高級秘境旅館とかどうすか

昨日頭の中で大事なものが壊れた音がしましたが


お仕事原型がひとつ納品となりかろうじてバランスを保っています。

今日頑張って1日過ぎたら明日お休みだ!

けど日曜日また1日仕事ですねこのやろう。


最近篠山市にある古民家を改修した旅館とか料亭とかを見る機会があったんですが

実際観光ビジネスとして成り立ってるんですね。

予約が立て続けに入ってる。

これはおもしれえなと思ってはいまして。

近所の高い山の上に昔は大きかった廃寺があるんですが

庫裏とかまだしっかりしてるんですよ。

もう住職とかはいなくて近所のおじいが掃除したりして

かろうじてギリギリ管理している。

いくら大声で騒いでも誰も怒らない山奥ですから

騒ぐのにはちょうどいいし、

山賊みたいなヒゲのオッサンがジビエ料理を出してくれて

店員はひざ上20cmの丈の着物でノーパンとかね。

幸い毎年自殺者がわんさか出るとこで

こないだはいつ死んだかわかんない白骨死体が出てきたりとか

夜もリアルにホラーで楽しめるんですよ。

素晴らしいと思いませんか。

座敷童が出る旅館とかめっちゃ流行ってるじゃないですか。

高級ベッドで高級羽毛布団にくるまれ



死霊にうなされて眠れない高級秘境旅館



基本料金一泊4万円

絶対に「出る」部屋は2万円プラス。

お帰りの際の除霊オプションは15万円。



海外の富裕層にウケないかな。

maxresdefault_20170616091232b4b.jpg 







スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。