっとする


「チンチンチンチン・・・・・・・・」


止まった。



「これ、違うな」

と言いながらセンセその場でジャンプ。


「チン!チン!チンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチン!!」


それ見て全員でジャンプ。


「チン!チン!チンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチン!!」




床が揺れとるだけやがな。



とりあえず総務部長に、ここには何もおらんみたいで

多分見た子がのせとるヤツちゃうかという結論に。

総務部長は相変わらず

「ワタシは見てないんですけど」

と繰り返しながらも丁重ににお礼を言われて

まあお茶でも、社長もおりますさかいにみたいなことを言われましたが

センセイは

「いらん。帰る。」


で、さっきの一連の動きを見ててふと思ったので聞いたんです。


「あの、センセ、俺なんも役にたってなかったすが、なんで呼ばれるんすかね」



「ああ、お前なんかおったら、ああああってなるやん」



「はあ」



「まあいうたら俺のソナーや。」



「・・・」



次から頼まれても来てやるもんか。








該当の記事は見つかりませんでした。