FC2ブログ

小さいおっさんを造る 3

はいおはようございますよ。

昨日盛り付けちゃってブチギレのみなさんご機嫌いかがですか。



さて続きですよ。

まだ盛り付けてませんよね。

言い忘れたことが。


一応、一応ですが、

どんなんでもいいので、

顔の写真若しくは鏡を用意しておきましょう。

どんなんでもいいです。

誰かに似せたいと思うのはとても大事なことで

俺もそうやって駆け出したわけですが

はっきり言って最初から似せようとしてもそれは無理。

いきなり似た顔作れるならここを読む必要無いんで

さっさとメーカーさんに持ち込んでデビューしていただきたい。


用意する目的は、

正しい目や眉や鼻、口の位置を観察するためです。

似せるのはもっと上達してからでいいと思いますし

俺も小さいサイズで似せたりなんかできないしー。


はい、そんなわけで写真まで用意出来たら

いよいよ盛り付けてやっつけましょう。

前回ここまで出来てますから

IMG_1183.jpg

こっからまず、

俺の場合は

目のくぼみをぐにっと入れます。

ああ、ごめん、一応書いてきますが、

今回の実験では顕微鏡は使いません。

みんながみんな持ってないのでね。

ただ、ヘッドルーペは要ると思います。

吉岡さんも本に書いてた。

「正確な位置に筆を落とすことが出来るかどうかで違ってくる」

ゆうてね。



R7503 双眼ヘッドルーペ2.3倍R7503 双眼ヘッドルーペ2.3倍
()
ourbrand

商品詳細を見る


あんまり「安い!」というわけではないですが

ずっと使うのであったほうがいいかもですねえ。

何年か後に何年か前の自分に感謝すると思います。



はい、以下5分のアラームをセットして

その都度撮影した写真です。


IMG_1184.jpg
IMG_1185.jpg
IMG_1186.jpg
IMG_1187.jpg
IMG_1188.jpg
IMG_1189.jpg

まず最初に目のくぼみ入れますが、

その時に結構木パテに彫ったガイドが効いてたりします。

自分的に気を付けなきゃなと思ってるのは鼻のサイドでして、

自分で顔を触ればわかると思いますが、

ほっぺたの頂点より鼻の横は凹んでますよね。

ここが凹まずに耳へのラインに繋がっていくと

なんかヘビとかトカゲみたいな顔になっちゃうんでしょうね。


あと、美少女フィギュアとは造りが違ってくるので

そっち系を参考にしちゃうと随分違う方向へ行くので注意です。

写真をよく見るか、鏡を置いておいて自分の顔を見ながらやりましょう。


一番下の写真何か見ると分かると思いますが、

眉のライン。

くぼみ始める頂点つーか。

ここが最終的に眉毛になるライン。

だから怒ってたら吊り上ってるし、

無表情なら水平気味っていうか。

それは記号論になるんで、

ちゃんとやる人は写真見ながら角度に注意していじってください。


あと、口です。

先日紹介したデッサンの本を読んだ人は分かると思いますが

顔を横から見て鼻の頂点と顎の頂点を結んだライン上に

下唇の頂点が丁度乗っかるのが日本人の顔です。(標準のね)

欧米人になるとそのラインより唇はひっこみ、

黒人系になるとラインを越えて唇が飛び出します。

あくまで標準の顔での理屈になるんで

正確には写真をよく見ながらやるといいと思います。


顔全体のでっぱりやくぼみについては

自分の顔を触りながら確認するしかないです。

肉が厚く乗ってる部分、頭がい骨がすぐ触って分かる部分。

顔の写真が360度分あると、

その写真の角度に合わせて見比べながら進めたら良いかと。


話戻って口ですけど、自分の顔を触ればわかると思いますが

結構出っ張ってます。饅頭みたいに。

頭がい骨の写真とか見たらよくわかると思いますけど。

横に線をしゅっと引いて、下唇をにゅきっとつける。

その線の両端を爪楊枝の先でチョンっと突いて凹ませ、

凹んだ部分を頂点に顎の方面へ凹ませてやると

腹話術の人形ラインが出来ますので、

そこから全体へ慣らしていけば

なんということでしょう、口の出来上がり。

上唇はジョジョとかを読んでる人はイメージしやすいと思います。



最後に俺が注意してることですが、

エポパテは徐々に固まってきます。

そういう素材なんだからしょうがないんですが

最初はユルユルなんだけど、だんだん固くなる。

で、ある程度固くなっちゃうと、

凹ませすぎたから指に残ったエポパテを乗っけるかと

乗っけても、スカみたいになじまないんですよね。

盛りを途中からする時は硬化しちゃってからか、

最初のユルユルの時だけにしてます。

それと、勢い余って押し込みすぎないように

ソフトにソフトにタッチするよう心掛けると

結構うまくいったりするもんです。



で、目は?

オイオイ、肝心の目は!?

となってる方も多いと思います。

目は最近のアタクシのやり方では

この状態で一旦硬化させてから目を入れます。

硬化させないでやると失敗した時にリセットしにくいんすよね。

特に今回は初めてチャレンジする方も見てはるという設定なので

難しいところは何度でもやり直せる方法でいきましょう。


なので一番下の写真の状態まで出来た人から今日は帰ってよし。
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。