ランボルギーニミウラ所有のお父さん完成(珍しく注釈付)


えー前々回ですか、

新しいのをやりますんでとかいうて頭だけ出たんですけど

結局のところ、練習のつもりで土曜日に始めて

何と言いますか、終わりました。

IMG_4478.jpg

ol.jpg

実は自分の苦手なものの一つに

「干渉」

っていうものがありまして、

今回のような抱くであったり、

何かに座るであったり跨るであったり。

これらが苦手なのは、結局のところ経験値が低いからというのと

観察不足、はたまた先読み不足といった

一言でいうなら修行不足というものになります。


まあそこを少し集中してやってみたいなと思っていたところ

何度もご登場していただいておりますが

私が模型に出戻ったきっかけでもあり

人としても敬愛すべきなんでも制作日記のKenjiさんが

FBで載せてはった画像がちょうど具合良くて制作を開始。

ちょうど年明けからランボルギーニミウラを作る言うてはったんで

最終的にそこへ添えられるような形で造ってみようかとあくまで


練習


で造らせていただきました。

※複製配布はありません


まあ造る手順はいつもと同じ。
今回1/24スケールなので骨格を印刷して準備します。

IMG_0684_201601110927348d3.jpg
まず爪楊枝の先に木部パテで芯造って
スカルピー載せて造形。
ご本人メガネなんだけどどうしようかなと考えてる途中。

IMG_0691.jpg
骨格図に合わせて肋骨の塊や骨盤の塊
手足の長さを合わせて芯を造ります。

IMG_0695.jpg
エポパテで肉体になる部分をもりもりしていきます。
すこし細目に仕上げておくほうがよいと思います。

IMG_0698.jpg
スカルピー載せてズボンと靴を造ってます。
ズボンとかこういうシワを彫る場合、
肉体をきちんと作っていれば、シワの入りすぎ事故が防げます。

IMG_0701.jpg
お子さんは小さすぎるんで
顔面のみスカルピーで、あとは全部エポパテです。
エポパテハウトゥーは竹一郎さん方式です。

IMG_0704.jpg
この辺が一番確認したかったところで
画像じゃなんのこっちゃさっぱりだと思いますが
どの順番でやっていったらいいのかと
こんな小川でも考えているところです。

IMG_0705.jpg
これも画像じゃさっぱりですが
両腕を分割して干渉部分の処理がしやすいようにしました。

IMG_0716.jpg
最後メガネを彫りこんでサフ吹いて終了。

2日で終わりましたが

やっぱ結構乱暴に造ってるところあって

近寄るな見るな危険マークははがせません。


しかしお贈りするKenjiさんはだいたいなんでもやっちゃうんで

微妙なところは自分でなんとかしはるでしょう。

きっとそうだ。

はい、そんなわけで23日までまだまだ時間があります。

自分勝手な気まぐれ造形引き続きよろしくお願いします。

スポンサーサイト

2 Comments

kenji says...""
しらないあいだに記事にまでなってるー!
なんか恥ずかしい…(ノД`)
有名人でもなんでもないのに…
そして作るの速すぎです!
ありがとうございます。
2016.01.11 16:27 | URL | #./IoKDwU [edit]
小川徹宗 says..."Re: タイトルなし"
kenjiさん

いらっしゃいまし!
突然始めてとっとと完成させて去っていく小川です。
kenjiさん的には特にないかもしれないんですが
こちらにとっては深い思いが一方的にあったりしてですねw
何か形として贈れたらとは前から思ってたんですよ。
今回へたくそですけどお渡しできて
ほっとしたっていうか。
息子さんが見て喜んでくれたらなおうれしいですね!
2016.01.11 17:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。