FC2ブログ

「みなさんの意見をよく聞いて」とおっしゃいますがね

何かモノを作り出していく、若しくは造り出していくのにあたって


近年自分がすごく重要だなと思うことがありましてね。

お仕事上何かを面白いことを考えろと言われることが多いのですが、

そこにくっついてくる言葉があるんですよ。

「みなさんの意見をよく聞いて」

というのがくっついてくる。

これは何も悪いことではないんです。

これが必要なケースも当然多々ある。

当然このみなさんの意見という資料がないと開発のスタートを切れない、

上層部の決裁がおりないとか問題もあると思うんですが、

こと人にウケるものを造るとなると、

みなさんの求めるものを一生懸命聞いてそれをまとめてみても

ヒット作の出る可能性は極端に低いんですよね。

なぜならみなさんの想像の範囲内でしかないからで。

そしてそれを造ってみたら

もっとこうだもっとこうなって欲しいとかあれこれ言われる。

みなさんのご意見をくまなく調査して整理して完璧なまでに仕上げたのが

いわゆるガラケーであって、その売れ行きはご存じのとおりです。

結局のところ、素人の皆さんに聞いてそれを造っていくというのは

全く意味がない。

いわゆる「みなさん」が考えつかないものでないとウケないんですよね。

つまり、ユーザーのみなさんが欲しているものという考え方ではなく

その人たちが想像もつかないコンセプトを閃かないといけない。

みなさんや偉い人のご意見を聞く必要は本当は無くて、

ただ自分の閃いたものを造りあげて

みなさんに「うお、すげえ!!」と言わせたらいいってことになる気がしますね。

だからクリエイティブなことは石頭のイエスマンを集めるよりも

普段から気が狂ってると言われてるような奴に

口を出さずに任すのが一番いいんですよ。



ただまあ、

それを「品がない」「常識でものを考えろ」「恥ずかしい」

とかいうて止めちゃう頭カチカチが上でジャッジしてたら



なんも進まないですけどね。




スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。