FC2ブログ

ドラゴンスクリューナース1

まあ何がどうって書くこともないんですけどね。


なんでこうも書くことがなくなったんだろうって思ったんですけど

何でも言われたことをハイハイとお受けしていたら

脳があまりふざけた方向へ向かないようになってるんですね。

ふざけたことを考える余裕がないというか

だからあんまりおもしろいことも言えないし書けないという

本来の小川の旨み成分が欠落してしまっている

言わば市場で最後まで売れ残っている魚になった感覚と言いましょうか。

そんなわけで少しの時間でも創作活動をするように心がけておりますが

現在年寄りマークを付けて法定速度の半分くらいのスピードで走るオバアの車程度の速度で

進めておりますのがこちらのドラゴンスクリューナースです。

IMG_1273.jpg 

人が造らないものを造ろうとかおこがましいことを思っているわけではなく

単に自分が欲しいから造ってるだけでして

こんなのを欲しいと普通の人格をお持ちの皆様は思わない。

だから世の中にこういうのが無いってだけのことです。

自分の拘りとして最低限守っているのは何だろうと先日ふと思ったんですけど、

・自分の欲しいものを造る(人の意見を聞かない)

・立つ

この2つなんですよ。

1つ目はかつて人形が売れ始めた時に、ワンフェスとかで

こういうのが欲しい、こんなの作ってほしいというご意見頂戴して

ちょっと色気出して別に得意でもない好きでもない欲しいとも思ってない人形を造って

売りに出しましたところ全く売れない。

もうびっくりするくらい売れない。

高々と積み上げた在庫の山が動くことなくワンフェスを終了したことがありました。

そうだ、あれだ。

あの暗黒大雪電車止まりまくり動かない京葉線を飛び降りて膝まで雪積もって吹雪の中、

止まると死ぬと思ってスーツケース引きずって歩きながらションベンした


ワンフェス冬だ。


そうかそうかとあの時気付きまして

それ以降創作活動は人に何を言われようと俺の好きなもんだけ造るんだと決めております。

2つ目の「立つ」については結構初期に

えらい彫刻家の先生が言ってた

「立たない人形は人形にあらず」

という言葉に感銘を受けてずっと守ってる。

もちろん走っている姿とか宙に浮いてる姿とかは立ちませんけど

両足をつけて人間がバランスをとって二足で立っているポーズは必ず立つようにしてる。

まあ立つということは足の位置と頭の位置の辻褄が合ってれば立つわけで

立たないってことはどっかがおかしいってことです。

ただ、以前ツイッタかなにかで立つについて書いたら

乙女ばっか造ってるえらい原型師さんに

「髪のなびいた女性は立たないこともあるんだ!!」

って怒られましたね。

そりゃ立たんだろ。実際の髪と違って粘土の塊やねんから。

そういう場合は除外して考えてるよこっちもな。ボケ。

はい、まあそんなことで、今回のドラゴンスクリューナースも

とにかく立つように調整しました。

2体の人形が干渉していてそれぞれが片足立ちという条件でしたので

芯の状態からちょっと曲げて「どうよ。あ」

ちょっと曲げて「どうよ。あ」

ちょっと曲げて「今度はどうよ。あ」

てな感じで恐ろしく時間がかかりました。

スカートをマジスカで作った以外はすべてグレースカです。

まだまだ先は長いので冷ややかに進捗をお楽しみいただければと思います。

IMG_1264.jpg


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。