シンポスン

週末に例のハーレーカスタムショップに寄ってたんですけども


とうとう僕が先日購入して脳が飛び出そうになった

バンディットのヘルメットをデビューさせて行ったんです。

しかしさすがに中を削りに削り倒し安全基準を50%まで下げたヘルメットなので

正直転んでアスファルトにヘディングしたらカニみそになるかもしれんなあ

と思いながら走ってまして、

ここに来てちゃんとシンプソンのヘルメット買った方がいいかなとか

この間までお椀みたいな半ヘル載せて走っていたとは思えないマジメ思考になっとったんですね。

しかしハーレーに似合うシンプソンのカッチョイイヘルメットといえば

smp_ghost.jpg 

このゴーストバンディットっていうやつかしらと思うわけですが

実にこいつが7万円くらいしやがる。

庶民にしたらちょっと高いわけです。

まあそんなことを考えながらお店についてヘルメット持って入ったら

それを見てすぐに反応。


「お、ヘルメット新しくなっとる。シンプソンのニセモンや。」


と。

ちがうちがう、これはどこのドイツ人の造った

実に粗悪な造りのバンディットっていうメーカーですぞと反論いたしましたら

俺のシンプソン見せたるわと出して来はったんが

スターウォーズ-オートバイ-ヘルメット-frp-シンプソン-スターウォーズ豚ヘルメット-atv-4-stig-ホワイト 

「おお!・・・おぉ?」

「ええやろ。俺のシンプソン」

「シンプソンこんなデザインあったっけ?知らんで?」

「限定発売の1万円のシンプソンやで」

「シンプソンちゃうやんか」

「5千円のも売ってたけど、俺そこそこ金持ってるから1万円のにしたんや」

「シンポスンって書いてあるんちゃうんけ」

「俺はシンプソンやと思ってる。」

「バットで叩いたらホンモンかどうか分かるで」

「あ、ごめん、一撃でベッコベコになるからやめて」

とまあ偽物シンポスンでワロたわけですが、

多分安全基準50%の俺のバンディットもバットで叩いたら


一撃でお豆腐みたいになると思います。


しかしまあ一応フルフェイスかぶってたら

転んだ頭の上をダンプカーでも走って行かない限り

img_2_201702270844411f9.jpg 

ここはなんとか守られるかなという希望をもって

しばらくは今のヘルメットでレッツライドということにいたします。











スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。