スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイリーンで四国に行ってきたわけだけど③

無事に放尿も済ませて下道でホコホコと進み


目的地であります88番大窪寺へ。

IMG_4359.jpg 

まあこの辺りどうでもいい。

お勤めも終わって、あんまりにも寒いので

表の看板で押し押しだった天ぷらそばを注文すると

IMG_4365.jpg 

こんな感じですごいマズイそばが出てきました。

一応完食して、来た道を戻り、

見えてきました引田IC。

また乗るしかないんです。


軽快に料金ゲートを潜り抜け

本線に出ましたら、来た時と同じく片側一車線の対面通行。

対面通行はいいんだけど、朝曇ってたのが晴れて来て

風がね、

風が。

なんか強くなってるんですよ。

俺バイクは好きだけど、

乗るのが上手なわけじゃないんでね。

片足で立ってる時に横からポンと突かれる感じが

時速100キロ巡航中に起きるわけじゃないですか。

それも不意打ちで。

だから今朝の橋のトラウマでおのずと力が入っちゃう。

来るぞ来るぞもう来るぞ・・・アレ?・・・

ブヒョオオオオオ(わー)

とね。


で、風に煽られながらヨロヨロ走ってるとバックミラーに

なんか白いSUVがうつって

それが凄い勢いで大きくなってきて

もう俺の後ろにビッタリひっついて

軽く蛇行して挑発してくるわけですよ。

ミラーに映っているのはグラサンにヒゲにボウズの

それはもう調子悪そうなオッサンで

若干顎をあげて「どかんかい轢き殺すぞ」と喋らなくても伝わってくる。

けどここは片側一車線、

今すぐにでもあなた様のために車線をお譲りしたいのですが

移動する車線は路肩しか無いんですよ、

そう思いながら頑張って100キロで走ってたんですよ。

横から突風に突かれ、後ろからチンピラランクルに煽られ

俺の心臓また回転数が大幅アップの10000回転。


若干上り坂になってスピードが落ちて来て

これはあかん、4速にして・・・

と左のつま先でシフトレバーを踏んだら

カチャリっていう小気味よい音とともに

そのままつま先が予定以上に下がり、

はっと見たら

IMG_4372.jpg 

無いんですわ。

つま先引っかける命のパーツが。

こんな環境の中で命のパーツが消えてますわ。


うおおおおおおおおお!

最悪!最悪!サイアク!!!!


ですよ。

この恵まれた環境の中で

どーやってシフトチェンジを!俺は!すれば!!


いいの!!



幸いノブ自体は生きてたんで

つま先ねじ込んでガッチャンガッチャンシフトできたけど

ランクルのチンピラはマッドマックスみたいに引っ付いて来てるし

スピード上げたら突風でバイクヨロヨロなるし

出来ることなら路肩に止まってバイクを降りて

後ろに続く急いでいるお車の皆さんお一人おひとりに

頭を下げてお詫びしたいくらいの気持ちですわ。

凄い顔して乗ってたであろう高松道をぬけて

2車線になったとたんランクル様はあたくしに


10秒以上クラクションを鳴らして


追い抜いて行きはりまして。

辛い状況はもはや死にたいレベルへと。

そして豪風の中大鳴門峡、

案の定突風のたびにヨーレヨーレヨーレヨーレしながら渡る俺。

もういやだ

早く帰りたい

早く帰りたい!!!

淡路SAを過ぎたところで

目の前は暗黒のデッドブリッジ明石海峡大橋、

朝より全然多い交通量、

一番左の車線を80キロで進むんだ。

ニーグリップだ。

突風に備えよ。

まだ生きるんだ。

行くぞ。

「うおおおおおおお!!!!!」

思い切り叫んで橋突入。


ビョホオオオオオオオ!!!

ぐいーーーん

うおおおおあぶねえ!あぶねえ!!

マジであぶねえ!!!!


朝のヨヨヨレベルじゃない。

これは、


殺しに来てる。


殺される。


橋も中央部分に差し掛かった頃

吹き流しがほぼ横向いてハタハタしてる。


中央を超えて橋の床板も下り坂になった時


本日最大級の横風到来。


アイリーン普通に追い越し車線側へ1m押される


そしてヨレった俺様の真右横をクソでかい観光バスが


バシュウウウウウン!!!!


69e6dbec36adb69b486ab9e06a04a690fb08b7da1462553705-s.jpg 

ジョーーーーーー



もうね、


二度とバイクで明石海峡大橋には近付きません。

ええ、二度と。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。