絶対あそこじゃない。


じつは先日諸般の事情で六甲山へ行ったんですよ。

六甲山といえばまあ夜景がね、

綺麗じゃないですか。

その昔私も恋人を連れて行ったことはあるわけで

3回ほど見に行っているんです。

で、今回まあいろんな事情がありますが、

かわいい乙女を載せて六甲へ向かったわけです。




で、過去に行ったことはあるとはいうものの、

もうかれこれ10年以上前の話で記憶も密かにセピア色。

場所の名前なんて忘れちゃってたんですが

六甲山展望台なんて調べたらすぐ見つかったわけです。

ああ、ここかここかといざ出発してですね、

一応ナビに従って行ったところがどうもおかしい。


自分の記憶ではなんか結構施設自体がでっかくて

鉄骨の立体駐車場なんかがあって、レストランもついてて

おまけになんか土産物まで売ってるわ

うどんとかカレーとかそんなのまで食えるわで

帰りは自動精算で金を払ったのを覚えてるわけですが

ナビが案内しやがったところはなんかえらく施設自体が小さいわけです。

ケーブルカーの山頂駅の隣になっててレンガみたいのでチョコーンと建ってる。



いや、これ違うぞ?ここじゃない。俺が過去にべっぴんを連れてきたのはここじゃない。

絶対違うと。

ほんでそっから

rokkou01.jpg

こっちだったか?

こっちだったんかな?

あれー?あれー?

と山の中をぐるぐるぐるぐる。


ひょっとして俺見落としちゃったんかな?と

rokkou02.jpg

こんな感じで展望台周りの一方通行をぐるぐるぐるぐる


最初は機嫌よく夜景たのしみだねと

機嫌よくおしゃべりしていた乙女も

だんだん無口になってきて

そのうち

車に酔って



「オッ、オエーーー、とめてー」



とかなっちゃう始末。

ああもうなんてことだ。

おかしい、おかしいけどしょうがない、

このナビがどうしても譲らないこの展望台とやらにしとくか

と車を停めて、その小さい建物にあがりまして

c0026007_2161796.jpg


車酔いで足元フラフラの乙女に夜景をお見せしましたら

ああなんて綺麗なのと一応喜んでいただいたわけですよ。

帰りには

「こんなところまでどうもありがとう」

なんてお礼を言われたわけですが、



いまだに俺は



絶対あそこじゃない



と納得しきれません。

俺が過去3回行ったあの夜景ポイントはどこだったのだ。

ちくしょう。









スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。