1/20スケールの指をエポパテでな。

自主制作の人形になかなか手をつけることが出来なくて


もう随分ほったらかしだったんですが

ようやく少しだけ隙間が出来たので

昨夜両手を造りました。

とは言っても出来たのは左手だけでしたけども。

FullSizeRender (1) 

今回造った手ですけども

もう最近このサイズの手とかはエポパテで造ってます。

エポパテで造りました言いましても

あの指に引っ付くわ硬化時間がどれくらいか分かりにくいわ

タイミング間違えたら柔らかすぎるわ固すぎるわ

なんてことで基本的にスカルピーとはイライラポイントがちがいますわね。

スカはわりと素直に作業できるけど

こういう指とか造って2,3日後に


おっ、親指が無い!!


なんてことはよくあります。

もろいので折れてどっかに消え去ってるわけですよ。

その点エポパテはめちゃ固いので硬化後は安心して作業できる。

さてそのエポパテでの作業でございますが

知ってる人はええとして、

いまだにイライラしてごみ箱あたりに5,6発ケリを入れている方へ

あくまで個人的な作業方法を書かせていただきますね。

エポパテはタミヤの即硬化の黄色と高密度の白。

この二つを混ぜ合わせて造ります。

例によってイラストに描きましたのでご参考に。

scan-53.jpg 

よくまとめてくっつけてある程度硬化したらハサミで切って

という方法が紹介されていますが、

あれは1/6とかだと有効だけど1/20になってくると

個人的には非常にやりにくいと感じてて

まあどれが正解ってことはないので参考程度にどうぞ。

イラストは端折ってますが、

最終的には手の甲や関節の盛り上がりにエポパテ追加したりして

調整は行ってます。


とまあたまに真面目な粘土ネタを書くと一気にアクセスが下がる予報。

では皆さままた明日。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。