久しぶりにNSP使いました

オッサン2,3につきまして、たくさんのご注文ありがとうございました。


現在抜き屋さんところでシリコンにうまっとるころかと思います。

抜き屋さんのお話では2月中納品可能ちゃいますかと書いてありましたが、

ワンフェスともかぶってきますし、

多分3月にずれ込むんちゃうかなと思ってます。

届き次第、遅滞なく発送いたしますのでお待ちくださいね。



えー、うちの地域じゃえらい雪が降りまして

何が辛いって今の自分にはたった一つ

バイクに乗れないっつーことでしてね。

イライラしながらも家にいるしかなく

酒でも飲んで堕落してやるかと思っていたんですが

急遽2日で原型を造らなあかんようになりまして。

こういったお急ぎ造形の場合、

木部用パテで芯を造って固めて云々とやっとる時間が無いわけです。

こうなるとちゃっちゃと使用するのがNSPっつー粘土になるわけですが

アタクシが持っているのはミディアムのブラウンです。

久しぶりに出してきてみると

鋼鉄のごとくカッチカチでございましたので

オーブンに放り込んで110度30分。

その後NSP保温用に持ってる

20120126221541.jpg 

ヨーグルト製造機に放り込んでおきますが

まだ結構硬かったので設定温度を58度くらいに上げておきました。

そしてしばらく置いておくかと

久しぶりにひっぱり出してきたエクスペンダブルズなんか見始めちゃって。

面白いもんだから最後まで見ちゃってから

ああそうだNSP、NSPって手を突っ込んだら

車の中に置きっぱなしだったチョコレートみたいになっちゃってて

それがまたメチャメチャ熱いわ指から剥がれないわ

手をブンブン振り回して部屋中に飛び散るNSP。

まあいい、いいんだそんなことは。


NSPについてはそのままだと固くて

温めると柔らかくなる素材でして

美術系の人は良く使ってらっしゃいますね。

あくまで個人的な感想ですが

自分としてはヘラを通した時に

すーっとエッジが立ってほしいんですけども

ヘラへの食い付がよくて引っ付いてくるんですね。

まあ粘土のその時の温度の事もあると思うんですが

スカルピーに慣れてるとあんまり気持ちよく捌けないなあと。

ただ、冷めて固まるとひっかきツールが非常に気持ちよく使えるんですね。

シュパーシュパーと。

どっちかつーと彫刻になるのかなあ。

IMG_4845.jpg 

表面の慣らしとかはサイモンなリーさんが

小さいバーナー使ってたりしてたのでそれもやってますが

基本シンナーとかでいけますね。時間かかるけど。


どちらにせよ自分としては

メインのマテリアルはいまのところやっぱりスカルピーで

お急ぎ便の割と大きいサイズ時とか

ラフでなんかイメージしたりする時がNSPっつー感じでしょうか。





スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。