お前がそんな調子だから


余計なことに首を突っ込む癖は治っていないわけで

自分も40、50になったら他の大人と同じように

落ち着いて器用に生きてるんだろうなと思ってたんだけど

本厄を迎えた今でもアホのまま歳を重ねたようでございます。

まあおかげで長い間やってきたブログも閉鎖する羽目になったりと

自業自得の生活を相変わらず送り続けているわけですが

今週最後のアウダーチェでございます。



えー、余計なことに首を突っ込んでいるのが原因かどうか知りませんが

行き場を失った余計な仕事も俺のところに舞い込んでくるわけで

昨今流行の婚活イベントというものまでやる羽目になりましてね。

メインのイベントはここんところ自分の手足として動いてくれている

ブレーンとしてはあまり使えないけど体力だけは有り余っているイイヅカ君に任せてますが

お問い合わせに対応する係なんてやらされたんですね。



で、まあ

アンタこんなのに出なくてもイケるんじゃないんですかみたいな人から

アウトレットなゾーンに突入した方とか

国から重要危険物指定されてそうな方までと

いろんな方にお申込み頂いたわけです。

ところが先日お問い合わせのお電話に出ますと

明らかにおっさんの声で

「詳しい内容を聞かせてくれ」

「はあ、少人数でのお見合いパーティーですが。」

「どんな男が申し込んどるねん」

「どんなと言われましても年代はバラバラですので」

「どんな仕事しとんやそいつら」

「それは会社員から自営業まで様々でございます。」

「途中のバス移動とあるけど何するんや」

「はあ、別の会場へ行ってオリエンテーションなど・・」

「触れたりするんか」

「は?それは無いと思いますが。あの、お客様、男性はすでに定員を超えておりまして、

キャンセル待ちが10名以上いらっしゃいましてですね・・・」

「ワシやない。娘や。おかしなところに出されへんからな」

「はあ。」


なんてことでその後出てきた申込書見ましたら


41歳


とか書いてありましてね。

何と言いますかその


お前がそんな調子やから娘がいつまでたってもケッコン出来ひんのですよ


と誰か教えてあげてくれないかなと

無責任なこと考えておりました。

ではごきげんよう。

150320a81.jpg










スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。