キャプテンのカスタマーサービス

自分がパソコンを始めて買ったのは


ウィンドウズ95が出た瞬間だったと記憶しておりまして

新しいものに飛びつくというのもありますが

ネットでエロ画像見放題だとか

好きなあの子の顔をスッポンポンのおねえちゃんの画像に付け替えるとか

基本的にそういうふしだらな動機でございます。

しかし不純な動機というものは活力に満ち溢れておりまして

情報を吸収する力が半端じゃない。

フォトショップの使い方はそれでマスターしたようなもんでございます。


さて、先日から家のネット環境が著しく調子悪くなっておりまして

wifiマークは出てるんだけどネットにつながらない状況になり

ちくしょうボケがとコンセント抜いて2時間ほどしてから差したら

また繋がりはじめるとかまるで持ち主みたいないい加減さでございましてね。

で、昨日いよいよコンセント抜き差し攻撃もとうとう効果が無くなって

何をやってもつながらない。

こうなるともうあそこへ電話するしかない。

そう、

after_eye.jpg 

カスタマーセンターですよ。

で、電話したんです。

うちのプロバイダでもあるキャプテンにね。

captainEO.jpg 

ほな今時めずらしいほど無愛想なねえちゃんが

恐ろしいほど無愛想な対応で



「お客様がおっしゃっていることがよく分かりませんが

とりあえず技術のオペレーターにおつなぎしますので

3年間そのまま切らずにお待ちください」



みたいなこと言われてですね、

音楽聞きながら待ちますよ。

でまた3分くらい待ってたら電話つながりよるんです。

技術のオペレーターらしき人物にですよ。

ほな一発目が


「はい」


ゆうてものっすごい低いトーンのニイヤンにつながりまして

「あ、どうもすみません」

「はい」

「ネットがつながらなくて」

「はい」

いうてはいしか言わない。

なのでしょうがねえからさっきの窓口クソ女に言うた話をイチから説明して

「というわけです」


「はい」


ですわ。

まあそこから電話で言われるがままに作業を始めたんですけど

指示されてその通りにやって

「これで状況は改善されましたでしょうか」

って聞かれるんすけど

状況は改善されていないわけで

「いや、繋がってねーすね」

としか答えようがない。

もうこっちは頼れるところあんたしかいないんだから

いくら無愛想でも俺は我慢するぜ、

何でも言うこと聞くから指示をくれ

みたいな状況ですよ。

ほなそのうちですね、ルーターの線をあっちに差せこっちに差せから

スイッチを入れろ切れとか

パソコンの見たことも無い

数字と英語しか表示されて無い画面を出さされて

今から言う数字を打ちこめとか

もう言われるがままに作業。

で、約50分間に渡る格闘の末

何が問題やったかと言いますと

良く知りませんが

ルーターが直列で2つ繋がってる状態だったらしくて

古いルーターを排除して設定し直すことで回復。


さすがに50分も慣れん作業で格闘するとヘトヘトでして

「もうこの古いルーター、窓から投げ捨てていいですか」

って聞いたら

オペのニイヤンも疲れてたんか



「そうですね、思い切り遠い所へ」



と。

あの人らいなかったら少なくとも俺何も出来ないっすから

こころより感謝でございます。

エブリデイご苦労様です。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。