誘導棒のスピード

道路工事や大きなイベントでの警備員の方いらっしゃいますよね。


まあ自分もイベントでお願いすることが多いです。

赤い誘導棒を振って案内していただきますが

あれに従って我々は動く凶器「自動車」を制御するわけですよ。


e0072159_8233147.jpg 


実は日曜日に学校の行事で廃品回収がありまして

細かい話はいいとして、古新聞なんかを町内で集めて軽トラに乗せて

学校に持って行くんです。

ただ、全校生徒の家族が持ってくるですから当然会場は大混雑しまして

積み下ろしの会場へ長い列をつくって待つ必要がある。


で、横に下の娘を載せて(一緒にやらないといけない)

長い列を待ってようやく自分の順番が回ってきている。

会場入り口では出来損ないのオカマみたいな先生が

誘導棒を振っているんですね。

ジャニーズのアイドルコンサートみたいな感じで

ブンブン振っている。

自分の前の2台はその誘導に従って会場内へと入って行ってまして

俺の順番が来た途端、

その先生のブンブンスピードが速くなったんです。

ブンブンブンくらいだったのが

ブブブブブブに変化。

で、これはたぶん「急いで入ってくれ」のサインだと解釈して

軽トラを会場内へ入れよりましたら

ブブブブブブをもう

ビビビビビビビくらいまで早めて飛び出してきて

トドメとばかりに薪割りみたいな感じで

全身全霊のブン!ってやりよったんです。

もうこっちは急いで入れサインやと思って

左足クラッチ離してもて加速中じゃないですか。

危うく出来損ないのオカマの先生をバチンと跳ねてしまうとこですよ。

業務上過失傷害寸前じゃないですか。

思わず


「オドレ今棒振りよったやないかえゴッルァアアア!!!」


と小声でツイートしたんですよ。

ほな「今買ったアイスを食べようとして丸ごと地面に落とした」

みたいな顔になって


フーンフーンフーン


って棒振りよるんです。

どうやら彼は誘導の仕方を勘違いして

棒を振るスピードで「進め」と「止まれ」を伝えようとしたようですが

大変紛らわしいのでこの辺りきちんと分けていただきたい。

で、その廃品回収の帰りから


下の娘がお話してくれなくなりました。





スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。