FC2ブログ

小さいおっさんを造る 4

ぬー、シリーズもんはずいぶん久しぶりにやってますが

日々のネタに困らなくていいな。


はい、続けますよ。

今日は全国の女子大生の諸君が非常に嫌いな「目」です。

大体フィギュア見る人ってまず最初に顔面見ますからね。

顔がニョヘーンとしてたらそこで落選してしまう。

だからしっかり造っておきたいといつも思ってます俺。



昨日造った顔面はすでにカチカチになってると思います。

なので遠慮なくパテを入れます。

001_2013100112352219b.jpg

こんくらい。

この量である程度調整が出来るつーか

外国人みたいに彫が深ければ

少なめにすりゃいいし、

日本人みたいに平たい顔なら写真くらいの量でいいと思います。

今回は日本人造りたいのでこのままいきます。


002_201310011235247c4.jpg

盛り付けた粘土をテローンと慣らしていきましょう。

両目のボリュームが同等になるように注意したりなんかして。

多いなと思ったら爪楊枝の先でチョリっととってやります。




はい、ここでヘッドルーペと針を装着しましょう。

ここから裸眼でやることは間違いではないとは思いますが

できるだけ対象をでっかくしたほうがいいに決まってますんで

シャキーンとマイヘッドに装着。

装着したら周りの景色は見ないように。

即酔ってゲロります(<俺だけ)

針はいらん筆の柄に突き刺して瞬着で。


ルーペ装着したら

行きますよ。瞼を入れます。

針ですよ。針。

めちゃくちゃ集中しましょう。

今ウンコ漏れても気付かないほどに。



そして



スーーーーーー



っと瞼ライン入れます。

003_20131001123525d27.jpg


あくまで「すーーーーー」です。

間違っても


グニョール


とやっちゃだめです。

まあやっちゃってもまたやりなおせばええんやけど

出来るだけソフトにすーーーっとやればうまく入ります。

右利きの人は向かって右半分がやりやすく

左半分はやりにくい。

こりゃもうしょうがないです。

慣れるしかないんすこれ。

ヘラを左>右と動かすのに慣れちゃうと

顔面全体が右へヨレますんでそこにも注意。



で、瞼ライン入れた途端にぐっと人間ぽく見えますね。

不思議ですね。

俺何?天才化してない?って思いますね。


瞼ライン入れたことでガイドが出来たので

ここからもっと苦しい

目を彫るっつー作業をしなくてはなりません。

もうこれは暗黒。

一番気を遣う作業。


とにかく写真か鏡を見ましょう。

目がどうなってるか。


ここで注意ですが、

目玉が見えている部分は

本当は小さい。

瞼ラインに目を彫り込む作業やってると

スゲー集中して周り見えなくなりますんで

結構顔面に対して目がバカみたいにでかくなってる時があります。

左右同じ形にする必要はありませんけど

眼球の存在が一部異次元に行ってるような眼のでかさはいかん。

寄り目にならんように、

離れ目にならんように

落ち着いて写真をよく見て入れましょう。



俺もかつては目の入れ方がものすごく苦手でした。

どうやれば上手に入れられるのかと

原型師さんにお尋ねしてましたが

帰ってくる答えはひとつ。



数練習するしかないですね



です。

もうこればかりはどうしようもない。

目は一つ目の壁だと思ってください。


今回の作り方だと、

ここの工程を何度でもやり直しが出来ます。

何度でも気が済むまで弄ることができる。


ということで、

ここに両瞼彫ります。


IMG_1193.jpg

上入れて


IMG_1194.jpg

下入れる。

下側の涙袋を少々誇張しすぎ感ありますが

以前にきゃりーぱみゅぱみゅの写真を見てて

「涙袋のなんと重要なことよ」と感じたことがあったので

それ以後誇張気味です俺。

写真見ると外側に違和感があるんですが

ゆうてもめちゃくちゃ細かい部分なうえに

後に引き算で対応できるような部分はあえて触りません。

指がフルフルするからせっかく仕上げたところを

ベニョール

としかねんし。

固まってからカリカリやればええんでほっときましょう。

あとでやれることはあとでやったらええねん。



さあ皆さん、気に入った形に仕上がりましたかね。

「まあこんなもんでええか」

という妥協もある程度必要です。

今回の目的は「最後まで全部仕上げる」、

つまり完成させることにありますから

楽にいきましょう。


大体出来たなと思ったら今日はここまでー。



IMG_1197.jpg


スタイロフォームに突き刺して

また明日。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。