ハーデス666#02

久しぶりに粘土記事が続きますよ。


ハーデス様の芯ができたので、

とっととモリモリしたいのですが、

芯にスカをくっつけるための儀式を行わなければいけません。

固まったエポパテにスカを盛るには

薄いスカの膜を張り付けてやらなければ

その後のスカがくっついてくれません。

小さい人形だとリキッドスカルピー使いますが

こういう大きいサイズだとしんどいので

とっととシンナー塗って作業します。

IMG_6803.jpg 

この後ちゃんとスカを盛るのでとりあえず

「膜をつくるんだ」

というつもりで薄く薄く貼り付けますよ。

この時の注意事項は「空気を入れない」。

加熱時にその空気が膨張して膨らんで「あべし」になるのでそこだけは注意します。

膜が出来たらざっくり盛り付けを始めます。

一気に盛らない。

一気に盛らない。

一気に盛ると引き算しなくちゃいけなくなる。

これが自分的には手戻り感半端なくて

壁に投げつけたくなるもんですから注意します。

で、ざっくり盛り上がったのがこれ。

IMG_6807.jpg 

えらい細いんですが、

この後服を盛らんといけませんよね。

実際の服の厚みを1/6できないというか

できるんでしょうけど作業しづらい。

ある程度の厚みがあるものとして

先の着ぶくれ状態を見越したうえでスマートに作っておきました。

これからきちんと人体のシルエットつくって(服を着るので筋肉とかどうでもいい)

バッシーンと焼いたります。

IMG_6809.jpg 

ほかにも作業が同時進行しとりますので

進み具合はスローですがよろしくお願いしますぞ。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。