しょうがねえな

1月5日、輝かしい年明けとともに


暗黒色の車に突っ込まれて愛車のステイシーが

ベッコベコになったわけです。

相手方の運転手も平謝りで

こちらもやんちゃを言うわけでもなく

現場の事故処理を終えてあとは保険屋さんとのお話なわけですが

相手の保険会社から電話がかかってきて

保険会社名を聞いたところ

対応スピード亀以下で、ややこしくなったらもう放置しちゃえみたいな

保険屋としてあるまじき会社名が飛び出してきまして。

実はうちの嫁が車を10tトラックにぶつけられて引きずられて

テキサスの農園のおっさんが乗ってるような感じに仕上げられた時

もうクソみたいな対応で、家族全員その保険屋をやめて東京海上にしたんですね。

まあそれはええとして、

今回も事故後に一回連絡入れて来て、

「横がもうベコベコだから早く修理に出したいんだけど」

「お車拝見させていただかないといけませんのでそのまま乗っといてください」

「今日見に来てくれるんですか(今朝9時)」

「今日の今日は無理ですよ」

「え。いつまで修理出せないの?」

「鑑定士が見に行くまでお待ちください」

「鑑定士いつくるのよ」

「こちらで調整しないと分かりかねますねえ」

「分かりかねますねえじゃねーっすっよ。」

「10日以内には行けると思いますが」

「・・・」

「あのね、あのね、」

「はい。」

「俺年あけて平和にコンビニのサンドイッチ買いに来ただけなのよ」

「はい」

「俺停車してましてね、」

「それは鑑定士が見させていただかないと」

「平和にサンドイッチ買いに行ってあんたとこの車にメキメキやられて」

「はい」

「そのメキメキの状態で1週間以上我慢して乗りつづけなければいけないと」

「そうですね。そうなりますね」

「俺サンドイッチが欲しかっただけなのに?」




「サンドイッチはあまり事故には関係ないとは思いますが」




分かっとら!!!!!!!



そんなわけで事故から7日目。

相手の保険屋から何の連絡もなく

今日もベコベコアウディで出勤しております。


img_2_20170111082047588.jpg 



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。