部下がこの世の終わりみたいな顔で言った言葉。

最近、アレ?と思うことがあったんですよ。


朝の起き抜けの状態が大変安定しているとか

お昼休みに車で軽く仮眠をとらないと死んでしまうとか

夜21時になったらもう死んでしまうくらいしんどいとか

そういうのが無くなっている。

で、それがほんとにそうかどうか分かんないですが

1週間か2週間前からあれを飲んでるんです。

ダウンロード 

にんにく卵黄。

もうほんとにしんどかったので藁をもって感じで購入して

毎日欠かさず飲んでるんですが

ひょっとして効いてきたのだろうか

なんてことを考えてちょっと幸せな気分になっております。




えーさてさて。

今日部下のフォレスト君がですね、

もう死にそうな顔で悩みをぶちまけてくれたんですが

実はフォレスト君、2月に今乗っている


スーパーボロッボロのステップワゴンの車検が切れるんです。


で、車を新調するか、車検を受けるかの選択に密かに迫られている。

で、また結婚して3年ほどになるんですが

いよいよ家を建てるらしいわけですよ。

もちろんローンで建てるわけです。


で、フォレスト君は密かに車好きでもありまして

次はどうしてもSUVに乗りたいとニコニコしながら言ってた。

そんな話をアタクシにしてきはじめたのが9月秋のこと。

フォレスト君は色々慎重に考えますので

候補車両も色々出してきて結局のところ

レクサスRX(前の型中古)か、ハリアー(現行型中古)まで

それはもう頑張って絞ったんですね。

嫁に言われた予算もクリアして見つけてきたわけです。

で、昨晩のことらしいのですが

レクサスに決めたことを嫁に伝えたところ

「ご近所の目もあるのにレクサスなんかダメヨ!」

と言われたことがきっかけで普段おとなしいフォレスト君もブチギレ、

言い争いが始まり

「アタシや子どものことはどうでもいいって言うのね!!」

と切り札ゼリフを出され、

家を飛び出してガソリンが無くなるまで車で徘徊、

奈落の底へ突き落とされたかのような顔で本日ご出勤

となったそうです。


その9月からフォレスト君が散々悩んでいる間に

まるで通り雨のようにブレイクアウトを購入したアタクシですが


車についてはですね、

欲しいのを「買える範囲・無理できる範囲」で買わないと

これはもう犯罪に等しいと思うんですよ。

絶対ダメだと思ってるんです。

現実離れしちゃいけませんけど

自分のすごく気に入った車を手に入れると

毎回乗る前に眺め、ドアを開けて乗り込み座り、

エンジン始動の音ににんまりし、

そして誰も見てないけど

いわゆる超自己満足出来るわけですよ。

幸せになれる。



これが周りに文句言われるからと妥協に妥協を重ね

全然欲しくも無い車を買ったとしましょう。

ましてや新車で買ったとしましょう。

俺らの給料ではそのどうでもいいような車を

10年くらい乗りつづけなければならなくなるわけです。


これは車好きにとっては
額に1滴ずつ滴を落とす拷問よりきつい。


もういっそのことわざとコンクリートの壁に突っ込んで

エアバッグ出してもたろかとさえ思ってしまう。

当然どうでもいい車なので洗車なんかまずしない。


極端ではありますが、

車は正直人が乗れて前に行って後ろに行けばいいわけです。

それでいいなら車なんかなんでもいい。

女性には多いタイプかと思いますが

車好きが求めているのはそこじゃあない。

むしろ前にしか行かなくてもいい、

2人しか乗れなくてもいい


腰がしびれるほど自分のかっこいいと思うものを所有したい


そこやと思うんです。

安い買い物ではなく何百万というお金を払って買うのに

ファミリーカーを出して「これにしとけ」

とはどういうことや!と。


アタクシはそこは絶対に譲りませんから

車も好きなものに乗りますし、

バイクだって高い、重い、曲がらない、でも俺これ大好き!ってのに乗ってます。

奥さんにお伝えするとしたら。


あなたの提示したそのファミリーカーに無理やり乗らせたら


ご主人は


よその女に乗りまくると思います。





スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。