FC2ブログ

書けない波が到達するとですね。

以前に私が原作監修した絵本がですね、


もちろん出版社は噛んでないやつですが、

近所の幼児園数園に置いてもらえませんかとお尋ねしましたら

中をパラパラっと見て

実に100%の幼児園の園長から



これは置けませんわ



と回答された過去を持つ小川です。

みなさんおはようございます。


昨日日記をすっ飛ばしてしまい申し訳ありません。

なにしろ一行も書けませんでした。

何でしたかね、奥さんがガンになって

奥さんの命ある限り毎日短編小説を書くんだという

妻に捧げた1778話でしたっけ、

再現映像を見てたら書けない日もあって

旦那が頭を掻きむしりながら

「アガァー!!!アアアアァアアーーー!!!!」

いうて叫んでるんですよ。

機嫌よう書いてくれてたら嫁も嬉しいでしょうけど

自分のために書いてくれている旦那が

ネタが出てこずに発狂気味に自室でのたうち回った挙句

真っ白になって


「書けたよ」


って原稿持ってきても

まあまあ引いてしまうと思うんです。

この人そのうち自らキンタマを一つ切り落とすんじゃないかとか

心配し始めると思うんですよ。

結果奥さんのがんの進行を早めてしまうので


アウダーチェでは読みに来られる皆さんの健康のために



書けない日は書きませんのでご安心くださいね。








スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。