FC2ブログ

シャルマ、俺は君の

昨年末、職場の近所に新しくインド料理店ができたんですよ。

ほんでそこがすごくおいしくて

もう4週連続で家族で行ってるんです。

特に娘二人がお気に入りで

カレーもお気に入りなんだけど

そこの店のオッサンがね、

もうすごいええ顔してまして

150点の笑顔で笑うんです。

その笑顔に癒されるのでまた今週もカレー食べに行こう

とか申すわけなんです。


少し背が小さくてチャリンコで食材を買い出しに行く姿。

ええ歳の娘さん(乳もケツも絶賛成長中の意味)もいて

家族でお店を構えてるわけです。

貸店舗を借りて頑張って経営してるわけですが

昨日頑張ってカレー食ってますと

「ドウデスカ?」

と聞いてきたんです。150点の笑顔でね。

「おいしいですよ」

と言ったらニュッカーっと笑う。

「家はチカクデスカ?」

「隣町です。」

「ハハーン。」

「仕事がここの近くです」

「ハッハーン。」

そしたら何を思ったかメニューブックをペラペラめくって

『ランチお持ち帰りメニュー500円』

っていうのを指さして

「コレガアリマス」

っていうわけですよ。


ああ、昼のランチの注文も承りますよと。

うちの職場はみんなお昼に弁当注文しますからね。

ほんで、頭に「みんなの注文を受けてあげれば結構な数に・・・」と浮かんだわけです。

けどすぐ次の瞬間

インド人のカレーの注文は確かに1回目は

みんな珍しがってするとおもう。

それをうちの職場に来てニコニコ注文票に書きながら微笑むシャルマ。

けど、インド人カレーなんかそんな毎日毎日食えないじゃないですか。

2日目にまた

「ゴ注文ヲ・・・」

ゆうてシャルマが150点の笑顔で注文もらいにきても

誰一人注文しないわけです。

シャルマは日本語が完璧ではないので

状況がよく飲み込めず

ただただオロオロしながら注文を待つんだけど

しばらくオロオロしてから

ああ、注文はもう無いのだと気づき、

しょんぼりと自転車を漕いで帰っていくわけです。

お店では妻と娘がもう昨日並みにナンを焼いて準備してるんですよ。

今日もたくさん売れるといいねとかなんとか言いながら。

そこへシャルマがチャリに乗って帰ってくるんです。

ユニクロの赤いライトダウン着て。



「注文ナカッタデスヨ・・・」



肩を落としてそうつぶやくシャルマ。


そこまで想像してしまったもんだから

「ああ、ランチね、またみんなに言っとくね。」

と逃げた俺。

ごめん、シャルマ、君の落ち込む姿を見たくないんだよ俺は。

その笑顔でミドウジ一家を毎週癒し続けておくれ。



130202f22.jpg

スポンサーサイト



4 Comments

参拝者 says...""
さ・す・がです住職。おもわず想像して情景が浮かびましたよ。
カレーのカラさは大丈夫なんですか。自分が昔、ターバンまいた
インドの方がやってた店で食った時は普通でもメッさカラかったです。
2013.02.04 18:13 | URL | #- [edit]
Taichi says...""
その彼は果たしてほんとうにインド人ですか?
パキスタン人ではないですか? インド人笑いませんからね〜
それはさておき、先日私も墓参りの途中で立ち寄った
インド料理屋が大変おいしく、店主も気さくで良かったです。
「サービスするよ〜サービスするよ〜」と連呼するのと
非常にうまいのとで家族でバンバン注文したんですが
清算の時レシート見返したらガッツリ料金取られてました。
またお盆の時には立ち寄ろうと思います。
2013.02.04 18:52 | URL | #- [edit]
midouji says..."Re"
参拝者さん
辛さはなんか0~50で選べるようになってるんですが
なんでそんな細かく分けたのかわかりません。
普通5刻みで注文するところ
先日娘が「4」と注文してましたが
違いなどさっぱりわからんでした。
2013.02.05 07:42 | URL | #- [edit]
midouji says..."Re"
Taichiさん
多分ネパールだと思います。
この辺に来てるあっち系の人らはほとんどネパール人だと聞いたことが。
まあインドってゆうたほうが印象としては分かりやすいんでしょうね。
昨夜持ち帰りのカレーを買いに寄ったんですが
待ってる間ラッシー出してもらったりして
優雅に過ごせました。
ただし
やっぱりよく考えたら高いです。
持ち帰りセット、カレー・ナン・タンドリーチキン・サラダで1000円。
んー、こんなもんか。
2013.02.05 07:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。