こういうヤツが絶対いる

山に入っておかしな話ってのを

こないだ「えいらっしゃい」で書いたわけですけども

そこまで強力じゃない話ですが

近所の田舎スーパーのレジのおばはんが

八幡神社の裏で立ちションを、いや正確には

座りションだったのに俺が突然現れて

びっくりして立ち上がったけどションがまだ継続中

とそんな恐ろしい場面に遭遇したことがございます。

みなさんおはようございます。



実は小さい頃の記憶でどうしてもわからないことがあるんですよ。

そしてそれを何故か鮮明に覚えている。

その日も山の中に入ってたんですね。

つくづく山の中が好きな子供だったわけです。

とにかく道が付いてるのを嫌っていまして

道では無い崖とか斜面を登る。

で、その日、もうすぐ山頂だなというところまで到達してて

ちょっと座って木々の間から漏れて見える景色を眺めてたんです。

そういう山林公園みたいなところじゃなくて

手付かずの山ですから整備されていないわけで

見える景色もたかが知れてる。

だけどそれが自分にとっては嬉しかったんでしょう。

で、体力も回復してきて、よし山頂まで!と振り返ったところ

目の前に白い塊が落ちてたんですよ。

自分が座った時には気が付かなかったんですが

今それが目の前にある。

なんだろうと近づいてみますと

ナプキンだったんですね。

しかもちょっと血がついてる。

整備もされていない、公園も道も周りに無い、

しかも間もなく山頂ってとこで



使用済みナプキンですよ。



もう全然意味が解らないじゃないですか。

ところが当時アタクシ9歳くらいですから

まだナプキンも生理も知らなくて。

だけど、なんか脱脂綿詰まってるぽい雰囲気から医療系の何かであって

しかも血が付いているとなったら

ここで何かとんでもなく恐ろしいことが行われたとしか思えない。

なんとなくこの場を離れた方がよさそうな気がする。

なので今日のところは帰ろうとちょっとビビリながら家に帰ったんです。


で、翌日学校に行ったんですが

あの白い物体が気になって仕方がない。

何故気付かなかったのか、

あそこで何があったのか

そもそもあれはなんだったのか。

川口浩探検隊はその謎に迫らなければだめでしょう。

脳内探検隊メンバーの俺は行かないと隊員失格ですよ。

なのでまた学校終わってから同じところへ足跡をたどりながら登ったんですよ。

田中信夫のナレーションを自分でやりながら。




ほなね、



無いんですよ。



めっちゃ探したんだけどない。

昨日あった場所に

ナプキンが無い。

まあしょうがねえかと諦めて家に帰りましたが



今になって考えても


あそこにナプキンがあるはずがない


わけです

山の中って意味不明なこと起きて大変面白い。

こういうやつ、

19843_201103280126432835_1.jpg

絶対いると思います。








スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。