FC2ブログ

獣の直感

短い小話ですが面白かったので。

この話誇張無しのマジ話す。




実は3日前に迷い犬が職場へやってきましてね。

ん?いい犬じゃないかと良く見ましたらバーニーズマウンテンドッグ。

12_20110223091912.jpg

もうおそらく3歳~5歳といったところでしょうか

成犬で相当でかいわけです。

一番元気のいい時期のね。


で、朝にコーヒー飲みながら

ドッゲスのところへ行きますと

こう尻尾をビュンビュン振って喜んでくれるわけです。

ビュンビュンビュンビュン。

バウワウと。

2年前に愛犬のゴールデンレトリバーを亡くしたもので

何かこみあげるものを感じながら

ヨシヨシと抱いて撫でてやるわけです。

ヨシヨシヨシヨシと

やっぱり犬はかわいいなぁと。


ほな向こうから



「ええもんおるやないけぇ」


ジャンジャカジャンジャカジャンジャカジャンジャカジャン



20090930_701650.jpg

この間書いた鉄砲撃ちのオッサンが寄ってきたわけです。



「なんじゃいワレェ野良犬かい」



「いや、迷い犬で預かっとるらしいです。」



「ヘッヘッヘ。山に放したろこ。」



「どないするんです。」




riki1.jpg


「的にエエ大きさやないかい」



「そんなんしたらあきませんて。」



「ウエヘヘヘヘ」


とおもむろに犬の前に立って

犬の頭をバンバン叩いて


「コラワレ、座れ。」

4RJ.jpg



ほなね、犬ね、誇張してるわけじゃないすよ。



尻尾クルーーーンと股の間に挟んで

足ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

しょんべんをジョーじゃなくて


ジョッ!ジョッ!ジョッ!


ですわ。



犬分かるんですよ。

犬直感で分かってんですよ。

このオッサンものすごい危ないゆうて。


「ちょ、めっちゃ震え始めたやないですか。」


「ナーニ震えとるんじゃい。(ばん!ばん!と犬の頭を叩く)」



「やめたってください、わかるんですよ。犬殺すオッサンやゆうて分かるんですよ。」



「こんなビビリの犬では山連れてイカレへんのう。」



やて。



あんなでかい犬が

あんな震えとるん始めて見たわ。

ラオウかちゅうねん。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。