そいつの話の成分表

まあツイッタでも書いたんですが、


押し入れの整理してたら山本太郎のDVDが出て来て

img01.jpg 
※この人ね。頭のおかしい国会議員では無い方ね。

もうすっごいチヌを釣りに行きたくなりまして。

チヌ釣りでは何度も命落としかけてまして

突堤で落とし込みしてて落雷事件とか

筏で遭難事件とか色々ありましたが

まあ昔書いたのでええとして。

近々またいつものメンバーで行こうってことになりましたので

諸々楽しみにしていただければなと思います。


さてさて、

過去の暗黒の経験からか、基本的に人を信用しないというか

えーっとどこが嘘かな?という目線で見てしまうんですね。

これがまあたとえば服屋の店員がですね、

おぞましい生物がティッシュを丸めたような服を手に取って

姿見に写して見ていたとして

「まさかご購入を検討されていませんよね」

「200%似合わないのでおやめなさい」

「いますぐ麻袋に穴をあけて着用いただいた方がよいかと」

という誠実な指摘をしていましたら

売り上げはパラシュート無しの急降下をみせるでしょう。

なのでお金を落とさせるのが目的の店舗では、

基本的に店員の言葉は嘘成分が95%を超えていると認識して構いませんし、

それは生活のかかった恣意的な錯誤の誘導と言ってもよいかと。

それにより店舗の経営や人間関係が活発に行われているので

まあしょうがないかなと思うわけです。

これがいわゆる白い嘘ですね。



しかし、黒い嘘になるとこれはもう全然話が違いまして

こちらはその先に「破壊」という強力な作用があるじゃないですか。

使用後の影響が半端ではない。

破壊工作であるがゆえに、黒い嘘使用後は徹底的な隠ぺいが必要で

何が何でも隠し通さねばならず、

結果嘘が嘘を呼んで嘘をつき続け、

でっち上げた話がゆえにブレが出ていずれ悪意が露呈する。

その時、人間関係にある程度必要である「信頼」という言葉は

瞬時に意味をなさなくなり、すべての関係が終焉を迎えるわけです。

おまけに一度黒い嘘を使用したことがばれると

その後前科があるのと同じでありまして

つねに第1容疑者として扱われる。

その覚悟が無いのであれば

緊急事態の緊急避難的な場合以外、黒い嘘の使用は極力避けた方が良いわけです。


なんでこんな話を書いたか。


まあだいたい黒い嘘つかれた時ですよね。










スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。