FC2ブログ

計画

昨日の記事については

コメント以外でも色々ご意見をいただきましたが

結局のところ肯定的なご意見ゼロの

頭がおかしいのご意見が大多数。

ちなみにハヤシ君の連れなどは

背中に「志」と書いてあったりして


「これは俺の信念だ」


とか女の子に説明してたとか。

一族ひっくるめて非常に残念な団体です。



さて、随分前に登場していた

自称オールドルーキーのタマダでございますが、

お見合いパーティーでハメられたとも知らず

ゴケッコンされるということでございまして

ちょっと前に1月にケッコンシキしますので

ミドウジさん出ていただけませんかとのお申し出。

もう課も変わり直接関係ござらんが

呼んでいただけるなら行きますよとお答えしておりました。

仕事の都合で式を先延ばしにしていたらしいですが

つい先日式をもう少し早めますと言ってきましてね。


どうした、何かあったんかと問いましたところ



「生理が遅れておりまして」



とのご回答。


これはまた興味深い。

どういう経過だったのだねと聞きましたら

タマダは32歳、嫁になる女は35歳。

結納は先日済ましたところ

向こうの親が

うちの娘ももう歳ですから

「早めに子供つくってもらって。アハハハハ」

なんていう会話があったと。

ほなタマダもアホですからね、

その夜にまた激しく絡んでいたそうなんですが、

昼間の義父の言葉を真に受けて

ゴムを排除、

彼女に


「ええか」


と聞くと

彼女も


「うん・・・」


と。


ほんで計画的に中で出したんですと。


「遅れてるだけちゃうんか」


「ええ、妊娠したかどうかはわかりません」


「検査薬あるやんか。」


「ええ、それにはプラスと表示されているんですが。」




「それは受精の確定マークだボケ。」




でまあそんなわけで

1月の式を12月に早めましたなんていうわけですよ。


しかし6月に受精させておいて

1月を12月に早めたところで

新婦の腹はどっちにしてもパンパンじゃないですか。



意味の無い早め方じゃないですか。



まあめでたいことではあるんですが

タマダもあちこちに間違いが見受けられる。


義父の「早めに子供を」の言葉に


「今夜受精させて」を見つけ出すタマダの脳はどうなっとるんやと。


絶対お父さんそんなん思ってるわけないじゃないですか。

幸い結納済んでましたんでよかったですが

済んでなかったらガラスの灰皿で頭割られるっつーの。



計画というのは6か月とか1年とか10年とか

先を見越して立てるもんであって

気持ちよさに身をゆだねて10秒後までの事を考えましたとか




それは計画と言わへんでしょう。




130708a13.jpg

スポンサーサイト



5 Comments

股濡 says...""
もう、おもろすぎて顔がにやけてたまりません。
近頃の子は平気で子供ができるようなフィニッシュを迎えるんですよね。男も女も、怖い、って感覚がないんですかね。
ま、結納までしてるならええんでしょうが、住職もおっしゃるとおり、たったひとつき早めただけなら、新婦のお腹はなんらかわりないかと(笑)。
楽しいタマダ氏、ハヤシ氏とお近づきな住職万歳!。
2013.08.07 12:28 | URL | #- [edit]
midouji says..."Re"
股濡
どういう計算をしたんか
詳しく教えて欲しいとおもわんすか。
1時間くらい話をしたいつーの。
なんで?なんで?って
100個くらい聞きたいことあるわw
2013.08.09 06:31 | URL | #- [edit]
midouji says..."Re"
ロックコメさん
なんかね、そういう理由で
新婚旅行も熱海あたりに変更するらしいですよ。
飛行機の揺れが妊婦に悪いとかなんとか。
だったら全部終わってから中田氏すればよかったんやろがって言いましたが
それについてはあくまで計画的にと譲らないあたりが
全くどうしようもないわけです。
匙を遠投。
2013.08.09 06:35 | URL | #- [edit]
エボロ says...""
全部終わってから解禁すると、これはこれでまた全然出来ないという事態になったりするもんで、、、むつかしいもんですな受精。
2013.08.09 08:20 | URL | #- [edit]
midouji says..."Re"
エポロ
えーそうなん?
毎日するからちゃうの。
溜めてから狙い撃ちのほうがええんちゃうんか。
計画せえ計画笑
2013.08.11 09:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://audacesculpey.blog.fc2.com/tb.php/5036-267e4559
該当の記事は見つかりませんでした。