これから造る人形は

仕事上、よく内部でこねくり回した話を


何も知らない外部に向けてプレゼンすることが多いんですね。

長い間やってきたんですが、

それを若い子たちにやってくれる?とお願いした場合

プレゼン資料がなかなか進まない。

何で進まないのか話を聞くと

いらんことをいっぱい書くから文字まみれになり

説明もあっち行きこっち行きして

最終的に何の話をしてるのか分からんようになるってやつになってました。


説明しようとしていることの本質というか

着地点を理解しておけばさほど迷うことも無いんですが

わりと飾りを付けて形を整えようとしたくなるもんです。

なので僕がプレゼンする場合、

出来るだけ短い文字数で飾りとなる部分は省いて

大事な事だけ2回言う

っていうプレゼンの方法をとります。


っていう話をしてて思い出したんですが

ダウンロード (3) 

この人が若い料理人が料理対決の前にすごい悩んでたので呼び出して

ナス1個と調味料50種類置いて

このナスに付ける調味料を調合して一番おいしく食べられる方法を見つけろと。

若い料理人があれやこれや混ぜて出来ましたー!って答えたら

ボケ、これが一番おいしいんだよと

何もつけずにナスをボリボリ食ってました。

ついでに言うと

c0039153_22131147.jpg 

「足なんか飾りです。偉い人にはそれが分からんのです」

っていうこのセリフなんてもう完璧やなと思うわけです。

ただまあ、


これから俺の造る人形は
服とか装備とか無しのすっ裸で
足も造れへん


とかそういう話じゃありませんので

一つよろしくお願いいたします。


劇          終



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。