スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラゴンどうやって造りましたとか。

まずはコマーシャルですが


原型を担当させていただいております

ACROさんのKRS35シリーズ、

CtrJ3eNVYAEH-Wo.jpg 

新作のラゴンが予約開始になったようです。

1/35ですから5.7cmです。

無理にとは言いませんが、

小さいのがウリのこのシリーズです。

「お、いいな」と思ってもらえましたら

ご予約くださいませ。

amazon

ちなみにこのシリーズ、受注生産になっていますので

予約終わってから欲しいと言うても

ほぼほぼ買えません。

お値段もお手軽になっていますので、

気になりましたらポチってくださいね。


このシリーズ担当させていただいてますが

比較的ラゴン造るのは楽しかったなあという記憶。

スケール1/35固定なので、人型に近づけば

基本的にエポパテで作業しています。

IMG_0008.jpg

ウロコとかヒダがあるので、

後で泣かないように一応分割できるようにしておきまして、

表面のデコボコをどうすっかということを考える。

なんとか楽に済ます方法は無いのかと。

しかし考えても一向に思いつかず

結局

IMG_0249.jpg

エポパテを目やにくらいの量チョリっとヘラにつけて

資料を見ながら「ここだよね」とか独り言言いながら

ニュキっとくっつけてまた資料を見ながら形を整える。

平日の作業時間が限られてるんで、

この作業を1週間ほどやってたと思います。

それでも

IMG_8004.jpg 

ガラモンのヒダやってた時より全然マシでしたよね。








スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。