頭に乳を押し付けられて他のことなんかどうでもよくなってっていう話

もう夢にも慣れてきまして、昨夜は


八つ裂きにされた女性が落ちてまして(景色はコバルトブルー)

もう目ん玉とか外に出ちゃってて、

状態を救急隊員さんが「これはアニー?ケニー?」と聞いてきたので

「たぶんケニーです」

と答えたんですけど

「アニーですドウゾ」

いうて本部に無線入れてまして

あああ、ケニーなのに、この人アニーって・・違うのに・・・

FullSizeRender_20170608082019f4c.jpg 

と、

アニーとケニーが一体何なのかさっぱりわからんのに

すごい心配しながら夢から覚めましたよ。

みなさんおはようございます本日のあうだーちぇです。



あ、すごいですね、ブログ更新してますね。

だいぶ回復して来たってことでしょうね。

えーさてさて、

昨日ですね、抜かれた奥歯をインプラント対応しようと

あちこちに聞きまわってこのあたりじゃ一番まともな歯医者を紹介してもらったんです。

結構いい歯医者さんでして診察台は個室になってて

すごいかわいい歯科助手がついてくれるんですね。(ここすごく重要)


で、ではチェックしますので椅子倒しますねゆうて

グアーっと椅子倒されて、おねいさんが頭側から口の中をチェックしてくれるんですが

俺の頭頂部におねいさんのおっぱいが当たるんです。

正確に言うと

もうおっぱいをグニっと押しつけられている。

頭頂部にパイをグニ。

かわいいおねいさんが俺の頭にパイをグニ。

ほかに気になるところはありますかと聞かれて

もうそんなもん抜けた歯以外全然きになってないのに

この至福のパイグニタイムを逃してなるものかと

全然大丈夫な歯をコレとコレというてさらに延長。


やがてパイグニタイムは終わったんですけど

もっかいパイグニ・・もっかい・・と思ってたら

詐欺師みたいな笑顔のオッサンがやってきて

インプラントについての説明を始めたんですが

もうどうでもいい。オッサンおまえはどうでもいい、

お前の横のねいさんの乳を、乳をはやく・・・

「・・からね、小川さんの場合インプラント出来ない」


「(乳、乳、ち・)・・・え!?」


「インプラント無理ですね」


乳の代償としては高すぎるご発言を聞いてしまって

目を真ん丸にしてもう一度聞きますとですね、

どうやら俺の場合、

IMG_6221.jpg 

副鼻腔が下のほうにあって

ネジを入れる骨の厚みが3mmしかない。

つまりネジが鼻の奥から突き破って出てくるらしいんですよ。

結局歯医者のおっさんは、これしばらく考えさせてと診察は終了。

次回は月末になりました。

パイグニタイムまであと20日。



歯はテキトーに治しといてくれや。




スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。