中途半端な時間の電話


昨日中途半端な時間に嫁から電話がありまして

大体そういう電話はトラブルと相場は決まっておるわけですよね。

で、なんですか、面倒な話ですかと出ますと

「お疲れ様です、トラックとぶつかりまして」とおっしゃる。

まあトラックとぶつかっても電話してきているということは

まあ鼻血くらいのもんなわけです。

うちの嫁さんは2年前もトラックとぶつかっておりまして

その時は処理が済んだら

噛んで吐き出したみたいになった車で

「仕事がある」といってしまったんですが

今回その時買った新車がわずか2年で怒りのデスロードになってしまったので

さすがに凹んでおりました。



大体事故で面倒なのはまずケガですが、

ケガが無ければ次に面倒なのが保険に絡む過失割合の話で。

前回の事故の時、側道から確認なしで突っ込んできたトラックに

ボッカーンとやられ、ピンボールの玉みたいになったんですが

その時トラックのにいやんは

すんまへんすんまへん、うちが全部悪いんです

みたいなことを言ってペコペコ謝ってきまして、

はいはい、では後は保険屋さんにお任せしましてなんてことだったんですけど

いざ蓋を開けてみると向こう側が過失割合5対5を主張してますと。

おいおいまてまて、どうなってんだそりゃあと。

後ろから突っ込んだわけではないので10は取れないとしても

うちとすりゃあ5対5は無い。

で、それはねーだろと保険屋に主張したんです。

ところがその保険屋がとんでもないポンスケでして

ただ相手に「こっちはこないゆうてますー」と伝えるだけの通訳みたいなことしかしなくて

事故から3カ月たっても「相手さんは5対5やゆうてますー」で埒が明かないわけです。

で、弁護士投入したら

「え、こんなことずっとやってたの?アハハ」

とか言われて

2日で解決。

結果2対8を落としどころにしときますかみたいな感じで終わったんですけどね。

保険屋にはとんでもないポンスケが混ざっていますので

ほんとに注意しないといけません。

あなかしこあなかしこ


150710c4.jpg

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。