スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムマネジメントとやらは

隣のババァが嫌いになると

もう昼飯の時に漬物かなんかを噛んでいる

パリッパリッという音ですら

剥き出しの神経に障ってきまして

箸を自分の鼓膜に突き立てそうになってきます。

なんとか無関心になりたいと努力していますが

努力むなしくエブリデイパリッパリッ

おまけにTVで流れるニュースにいちいち

「フーン」「フーン」

と言ってくれるおかげで無関心どころか

じゃんじゃん湧いてくる殺意に振り回されております。

皆さんお元気ですか本日のアウダーチェです。





さて、タイムマネジメントという言葉がございますね。

いちいち英語で言うなボケと思うので

日本語に直しますと

「時間あたりの生産性を高める時間管理のこと」とあります。

成り行きまかせや精神論ではなく、

明確な方法に基づいて実践されることらしいですが、

模型を楽しむのは昼間の仕事を終えて

家に帰ってからの小一時間。

この至福の時間は本業でモタモタして後ろへずれこむと

当然ながら大切な時間が削られて行くわけです。

商業原型などやっているともはや致命的なロスになる。

なので本業のタイムマネジメントとやらは


密かに個人的重要事項。


そこでどうするかというところですが

自分がさほど必要でもない事務処理を丁寧にやっていないかと。

ここからはあくまで主観でありますので

読まれる方はその点予めご了承いただくとして続けます。


物事には必ずここは外せない、外してはいけないという部分があります。

いわゆる要点というやつです。

それは恐らく全体の1割程度。

たとえば上層部に提案や報告をする場合

1から10まで説明してますと



「ゴラ、オドレだから要点を言え要点を!ボケエ!!!」



と怒鳴られる。

まあ大声で怒ったりしたところで

怒られたほうは何かを改めようとか

確かにその通りだなとか思うわけでもなく

ちくしょうムカつくな、こいつ死ねばいいのにな、

今度から報告せずに




黙っていよう



と大体そうなるもんです。

ではどうするか。

大声で怒られずにすっとろくでもない報告を終わらせるにはどうするか。

報告するのはその絶対にはずせない1割のみ。

残りの9割は聞かれたら答えればよいわけです。

報告書にも余計なことは書かない。

余計なことを書くと、そこから余計な話に発展して

準備できていない思わぬ質問に狼狽することになってしまうわけですね。

あたしゃ聞かれたことに対して基本的に「はい」か「いいえ」のみで答える。

それ以外は喋らない。

具体的なことを聞かれたら、聞かれたことにのみ簡潔に答える。

沈黙が怖くなって余談を「ちなみにー」などと喋ってしまうのは

自殺行為であることを忘れてはなりません。

必ずそこに落命装置が潜んでいる。


話を戻しますが、

事務処理におきましては

その抑えておかなければならない1割だけは

キッチリ整理しておく。

これだけは何があろうと抑えておく。


残りの9割はまあいわば一山いくらのみかんと一緒ですから

ひっくるめて処理しちゃえばいいんですよ。

ファイルか箱に放り込んで「はいこの案件の資料一式」としちゃう。

ひとつの案件について1から10まで丁寧にやってたら

模型なんかする時間捻出できないですよね。


一番重要であるのは

その抑えておかなければならない要点を間違えない事でありまして

その要点を理解して見抜く力は必要であるし

それはある程度の経験が必要であるのは事実。

しかしそんなに難しいわけでもなく

日々どこがポイントじゃ?と注意しつつ仕事をこなして行けば

おのずと見えて来るものではないかなと思います。


結局これは模型の話にもあるんじゃないかと思うんですが

どうやれば手戻りが無く、スムーズに作業が出来るのか

どうやればこの面倒な作業をしなくて済むのか

なんてことを考えながら作業すると

いろいろペースも上がり、

新しい技術も発見できるんじゃないかなと思うわけです。



良くも悪くも「めんどうくさい」ということに対して

嫌々面倒くさいことを続けるよりも

面倒くさいことをどう回避するかということに向き合って尽力する人が

時間を有効に使えるようになるのではないか


という千年に一度しか書かない真面目な話でございました。


昨日、


hqdefault (3)


みたいなことを偉い人から言われましたけど



ああ、よくありますもんね



と返して万事解決です。

楽に生きようぜ。




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。