ナゾのパラダイス


みなさんおはようございます。

雨が続いて昔ヘディングでフロントガラスを突き破った古傷が

じくじく痛む今日この頃ですが

皆さん今日もギリギリ元気でしょうか

では始めますアウダーチェです。



えー、淡路島まで行ってました。

淡路島といえば花博でもなく玉ねぎでもなく

ナゾのパラダイスと決まっているわけでして

お遍路や旅行で度々通っているこの淡路島なのに

ほとんどゆっくり腰を落ち着けたことがございません。

今回はそのナゾのパラダイスだけを目的に行ってきたわけでございます。

ナビに従って進んで行きますと

IMG_8146.jpg

おお!ネットで見た看板!


IMG_8147.jpg

ヒャッハー!来た来た!

本日も開店してるぞ!


IMG_8149.jpg

3倍おもしろい!

高鳴る鼓動。


とまあ大きな看板はここまで。

矢印の方向にすすめと言うわけですが

ここからがひそかにえらいとこでして

めっちゃ山登って来たわけですが、

この看板から一気に谷底へ車で降りて行くようになります。

道路幅員2.5m程度の完全一車線、

コンクリート舗装もボロボロ、

傾斜30度はあろうかという道を

車高落とした車でゴリゴリ降りて行きますと

途中

IMG_8150.jpg

あの例の探偵ナイトスクープの石碑。


ここからまだズンズン下って行きまして

ようやく駐車場。

IMG_8151.jpg

しかし何というか

アメリカ映画だったら間違いなく殺人鬼がいて

チェーンソーとか鉈で襲い掛かってくる雰囲気満載です。

建物に近づきますと

IMG_8152.jpg

なぜかアーチェリー場。

扉が全部閉まっていて、どこが入口か分からずぐるぐる回ってみるんですが

恐らく入口であろう場所は完全に施錠。

IMG_8154-1.jpg

どうしたもんかと狼狽えていますと

新しいお客さんがやってきたりして

今日は閉まってるみたいですよなんて言ってたら

上の窓がガラッと開いて


「すんまへん!今開けます!今開けます!」




オーナーっぽいのにどう見ても田んぼ行きの恰好のおっちゃん。

このどの角度から見ても非公式であることに間違いはない博物館の館長は

建物の地理的条件、服装から見ても社会不適合感が半端じゃない。

不気味に半笑いのその笑顔からは

アメリカホラー映画の殺戮シーンが直リンクで脳内をピックアップ再生中。

一人500円と言われて入館料を払い、

中に入りますと


IMG_8159.jpg

入口からもうここに載せられない資料しかない。

医学的な知識があるのかないのか

自信を持ってリング・ビン・スバイラル。

IMG_8163.jpg

IMG_8161-1.jpg


展示物は全部特大の性器か狸っていう

こんなもん全部載せたらアウダーチェはアダルトサイト行になってしまうので

あえて掲載は差し控えますが


今時入館料500円っていうのは

かなり魅力的であります。


ちなみに公式サイトはこちら
ttp://www.eonet.ne.jp/~t-suisen/


ウェブサイトでは水仙が咲き乱れていますが



実際は草まみれの原野でございます。





スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。