面倒くさいに潜んだ罠

ほら、前に最終兵器だーいうて注文したとか言ってたじゃないですか


1mmのパーツ量産するのに頭働かせてもうこれ以上考えるのは無理!

いうて導き出したのが

ダウンロード (1) 

やったんですね。

シリンダー部分に遮光テープ巻いて光硬化パテ入れて

ニューって出して即硬化させたらいける、いけるぞこれは!

って思って実際やったら

パテの粘度が足りなくてスライムみたいなんばっか出来ちゃって

もう部屋のダンボール、ドーーン!バーン!ガーン!

ちっくしょおおおおおおお!!!!!

もう無理や!やめや!!やめやめ!!

って拗ねてソファーにひっくり返って天井見てたら

もう出てこないと思ってたんだけど新しい技思いついたんですよ。

それが

IMG_3468.jpg 

でして、エポパテでその形状つくってポスポスする

いわゆるスタンプ。

これや、これこれ。なんで気が付かなかったの俺。

いける!いけるぞ!!

で、本体にスカもりもりしてスタンプポスポス。

形状が深すぎて無理。イボみたいなんができるだけ。

うががががががが

この1時間を返せー!!

さっき蹴ったダンボールをまたドーーン!バーン!ガーーン!!

ちっくしょおおおおおおお!!!!

で、怒りも頂点に達したところで気付きました。



1個ずつ造るしかないんだなと。



ええ。今仏像のような顔で毎晩造ってます。

進んでるのか進んでないのか分からんくらいのスピードで。


つまりあれです、

面倒くさいは発明の母でありますが、

急がば回れってこともあるわけですね。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。