スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この切羽詰った時にあんたは。


せっかくブログ書いてもフェイスブックに何故か通知がいかなくなってしまい

どうしてだろうと設定を何度も見直したんです。

だけど原因が分からない。

最後パソコンをバンバン叩いてみましたが言うこと聞かないので

まあええかで落としどころとしたわけですが

そういえばウィンドウズ98が出た頃

フリーズしまくるデスクトップを引きちぎって

窓からコンクリートに叩きつけてたことを思い出しますと

やあ成長したな俺ってと大変うれしく思う8月18日。

皆さんお元気でしょうか本日のアウダーチェです。


えーさて、まあまたどうでもいい話なんですけども

職場に入りたての頃からいつもかわいがってくれた先輩がおりまして

俺が困っていた時は呼んでいないのにすっとやってきて

これはこうしたらいい、他のことはやっといてやる

とかまさに人生の救世主でして

この人に何かあったら絶対に助けようと思っていたわけです。

で、先日、いつもひょうひょうとしているその先輩と

ちょっと立ち話などしていましたら

実は俺も困ったことがあってなと。

子どもが二人いるんですが、下の子が高校2年になるんだが

まだ自転車が乗れないっていうのは聞いてて

ちゃんと教えてやんなさいよもーwとか言うてたんですが

実は腎臓が悪くて運動が出来ず、

もう長く生きられないんだとか言うわけですよ。

そして

俺も胃にポリープが出来てて、

胃カメラで取れるサイズじゃなくて

開腹手術しないといけないんだけど、

これ以上大きくなったらもう癌だろうなっていわれてるんだ

とか

強力な不幸話を炸裂させてきまして


あわあわあわ、俺にできることはと

話を聞きながら考えたんだけど思いつかない。

ただただうんうんとうなずいて聞くしかできない。

何て無力なんだろうと愕然としていましたら

唇を指で裏返して

ここに白いぶつぶつがいっぱいできてるだろう?と。

ハイと答えると


「こないだ行った風俗の姉ちゃんがかわいくて

舐めまわしてたら次の日からいっぱいできてきてん」



この切羽詰った時に何しとんねん。



一応、病院に行ってください今すぐにとお伝えしましたが

人とはなんと無力なのだろうと両膝をついて涙をこぼしたとかこぼさなかったとか。




あ?模型の話?

無い無いそんなん。


150802a0.jpg




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。