シリコン真空脱泡、戦えチェコポンプ

おはようございますアウダーチェ小川です。

最近近所の港で小さいガシラをチョロチョロ釣って喜んでましたが

先日カスタムペイント屋社長にゴジラみたいなのを見せられて

もう週末は一人で船に乗って離島へ行く決心を固めました。

猫みたいなサイズのガシラを釣ってきますので

ぜひ落ちた沈んだ頭が割れたではなく「釣果」をご期待願いたい。


えーさてさて。

昨夜SNSでは流しましたが

シリコンの脱泡作業をやっとりました。

シリコンといいますと、混ぜてから気泡かまないように

ピューっと細く流して、さらにエアブラシで気泡を消す

などという気の長いことをやってまして、

その後、人力真空おひつっつーのを導入。

IMG_7733.jpg 

ボークスの透明シリコンを使うにあたってこれは仕方なかったんですね。

しかし毎回毎回上のポンプをシュコシュコシュコシュコ

刑務作業のように繰り返し、汗まみれになっておったわけです。

腕もしんどいわ、これで流して気泡できたらどうすんねんオラ

そんな感じで過ごしてたもんだから

もういよいよ最近になれば原型出来上がったら

タッパーに入れてすぐベルグさんに送っちゃうというていたらくでしたね。

しかしまあなんつうか

業者抜きはクオリティは高いですが、

どうしてもお値段がお安くはない。

いろいろ経費考えると正直僕がワンフェスに参戦したら

持って行った人形全部売っても赤字で帰ってくることになる。

ワンフェス出るのやめた理由は他のことですが。


そんなわけで満を持して導入したのが

IMG_7731.jpg 

真空セットだオラ。

ヤフオクで購入して電源入れたら動かなくって

腹立てて思い切り蹴り入れたら快調に動いている

チェコ製のあいつです。

構造なんかはほかの偉い人がいっぱい書いてるので勝手にググってもらうとして

今回信越のシリコンを使っています。

こいつが真空引かずに生流ししたらもう

カプリコみたいになります(経験済み)

絶対真空条件みたいなもんですね。

とりあえずカップに入れて混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ

真空ドーン!

IMG_7722.jpg 

キッチリ真空。


IMG_7721.jpg

すごい沸いてくる。

最初あまりの沸き方にビビったんですけど

何回か真空割ったりしてると意味がわかりまして。

真空到達で止めてほっとくと

IMG_7725.jpg 

勝手に抜けよるのね。

ただこいつ、気泡なくなるまでに20分かかりました。

その後デレーンと型に流し込むと

IMG_7729.jpg 

気泡ゼロ。


チェコ製でも真空ポンプ買ってよかった。



 
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。